三度目の相撲観戦@両国国技館〜食べて飲んで熱くなった一日〜

スポンサーリンク

魅力的な力士が多すぎて、誰を推したらいいのか分からない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

五月場所@両国に行って来たのですが、こんなものが撮影できる無料サービスをやっていて、ラッキーなことにあまり待たずに撮影&ゲット!早めに行ってよかった!

データももらえるし、クレジットカード的なプラスチックのカードにも印刷してくださり、永久保存です!

この日は、遠藤や千代丸たんも選べました。

稀勢の里、心配で心配で心配ですが・・・・つらいだろうけれど、どうにか復活して欲しいという願いを込めてチョイス!




ということで、2016年から毎年観戦している大相撲。

今年は十四日目土曜日観戦@両国国技館の、グルメな(食べて飲んでばっかりの)一日をレポします。

11:30:両国駅到着してお尻を撫でる
11:45:記念撮影コーナーで稀勢の里との写真ゲット!
12:00:必ず食べとけその一:ちゃんこ
12:20:相撲博物館で歴史を学ぶ
12:40:必ず食べとけその二:焼き鳥
13:20:買出し@すし処雷電等
14:30:十枚目(十両)土俵入り
14:50:おやつ買出し@国技館カフェ
15:50:幕内&横綱土俵入り
17:50:結びの一番:白鵬・逸ノ城

オフィシャルサイト:土俵上のスケジュール

オフィシャルサイト:観戦ガイド(一日のモデルケース)

なお、チケットは公式&プレイガイドで30口くらいは申し込んでいますが、かすりもしません(笑)

ということで、まあ、流通しているものを購入しました。でも、価格も落ち着いていたし、そろそろ転売屋も減って来てはいるのかな?

あと、マス席はお茶屋さんが押さえている分が多いので、おとなしく経由した方がいいのかもしれませんん。

両国の駅から、100%相撲モード♪

はい、毎度おなじみ両国の駅からスタートする相撲観戦。

何度も言いますが、東口じゃないっ!西口ですよ!

sumokansen19

 

そして、改札を出て国技館目指して右に曲がるところに、こんなかわいい力士像が!

おしりなでたら幸せになれるかも?

みんな考えることは同じで、おしりが一番黒くなってました(笑)

国技館に向かう途中で、ハッキヨイ!せきトリくん の赤鷲くん発見!相変わらず目がかわいい★ツーショット撮りました。前回も赤鷲くんだったな、相性がいいのかも。

#ぶりっ子してますが、当方43歳です。

こちらが前回↓

 

さらに国技場までの道のりには、力士の名前が入った旗「相撲幟(のぼり)」が立ち並びます。

 

ウワサになっていた、相川七瀬さんの幟も発見!

国技館で異彩を放つ「相川七瀬」幟 嘉風に真相を直撃

いつか「櫻田こずえ」って出したいな・・・石浦に。

国技館に着いたら、建物の前にある、横綱等身大写真とツーショットを撮ります。

今回は遠藤のお姫様抱っこは遠慮しておきましたw


(写真は前々回のもの)

写真スポットが多くて大変です、はい。

何はなくともまずはちゃんこ鍋!

オフィシャルサイト:館内マップ

国技館に入ったら、まずは恒例、ちゃんこ鍋でスタート!地下に突撃します。

 

12:00からスタートでしたが、到着したのがその10分前くらい。

行列も短く、回転も早く、あまり混雑していませんでした。結婚式できそうな大広間で。

前回までは円卓で↓

sumokansen10

さらに客さばきのおねえさんがたくさんいらしたのですが、会議用長卓になり、客さばきの人はいなくなってました・・・。

そして、相変わらずなのは、ストイックに「ちゃんこのみ!」アルコールもおにぎりもおかずもありません。

だから、回転が早い早い。

 

じゃんっ、塩ちゃんこ!

やはりお昼が一番混雑するらしく、だんだん空いて行くみたいですよ。

スポンサーリンク

館内見学と相撲博物館

さて、お腹を満たした後は、相撲博物館(撮影禁止)で相撲の歴史を学びます。

オフィシャルサイト:相撲博物館

「雷電為右衛門と寛政の大相撲」

というタイトルの展示で、今回は伝説の怪力力士「雷電」について学びました。

Wikipedia:雷電爲右エ門

 

そして、重さ40Kgの内閣総理大臣杯を、櫻田さんが持つ!

あ、あの、櫻田さん、右手がすっかりずれてます・・・。

 

そして、いつかお世話になってみよう、お茶屋さん(相撲案内所)通りを横目に会場入り。

相撲観戦スタート

10時25分から始まる取り組みは、13:00過ぎもまだまだ下位で、お客さんもまばらです。

荒削りだけど闘志むき出しの取り組みもあったりして、大興奮!

コアなファンの声援はあたたかく、みんなビール片手にやんややんや!

時折、高齢の力士が出てくると、こういう人が相撲を支えてくれているのだろうなと、なんだか熱いものが込み上げて来て、拍手する手にも力が入ります。

番付が下がってもずっと続ける、こんなハードな格闘技を続けるって、並大抵のことじゃないと思うので。

今回は、前回より1列前進、さらに若干中央寄りになったので、土俵を近くに感じます。

マスB席の最前列なので、限りなくAに近い良席!

実況用の席も近いです。

名物、国技館やきとりで一杯♪

そして、ちゃんこ帰りに購入したビールで宴会スタート。

まずは絶対外せない、国技館地下で焼いているやきとり!

