小ネタ〜バッハ君 CD売ったら 10万越え〜

突然ですが、夫であるバッハ君の趣味は、クラシックCDの蒐集です。

沢山のCDを持っていて、はい、もちろんバッハ大好き。

同じ曲でも、演奏者や指揮者が違うものがチラホラ・・・好きだねぇ。

ということで、バッハ君の音楽オタっぷりをご紹介。

バッハの曲はBWV番号で/未開封のCD多数/電源タップ5万

バッハ君は、バッハの曲を聞くだけで、BWVという作品番号を言うことができます。

こずえ:ねぇ、朝のバロックのあの牧歌的なヤツ、なんて曲だっけ?

バッハ:あぁ、羊は安らかに草を食み  BWV.208ね。

とかいう返事が返って来るオタクっぷりです。

しかし、封すら開けていないCDが沢山あるのは疑問・・・・(笑)

#深く突っ込んではいませんが、売る目的ではないようです。

あと、同じ曲、同じ指揮者だけど、リマスター版が出たから買うととか、そんなの聴いても違いが分かるんかい!と思うのですが、音質重視の蒐集家なので、それは買わずにはいられないそう。

もちろん漏れなくオーディオマニアで、10万円のごんぶとな電源コードとか、5万円の電源タップ!とか、アンプとかプレーヤーを乗せる台(櫻田から見たらただのトレーなんだけど1〜2万円以上するとか)とか、チョイチョイ買ってます。

未知の世界の話を聞くのは楽しいし、いい音で音楽を聴けるので嬉しいのですが、櫻田は足を踏み入れたくない世界だわ・・。

100枚程CDを売ったらスゴイ金額に

で、先日、収納棚も狭くなって来たことだしと、100枚近く選別してレコード屋さんにまとめて売っていました。

大した値段は付かないだろうと、口では言っていました。

そうしたら・・・。

キタコレ10万越えっ!

バッハ君もこれには驚いて、査定明細を見たら、こんなすごいCDが!

amazonで69,980円で売ってるよっ!

こんなことになっているのは全然知らなかったそう。

バッハ:あぁ、このシリーズ全部買っておけばよかった・・・

ま、ちょっとだけ買った株が高騰した時にも聞くセリフですよね。

バッハ:こずちゃんの誕生日祝いの軍資金だな。

今年と来年は矯正中なので、豪華ディナーは取りやめ予定です。わー何買ってもらおう♪(10万円全部もらえると思っている)

遺産はカラヤンのDVD?

そんなバッハ君の口癖は「俺にもしものことがあったら、このカラヤンのDVDは必ず「ディスクユニオン」に売ること。」です。

価値のあるものをきちんと評価してくれるからだそう。

今後も値段が上がるかもしれない・・・に始まって、昔はレーザーディスクのセットで何十万とかで売られていて、中高生にはもう、夢のまた夢の品だったんだぞ!それがDVDになって数万円で買えるなんて、いい世の中になった、大人になって良かった、という話しに。

Amazonで中古品が76,800円で出てます。

こんな値段なら、買取屋さんに売るより、自分で売った方がいいんじゃない?遺言状にリストアップしておいてもらいたいわー。

以上、どうでもいい小ネタでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク