カテゴリー別アーカイブ: 相撲

にわか相撲ファン櫻田のイチオシ力士紹介★千代丸,遠藤,勢,琴奨菊,朝乃山,炎鵬

追記:インスタグラムの埋め込みは相撲協会のツイッター埋め込みなどに置き換えました。(記事末に説明有)

相撲に関する知識は殆どなく、アイドルのように見た目の美しさやキャラを追いかけて相撲を楽しんでおります、にわかファンの櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

そんな本気相撲ファンに叩かれそうな櫻田が、気になる力士を厳選してお届けするという、どこに需要があるんだか全然分からないこの記事。

ただ書きたいんです、っていうことで、早速誰に絞ろうかと日本相撲協会のサイトを開いてみるものの迷う迷う。

日本相撲協会:番付表(写真付きでウキウキ)

横綱や大関は素敵過ぎるので敢えて避けておきつつ、いらない情報ですが、白鵬の「横綱土俵入り」の時のヒップラインが非常に好きです。


それはもう、芸術の域です。

2016年五月:初めての相撲観戦は超ー楽しかったレポ@両国国技館

2017年九月:二度目の相撲観戦@両国国技館〜千秋楽マス席でグルメも満喫〜

#以下、番付は2017年九月場所のものです

超絶可愛い★千代丸(千代丸たん)

プロフィール
・前頭十一枚目 鹿児島県 / 九重部屋
・平成3年4月17日

ツイッターの可愛い寝顔や、テレビ出演で人気沸騰中の、我らがアイドル千代丸たん!


ここ3場所9勝が続いていて、二桁まであと一歩!人気も実力兼ね備えた、愛されキャラの千代丸。

大砂嵐とじゃれ合っているのを見るのが好きです。癒されます。


美し過ぎるイケメン★遠藤&勢

遠藤(プロフィール
・前頭十四枚目 石川県 / 追手風部屋
・平成2年10月19日


勢(プロフィール
・前頭七枚目 大阪府 / 伊勢ノ海部屋
・昭和61年10月11日


結局選べなかった・・・お二方ともお美しい。そのお顔と体型のバランスと、見ているだけで美しい。

遠藤はちょっと愛嬌がある弟タイプで、勢いはスッとしたお兄さんタイプ(まあ、年齢の通りなのだが)自分はその末っ子(まあ、年齢は櫻田の方が上ですが)という勝手な妄想をして、楽しみます。

渋いっ★琴奨菊

琴奨菊(プロフィール
・前頭筆頭 福岡県 / 佐渡ヶ嶽
・昭和59年1月30日

何が好きって、その体型と、この「反り」と、
(高安、琴奨菊、千代丸の「ぽっこりお腹」の体型が好き)


あと、すみません、その渋いお顔が好きです。特に顎の辺りが。


そして、中堅でずっと頑張ってるところも・・・今回10勝だったので来場所は番付が上がると思うのですが、再び、一歩一歩番付を上げて行って欲しい!

応援してます!

注目の若手:朝乃山&炎鵬

朝乃山(プロフィール
・前頭十六枚目 富山県 / 高砂部屋
・平成6年3月1日

幕内のイチオシは、やはり朝乃山でしょう。九月場所では敢闘賞♪勝ち越しまくってます。

可愛いい、強い、若い!


もう一人方!
炎鵬(まだ幕内なので写真なしのこちらのプロフィール
・三段目十八枚目 石川県 / 宮城野部屋
・平成6年10月18日

2017年春場所初土俵から21連勝の炎鵬!


白鵬がスカウトしたらしい。

朝日デジタル「小兵だが強い!白鵬がスカウトした炎鵬 衝撃の21連勝」

いいねぇ、いいねぇ、いいねぇ。

番外編:鳴戸親方のブログ(琴欧州)

アメブロ:鳴戸勝紀のブログ

からあげ

おいしい からあげ さしいれ 40キロ いただきました
みんな からあげ すき でも 40キロ 1日 むり でした
おなかいっぱい ありがとう ございました

日本語が得意ではない鳴戸親方の、ひらがなと感謝に溢れたブログ。

語学力より伝えたい気持ちなんだな、と、自分の英語についても考えさせられます。

癒されたい方は是非、ブックマークを!


あと、もれなくダンディーでイケメンなのもポイントです☆



でもやっぱり、白鵬の気高さ美しさは、特に白いロールスロイスから出て来る白鵬ったらさ。

あと、もちろん稀勢の里!浮世絵からそのまま出て来たみたいな、贅沢なお肉と、その濃い〜いお顔!


奇跡の逆転優勝の興奮を再び!と思いつつ、あぁ、ケガには気をつけて・・・と、複雑な気持ちで復活を祈りつつ、40歳にならんとする安美錦の頑張りとか、阿炎も気になるとか思いつつ、いい加減筆を置きたいと思います。

朝日デジタル「どすこいタイムズ」要ブックーマクです。



あと、実は行司さんが好き。その色合わせ鮮やかな美しい衣装と、キビキビとした立居振舞と!

いやほんと、ミーハーですみませんが、いつかまた、延々と記事にさせて下さい・・。

ーーーー

追記:インスタグラムの埋め込み機能による掲載は削除した件について

投稿者ご本人に直接許可頂いていないという理由で、削除しました。
掲載によってご迷惑をおかけした方がいらっしゃいましたら、申し訳ございませんでした。

ご指摘くださった方にお礼申しあげます、ありがとうございます。

これは「許可を直接得ることが必要」と主張するものではありません。調べれば調べる程何とも判断しかねるのですが、必要かどうかすら気にしていなかった、という意識の甘さを特に反省し、私個人としては、インスタグラムの埋め込み機能の利用は、許可を得ない限り控えようと思った次第です。

同じSNSでもツイッターは第三者が利用することを積極的に認めているようなので(キャプチャやコピーではなく、埋め込み機能等APIを使った上で)、今後は必要であればツイッターを利用したいと思います。

ただ、ツイッターやインスタグラムの利用規約全てに自分で目を通したのではない上、状況は変化して行くと思いますし、引き続き勉強し対応して参ります。

櫻田の運営する他のサイトについても、順次確認して参ります。

二度目の相撲観戦@両国国技館〜千秋楽マス席でグルメも満喫〜

人生二度目の相撲観戦をして参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今回はマス席B&千秋楽と、前回の椅子席&中日から、ランクアップしました。

マス席B前から10列目から土俵を望む


 

前回:初めての相撲観戦は超ー楽しかったレポ@両国国技館


この記事では、相撲観戦の一日ってどんな感じなのかな?観戦するだけ?と思っていらっしゃる初心者の方へ、夫婦二人(バッハ君&櫻田こずえ)の楽しく美味しかった一日をご紹介します。

相撲の取組みは朝から始まっていますが、そこから見るツウの方は少数で、14時頃の十両土俵入りくらいからボチボチ席が埋まって行き、地上波での放送も始まる中入り15:20頃から本格的に埋まります。

千秋楽なので全部30分程早めです詳細はオフィシャルサイトの時間割コチラか、前回のレポをご参照ください。)

我々は昼から延々と旨い国技館グルメを楽しむために、若い力士の奮闘を見るために、早めに行きました。

オレンジは食べ物系イベントです

11:00:両国駅到着。両国メンチカツを買い食い
11:40:マス席で幕下の取組を観戦
12:00:必ず食べとけその一:ちゃんこ
12:30:相撲博物館見学
12:40:必ず食べとけその二:焼き鳥
13:50:十枚目土俵入り
14:10:おやつ買出し@国技館カフェ
14:50:おやつ買出し@国技館カフェ
15:00:八角親方挨拶
15:40:幕内&横綱土俵入り
16:53:琴奨菊のイナバウアー
17:20:横綱戦→優勝決定戦
17:50:国歌斉唱&表彰式
18:00:放送終了&続く表彰式や儀式(胴上げも!?)
18:30:ほぼ全て終了
19:00:両国駅前の「-両国‐ 江戸NOREN」でお蕎麦

えぇ、ほとんど食べておりました一日を、長々と一日を振り返ってみます。

初めてのマス席・お作法とポイント

実は、先場所も、今場所も、正式チケット戦全敗のバッハ家。今場所は椅子席も合わせて14口申し込んだのにハズレ。

五月場所の相撲チケットは全滅さっ

今場所もダメか・・・まあ、稀勢の里も白鵬も休場だしまあいっか、と思っていたら、そんな状況を反映してか、場所が始まると某チケットサイトの価格が軒並み下がっている・・・。

バッハ:千秋楽のマス席Bポチったぜ

その後、二人で応援していた高安や宇良も休場となり落ち込みましたが、混戦状態になってむしろ盛り上がりました。

・マス席は四人席ですが、四人はツラいよ

縦横1.3M四方のマス(実際は微妙に横が長い)席。前の白いのはお茶セットで、案内所を経由した場合にのみ置かれています。


四人座るとこんな感じです。

お弁当を広げる場所も、お土産を置いておく場所も、バッグを置く場所も、ぎゅうぎゅう。
足を伸ばすことができないので、正座かあぐらで座り続けることが要求されます。辛そうでした。


で、今回は贅沢に二人で使わせて頂きました。

・靴は後ろ!

マス席は一列毎に段差があり、2列ずつ狭い通路があります。

皆さん靴を席の下の空間に入れているのですが・・・自分のスペースの下なのか、後ろにしまうべきなのか・・・と、オドオドしていたら、後ろのマス席のお客さんが「靴は後ろの席の下に入れるのが基本ですよ」と、親切に教えて下さいました。


 

・「案内所」は通しても通さなくてもいい。通すと便利だけどすごく高い。

マス席は普通にネットで購入できますが・・・2017年は人気過ぎてなかなかチケットが取れません。

・「チケット大相撲」で2ヶ月前に最速先行

ということで、案内所を通して良い席を押さえる、という方法はあるようで(チケットは自分で購入して、案内やお土産だけお願いすることも可能)

・オフィシャル:相撲案内所

↓案内所が20件軒を並べる出入口


なぜか、両国の案内所の個別サイトが見つからないのですが・・・

大阪の案内所のサイトは掲載されており、金額やシステムなども明快で分かりやすいです。参考まで。

日本相撲協会公認の本家(大阪)

2017年9月現在の情報だと、2018年3月場所のマス席Aの料金は、お土産・お食事付きで一マス113,500円/四人!!二人の場合は相席前提だそう。

両国国技館の案内所も、お土産&お弁当セットの値段は公開されており、値段はそう変わりません。

案内したりビールを買って来てくださる「出方さん」は、揃いの衣装を着てとても丁寧&エンターテナーな対応をしてらっしゃいますし、ぴよちゃん焼きやビールを買うために行列に並び、お目当ての力士の取組みを見逃すこともなく、価値はありそうです。

さらに、案内所を通す場合は、身の回りの世話をしてもらうということで「心付け」を渡すのが前提のようです。

お金持ちの皆様、是非!

ということで、二度目の両国国技館の楽しく美味しい千秋楽の一日をお届けします。

国技館周辺は相撲一色〜楽しみ尽くす〜

両国の駅はもちろん相撲一色。

手形が並んでいたり、身長比べができたり、サービス満点です。


 

ちょっと逆側もお散歩してみると、あちこちに相撲絡みのお店やモニュメントが。


 

さらに、国技館グルメ目的で、朝ごはんはほとんど食べずに来た夫妻の目に入ったのは「両国メンチカツ」!


甘め、調味料強めで、ビールが弾む味です。お試しあれ!


・恐らくオフィシャル:開運★両国メンチ

早速何しに来たんだか分からなくなってますが、いきなり美味しいメンチカツに出会えてご機嫌で折り返して国技館へ向います。


 

国技館前には、再び遠藤!やだ、場所中なのにあたしを迎えに来てくれたのね!←ひとりでやってろ


おっと、前回↓抱かれた時とは左右逆でした!


遠藤が横綱になったら、さぞかしカッコいいだろうなぁと、よだれが垂れます。今場所はケガの状態も良いのか10勝と大活躍です♪

さて、国技館に着くと、今度は休場中の稀勢の里が!とりあえず寄り添っておきます。このむっちり具合が最高です。


早くケガを完治させて、私たちを興奮させて〜!あと、やっぱり触れてみたいな稀勢の里。

場内をうろついていると、ハッキヨイ!せきトリくんの、赤鷲が!思わずセルフィーお願いしました。


なんかシュール。

と、駅から国技館まで、売店やら飲食店やら写真スポットやら、エンターテイメントに満ちており、退屈することはありません。

もちろん、駅周辺には有名なちゃんこ鍋屋が軒を連ねていますが、バッハ家では国技館グルメを堪能したく、パス。

場所中の予約は厳しいので、超お早めに!

【11:40】まずは場所を確認して、幕下の取組みを観戦

初めての1階マス席。B席と言えども、やっぱり2階のイス席とは迫力が違いました。

ちなみに、席のランクと土俵からの距離はこんな感じ。櫻田は今回10列目でした。
マスA 1-8列目 6.65m-18.25m
マスB 9-12列目 18.7m-24.3m
マスC 13-15列目 24.7m-29m
2階イスA 1-6列目 21.9m-29.6m
2階イスB 7-11列目 31.45m-36.4m
2階イスC 12-13列目 38.4m-40.15m
・オフィシャル:お座席についてはコチラ

お茶セットが用意されているのが、案内所がらみの席。A席はほとんど案内所かな。


お客さんはチラホラで、試合もチャッチャと流れて行きます。

当日の取組表と館内マップが、チケット引き換えの時にもぎりの親方から頂けます。


これを見ながら、気になる力士をチェックしたり、食べたり飲んだり。

・館内MAPはコチラ

【11:55】国技館に来たら必ず食べとけその一:ちゃんこ

12時スタート(〜16:00まで)の地下のちゃんこ売り場へ。相撲部屋特製ちゃんこが頂けます。

かなり並んでいるのですが、椅子の数は多いし、ちゃんこだけなので回転が早く、結構すぐに順番が回って来ますのでご安心を。


係員さんが、中学生の修学旅行さながらに、ビシバシさばいて行きます。

去年は250円でしたが、今年は300円に値上げされてました。


濃厚で美味しかったです♪

おにぎり一つあれば、これで軽いランチになるくらい。

相撲博物館で相撲の知識をレベルアップ

そして、場所中は無料で入れる「相撲博物館」

>展示室が1室のため常設展示ではなく、年6回の展示替により様々な資料をご覧いただけるよう努めています。

とのことで、今回は「道産子力士」特集。

大鵬や千代の富士等、有名力士の写真や化粧回しがずらりと並び、圧巻です。

・オフィシャル:現在の展示

さーっと見るなら5分くらいで終りますので、是非、立ち寄ってみては!

【12:40】国技館に来たら必ず食べとけその二:やきとり

ま、宴会しに来てるついでに相撲を観ている感じがしなくもないです。

飲んでは声をあげ、食べては応援し、飲んでは盛り上がります。

マストアイテムは「やきとり」650円
柔らかくてしっとりしてて、冷めていても十分に美味しいです。

右は今場所(2017年9月場所)新発売の「和風おつまみ折り詰め」1,150円


ちなみにこの焼き鳥、国技館の地下で焼いてるそう。冷めても美味しいのは、作り方や味付けだけじゃないんですね。モモ3本とつくね2本と思われます。

ちゃんこも提供が地下なので、国技館の地下は巨大厨房なのでしょう。


売店は国技館内にいくつもあり、取組中に自由に出入りして買出しに行けますが、遅い時間だと売切れてしまう場合もあるのでご注意。

特に、力士の名前を冠したお弁当は、あっという間に売切れてしまいます。


今場所お休みの、稀勢の里と白鵬のお弁当が売れ残っているという状況でした・・・あぁ、そのお姿を拝見したかった・・。

【13:50】十枚目(十両)土俵入り

それまでは、みな同じ色の地味な色のなまわしでしたが、一気にカラフルに!行司さんの衣装もより高級感のあるものになります。(多分)


こちらは十両前の取組み。まわしが地味です。行司さんが半ズボンで裾絞り、なのも特徴です。


そして、体格も全然違って、迫力が違います。

【14:15】おやつ買出し@国技館カフェ

応援に疲れて小腹も空いて来たので・・・一番好きな二階の国技館カフェへ。スイーツが充実していて、飽きません。

・館内MAPはコチラ


まずはマストのぴよちゃん焼き。オリジナルキャラ「ハッキヨイ!せきトリくん」のひよの山をかたどった人形焼きです。


白鵬や遠藤がかり出されて、宣伝w


定番のあんこやカスタードの他に、季節限定も。今回はアップルカスタード♪


 

左は「軍配みたらし」!行司さんの持つ軍配の形をしたみたらし団子です。


右は肉まん。

お祭りに来て屋台で食べまくってる感じです。はい。

飲んで食べては、相撲観戦。たまりません。

【14:50】再びおやつ買出し@国技館カフェ

15時以降は注目の力士が多いので、ここで最後の買出しへ。こういう時に案内所を通していると便利ですねぇ。

ソフトクリームとひよちゃん焼きのあんこを。

【15:00】協会ご挨拶〜八角親方〜

今回残念ながら、正面と逆の座席なので、行司さんはずっと背中を向けているし、親方も背中・・・でもその代わり、美しいヒップライン、背中の筋肉と贅肉の美しさを堪能することができます。


そして、最後には全方位に挨拶をして下さいます。

【15:30】幕内・横綱土俵入り

幕内の土俵入りです!あぁ、いつもテレビで観る人気力士がいっぱい♪

で、土俵入りするとみんなで儀式的な動きをするんですが、そのシンクロ率がすごく低くて笑ってしまいました。

ま、アイドルじゃないし、振り付け合わせる必要もないけど、それにしても皆それぞれで面白かった。


ここからは、一番、一番、見応えのある取組みばかりです。

【16:53】琴奨菊のイナバウアー

待ってましたっ!33歳琴奨菊のイナバウアー♪

会場大盛り上がりです。


後半になって行くと、懸賞の数も半端ない。


すごいな〜。

【17:20】横綱戦→優勝決定戦

この日は豪栄道が勝てば優勝、日馬富士が勝てば優勝決定戦・・・アンコール見たい的な気持ちもあり、日馬富士を応援したくなりますが、豪栄道にも勝ってもらいたい・・うー。


結局日馬富士が勝ち、優勝決定戦も抑えてV9を飾りました。

日馬富士の優勝インタビューがとても印象的で、真面目で誠実な人柄がにじみ出つつ、弟弟子思いのユーモアがまた、素敵☆

・スポーツ報知:日馬富士、優勝インタビュー「今日の一番に命をかけて、全身全霊で」

「ただ前を見て明日を信じて、一日一日を積み重ねて相撲を取りました」

思わずジーンと涙が滲みました・・・ネイティブじゃない(モンゴル人力士)のに、素晴らしい日本語と、その精神!

ケガもあり、金星を与えまくった前半。一人横綱じゃなかったら(三横綱ケガで休場)、きっと途中から休場できただろうに・・あぁ、いろんな心配と妄想と感動がないまぜになって・・・惚れました。

ただ前を見て明日を信じて、一日一日積み重ねよう。



で、こっからは千秋楽ならではのお楽しみです♪

【17:50】国歌斉唱&表彰式

久しぶりに君が代を熱唱し、そこからは表彰式です。フラッシュが眩しいっ!


これは内閣総理大臣賞。

【18:00】放送終了&続く表彰式

地上波による放送が終了した後も、肉一年分とか、干椎茸一年分とか、次々と渡されて行きます。

そして、表彰式が終ると、三三七拍子をしたり、様々な儀式が行われるのですが・・・なんとびっくり、行司さんが天高く胴上げるではないですか!


「神送りの儀式」と呼ばれるそうで、その理由などはこちらから、どうぞ。相撲は神事なのです!

Livedoor News:行司が明かす意外な事実 。千秋楽、土俵の上では胴上げが!?

そして、最後には神聖なる土俵に大きな木のハンマーのようなもので壊して?いました。


18:30頃には国技館を後にし、両国駅前の「-両国‐ 江戸NOREN」でお蕎麦を食べて帰りました。

お土産やスイーツ、日本酒の量り売りなどもあり楽しめる施設です。


お店は沢山あるし、19:00前に行ったところ、待つ事なくお蕎麦屋さんに入れました。


一日食べてばっかりでしたが、本当に充実した一日でした!

相撲は一度生で観てみることをオススメします

テレビで観るのとはワケが違います!

取組みのスタートは本人達のタイミングで決まるのですが、それまでの睨み合いや張りつめた空気の緊張感、そして重力が曲がるような力と力の激突があり、均衡し、しかし、一瞬の何かのズレ気のゆるみで、あっという間に勝負が決まっていく様は、待ち続け、一斉に花開き、一瞬で散って行く桜のような・・・どこか儚さもあるように感じました。日本人が伝統的に持っている何かにシンクロするものがあるのだと思います。



好きな力士や気になる若手の話、実は行司さんが好きとか、そういう相撲の話も今度はさせて下さい!

五月場所の相撲チケットは全滅さっ

五月場所の相撲チケットが全て落選して落ち込んでいる櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!


うーん、椅子席じゃなくて、マス席を狙ったのがダメだったのでしょうか・・・保険でかけた椅子席も外れましたが。

大相撲五月場所ーマス席ゲットしたい!★稀勢の里ブームに湧くバッハ家

こんな本を読みながら、相撲に対する情熱に日をくべていたのですが、一昨日、最速の「チケット大相撲」のハズレが判明し、昨晩はぴあのハズレが判明し、もう、破り捨てたいような心境です。

が、これも稀勢の里人気、相撲人気と思えば、喜ばしいことなのかもしれません。


秋になれば稀勢の里フィーバーも少しは落ち着き、チケットもとりやすいかもしれません。

そんな期待を胸に、また次の両国での場所にマス席を狙いたいと思います。折角だからマス席で見たい・・・。

あぁ、白鵬と稀勢の里の一番、見たかったなぁ。まあ、いつ見られるかは分からないのですが、千秋楽だよねぇ、チケットは争奪戦だろうなぁ。

と言うボヤキでした。
相撲観戦、楽しかったな・・・。

初めての相撲観戦は超ー楽しかったレポ@両国国技館

大相撲五月場所ーマス席ゲットしたい!★稀勢の里ブームに湧くバッハ家

連日の落ち着いた取組にニヤニヤしている、にわか相撲ファンの櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

取り組みって、そうです、新横綱の稀勢の里の大阪場所での取組です。


櫻田的にはヒヤッとする所があっても、落ち着いて巻き返し、最後は横綱の貫禄で勝利を収めて行く稀勢の里。カッコいい☆

両国国技館で焼き鳥食べながら五月場所を観たい!

をい、稀勢の里が目的じゃないんかい!稀勢の里よりだいぶ画像がデカイぞ!

sumoukansen2
いやいや、稀勢の里一番、焼き鳥二番、三時のおやつはぴよちゃん最中です。

さて、平日はさすがにリアルタイムで見られないのですが、このサイトで結果やニュースを確認するのが日課です。

日本相撲協会公式:日別の取組・結果(自動的に当日の結果へ移動)

一年前に両国国技館に相撲を観に行って以来、テレビでも相撲を観ることが多くなったバッハ家では、5月場所は是非稀勢の里の勇姿を一目!と狙っていました。

2016年5月15日:初めての相撲観戦は超ー楽しかったレポ@両国国技館

しかし、稀勢の里人気でチケットが相当ヤバそう。

音楽ファンのバッハ家はチケット争奪戦には慣れていますが・・・相撲協会さん、ここはファンを増やすチャンスです!是非櫻田にチケット下さい!←何かおかしい

今回は2階のイス席じゃなくて、1階のマス席で見たい!

