タグ別アーカイブ: 年金

小規模企業共済とiDeCo個人型確定拠出年金を併用する理由と注意点

フリーランスなので老後のお金が心配でいろいろ積立てを始めているものの、なにかどこかに落とし穴がありそうで不安な櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

・ほぼ国民年金だけで少ない年金 → iDeCo個人型確定拠出年金
iDeCo個人型確定拠出年金記事一覧


・退職金ゼロ → 80歳まで働き続ける&小規模企業共済
小規模企業共済の40代個人事業主的メリットデメリットを考えてスッキリしたので加入した


という2つの制度を利用して積み立てているのですが、

本日は、その両者を比較し、さらに、なぜ櫻田がこの二つを併用しているのか、を整理してみました。

まずは、類似点と相違点を表にしてみました。
小規模企業共済 個人型確定拠出年金
(元本保証以外を選択した場合)
上限 70,000円 68,000円(国民年金基金と合わせて)
下限 1,000円(500円きざみ) 5,000円(1,000円きざみ)
掛金の増減 簡単(以前は厳しかった) 簡単(年に1回)
インフレ対応 × ◯(選ぶ商品次第)
リスク・リターン 低い(利率は加入時:1%) 高い(運用次第で 元本割 or ハイリターン)
 税金・支払時  全額所得控除 全額所得控除
(国民年金基金と合わせて68,000円まで)
 税金・受取時  退職所得控除/公的年金等   退職所得控除/公的年金等
 途中解約 可能  不可能
受給開始 65歳以上なら、個人事業主を続けながらでも受け取れる。 60歳〜70歳
 

併用する理由その1:所得控除枠の最大化

そもそも、この2つの制度に着目したのは、年金や退職金を積み立てるとか、投資しようとか言うより、「所得控除」のメリットが大き過ぎるから。

そのメリットを最大限に活かすためには、2つの制度を併用すれば、所得控除枠を最大限にすることができます。(158,000円/月)

ま、そんなに老後にお金を突っ込むほど収入がないので、最大限に利用できるのは、ものっすごい稼いだら、の話なんですけどね(笑)

また、受け取る時の退職所得控除枠も、この2つを使えば最大限にすることができるので、貯金しておくだけのお金があるなら、使わないテはない。(ちょっと工夫が必要:後述)

 ちなみに小規模企業共済をまずスタートした理由

iDeCoの最大の欠点は「60歳まで、お休みはできても、引き出せない。」ということ。

その点、小規模企業共済なら解約は可能ですし(20年未満なら元本割れ)、「個人事業を廃業」するならば、(加入後1年以上経っていれば)元本割れすることなく積み立てた金額を「退職金」として受け取ることができます。

櫻田の場合、ですが、そんな余裕資金すら取り崩さなきゃいけないような、何か危機的状況になったら、個人事業主やめてバイトでもしてると思うので、この考えはアリだと思っています。

さらにiDeCoは「投資信託」に対する恐怖心もあり、納得行くまで調べつくすのに時間がかかったので。

併用する理由その2:ローリスクローリターン・ハイリスクハイリターンに分散

小規模企業共済の「予定利率」は微妙な感じ。リスクもない代わりにリターンもあまりありません。さらに、その利率はどんどん下がっていまして。

平成8年4月~ それまでの「6.6%」から「4.0%」に変更
平成12年4月~ それまでの「4.0%」から「2.5%」に変更
平成16年4月~ それまでの「2.5%」から「1.0%」に変更
中小機構:共済金の額の算定方法 より

しょんぼり

1%程度じゃ、インフレを考えると価値が目減りする心配も大いにありますが、まあ、定期預金の利率が0.01%辺りなことを考えれば、銀行に置いておくよりマシ。
(節税のメリットを考えると、ある程度のインフレが起きてもおトクと判断しています。)

iDeCoは定期預金も選べますが、投資信託やREITなども選べるので、リスクはありますが「増やす」ことができ、さらにNISAと同じように、利益が出ても税金がかかりません。

ローリスクローリターン:小規模企業共済
ハイリスクハイリターン:iDeCo個人型確定拠出年金

に資産を分散したい、という意味でも、併用を決めました。

まあ、iDeCoで定期預金と投資信託で分散、というのも可能ですが。

ちなみに、確実な利益を得られる「所得控除」のないNISAを使う予定は、今のところありません。

小規模企業共済とiDeCo個人型年金の併用時の注意点

・退職所得控除を最大限利用するには「順序とタイミング」が大切

櫻田は全額を退職金として一気に受け取りたいと思っています。特にiDeCoは支払いを受ける度に手数料が数百円かかるのもあり。

で「退職所得控除」という、退職金から所得税を沢山取るのはかわいそうだから、働いた年数(=積み立てた年数)に比例して課税金額を控除してあげるよ、ってのを活用します。
勤続年数(=A) 退職所得控除額
20年以下 40万円 × A(80万円に満たない場合には、80万円)
20年超 800万円 + 70万円 × (A – 20年)

国税庁:No.1420 退職金を受け取ったとき(退職所得)

で、同時に、小規模企業共済年金と、iDeCo個人型確定拠出年金を、退職金として同時に一括で受け取る場合、それぞれに適用することはできず、合算された学から、控除額がマイナスされます。

約20年の櫻田の場合、控除額は約800万。

退職所得控除:40万円 x 20 = 800万円

なので、2つを合算して800万円以上を受け取った場合、その x 1/2 に対して税金がかかってしまいます。

例)iDeCo:450万+共済:400万=850万円受け取った場合

退職所得控除800万円を引くと→50万円 その1/2の約2割=5万円 が税額!

櫻田の場合、ざっくり年間40万円以上積み立てるならば、税金がかかる可能性が高くなり、現在年間84万円払っています(段階的に減らす予定ですが)ぎゃー払いたくないよ税金!

そこで、裏技(いや、裏じゃないですけど)

個人型確定拠出年金を先にもらって、その5年後以降に小規模企業共済を受け取れば、控除枠は一度リセットされるので、退職所得控除を個別に適用出来るそう。

ちなみに、iDeCoは投資信託なので、価値が高い時を狙って受け取りたいと思っています。(それか、60歳近くなったら、段階的に定期預金に変えるか)

で、そこから「同じ年とその前年4年間」を置いて共済を受け取れば、退職所得控除がリセットされれているので、満額控除を受けられます。そして、65歳以上であれば、仕事を続けていても共済金Bを受け取ることができます。

つまり合計約1,600万!?退職所得控除を受けられるわけですが、投資信託が爆上がりでもしない限りそんなに積立てられませんけどね(笑)

ということで、全額「受取時税金ゼロ」が達成できると睨んでいます。あくまで妄想ですし、年金形式でもらう場合を検討していないので、不完全です。

参考:あなたのファイナンス用心棒 吉澤大ブログ
個人型確定拠出年金と小規模企業共済に加入している社長は退職金の支給時期に注意しよう

きちんとしたソースを確認していないので、ここらへんは税理士さんかファイナンシャルプランナーさんに相談する予定ですので、あくまで妄想レベルです。



後は、スタート時のタイミング注意点や、国民年金・国民年金基金・付加年金について!

はじめての確定拠出年金投資by大江英樹★分かりやす過ぎる

最近お金のことばっかり考えている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

さて、ウワサの個人型確定拠出年金について勉強しようと思った時に、まずは検索したのが大江先生の本。

「経済とおかねの超基本1年生」大江英樹★うまい話はない、だから損をしない知識を身につけよう。

〜経済やおかねのことが、分かる!読める!難しくないのに、基本も押さえられてちゃんと役に立つ〜

と、非常に印象が良かったので。そして、あったあった!



さらに大江先生、2001年にスタートしたこの制度の専門家。2003年から8年間大手証券グループの確定拠出年金部長、2015年からは企業年金連合会の「確定拠出年金継続今日行く実践ハンドブック検討会」座長を勤めるという、確定拠出年金の超スーパー専門家!

この制度を知らない沢山の人に説明し、対応して来られただけあって、解説が超クリア!我々が何につまずいて理解できないのか、さらには本心「ぶっちゃけ何買えばいいのかだけ教えて。」まで先回りしてフォローしてくれています。

大江先生が水を得た魚のようにイキイキと解説されている、そんな感じがしました。

確定拠出年金には企業型もあるのですが、この本や櫻田が関係するのも個人型です。

で、個人型確定拠出年金って何よ?

