41歳でLINEをやっと始めて戸惑う日々

最近LINEでやり取りをする友人が加速度的に増えて来た、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今年に入って限定的に身内で使うようになり、ここ1ヶ月でとても増えました。いやー、慣れないツールって、とりあえず難しいですねぇ。日々頑張ってます。

linestart
友達10人でこれじゃヤバくない?

そんな愚痴と、自分への励ましと、それでもガンバってこんなサイトを参考にしながら学習していますという記事です。恐らくLINE上級生の皆さまには、何も意味がない記事かと・・・。

早速誤爆した!

学生時代、友達に送ろうとした飲みの誘いメールを、大学の教授に送ってしまったことを思い出します。こんなやりとりだったかと。

櫻田:ねーウチで飲まない?ビール買っておいたぜー。
教授:大変嬉しいお誘いですが・・・櫻田さん、テスト期間中に余裕ですね。
櫻田:(ぎゃーーーー)大変申し訳ございませんでした・・・。

で、先日、お世話になった方に、ちょっとアツイお礼のメッセージをLINEで書いたのですが、それを間違えて夫のバッハ君に送りつけてしまいました。

・友達の中には個人が特定しにくいアカウント名の人もいるので、自分のスマホ上で登録し直す。LINEで友だちの表示名を変更したり戻す方法
・そして、送信を押す前に必ず名前を確認してから押す。

使い方が分からない

これはまず慣れるしかないのですが、使い方が分かりません。何をどうするとどうなるのか、さっぱり分かりません。毎回ちょっとドキドキしてます。読みます。

LINEの使い方 完全活用ガイド【最新版:iPhone/Android/PC対応】

既読スルーばかりしてしまう

そもそもメールの返信すら遅い方です。LINEのお返事を1日以上開けてしまうこともしばしば・・・多分これってNGなんですよね、ごめんなさい。何か一個でも絵を送った方がいいですよね、でも、先日人生で始めて絵を送ったばかりなんですが・・・なんだか慣れません。

・絵ではなくスタンプと言います。

linestart2
今までは、ポチったのね、了解!って心の中で思ってやり取りを終わりにしていましたが、この絵を送ることで、今なコミュニケーションになると。

・もう一度言いますが、絵ではなくスタンプと言います。

きっと、今のコミュニケーションのスタイルは、パッと思っていることを短い言葉で伝えて、繋げて行くことだと思うのですが、櫻田は、じっくり考えてしまうので、すぐ返信って難しいし、その時している作業を中断したくないし、今一緒にいる人を優先したいし、文字はPCで打ちたいから後で・・・あぁ、所詮ザクです、旧タイプです。

グフになりたい!

LINEで既読なのに返事が来ない!無視?嫌われた?

ちなみに、LINEで長いメッセージはNGらいしんですが、ついつい長く書いてしまう・・・。

メールよりもLINEの方が「圧力」があってツライ

これも、自分の気持ちの持ちよう。メールなら寝かせてもいいけど、LINEだと、リアルタイム、遅くともその日中に返さないといけないようなプレッシャーが・・・←メールでもその日中に返せって

『LINEがめんどくさい』あなたは大丈夫?めんどくさいと思われる行動を教えます!

やり取りの終り方が良く分からない

引き上げるタイミングが分からなくて、スタンプを送り合うような延々としたやり取りに戸惑います・・・多分、やりとり→スタンプ←終わりの合図?

・慣れ
・「苦手」という思いがより面倒に感じさせているだけ

無限ループに疲れる! 正直、女性がLINEを面倒だと感じる理由4つ
決めておくとLINEで疲れなくなる「グループトーク」のルール



ブロガーでありながら、櫻田はアーリーアダプターではなく、レイトマジョリティです。未だにインスタやってないし。携帯を持ったのも周りと比べてとても遅かった。

その時も「他人に束縛されたくない」というのが理由でしたが、今回も同じ。

同世代の友人達が苦もなく使いこなしているのを見ると、まだほとんど友達もいないのにLINE苦手!と感じるのは受け取り方、マインドセットの問題で、使っている本人側の問題。一つ一つ、ズボラ過ぎたり、真剣に考え過ぎたり、もっとサクっと返せば良いに違いない。

少し慣れて来たら、きっとストレスなく使えるようになるんだと信じて、まずは自分が時代に遅れている現状をUpdateしたいと思っています。

そんな、自分を励ますのが目的の記事でした。