相撲チケット購入でちょっと面食らうのは、その種類の多さ、16種類。

日本相撲協会オフィシャルサイト:席種・料金
日本相撲協会オフィシャルサイト:国技館・座席ビュー

ざっくり基本:
・タマリ席(1階)すごい席危険目立つ 15,000円位(普通の人は買えないとか何とか)
・マス席(1階)基本4人1枠。平面でツラくて狭い。ABCあるが10,000円/人位。
・イス席(2階)1席ずつ販売。椅子でラク。当日の2,000円台〜最前の8,000円台までピンキリ。

ちなみに、マス席は大人4人で行くとかなりスペースがツライらしいです。


前回は2階のイス席で観戦しました。前から2列目だったし、非常に見やすかったのですが、1階を覗いてみて、やっぱりその臨場感の違いに圧倒された訳で。

今年の五月場所はマス席で観たい!

バッハ家のチケット争奪戦略

#バッハ家は相撲は素人なので、全く勘違いかもしれません。ご参考まで。

席種だけではなく、どこで買うのかもいろいろあるのですが、とりあえず一般の方なら、約2ヶ月前から先行抽選販売 がありそれに申し込むのが一番かと思います。

櫻田は、公式のチケット大相撲最速先行抽選にエントリーしつつ、ほぼ同時にオープンする各種プレイガイドの先行抽選にもエントリーしました。当たるかな・・・激戦だろうなぁ。



・日本相撲協会オフィシャル:平成29年五月場所チケット情報

ここで当たらなかったら結構厳しいと考えて良いかと思います。外れるような人気なら、先着の一般発売は転売のプロがおさえちゃいますから)

「相場を見て人気度を推し量るため」の参考として、チケット流通センター(まあ、誤解を恐れず言えば、転売屋さんがチケットを売るサイトですね・・・)の大相撲のページをリンクしておきます。

チケット流通センター:大相撲(購入はお勧めしていません)

ここで定価くらいで売られているなら、大して人気がないので最速抽選で手に入る可能性が高い。

逆に、2倍、3倍、時に10倍の値段がついているならば、ヤバイと。取引枚数が多いのはやはり人気のバロメーターですし、売れ残り枚数なんかも見ながら。

大阪場所の4人マス席Cが定価の約2倍で売られているということは結構人気があるけれど、千秋楽でこの状況なら大したことないのかも。と言った感じ。(2017年3月20日お昼)

でも、大阪場所じゃなくて、我々がエントリーするのは東京なので、より手に入りにくいだろうと勝手に推測し、最速オフィシャルサイトに本命のマス席を、そして、各プレイガイドでいくつかイス席もエントリーしておきました。

【チケットぴあ】 http://pia.jp/t/sumo/
【ローソンチケット】 http://l-tike.com/
【e+ イープラス】 http://eplus.jp/sumo/
【CNプレイガイド】 http://www.cnplayguide.com/
【JTBエンタメチケット】 http://www.jtb.co.jp/ticket/

マス席は数が限られているので厳しそうだから、オフィシャルでは本命マス席を申込つつ、ぴあで椅子席を申し込むとか。夫婦で手分けして申込完了。

うーん、当たるか当たらないか、見当つきません。

ちなみに、第3希望までエントリー出来て「当たったら全部行く」「 1回だけ観に行きたい」と選べるのはいいですね〜。

ちなみに、コンビニ発券で申込ましたが、それでもかなり手数料取られます。チケット大相撲はぴあのシステムを使ってるようです。ちなみに手数料はどこも同じ位と思います。


人気がないイベントだと、こういうの取られないんですけどね・・・しょうがない。


地方巡業を観に行くというのも、手かもしれません。

相撲で遠征か!?