「個人で積み立てて運用する年金」です。具体的には、自分で選んだ投資信託等の金融商品を毎月一定金額分積み立てて行きます。

一発で分かる:個人型確定拠出年金「iDeCo」って?(iDeCoナビ)

法改正で主婦や年金のあるサラリーマンも利用できるようになり、俄然注目を浴びています。

「国も企業も老後の面倒みられないから、自分で積立てて運用してよ、その代わり税金優遇するからさ」っていう制度と理解しています。

何せその税優遇がスゴ過ぎます。課税所得400万のサラリーマンで年84,000円の節税になる試算って、ヤバ過ぎません?

先ほどもリンクしたiDeCoナビ(個人型確定拠出年金ナビ)では 税控除額の試算ができるし、このサイトの利用法もちょっとこの本に書いてありますよ。

でも、何がイヤって「投資先を自分で選ばなきゃイケナイ」こと・・・だって良く分かんないんだもん・・・。


櫻田さん、メモしながら必死に読んでます。

さて本書の内容はこんな流れ

・確定拠出年金の説明「メリット・デメリット」
・老後のお金の考え方(公的年金・企業年金・自分年金)
・どうやって始めるのか(加入出来る人や上限金額・申込ガイド)
・どうやって選ぶのか(投資先は自分で選ぶ、選び方超リアルガイド)←一番スゴイ
・その後「運用」って何をするの?←二番スゴイ
・どうやって受け取るのか(一括か年金スタイルは何が違うのか)

どうやって選ぶのか?についてよくある本では、

・スポンサー企業の商品をプッシュする系
・読んで満足したものの、具体的なヒントがなく実際どう選んだらいいか分からない系

が多いと思うのですが、これはかなり具体的なところに切り込んで提案してくれています。一部企業名も出していましたし。実際、加入!となったとき、本当に役立つ情報だと思いました。詳しくは・・・ネタバレになっちゃうので読んで下さい!



また、櫻田が一番今ハードルを感じている「運用」って良く分からないし面倒くさそう・・・というところが、かなり具体的に説明されていて「投資」に対するハードルが一段下がりました。

櫻田の感想とメモ

税金おトク3兄弟
・運用益が非課税!(NISAっぽい)
・課税所得から全額控除!(上限あり、個人年金保険っぽい)
・受け取る時も控除あり!

・確定拠出年金は「年金」ってあるけど、投資の色が濃い。(本のタイトル通り)
・他の金融商品と比べて信託報酬が安いものが多い。(だから銀行が宣伝しないので目立たないらしい)

・確定拠出年金内だけでなく、自分の資産全体として、分散投資しましょう。
・その場合、確定拠出年金枠にはハイリスクハイリターンのものがオススメ。
実は、二人で初めて銀行にお金の相談に行った時「個人年金保険」をすすめられたのだけれど、そのまま入らなくて良かったと思いました。(本を読めばその理由も分かります)

知らないって本当に怖い・・・。

夫婦で銀行に相談に行って来た

いやでも今回勉強して、バッハ君と櫻田にとって「確定拠出年金」は正解ではないかもしれないとも思いました。とりあえずあと1,2冊本を読んで勉強しつつ、競合金融商品と比較して、何を選択すべきか考えたいと思います。



だんだん、少しずつ、お金のことが分かって来た気がします。FP3級で良く分からないけれど覚えたことも、ここに来て「あぁ、そうなの、あれね。」とガッテンがあって、面白い。

ちょっとFP2級(段違いに難しい)も受けてみたくなりました。

ねんきんネットで年金受取額をシュミレーションしてみた

年金受取額の少なさに改めて驚愕している櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

いや、櫻田は転職が激しいし、プー太郎みたいな期間がちょいちょいあるし、厚生年金短いし、低いんですよ・・・ごめんねバッハ君。その代わり80歳まで働くわっ。

まずはねんきん定期便で受取金額を確認!

