ボーイングと構えで終った充実の1時間★大人のチェロレッスン19回目

確実にチェロにハマったなと思う、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

良かったハマって(笑)←始める前は、すぐ飽きちゃったらどうしようと思っていた

さて、6月から3ヶ月間、臨時の先生に教わることになりました。
いつもの若干イケメン先生は、演奏のお仕事の地方巡業があって。
後輩の女性の先生が代理でいらっしゃるということで、
ドキドキワクワクしておりました。

■ 6ヶ月間に出来た悪いクセを直してもらう

音階をやった後、スパルタ指導が入ります。ひたすらボーイング!
まずは、というか、何より右手全体的に力が入り過ぎ!

・卵を包み込むような感じ
・犬がお手をする感じ(笑)

お手は、ラブラドール等の大型犬雰囲気だそうです。
ぽんっ、ぱふっ、って感じだそうです!

女性ならではの右脳的表現は、女性としては分かりやすい!
分かりやすいというか、感覚的に再現しやすいんですよね。
犬のお手、それもラブ限定とか、男性は???なんじゃないでしょうか。

・親指が突っ張っている
cellolesson201506111
こう、第一関節を曲げる感じです。卵を包まないと!
cellolesson201506112
ちなみに、弓を持つ手の上にコインが乗る感じというのも特訓されました。
平にってことなんだと思いますが、この写真の持ち方はダメです。

・小指が突っ張っている
・指を頑張って広げ過ぎ
cellolesson201506113
うーん、小指はまだ突っ張ってる。
cellolesson201506114 中指と親指で支える、と。

先生:左手で弓を持って、弦に乗せて、そして、お手!力抜いて〜

スパルタなんて言っちゃいましたが、若くて大人しい、
箱入り娘な感じの優しい先生なんです。
そして、語彙が突飛で豊富で面白い。
ご本人は多分、その面白さの自覚はないんじゃないかなぁなどと、
余計な事を思ってみたり。こういう方程面白い。

若干イケメン先生は男性らしく理屈、理論なんだけど、
箱入り先生は、女性らしく感覚的な表現が豊富。

2人の先生に教わるって、面白いし、勉強になります。

で、右手の力を抜き切ることができれば、
小指も突っ張らなくなり、親指も丸くできて、
指も開き過ぎる必要がなくなるんだろうな・・・

そう、右手の力を抜けばいいのよこずえっ!
(それが難しい・・・週末の練習はこれに集中だな)

と、ひたすらボーイングしまくりました。
チェロの裏も響くように、ボーイングしましょう。
指に力が入っていると、大きな音は出るかもしれませんが、
それは響かない、遠くまで通らない、潰れた音になってしまいますと。

先生に弾いてもらうと、本当に裏まで響く。
そして、先生が「あぁ、今力抜けていい感じ」と言うときは、
本当に力が抜けてて、そして、足にチェロの裏が振動していることを感じる。

いい音が出るまで、付いて行きますっ!

■ さらに、チェロの構え方、ピンの長さ、足での挟み方も!

座り方にも力が入り過ぎて、上半身が不自然に真っすぐ過ぎと。

・自転車に乗ってる感じ
・椅子からすぐに立ち上がれるポジション

これまた感覚的な表現が満載です。
弓をハンドルに見立てて、自転車に乗ってくれなくてもいいです、先生(笑)
そして、ふたりで椅子から立ち上がったり座ったり(笑)
さらに勉強になったのは、少し前のめりでチェロに身体の体重をかけるということ。

昔、チェロは「エンドピン」がなかったので、
チェロを足で挟んで抱え、宙に浮いた状態で弾いていたと。
エンドピンが出現したことで、ラクになったけれど、
ゆえに、チェロと身体のベストバランスが見つけられなくなったと。

椅子の高さやピンの長さ、チェロの角度、いろいろ調節して頂きました。
同じ体格なので、すごく通じるし分かりやすい。

先生:あ、今櫻田さん、ここから見てとてもナチュラルな感じに持ててます、いいです。

この感覚的な表現がいい!

■ さらにさらに、ネイルについても聞いてみた!

当たり前だけど「深爪上等」な箱入り先生。

櫻田:お友達のチェリストさんで、ネイルされてる方いらっしゃいますか?
先生:ネイルって、マニュキアのことですよね。いないですね・・・

クラシック系にはいないけど、華やかさが必要な分野の方は、
いらっしゃるのかもしれませんが・・・私の周りにはいませんね。とのこと。

やっぱり、裏側から見た時に少しでも爪が出ているのはNGだな・・・。

cellolesson201506115
ジェルネイルではNGだけど、やっぱり削るしかないな・・・。



臨時の先生が入ったことで、
改めて自分のチェロを基礎の基礎から見直すことができて、
本当に、とっても充実した一時間でした♪

で、メヌエットは最後に1回弾いただけ(笑)

・スラーのところ、なめらかに、弦から弓を離さない
・弓の運びを間違えない
・暗譜

ということで、週末は再び特訓です!
とにかく、身体の力を抜こう!

ボーイングと構えで終った充実の1時間★大人のチェロレッスン19回目」への4件のフィードバック

  1. yukiee
    指が短いと大変ですよね。
    私はバイオリンを教えているのですがセンスがなくて 辞めていく人が沢山います。
    何年か練習をすれば、それなりに弾けるようになるので頑張ってください。
    1. kozue 投稿作成者
      yukieeさんへ、
      コメントありがとうございます★
      指、長くなりたいです・・(笑) 毎日引っ張ろうかな(笑)

      最近その「センス」って何かなーって思いながら練習しています。
      でも、理屈じゃどうしようもなくて、地道に練習し続けることが大切だよなーとも。そうですよね。

      焦らず、ロングスパンで考えて行きたいなと思います!
  2. monaka
    こずえさん、こんにちはmonakaです。
    貴女の記事は同じような私に大変参考になります。今回も写真入りでとても解り易い。
    「弓を持つ手の上にコインが乗る感じ」なんか読んでよかった。
    それに親指のツッパリ、これ私も悩んでいます。弾いてるうちに力が入っていくんですよね。
    今度の土曜日は久しぶりにレッスン、メヌエット2は初引きになります。ってまだアレがok出ていません。
    1. kozue 投稿作成者
      monakaさんへ、
      コメントありがとうございます★

      親指のつっぱり!これ、どんなに自分に言い聞かせてもどうやってもつっぱって来ちゃうし、
      もういったいどうすればいいの・・・ということで、いろいろチェロ理論を読みあさっています。
      頭で分かっても、制御しようとしても、ちょっと目を離した隙に、身体がすぐに抵抗してくるんですが・・・。
      また記事にさせて頂きますね。

      レッスンはいかがでしたでしょうか?今度こそアレに◯が付いたでしょうか?
      でもきっと、monakaさんの先生はお厳しい方なのだろう!と思います!
      櫻田はしばらくメヌエット2曲で足踏みしそうです。

コメントは停止中です。