乳腺外科に行って来ました

スポンサーリンク

今朝はドキドキしながら病院に行っておりました、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

結論として、何も問題なかったのですが、一昨日から感情の浮き沈みが激しかったです(笑)

 

乳がんセルフチェックで「しこり」発見

櫻田は、数年前からセルフ乳がんチェックをしてます。

体は手で洗う派なので、そのついでに、お風呂に入った時の習慣になっています。

 

で、特に生理が終わった後にチェックするようにしているんですが、その時、今までに感じたことのない「しこり」を発見したんです!

 

翌日はなんだか、痛みがあるような気もして・・・もう、不安がしこり級にゴリゴリ言い始めました。

あぁもうダメだだ、これは乳がんだ、しかも痛みがあるなんてもうダメだ・・・あぁ、余命宣告受けたらどうしよう、何しよう、何食べよう・・・あぁ、バッハ君!

 

落ち着け。

 

しこりに触れて秒で「超音波」の指示が飛ぶ

発見した翌々日に、かかりつけの婦人科に行ったら・・・その病院はなくなっていました(笑)

 

そこに新しい病院が入っていて、患者データも引き継いでいるようで、ホッ。

としたのもつかの間、「乳がんは、乳腺外科です。」と言われて、恐縮しつつ他の病院へ・・・いつも乳がん検診をここで受けてたので、何も考えてなかったごめんなさい。

 

近くの乳腺外科を紹介してもらって、受診。

何もない左胸の触診から始まり、右胸へ・・・・先生がしこりに手を触れるやいなや、触診終了。

 

何かこう、確信を持った感じ。

 

追加検査の指示が看護師さんに飛び、「これから用事はあるか?検査に時間がかかる。」など説明され、「あぁ、やっぱり私ヤバイんだ、クロなんだ・・・」と思って絶望しながら検査を待ちました。

写真は当時の櫻田の心をイメージしたものです

 

乳腺症でした♪

超音波検査では、しこりが何度も刺激されて、気持ち悪いような痛いような、何とも言えない不快感と戦いつつ、不安と戦いつつ、自分の無事を願いつつ。

死刑宣告を受けるような気分で待ち、診察室に戻ると問題ないですねと一言。

あぁ、この時の天にも昇る気持ちと言ったらもう!

 

しこりを自覚して診察を受ける人の8,9割が、良性のしこりだそうで、櫻田のしこりも、「乳腺症」というもので、問題ないそうです。

ちなみに、傷みを感じたのは「触り過ぎ」だったからのようです(笑)

いやもう、気のせいじゃないかって、何度も何度も触っちゃって(笑)

いろんな写真で、悪性と良性の違いの説明を受け、とても納得できて、良いお医者さんで良かった~。

念のため、半年後にもう一度検査を受ける予定です。

 

 

ちなみに、今年の春に、乳がんの触診(毎年)&マンモグラフィー(2年に1度)を受けて、シロでした。

これからも、定期的な検診と、セルフチェックを続けて行きたいと思います。

あぁ、良かった♪

タイトルとURLをコピーしました