 

これが冷めても美味!味も絶妙に濃い味で、ビールに会うんだなぁ。

ほんと、冷めてても全然かたくないんです。

さらにスナック菓子でぐびぐび。

飲みながら若い力士のハッスルに声援を送ります。

おすしと揚げ物で再び乾杯♪

再び買い出しに出かけると、カウンター立ち飲みのすし処発見!

「雷電」は昔からある館内のレストランだけれど、新しくこんなのができててびっくり!

その場で職人がすしを握ってます。

もちろん、テイクアウトもバラエティ豊かに揃ってます。

生魚が苦手な外国人向けの、ローストビーフ握りなんかもありましたし、揚げ物やポテトなども豊富。

 

どっさり買い込んで、再び宴会。

お寿司♪

 

揚げ物♪

 

獺祭!

お前たち、何しに来たんじゃーっ!

って、これが相撲観戦の醍醐味なのですよ〜!

十枚目(十両)土俵入り

そうこうしている間に、「十枚目」の土俵入り。

でも、まだ観客は少ないです。






いやー、試合もさることながら、この「輪になってぐるぐるしてバンザーイ」の土俵入りも、結構な迫力なんですよ。

この土の台の上に、何トン分人が乗ってるんだ?みたいな(笑)

十両ともなると、荒削りだった取り組みが、どんどん洗練されて行くのを肌で感じて、食い入るように見つめては・・・えぇ、デザートのみつまめを食べます。

美味しかったー♪

やっぱり甘いものがないとね。

黒蜜もちゃんと別添えで、本格的な美味しさ。

しかし、スイーツ足りないな・・・今を逃すと、お手洗いも買い出しも行けなくなるぞ!

ということで、ダッシュで売店へ。

相撲スイーツと言えば国技館カフェ!

あちゃー、皆同じこと考えてるのか、スイーツが豊富な国技館カフェは大行列!

 

魅力的なメニューでしょ?

今回は窯焼きパンケーキをチョイス!

席まで運んでる間に、ソフトクリームが溶けちゃいましたが、カステラのようなパンケーキ、美味しかったです★

十両も後半になってくると、ようやく席が埋まって来ますが、結構まだまだ、空席があるんですよ。

中入!

さて、ようやくお待ちかね、人気力士が勢揃いする、中入です。

よく「中入り後の・・・」とスポーツニュースで言う、中入り。

幕内力士が土俵入りします。

誰を見つめようか悩んで目移りしますが、気になってしまうのは、石浦の体格。

多分、手間右から3人目が石浦なのでは?

今も最軽量?小柄だからこそ、大きな力士を投げ飛ばした時の興奮もひとしお!

幕内でどんどん活躍して番付上げて、同じく体格に恵まれない力士に希望を与えてほしい!いつか千代の富士のように!と、お節介に期待して応援してます。

体格の欠点を補うべく鍛え上げたその肉体が、涙ぐましい努力を物語っていて、はい、好きです。

そして、満員御礼!

こちら↓は超盛り上がった栃ノ心ー鶴竜戦(千秋楽前日で一敗対決)

時間いっぱいで、気合を入れた栃ノ心が、低い姿勢からガーッと角に走り込む、あの瞬間です。(小さくて見えないけど心の目で見てください、向かって左が栃ノ心です)

こちらのお腹にも力が入ります。

きゃーもう、大興奮!

でも、栃ノ心、負けちゃったんだよね・・・でも、鶴竜が横綱の威厳を保って、かっこよかった!

誰がどうと言うよりも、熱い取り組みを見せてくれれば、それでいい、それがいい派です。

あ、でも、石浦が負けると胸がキュンとします。

スポンサーリンク

さて、結びの一番は、白鵬。

麗しき、白く、肉質の良い白鵬。お美しい。

すみません、、、ほんと、白鵬の肉のつき方が大好きなんです。

特にお尻!っていうか、姿勢か?

sumokansen01

(これは過去の横綱土俵入りの画像です)

 

そして、さすが大横綱、懸賞金が半端ない。ぐるぐる回って、なかなか切れない・・・。

長々と回る間に、拍手が大きくなり、観衆の興奮もMAXに!

ちなみに、当日配られるガイドに、「本日の懸賞取組」が表示されています。やっぱり白鵬すごいな〜。

結果白鵬が勝利し、観戦終了となりました!

今回も、よく食べ、よく飲み、よく興奮し、大満足の1日となりました。

力士の皆様、素晴らしいファイトをありがとうございました!

にわか相撲ファンは、解説を聞きながらの観戦をおすすめ

相撲協会オリジナルのどすこいFMは終わってしまいましたが、館内はエフエム放送が飛んでて、NHK放送の音声を聞くことができます。

櫻田のような、ライトなにわかファンは必須です。

あれ、石浦って何勝してたっけ?的な情報とか、取り組みのポイントとか、解説があるのとないのでは、楽しみが全然違います。

あと、物言いがついた時の解説もありがたい。

#できれば大きなプロジェクターで情報出してほしいんだけどなぁ。。。

今回自前でFMラジオを用意しましたが、会場でイヤホン付きレンタルもしてます。

オフィシャルサイト:ラジオの貸し出しサービス実質200円です。

iPadなどでワンセグ放送を見ながら観戦される方もチラホラ。

館内、wifiはありませんが、abemaTVの放送という手もあると思います!

次は、巡業に行ってみたいな〜どうせなら旅行がてら遠くへ・・なんて思っています。

今場所は阿炎が暴れてくれましたねぇ、次の名古屋場所も楽しみですっ!

【2018年7月】大相撲名古屋場所観戦レポート〜会場・売店・暑さ・交通等〜

タイトルとURLをコピーしました