「Seasons of Love」ミュージカルRENTより★勇気と元気と涙が出る曲

ミュージカルRENTは観た事ないのに、この曲がとても好きな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ブロードウェイの伝説のミュージカル「RENT」の中の一曲で、映画版「RENT」では、最初に歌い上げられる曲。

前奏だけで涙腺を刺激してきますこのやろう。

ミュージカルを見た事がなくても、歌詞が分からなくても、音だけで胸にグッと来る素晴らしい曲。

歌い手さんの声が持つパワーも素晴らしくて、この声量、圧がつくる迫力のハーモニーが、一歩前に進めない櫻田の背中を、ぽーんと押してくれます。

ソロとハーモニーのコントラストにも痺れます。

プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』を現代社会に置き換えた若者のストーリーなのですが、HIVや麻薬、エスニック/セクシャルマイノリティを題材とした、当時は画期的なミュージカルだったそうです。

と、観てもないのですみません、こちらをご参考に。2018年夏に日本公演あるらしいです。

RENT(2018年日本公演オフィシャルサイト):ストーリー

作詞・作曲・脚本を全てを手がけるジョナサン・ラーソンさんの人生も、このミュージカルを「伝説」と言わせてしまうのかもしれません。

Wikipedia:RENT

Seasons of Loveの歌詞

Seasons of Loveの出だしは「52万5600分」で始まります。1年を分になおした数。

「Five hundred twenty five thousand six hundred minutes」

参考:とことんトコトコすきなこと:Seasons Of Love 和訳 – RENT

後半の歌詞が特に刺さります。

櫻田は、

人生の価値は、成功とかお金じゃなくて、どれだけShare love, give love, spread loveし合えたかじゃない?だから失敗ばかりでRENT(家賃)を払えない程のつらい日々でも、愛に溢れた一日に、四季に、一年に感謝して(ありふれた幸せを忘れないで)生きよう!

って勝手に解釈してパワーをもらってる曲です。

なんか失敗続きとかだと、ついついそこにある愛とか幸せを忘れちゃうんですよねぇ。。7,8年前の自分から見たら、大好きな人と結婚してること自体、もう、それだけで有り余る幸せなんだから、小さなことで不幸ぶってないで、感謝して毎日を過ごすよって。

さて、「glee」でカバーされているこちらも有名で、和訳付きがあったわ。

最近人気のリトルグリーモンスターのSeasons of Loveも素敵。

「Seasons of Love」を歌うLittle Glee Monster(リトグリ)@渋谷ズンチャカ!(Youtube)

こんなんに通りかかったら・・・鳥肌っ!

実はSound AroundのRemixで知った曲

ミュージカルを観てもいないのにこの曲を知ったのは、Sound Around がRyoheiを迎えたこのRemixが大のお気に入り過ぎて「Seasons of Love」って何だろう?って調べたから。

元気ロケッツっぽい、女性ボーカルキラキラ可愛いクラブ音楽を作るお二人で、今は活動されていないようですが、大好きでした。

2009年に買ったCDですが、今でもよく聴きます。

四つ打ち+スイートなコード進行(特に下がるやつ!)=永遠にツボです。

2018年8月公演@渋谷東急シアターオーブらしいです。

RENT(2018年日本公演オフィシャルサイト):スケジュール/チケット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク