月別アーカイブ: 2014年2月

「デッドエンドの思い出」よしもとばなな★心のデトックス

悲しくて、虚しくて、苦しくて、どうしようもなくて、
そんなときに読み返す本がこの本です。

透明な涙がただ流れて、心のデトックスになります。
とっても澄んだ空気を纏った、 出会いと別れと癒しの物語が5つ入ってます。

かなり感情的に、青臭く、自己陶酔気味にレポして参りたいと存じます。



よしもとばななの本は、学生時代に「キッチン」や「白河夜船」
を読んだ記憶があるけれど、もう内容等は忘れていました。
で、30歳くらいの時に同僚にすすめられて久々に手に取った本がこちら。
とても平易な言葉で、いつも日常普通に使う言葉で、
穏やかに淡々と出会いと別れが描かれる、ラブストーリーです。
その淡々、の中にふんわりとした不思議なあたたかさがあふれています。



見落とされがちな「たいせつなこと」がたくさん描かれています。
それは偉そうな心理分析でもなく、人生論でもなく、
ほんとうに、私の心の中にあるけれど、
普段気づかなくて、意識していない、たいせつなことが。

ああいう意味のない時間・・・・えんえんとしゃべったり黙ったりしていていられるということが、セックスしたり大喧嘩して熱く仲直りすることよりもずっと貴重だということ・・・
– 幽霊の家-

退屈で、永遠で・・・
– あったかくなんかない-



小説の中って、やっぱりフィクションだから、
とんでもなく「普通じゃない不幸を背負った人」が出て来るし、
この小説もそういう人が沢山出て来る。
でも「至って平凡に恵まれた普通の人」も出てきて、
両者が平等に扱われている感があるのが好き。

「普通な生き方」って、
なんとなくネガティブに語られたりしてしまうけれど、
しあわせはそんな普通な人の普通の日々にこそあると。

いい環境にいることを恥じることはないよ
– デットエンドの思い出-



作り込まれた世界観のある重厚な物語も好きだけれど、
ふんわりとかげろうのように心に浮かんで来る空気感のある物語も好き。
お化けが出ても普通に挨拶してしまいそうな雰囲気。
カポーティの短編のような。

あ、いやむしろ、少ない言葉や登場人物や背景描写にスキがあるから、
読者ひとりひとりの思いが引き出され、
それぞれに深い世界観を作っているのかな。
それってきっと、本として素晴らしいと思う。

本を読んでいる時の頭に浮かぶ情景って、
みんなでシェアできたら面白いだろうなぁ。

櫻田は結構鮮明に主人公の顔なんかも浮かんできて、
さながらテレビドラマみたいに色鮮やかです。
なので、小説がドラマやアニメ、映画になっても観ないことが多いです。



神と呼ぶにはあまりにもちっぽけな力しか持たないまなざしが、いつでもともちゃんを見ていた。熱い情も涙も応援もなかったが、ただ透明に・・・
– ともちゃんのしあわせ-

そして不思議なことに、時間はその時、おかしな流れかたをしていた。戻っていくわけでも、止まったわけでもなかった。
ただふんわりと広がってどんどん拡張していったのだ。光の中で、天まで届くかのような広がりで、ふたりを包んだままで時間が永遠になった。

– 幽霊の家-

この世にはあったかい不思議がたくさんあるんだよね。

原因があって結果がある、ではなくて、
全てのことが論理的に説明できることはなくて、
なんだかよく分からないことが起きて、流されて、
理由もなく選ばれたり、理由も無く選ばれなかったり。
原因と結果の法則はあるとは思うけれど、
どれがどれを招いたかなんて、明確でないことの方が多い。

そして、良く分からないセーフティーネットみたいなものが、
その人の心にも、その人の周りにも張り巡らされていて、
意識しないところで、心や身体がそれをキャッチして、
どん底に落ちていく自分をふんわり包んでくれる。

タイトルにもなった「デットエンドの思い出」を読んでいると、
そんな、不思議であたたかいこと、を思い出すのか、感じるのか、
透明な涙が、ふんわり浮かんでは流れて行きます。

すっごい悲劇とか、可愛そうとか、そういうのじゃなくて、
うーん、簡単に言えば「切ない」という感情になると思うのですが。
心の琴線にこんなにもダイレクトに触れて起こるこの気持ちはなんなんだろう。

「生きるのが苦しかったあの時」を心の底に抱えている人の、
その、もう忘れてしまった古傷を直接撫でられているような気もします。
読んでて少し辛かったり切なかったり。

