やっぱりリアル本屋が好き

用事があって神保町へ行って参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

なんだか心ときめくのは、昔っから古本屋に通っていたからかな。最初は、赤川次郎とか、コバルト文庫もめちゃめちゃハマりました。

読書&マンガ歴★小学生編
読書&マンガ歴★中学生編
読書&マンガ歴★中学生〜高校生編
読書&マンガ歴★大学生編

専門書が多いけれど、意外と普通の本も店頭に出ていたりして、雑多に眺めていると、amazonの「この本を買った人はこの本も買ってます」より、いろんなところが意外な感じに刺激される。


そして目指すは三省堂神保町本店へ。

久々の大きな本屋で1時間以上グルグルうろついていたら、ふくらはぎが痛くなって来た。至福。

途中からも「もう、いい、お金がなくなったらコンビニでバイトすればいい。」とか自分に言い聞かせて5冊お買い上げ。


 

喫茶店で買った本を眺めて、また、至福。

酒井駒子さんの絵本?は、なぜかこの絵で胸をワシづかみにされた。なぜか分からないし、文章は読んでおらず、中の絵をパラパラ見ただけなので、内容も不明。ドキドキ。
これは完全なる衝動買い。なんとなく。
ちょっと立ち読んで、その世界観に引き込まれてしまった。。。引き込まれるような本に偶然出会う、その幸せ@リアル本屋
なんとなく、夏目漱石、理由は特にない。
何冊か読んでいる柚木さん。一見普通の女性の、べっとりとした女の負の感情、ズルさの描き方が好き。これはタイトルからしていい。心にグッと来てじわっとなる原口マハさんと並んで、「何を買ってもハズレがない」最近好きな作家さん。
神保町と言えば・・・喫茶店「さぼうる2」でナポリタンとイチゴジュースランチして来ました♪

さぼうる2@神保町でランチ★ナポリタンと名物イチゴジュース