海外でクレジットカードを止められた★原因と今後の対策「その手があったかコレクトコール」

スポンサーリンク

マニラ滞在二日目でJCBカードを止められた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

海外ではJCBが使えないことも多いので、VISAも持って行っていたため問題ありませんでしが、マイレージの関係で全ての出費をできるだけJCBに集中させている中、かなりションボリでした。

止められた原因と今後の対策を学んだので覚え書きです。



海外でクレジットカードを止められた!原因&対処法

マニラ滞在中、ホテルでカードを切ろうとしたら「このカードは使えない、銀行に問い合わせてくれ、という案内が出た」と言われました。

ぎゃー!不正利用?スキミング?

すでにマニラで2,3回使っていたカードだったので、ドキドキ・・・。

ひとまずVISAで支払いを終えましたが・・・何が原因?

JCBの連絡先は電話だし、通話できる電話持ってないし、止められたの初めてじゃないし・・・

そう、止められたの初めてじゃないんです。

海外で不正利用されて自動停止になったことがある

数年前に突然JCBから電話がかかって来て、

JCB:本日海外の店舗でクレジットカードの使用履歴がありましたが、覚えはありますか?

櫻田:海外になんて行ってないし、覚えもないです。

JCB:この取引を含めて、カードの利用をストップし、カードは再発行します。

ということになり、カード番号が変わって、自動引き落としやらなんやらの手続きが大変だったけど、不正利用をJCBさんに食い止めて頂いた経験があるんです。

なので、今回も同じパターンで止められたんだな・・・ま、とりあえず現在は誰もJCBのカードをは使えない状態なのだし、ま、いいか←呑気過ぎる と、とりあえずそのままVISAを使い続けて帰って来ました。

利用履歴を一つずつ電話で確認・・・取引に問題はなさそう

帰国後にJCBさんに改めて電話をすると、フィリピンに旅たった日の国内利用の履歴から、一つ一つ確認されました。

ただ、フィリピンでの利用履歴は、時間と金額しか分からないそうで、よく覚えていない・・・英語だらけのレシート見ながらの、わりと時間のかかる作業になりましたが、問題はなさそう。

そして、やはり自動的に不正利用っぽい取引を検知するプログラムが作動したらしく、今回は確かに利用していた、と伝えるだけで、すぐに停止を解除してくれました。

それはそれで良かったんだけど、2度とこういうことになりたくないじゃないですか?

何か対策できる方法がないか、2つほど聞いてみました。

「海外で利用→取引停止」機能は止められない

例えば、あらかじめ「マニラに行くからマニラで取引あっても気にしないでー」と伝えておくとかできませんか?って聞いてみたけど、でもそんな個別対応、JCBにとって手間過ぎますよね。

JCB:不信な取引のパターン認知が自動的に適応されるのを、止めることはできません。

だよね・・・特に櫻田のカードは不正利用された実績があるから、警戒レベルが高く設定されているのかもしれません。

電話くれたらすぐに再開できる・・電話できない場合は?

櫻田:海外で利用した時にすぐに再開させる方法は、電話以外にはありませんか?

まあ、クレジットカードでかけられる公衆電話とか、通話機能もついたSIMを借りるようにするとか、いろいろあるけれど、メールとかLINEとか、何かないものかしら?と思って聞いてみたら、

JCB:ホテル等でコレクトコールをかけて頂くことができます
コレクトコール=通話料金の着信者負担

なるほどーっそんなことができるのね♪

連絡先はカードの裏に書いてある連絡先の番号でいいとのことで、了解。

今後、同じパターンでクレジットカードが止まってしまっても、この方法ですぐにリカバーすれば問題ないわ♪

と、一つ勉強になりました。

海外はクレジットカードを利用できるお店が多いし、アジアはアメリカやヨーロッパよりJCBが使えるお店が多く、ありがたい。

難関のタクシーはUber等のアプリでこちらもカード決済なのが、本当に嬉しい。

もうUber(ウーバー)なしでアメリカ旅行できない★利用方法&おトクな裏技編

現金を持ち歩かなくて済むし、昔は「トラベラーズチェック」とかあったよなぁ(今もあると思いますが)。

ちなみに取引に問題はゼロではなかった・・・

「ホテルのデポジット(何かあった時の保証金みたいな預け金)引き落としの時はカードが使えたので5,000ペソチャージされたけれど、それが返金された時はカードがすでに止まっていて返金されていないかも問題(カード会社には返金の履歴がまだない)」

が残っているのが面倒です・・・1万円強なので、ちゃんと確認を忘れないようにしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました