書) 小説

スポンサーリンク
 今さら読書感想文

「風車小屋だより」ドーデー★そっと琴線に触れてくる短編集

いつ、なぜ、この本を手に取ったのか覚えていないのだけれど、恐らく20年近く本棚にある本。手に取るだけで心が穏やかになる、まるでお守りのような櫻田的珠玉の名作の一つ。 カポーティの「草の竪琴」もそうだけれど、この本、ドーデーの「風車小屋...
 今さら読書感想文

「私という運命について」白石一文★一つ一つの選択が運命

この本を読んだのはいつだったけ・・・確か、5年以上前、シェアハウスに住んでいる時で、当時お付き合いしていたバッハ君となかなか結婚に進めなくて、仕事でも悩んで、カウンセリングなんか受けたりしながら、悶々としている頃だったと思う。 ...
 今さら読書感想文

夜は短し歩けよ乙女★森見登美彦:胸キュン純愛活劇ファンタジー

ちょっと古いかしらん。3回くらい読んだ、ジャケ買い(多分)ヒット作です。 本屋さんでジャケ買いって、当たり外れが大きいけど、当たった時の興奮ったらないですよね。ネットでレビューを読んで買うのとは、全然違って。 その頃、ハチクロにはま...
 今さら読書感想文

櫻田こずえの読書&マンガ歴★小学生編

櫻田こずえです、本が好きです、皆さまごきげんよう! 先日実家に帰った時に、残してある自分の本棚がすごく懐かしくて、 (それも、自分でペンキで色を2,3回塗り替えた、古い本棚) そういれば、昔からどんな本を読んでいたっけ・・と思って...
 今さら読書感想文

「スカイクロラ」森博嗣★日常から離脱したい時

先日実家に帰った時に、どうしても捨てられなくて残してある本を、 久しぶりに眺めていて・・・1冊連れて帰って来てしまいました。 パトレーバー、攻殻機動隊、うる星やつら映画版などで有名な、 押井守監督が映画化した「スカイクロラ...
 今さら読書感想文

「鏡子の家」三島由紀夫★甘美なデカダンスに酔う

学生の頃に、たまには日本の文学でも読むかなと思って、 自宅の母の本棚で見つけたのがこの三島由紀夫の「鏡子の家」 500ページ以上ありましたが、数日間で一気に読んでしまいました。 もう、日に焼けて、汚れて、シミが付き・・・愛おし...
 今さら読書感想文

「デッドエンドの思い出」よしもとばなな★心のデトックス

悲しくて、虚しくて、苦しくて、どうしようもなくて、 そんなときに読み返す本がこの本です。 透明な涙がただ流れて、心のデトックスになります。 とっても澄んだ空気を纏った、 出会いと別れと癒しの物語が5つ入ってます。 かなり感情...
 今さら読書感想文

「存在の耐えられない軽さ」ミラン・クンデラ☆読んでる自分に浸る

大学生で最も読んだのは、ミラン・クンデラの著書でした。 その出会いとなった代表作がこちら。 存在の耐えられない軽さ (集英社文庫) posted with ヨメレバ ミラン・クンデラ 集英社 1998-11-...
スポンサーリンク