格安SIM-スマホ- IIJmio みおふぉんで節約ハッピー:経緯編

格安SIM(MVNO・格安スマホ)に3月から乗り換えた、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
今の所、かなり快適=ドコモ時代とあまり変化を感じず使えてます。
で、その節約効果がハンパないっ!

格安SIM-スマホ- IIJmio みおふぉんで節約ハッピー:経緯編←今ここ
格安SIM-スマホ- IIJmio みおふぉんで節約ハッピー:手続編

格安SIM-スマホ- IIJmio みおふぉんで節約ハッピー:その後編

6,800円→2,400円5GB
3GBなら1,700円チョイよっ!
(税込・アバウト・ドコモは2年縛り終了後・通話料含まず)

iijmio2
IIJmioみおふぉん 音声通話機能付きSIM
https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/

その経緯と具体的な体験をお話しさせて頂きます。
以下、あくまで「櫻田がdocomoからIIJmioにiPhone5Sで2016年3月に移行した」場合で、

 

☆ ポジティブポイント

・今のスマホのまま乗り換えられた(docomo iPhone5S)
・MNP転入OKで、番号そのまま。
・1年間は違約金(約1万)が発生するが、それ以降いつでも解約できる。
・乗り換え時は、既存キャリアの2年縛りの更新月で違約金なし。
・simは郵送、家で開通でき、不通時間は2時間程度。
・Amazonで初期費用も節約できた。
・テザリングもスムーズ。
・動画やテザリングしないなら、3GBで十分だと思う。

★ ネガティブポイント

・回線が混雑する時間帯&エリアでは、若干遅くなっているらしい。
・これから大手キャリアから流入が進めば、もっと遅くなるかもしれない。
・何かいろいろ分かりにくい。
・この先会社自体やサービスが安定継続するかは不安ではある。

もの凄く詳細に解説したサイトが沢山ありますので、是非ググってみて下さい。
また、櫻田は解説ではなく、体験したことを書いているだけなので、
正確な情報を把握されたい方は、各業者のサイトへ!

格安SIM業者は、大手キャリアの至れり尽くせりお店サービスとかないし、
カスタマーセンターは恐らく中国なのかな?
非常に日本語が通じにくく、繋がりにくく、対応が悪いらしいので、
自分でネットで調べて、自分で解決出来る人、向けではあります。

最近は家電ショップや直営店みたいなとろこで、即開通、ってのもあるみたいです。

■ お手洗いでスマホを落としてから2年経ったぞ!

個室で着席する前に、必ず後ろポケットを叩くクセのある、
櫻田こずえです、なぜならそこからスマホをポチャンとやったから。

iphonezip 必死で乾かしているの図。
iPhoneが水没した:http://sakuradakozue.com/iphone4s-suibotsu/

その時「スマホは同じキャリアで使い続けると損なんだな」と実感。
商品券とか割引とかすごかったから。

iphonechange2
MNPのりかえでiPhone5s16GBと5万円をもらう?
http://sakuradakozue.com/iphone5s/

政府の指導も入って、更新月が2ヶ月になったりしてましたけど、
(更新月以外は、2年以上経過してても転出に違約金が掛かる)
「使い続ける客」へのサービスが、劇的に改善する=安くなる、気はせず。

なので、2年縛り更新月は必ず乗り換えを検討しようと思っていました。
ただ、10万近くするスマホを買い替えなきゃいけないならNGかな、と。
#今年出るiPhone7ESは安めだし、アンドロイドなら1万〜であるけれど。

で、昨年頃からよく話題に上がるようになった格安SIM(MVNO)
LINEも参入して来て、これは普及して来たなぁと、検討を始めました。

でも、良く分からんっ!

■ 一番気になるのは、やっぱり繋がるか?ってことだよね

現在沢山ある格安SIM業者のほとんどが、docomoの帯域を間借りしてるそう。
さらに、混雑してくると純粋docomoユーザーが優先で、
間借りの格安スマホユーザーは、どんどん遅くなっちゃうみたいなんですよ。
朝のラッシュとか、夕方とか(それはちょっとだけ感じるかも)

ただ、混雑さえしなければ、現在のdocomoで入るエリアであれば、
同じ程度の電波状況という触れ込み。

そして、格安スマホ業者の努力次第で、その状況は変わるそう。
ユーザーが増えて来たら、連動して混雑緩和の投資をしてくれる、
そんな誠実な業者を選ぶことがポイントなのか。

後は、格安スマホ業者が使っている回線(ドコモかau)で、
自宅や勤務先等が、きちんと圏内にあるかが大前提ですね。

さらに、なんとなくいいなと思った格安スマホ業者の口コミや体験談を、
徹底的に追ってみるといいと思います。
遅いとか早いとか、いろいろ率直な意見が飛び交ってます。

■ 現在の「スマホがsimフリーかどうか」「キャリア」
「格安スマホ業者がどこのキャリア回線を使っているか」が重要と

櫻田はドコモのiPhone5S(simフリーではない)を使っています。
これで格安SIM使えるのかしら。
ちなみに、simフリーは、どこのキャリアでも使えるってことらしいです。

Google先生:「キャリア、機種名・Ver等、格安SIM」検索

出て来たサイトを2,3サイトを読めば、だいたいOKかどうか分かりました。
格安スマホ業者は、ドコモの回線を使っていることがほとんどなので、
ドコモだとsimフリーである必要がないらしく、iPhone5SのままでOK。

ただ、細かいことや例外等いろいろあるので、
最終的には格安スマホ業者のサイトできちんと調べました。
IIJmioの場合→こちら

auを使っている格安スマホ業者はごく少数。
softbankはそもそもMVNO業者に回線を貸してないらしく、
softbankでiPhone5Sを使っている場合、
それをシムフリーにする荒技を使う(SIMロック解除)らしい。

■ で、なんでIIJMIOにしたの?

なぜIIJmioにしたかと言うと、老舗でチャラくない印象だから、です(笑)
一番安いワケじゃないし、キャンペーンがあったからでもない。
でも、やたらと値引きとかキャンペーンやってる所って、
おトクなんでしょうけど「入ったらおしまい」ってイメージがあって。
それに、ランニングコストは似たり寄ったりです。

契約中はずっとポイント2倍の楽天は、すごく魅力的でしたけどね。
また、スマホを同時購入されるなら、キャンペーンがある所の方が、
おトクなのかもしれません。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

業者によっては、「通話がIP電話」「通信が3G」「契約が2年縛りや3年縛り」
というような、思わぬ落とし穴もあるらしいので、要注意ですし、
早々に撤退した業者もあるようなので、規模や信頼度も大切。

あと、IIJMIOは、一度ユーザーが増えて速度が落ちた時に、
きちんと対策を打ったのか、速度が戻った、という、
証拠も何も無いネット情報になんとなく安心して。

比較サイトや体験談サイトは山ほどありますが、
なぜあるかと言うと、アフィリエイトがあるから。
例えば、さっきの楽天のリンク先から購入してもらうと、
櫻田は紹介料がもらえるんです。

なので、アフィリエイトの紹介料が良いところを、
良くもないのに「イチオシ」していることも考えられるので、
まあ、その辺差し引きつつ、いろんな体験談サイトを読んでみて下さい。



ということで、次回は具体的な手続きがどうたったかを書きたいと思います。

もちろん紹介特典(2ヶ月間10%増量)もありますよ。
これもアフィリエイト。櫻田にも特典があるのです。
だからみんな、詳細な解説記事を書くんですよ〜。

で、ここから申し込んで頂くか、
https://www.iijmio.jp/campaign/mgm/invite/?id=667932214235246&sns=0

紹介コードを入力下さい。
667 9322 1423 5246

あ、でも、まだ申し込まないで!
初期事務費用3,240円を抑える方法がありますので、次回ご紹介します。
ってか、amazonでパッケージを買うだけなんですけど。



格安SIM-スマホ- IIJmio みおふぉんで節約ハッピー:経緯編←今ここ
格安SIM-スマホ- IIJmio みおふぉんで節約ハッピー:手続編

格安SIM-スマホ- IIJmio みおふぉんで節約ハッピー:その後編