とりあえず受け取れば見ていたけど、そこに掲載されている数字が何を意味するか全然理解していませんでした。



国民年金と厚生年金を、その時々の就労形態に合わせて納めているので、特に確認することもないし、受取金額って言われても、なんかピンと来ないし。

しかし、塚崎先生の著書を読んで、これはきちんと把握しねば!と、この2つを実行してみました。

老後破産しないためのお金の教科書★長生き&インフレリスクを学ぶ


の、最後に設定したアクションアイテムの一つめ。

・夫婦の「ねんきん定期便」で想定受取額を確認。曖昧なので。
(夫婦合計22万円あれば、まずは安心らしい)

結果は秘密ですが、2人で老後のお金を考えようという時間を持てたことが、何しろ良かったです。

ということで、今回はこちら、二つめについて、レポしてみたいと思います。

・年金受取時期を先送りした時の受取金額の増加を「ねんきんネット」で確認して実感してみる。

ねんきんネットに登録すると受取額のシュミレーションができる!

ねんきんネットの登録方法等については、サイトやねんきん定期便に掲載されています。

日本年金機構オフィシャルサイト



郵送がからむので、少し時間がかかりますが。

保険を支払い続けることによる控除もあるだろうし、夫との関係、仕事による収入の多寡、社会情勢の変化、その他諸々、いろーーーんな要素があると思うので、シュミレーションに過ぎないのですが、まずはこんな3つの設定で。

1)60歳まで支払い、65歳から受け取る。
何もしなければ、1975年生まれの櫻田の世代はこのパターン。

2)受取を70歳まで繰り上げる。
塚崎先生のご提案の通り、年金の受取を65歳ではなくて70歳からにしてみる。

3)65歳まで年金を納めた上で、受取を70歳まで繰り上げる。
現在よりチョイ増しで切りの良い、16,500円×12ヶ月×5年で、TTL約100万円プラスで支払ったと考える。参考:日本年金機構:国民年金保険料の変遷 支払いもっと高くなると思うけど。

年金ネットの「詳細な条件で試算」でいろいろ設定できます。



#そして、あくまでシュミレーションだから!って何度も言われます。

出て来た結果を1)のパターンの時にもらえる年金額を「1」として、その何割増しになるのかを表にしました。

#あくまで櫻田の場合で、皆さまとは違うのでっ!
80歳まで 90歳まで 95歳まで
1)60歳支払、65歳受取 1 1 1
2)60歳支払、70歳受取 ちょい減 1.5割増 2割増
3)65歳支払、70歳受取(支払100万増) ちょい増 2.5割増 3割増し

シュミレーションして思ったこと

・人生80年と考えると、1)普通に支払って普通に受け取るのがいい。

・人生90年と考えると、追加納付100万円を考えても、3)がベスト。

生涯もらえる年金の単位は、何千万単位なので、1割増しでもかなり増しだし、3割増しとかだと、95歳まで受取という試算なので、その差は1千万とかいうレベルになって来ます。

もちろん、これから受け取れる年金の金額はマクロ経済スライドで減るのは避けられないのだろうと思っています。

それに、塚崎先生の「情報を発信する人の意図やメリット」を考えると、年金機構としては、受取を遅らせてより多く積み立て、そして早めに・・・と言う人が増えると最高だと思うので、とりあえず2)や3)のパターンを多目に見積もるようにしてそそのかしている、なんてこともあるのかしらん。

そもそも70歳受取がデフォになるかもしれませんが・・。

なので、そのまま信じることはせず、まずは目安として。

「長生きリスク」は強く意識して行きたい・・そして長く働こう

櫻田は子供がいないので、長生きした場合のリスクを非常に気にしています。親戚に迷惑をかけたくない・・・例え早く死んで損をすることになっても、長生きした時のリスクに備えるべきだと思っています。

だから、なるべく長く働いて、60歳以降も年金を払い、受取額を増やしたいと思っています。

塚崎先生の「なるべく長く働いて、なるべく受取を遅らせる。」という老後破産しないポイントが、少し分かって来たような気がするし、そのように努力したいと思います。

不安になるのって、良く分からないから、なんですよねぇ。まぁ、まだ全然良く分からないんですが、年金シュミレーション、考えたり勉強するきっかけとしてもオススメです。

日本年金機構オフィシャルサイト

後は、苦手意識の強い「インフレリスク」だな・・・投資とかやってる方、本当に尊敬します・・・。
いろいろと勉強したり、自分で実際に試算してみた後は、最終的にファイナンシャルプランナーの方に、認識ミスや思わぬ落とし穴がないかどうか、一度みて頂こうと思っています。

保険勧誘を生業としていない系の、その分コンサルタント料の高いFPの方を探して・・・って、それが大変そう。