「シュナの旅」宮崎駿☆苦しい時に読み返す本

スポンサーリンク

櫻田の趣味の一つは読書です。
小さい頃から本が大好きです。

そんな櫻田の書評コーナーです。
しばらくは「度重なる引っ越しを経て生き残った櫻田的名作」
を一冊ずつご紹介させて頂きたいと思います。

トップバッターは本ではなくマンガです。

マンガも好きで、最近では、ハチクロや、よつばとなど好きです。
中高生の時に風の谷のナウシカの原作にハマりました。
でもきっとその頃は、内容の1/10も理解していなかったでしょうが・・

その宮崎駿つながりで、櫻田が苦しい時に読み返す本NO.1です。

信じ続けること、諦めないこと、自分にできることをやり続けること。
大切なことを教えてくれる物語です。

■ あらすじ

風の谷のナウシカ的な時代設定の冒険ものです。

谷あいの貧しい小国の後継者である主人公シュナが、
自国の貧困を救うため、幻の「金色の種」を求め旅に出る。
どこにあるかも、存在するかも分からない「豊穣の地」を目指して。

道中「人買い」からある姉妹を救い、追われる身となるが、
さらに彼女達と分かれて必死の思いでその地にたどり着く。
そこでシュナが見たものは・・・

後半、助けられた姉妹の姉であるテアが、シュナを助ける事となるのですが、
そこがね、この本の読みどころだと思います。

あらすじ解説になっていませんが、物語なので、ねぇ。
ま、1,2時間あれば読めます。読んでみてーー!

■ なぜ櫻田はこのマンガが好きなのか

読むとただただ勇気が湧いて来るからです。

特に、何か試練にぶつかって、前に進めなくて、苦しい時に読み返します。
軽く100回は読んでいると思いますが、テアが初めて泣くシーンは、
何度読んでも胸アツで涙が出ます。うぅ。。

マンガでさっと読めるのでつい手にとってしまい、
本棚整理をいつも全力で阻止して来る悪いヤツです。
#ついこのマンガを開いて作業が中断し、泣いてすっきり、よし終わり。
#心はデトックスできるが、本棚は全くデトックスされないで終わる。

なぜ勇気が湧いて来るのか。

・ 出来るあてもないことも、信念を持って達成するシュナすげー

櫻田が達成したいと思っていることなんて、大抵ノウハウがあって、
努力すればある程度どうにかなることなのに、それすらできない自分。
シュナは達成した人などいない目標に向かって、
信念に基づいた行動を重ねて行く先に、それを手に入れる。

シュナの環境や目標設定に比べたら、自分の今の状況なんて・・・

とりあえずドーナツを3個一気食いするのはやめよう、
明日はちゃんと早く起きよう、無駄な買い物はやめよう、ブログ書こう!
#レベル低すぎ

目標が大きすぎて、困難が大きすぎて、くじけそうな時でも、
頑張ろうって、勇気が湧きます。

・ 先が見えなくても信じ続け、今自分にできることを重ねるテアすげー

宮崎アニメに出て来るヒロインは、素晴らしく芯が強くカッコいい。
さらにそこはかとなく上品で気高く、謙虚で、賢く、そして強い。
ナウシカも、シータも、そしてこの物語のヒロイン、テアも。

多くは語られない彼女。
王家の者ではないと言うけれど、その髪飾りと賢さと気高さは、
やはりどこかナウシカのような境遇を想像させます。

彼女は、シュナと分かれた後、決死の旅に出た彼をあてもなく待ち続けます。
自分を奴隷取引から命がけで救ってくれた彼の身を案じながら。

シュナはどうしたのだろう
テアはかしこい娘だったので
じっと待つしかないことを知っていた

でも、悲嘆に暮れて泣きながらぼーっと待つのではなく、
しかし、あてもなく探して彷徨うとか言う愚行に出るのでもない。
自分の境遇を嘆かず、出来る事を精一杯やりまっすぐに清く生きる。
その生き様がね、心打つ訳ですよ。

旅から廃人となって帰って来たシュナを見つけるシーンは、
若干無理あるわー偶然すぎーと最初は思ったけれど、
分かれる時に「北へ北へと向かって下さい」と伝えて、
そのあてもない可能性を信じて待ち続けた、
テアの賢さと信じ続ける強さが実現させた、ことであって。

強く信じ続けて小さくとも正しい行いを重ねることは、何かを引き寄せる。
先の見えない不安にどう立ち向かうべきか教えてくれるのです。

とにかく毎晩のストレッチは欠かさずやろう、ヒップアップ体操もやろう。
ブログもちゃんと更新しよう・・今できる小さなことをやろうと思うのです。
#レベル低すぎ

そんなシュナとテアが、厳しい自然の中で癒されて行く後半がまた秀逸。

登場人物の言葉も少ないし、描写も少ないけれど、
豊かにその人物像や心境を想像させ、感情移入を誘う技量は、
ほんとにほんとに、すごいなーと思います。

あと、家畜と人間の信頼関係描写も大好き。
ナウシカがトルメキア軍と一緒に戦った時の、クイの忠心に似た。

上下関係じゃなくて、信頼関係が限界を超えた力を引き出す、
下手な上司論を展開するビジネス書よりも学ぶところがあります。

人間の欲望の愚かさや、自然の美しさ、厳しさ、生と死。
宮崎駿の世界観の原型がここにあります。

■ 「シュナの旅」オススメポイント

信じ続けること、諦めないこと、自分にできることをやり続けること。
そのことの偉大な力を教えてくれます。

毛穴もきっと小さくなる!アラフォーだけど今さら美人になれる!
信じ続けて、しつこく諦めず、やれることをやって行くべし。

タイトルとURLをコピーしました