初めての相撲観戦は超ー楽しかったレポ@両国国技館

昨日は人生初の相撲観戦に行っておりました、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

行って良かった!また行きたい♪

・もの凄い重量感の激突は生で見てこそ!
・食が充実し過ぎてて、美味しい!楽しい!苦しい!
・2階席はゆる〜い雰囲気で、初めてでもリラックス
・初心者が楽しめる工夫が沢山
・5時間弱、退屈することはありませんでした(ずっと食べてからか・・)

相撲テーマパーク的に捉えてOKです。
オフィシャルサイトの「観戦ガイド」でイメージが湧くと思います。

相撲観戦基礎知識

・両国→地方→両国・・の順番で1ヶ月おき年6回開催→スケジュール
・チケットは「チケット大相撲」で2ヶ月前に最速先行。ぴあでも発売。
・開場は8時で〜18時に終了。時間割 14時過ぎの十両土俵入り位〜がよろし

・座席は「溜席」「マス席」「椅子席」とありますが、マス席で正座はツライので、初心者はまず2階の椅子席にしました。→席の解説

最近は人気が高く、千秋楽や土日は取りにくいみたいだし、基本満員御礼っぽいです。約2ヶ月の「最速先行受付」で土曜日椅子席が当たりました。前から2番目、正面と東の角の席でした。

国技館は武道館を少し広くしたような感じで、どの席からもよく見えると思います。

櫻田の楽しい相撲デー@国技館

13:00 両国駅到着 出口を間違える
13:15 入待ちなど見つつ入場
13:30 地下でちゃんこ賞味
14:14 十両土俵入り(焼き鳥で一杯)
15:00 雷電で一杯
15:40 幕内土俵入り(スイーツでシメ)
18:00 観戦終了

相撲を観に行ったのか、食事をしに行ったのか良く分かりませんが、非常に楽しい時間を過ごすことができたのは事実!
ということで、写真で振り返って参ります。めちゃくちゃ長いです。

両国駅から国技館は徒歩1分

まずは、JR総武線の両国駅到着し、早速出口を間違えました。東口じゃないっ!

sumokansen19
両国駅の西口から国技館は目と鼻の先なので迷うことはありません。出口を間違えなければ(笑)
国技館前には、出店が立ち並んでいて、早速美味しい誘惑もあります。

sumokansen16
こんなマニアックなお店も!

sumokansen15
入り口まで続く旗は、番付の順番で並んでいるようで、最後が白鵬です。
ちなみに、帰る時にはおなじみの太鼓の音がしていて、見上げると櫓の上で生演奏してました。

sumokansen17
関取・横綱以外は正面から入って来るようで、入り待ちの人が沢山。
長〜い距離があるので、ほぼ最前列から見ることができます。場所によっては超間近で見られます。近づいたらいけないとか、常識的なレベルでのマナーはあるそう。

sumokansen12
 

国技館は相撲テーマパーク!

親方にチケットをもぎられて興奮した後は、遠藤に抱き上げられてさらに興奮。いやん。

sumokansen13
バッハ君は怪しい一味に。

sumokansen14
力士と2ショットが撮れるプリクラや、ちょっとした博物館、人気力士投票や、和装dayなど、細かいエンターテイメントが提供されていて、素晴らしい。<館内マップ><ご来場お楽しみ企画

個人的に気に入ったのは、館内限定ラジオ「どすこいFM」ネーミングが素晴らしい!ラジオが有料で借りられるのですが、初心者はこういったものを聞きながら観る方がより楽しめそうです。それにしてもどすこいFMって!最高w

一杯250円で本物のちゃんこ鍋を味わえる!

入場して場内の売店をチェックした後は、地下のちゃんこ会場へ。
到着してビビるのは、その大行列(写真には入り切っていません)。しかしあっという間に順番が来ますので安心して並びましょう。

sumokansen10
一杯250円で食べられるのですが、飲物、つまみの提供、持ち込みは一切禁止!シンプリーちゃんこのみ!だから、回転が異常に早いんです。(ペットボトルの水とお茶だけ販売してます)

sumoukansen4
事前にお会計をすると、割り箸を渡され、写真奥でちゃんこを受取り、係員さんの組織的かつ有無を言わせぬ客さばきで、丸テーブルに順序良く着席させられ、気分はまるで「修学旅行の中学生」です(笑) これがあってこそこの回転率!素晴らしい!

sumoukansen3
ちなみにめちゃめちゃ美味しいです。鶏肉がたっぷり、お野菜たっぷり、滋味深い味わいです。相撲と言えばちゃんこ!←違うだろ のっけから相撲テンションアップです。



8時過ぎから土俵では真剣勝負が行われていますが、14時頃の国技館はまだお客さんもまばら。おおおーーーーっ!初生相撲!テレビで見たことあるーーーっ(笑)

sumokansen08 #8,500円の2階イスA席で前から2番目でした。
#お客さんが入って来ると「満員御礼」となってました。

売店が超充実!名物国技館焼き鳥片手に観戦♪

しばらく観戦した後、お目当ての国技館焼き鳥を買いに売店へ。何ヶ所かあるのと、まだ時間が早かったので、それ程混んでいません。

sumokansen11
あらゆるものが売ってます。おつまみ的なものも豊富。横綱や関取の名前を冠したお弁当が早々に売り切れていました。

sumokansen09
来る前は「客席で飲食し過ぎるのは失礼なのかな・・」と思ったりしましたが、オフィシャルサイトでも「国技館名物の焼き鳥を食べながら、相撲観戦! 」とあったり、お弁当を食べ、ビールを飲むお客さん多数で、他のスポーツ観戦と同じに考えて大丈夫そうです。

この焼き鳥が国技館名物「国技館焼き鳥」
冷めてるのに、味がしっとりしみてて、柔らかくて美味しいんです!

sumoukansen1 #ビールは生700円

この焼き鳥、国技館の地下で焼いてるそう。冷めても美味しいのは、作り方や味付けだけじゃないんですね。モモ3本とつくね2本と思われます。

sumoukansen2
ビールを飲みつつ、焼き鳥を食べつつ、しばし大迫力の相撲観戦。

「雷電」では、落ち着いてお食事できます

ちょっと何か欲しいな・・・と、会場にあるお食事どころ「雷電」に入ってみました。15時前ですが、お客さんは半分以上入ってました。

sumokansen07
ちなみに、雷電とは、超絶強かったお相撲さんの名前だそうです。キレイで雰囲気も良く、サービスも良かったです。もちろん大画面で場内が中継されているので、土俵入りなどを逃すことはありません。

sumokansen06
ちょっと暑いし冷やだよねぇ〜。枝豆と共に。

sumokansen05
つまみの種類は豊富で、お食事メニューも揃ってます。2,3点頂きましたが、どれも美味しかったですよ!

sumokansen18

圧巻の幕内土俵入り!そして美し過ぎる横綱白鵬!

sumokansen02
これだけの重量のお相撲さんが、華やかな化粧回しをつけて並ぶ・・・もう、大迫力で自然と拍手がわき起こります。

横綱は別枠。太刀持ち、左に露払いを従え1人ずつ土俵入り。

そして、横綱白鵬は「別格」!漂う雰囲気が違います。「美しい」という単語が自然と出て来ます。特にこの時の背中、腰からお尻、膝、踵の角度が、他の横綱とは全然違って、ギリシャ彫刻のように、いや違う、浮世絵に出て来る力士そのものだ(きっと)。あーきれいでうっとり。

sumokansen01

国技館スイーツも大充実

幕内取り組みまで少し時間があったので、国技館スイーツをゲット!
まずは、ひよちゃんアイスもなか@300 もなかが超絶歯の裏にひっついて不快ですがw、ビールで洗い流せばいいのよっ!

sumokansen04
さらに、ひよちゃん焼き@200円 いわゆるたいやき今川焼です。クリームをチョイス。

sumokansen03
他にも、ソフトクリームや乾きものおつまみ、ポップコーン、お菓子、ピザ、肉まんと何でもござれ。バッハ君はさらにビールとちくわを買って来て、引き続き飲んでました。

相撲は一度生で観てみることをオススメします

そして、中入り後の取り組み・・・もう、迫力が幕下とは異次元でした。すごい大迫力。テレビで観るのとはワケが違います。声援にも自然と力が入るし、興奮します。

のこった!までの睨み合いや張りつめた空気の緊張感。そして重力が曲がるような力と力の激突があり、均衡し、しかし、一瞬の何かのズレ気のゆるみで、あっという間に勝負が決まっていく様は、待ち続け、一斉に花開き、一瞬で散って行く桜のような・・・どこか儚さもあるように感じました。日本人が伝統的に持っている何かにシンクロするものがあるのだと思います。

地方巡業もありますし、一度生でこの独特の重みと儚さを、味わってみて下さい!

観戦後にちゃんこ鍋屋!ならお早めに予約を

オオバコの有名どころを10日前くらいに予約をしようとしたら、3件立て続けに「予約でいっぱいです」と断られました・・・。チケット取れた時点で予約することをオススメします。

ただ、今回の櫻田のように国技館グルメを堪能するのであれば、むしろ予約しない方がいいかもしれません。お腹いっぱいになりますからね☆



本日の裏感想は「相撲協会、分かってるな〜。」でした。

VIPなお客さんを維持しつつも(一番近い席は普通の人は買えないらしいです)初めて来るお客さんにもサービス精神旺盛!「日本を代表する相撲なんだからお前ら見に来い」の上から目線じゃなくて、お客さん目線で「すっごい楽しかったからまた行きたい!」「そうなの?じゃあ私も!」と思わせる沢山の工夫が、相撲の明るい未来を作るのかなーなんて、白鵬が握った懸賞金の束に驚きつつ思いました。

ま「土俵にはカネが埋まっている」という言葉があったり、一時期は八百長問題もありましたけどね。

次ぎは1階のマス席で「相撲案内所」(所謂VIP待遇的な)経由お土産付きで観戦したいわ〜っ!

追記:はい、また行って来ました。案内所は通しませんでしたが。
・2017年9月:二度目の相撲観戦@両国国技館〜千秋楽マス席でグルメも満喫〜