音声入力にチャレンジしているのだが.1〜Google,Simeji,iOSの比較〜

スポンサーリンク

おはようからおやすみまで、何なら夢の中でも文字を打ち続けている、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

音声入力にチャレンジ!

スマホ首になるし、肩凝るし、手首も痛くなる時あるし・・・でも、一生ブログ書いていたいし、この負担をどうにか軽減したい!と本気で考え始めた、身体にガタが出てくる43歳。

タイピングだけはやたらと早いのですが、指でも増えない限りもう早くなることはないだろう・・・限界を突破し、負担を軽減するカギは、入力方法にあった!

まずは親指シフト入力を考えた

日本語一文字打つのに、「か」なら「k-a」と、2つキーを打つ、っていうのがボトルネックだ!

と、いわゆる昔のワープロの「キー1つで1つのかな」入力方法を、現在のキーボードで実現するのが「親指シフト入力」

Wikipedia:親指シフト入力

キーボードを押す回数が減れば、それは身体への負担は減り、速度も速くなるはず。

「指がしゃべる」なんていう枕詞もついていて、ブロガーさんに実践者が多いです。

ものくろぼっくす:親指シフトまとめ

櫻田も気張って親指シフト入力への移行を検討していたのですが、新たなキー配列を覚えて、現在のローマ字打ちの早さになるまで、個人差はあるものの、人によっては半年以上かかるそうで、せっかちな櫻田に耐えられるのか不安で・・・。

43歳だしさ←言い訳

ナウなヤングは音声入力!

で、親指シフトの先を行くのが、音声入力。

喋った言葉がそのままスマホやパソコンに入力されていったら、それは素晴らしい!

・・・実は、2,3年前に一度試してみたのですが、当時、日本語の変換能力は高くなく、全く使い物にならなくて、あっさり断念。

しかし、経済学者の野口さんが「スマホの音声入力で本を一冊書いた」という2016年の記事を最近読んでびっくり!

―文章を書くスピードが、キーボード入力に比べて約10倍になった。

現代ビジネス:野口悠紀雄が実践した「究極の文章法」〜スマホ「音声入力」で本を書き上げた!

なんでもハック系女王の勝間さんは、バネ指などの持病をお持ちということもあり、かなり昔から親指シフト入力をされていたのですが、最近は音声入力へほぼ移行されています。

勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ:音声入力記事一覧

音声入力の精度も相当上がっているようで、機は熟した!と、早速取り組んでみました。

あ、全然ヤングな方の例ではなくて恐縮ですが、ナウな方々だし、きっとヤングなデジタルネイティブな方々は、キーボードじゃなくてフリック入力なんだろうなぁ。

ちなみに、堀江さんは、キーボードよりフリック入力の方が早いらしい。

Google・Simeji・iOS

音声入力システムに優劣・それぞれのメリットデメリットがあるらしく、ひとまず今あるもの、無料で試せるもの

・Google音声入力
・Simejiというスマホアプリ
・iOSの音声入力

を、iPhoneかMacで、Google Documentを開いて使ってみました。

ちなみに、音声入力のやり方などは詳しく書かれた記事が多く、櫻田のような素人が書いてもしょうがないので、すみませんググってください!

パソ活ラボ:Google音声入力の精度が半端じゃない(他の音声入力ソフトとの比較やおすすめのマイクも紹介)

Simeji:オフィシャルサイト(本来着せ替えキーボードアプリです)

Apple サポート:iPhone、iPad、iPod touch で音声入力を使う

喋るとほんと、すぐに文字にしてくれるんで、軽く感動します。

原稿

これを読んでみました。

「女は見られて磨かれる」ならばさらしてしまえばいい 服装・美容・生活をさらし続けたら美人になるのか実験するブログ

美人を目指す毛穴ブロガー櫻田こずえです

ちなみに、改行は手で入れましたが、iOSは「改行」で改行を入れてくれます。

Mac BookのChrome上のGoogle DocumentでGoogle音声入力

かっこ女は見られて磨かれるかっことじならば晒してしまえばいい服装店美容店生活お皿し続けたら美人になるのか実験するブログ

美人を目指す毛穴ブロガー櫻田こずえです

「お皿し続ける」が笑えますが、「毛穴ブロガー」を唯一聞き取ってくれるなど、頑張ってくれてます。

Google音声入力の翻訳精度が非常に高いと、世間の評判は高いよう。

ただ、Google Document上じゃないと使えないのがかなり不満。

iPhone7でGoogle DocumentにSimeji音声入力

カッコ女は見られて磨かれる、かっことじならば晒してしまえばいい服装店、美容生活を晒し続けたら美人になるのか実験するブログ

美人を目指せ、毛穴風呂が櫻田こずえです

そうだ、美人を目指せ!そして毛穴風呂に入るんだ!(笑)

SimejiはAIで句読点を入れてくれるのがポイント高いらしいです。上記も勝手に「、」が入ってました。

スマホアプリですが、いろいろ仲介させるとPCに直接入力もできます。

勝間さんイチオシ。

iPhone7でGoogle DocumentにiOSの音声入力

(女は見られて磨かれる)ならば晒してしまえば良い服装、美容、生活を晒し続けたら美人になるのか実験するブログ

美人を目指す毛穴グローカ櫻田こずえです

前半いい感じだったけど「毛穴グローカ」が意味不明過ぎで笑えました。

iOSは何と言っても「てん」「まる」「改行」などのの指示を、「、」「。」に変換し、そして改行してくれるのが素晴らしい。

第一印象ですが、櫻田はこれと一番相性が良いと感じました。

3つの音声入力を試してみての全体的な感想

皆、それぞれがそれぞれに間違えていて笑えますが、とりあえずなかなかの精度で入力してくれました。

速度も全くストレスないというか、喋りが追いつかないくらいです、というか追いつきません。

すごい世の中になりましたね。

これ、全部タダというか、今使っているものや、無料でダウンロードしたものでできた、ということにもびっくりです。

iPhoneの方は、これタップして喋るだけなので、ぜひやってみてください!

ということで、早速記事を書いてみてげっそりしてる話や、思わぬ副産物について、また書かせてください〜。

ちなみに、PCを卒業して、おしゃれで可愛い小さなバッグを持つことが野望です。

タイトルとURLをコピーしました