でもきっと、酸いも甘いも経験した皆さまなら、ぎゅーっと切なくなって、
そして、その後、少し、心が軽くなったような、気がするんじゃないかな。



「自分の作品の中で、いちばん好きです。」

とよしもとばななが言う、本のタイトルにもなった、
その「デットエンドの思い出」が大好きです。

ずーっと付き合って婚約もしていた彼が東京で浮気してて振られた、
という、ありがちといえばありがちな展開なのですが、
焦点は主人公が、心を立て直す過程に置かれています。

「よし、そろそろ帰って、やりなおそうか。」

と思えるようになるまでの心理描写を、
読んで感じて心が震えます。

「自分がとらえたいものが、その人の世界なんだ、きっと。」

そう、そうなんだよね。



この小説集に関しては泣かずにゲラを見ることができなかったのですが、その涙は心の奥底のつらさをちょっと消してくれた気がします。皆様にもそうでありますよう、祈ります。
– 作者あとがき-

櫻田にも、そう、でありました。
ばななさん、素敵な小説をありがとう!

MNPのりかえでiPhone5s16GBと5万円をもらう?

#追記:一括0円で買わなきゃダメだそうです!良い子は真似しないで下さい!
サトシさん、ありがとうございます。
恥さらしですが、悪い見本で置いておきます。

iPhone4sをポチャンとやってしまってから1週間。
普通に動いていますが、iPhone5sの新品に買い替えました。

・一度浸水したiPhoneはいつ壊れるか分からない
バッテリーの挙動が怪しい・・突然壊れるリスクは大きい。
前もって変えておいた方が良いだろう。

・消費税アップ前に購入しておいた方がいい?
これは結局関係なかったのですが。

・ドコモがiPhone5sで5万円キャッシュバック2月16日まで
はい、こういうのに踊らされた訳です。
が、踊らされて今の所は後悔しておりません。

■ MNPのりかえは恐ろしくお得なシステム

先日iPhone4sを水没させた時、もうダメだと思ったので、
すぐにドコモとauに見積もりを取りに行きました。
MNPで新しいiPhoneを買った方がお得だと聞いたので。

いやそれが、どう考えてももの凄くお得でびっくりしました。

ようやくiPhoneの販売権を得られたドコモは必死!
きっと何台販売するとか、誓約してるだろうし、プライドかけてるよな。。
というのは分かるのですが、何ですこのお金掛からな過ぎなシステム!

iPhoneは実質タダで基本料は2年間無料で5万円もらえる!?
もちろん各種ワナも張ってあります。

・iPhone5s 15GB 実質タダ

分割購入で2年かけて払うということに明細上なるのですが、
同じ金額だけドコモから毎月サポートされるので、
一切櫻田からお金が出て行かない仕組みです。

一括だと本体70,560円ですが、分割で95,760円で買わされました。
一括より分割の方が、途中解約のハードルが高くなるからと推定。

途中で解約しようとすると、
一括の場合は月々のサポート「-2,940円×残月」を残すだけですが、
分割の場合は「3,990円×残月」を支払わなければならない。
どちらが途中解約を抑止する効果があるかと言えば、後者ですよね・・

また、ややこしいのですが、この月々サポートは機種代には充当されません。
必須契約のiPhone用「パケット定額サービス 5,460円」や通話料に充当されます。
もしパケット定額をやめて(できるか分かりませんが)、通話もしないと、
月々サポートが充当する対象がspモード315円位になり、
実質0円ではなくなります。
が、iPhone使っていてパケ放題なしはあり得ないので、問題ないでしょう。

ここら辺が一応考えられるワナですかね。

・のりかえ割りで基本料金2年タダ

2年間780円/月が無料です。
これは特にワナはないようです。

なお、正常なiPhoneをお持ちなら、
下取りサービスもあるようです。

・MNPキャッシュバックキャンペーン

これが大きい!
5万円ですよ。その場で商品券渡されました。
#ドコモのネットショップから買うと、月々の支払いから引かれます。
#櫻田は諸処理由で、商品券の方がお得なので・・

・何かワナがないの?

あります。有料のコンテンツに強制で入らされます。
が、初月無料のものも多いし、すぐに解約できます。
解約したとして、実質1、500円程度の支払いが発生します。

ちなみに、ぼーっとして解除しないと、月額2,289円掛かります。

dヒッツ:315円
おすすめパック:525円
music.jp SOTRE:315円
Video Market:525円
フジテレビオンデマンド:315円
TV Asashi:294円

もし2年間放っておいたら、54,936円持ってかれる仕組みです。
怖い、怖過ぎます。
そういうの疎い方、ヤバそうです。

また、クレジットカードの契約がマストです。

ただ、櫻田の契約したドコモショップはこれらの補填として
さらに3,000円の商品券をくれるので、これもマイナスになりません・・

トータル53,000円の商品券。
チケットショップで97.5%で換金したとして、現金51,675円です。
おそろしや。

iphonechange2

■ さらに、2年契約というワナ

携帯の契約は2年縛りがあるのはよく知られていますが、
2年経過してまた2年契約が更新されるので、また2年縛りになります。

この2年後の契約月のチャンスを逃すと、次は4年後になっちゃうわけですね。
2年3ヶ月後転出、だと、2年未満と同様の違約金が発生します。

ちなみに、櫻田は2014年3月に新規契約しましたが、
次に違約金なしで転出できるのは、「2016年4月」だそうです。ふーん。
契約時には確認してメモっておくのがよさそうです。
櫻田は契約書にメモさせて頂きました。

■ また、転出しようとすると、優遇されます・・

転出するためには、ソフトバンクで「MNP予約番号」を取得する必要があります。
そのとき、電話なりでソフトバンクとお話ししなきゃいけないのですが、
もちろん引き止め営業されます。

転出をご希望の方にお得な情報を・・・3万5千ポイント差し上げます!

普通に機種変更するなら、転出しようと見せかけてからの方がいい、
ということでしょうか・・・なんだかヘンな世界ですね・・・
また、転出事務手数料みたいなので、2,100円かかります。
細かく稼ぎます。



2年間少なくともパケット定額サービス約5,500円等と、
携帯のバカ高い通話料を払ってくれる顧客を獲得する利益の方が、
iPhoneやキャッシュバックの料金より高い、ということでしょうかね。

確かにインフラ産業なので、一定の加入者がいて損益分岐点を超えれば、
加入者が増えるとまるもうけ、というのは理解できるのですが・・

ちょっと前に「携帯実質0円」が公正取引委員会にアウト判定されて、
ソフトバンクは排除命令まで受けていたように思います。
ドコモも注意はされていました。
パンフレットには堂々と「iPhone 5s 16GBが実質0円。」
と書いてあります。
今回は本当に実質0円だから良いということなのでしょうか・・



店員さんにしつこく確認して、自分でも納得したので契約しましたが、
何かどこかでひっかかっていたりもして。
しばらくは請求書とにらめっこになりそうです。

特に、分割支払・月々サポート・2年契約の更新月
のタイミングがズレていると、何かあった時若干損をする気がする事を、
契約時に気づかず、今さら気になっており。

ソフトバンクの転出の際の費用と、
ドコモからの請求が来たら、もう一度、この選択が正しかったのか、
検証してみたいと思います!

タテヨコホッチキス「ホッチくる」に感動した

文房具が好きで、伊東屋に入るとなかなか出て来れない櫻田こずえです、
皆さまもお好きですか?

ネーミングは超ダサイですが、素晴らしいアイテムを発見しました。
「たてにもよこにも留められるホッチキス」
こんな時に活躍します!

真ん中の方を留めたいのに、
普通のホッチキスでは届かない・・・

stapler4

そこを、このホッチキスだと・・・

stapler0

おおおっ!留められるではないか!

こういうの欲しかったんです、ずっと。

何に使うのかって?
多分、普通の方が普通に生活していたら使いません。

1) お手製のしおり作りに!

「遠足のしおり」みたいなやつ、

あーゆーの何回か作っているですけど、それを製本するのにいい。
こういう趣味のものって、無駄にクオリティを上げるのが楽しい。

えぇ、普通こんなの作りませんし、
もの凄く自己満足なんですけど、そもそも自己満足でやっているので♪
あーん、幸せ。

2) 紐綴じの手帳を分解した後、また製本する時に!

普通そんなことしませんよね、はい。
ここ1、2年ずっと迷ってジプシーして来た手帳。
重いのは嫌だけど大きい手帳を使いたい・・
を解決してくれたのが「分解」(笑)

stapler3
こうやって分解して小さな冊子にします。
が、糸が切れちゃうので、バラバラになってしまうんです。

そこで、ホッチくるのご登場!
stapler5
キレイに留められます♪

それをファイルフォルダに入れて持ち歩いています。
バラバラになっちゃうのが難点でしたが、これで解決です♪



結構アナログなガジェット、文房具も大好きです。
なんかこう、無駄な感じもするけど、思わず買ってしまうんですよね。
切り取り線作るロールカッターも昔のヒット。
やみつきになる楽しさです。

こういう本も好きですね〜。

「存在の耐えられない軽さ」ミラン・クンデラ☆読んでる自分に浸る

大学生で最も読んだのは、ミラン・クンデラの著書でした。
その出会いとなった代表作がこちら。
ジュリエット・ビノシュ主演で映画にもなりました。

正直に申し上げて、
「私なんだか小難しい本を読んでるわ!こずちゃんかっこいい!」
的な感覚に浸っていた、という点は否定できません、はい。

哲学書となるとそれっぽ過ぎるし分からないし、小説だとだと軽過ぎる。
クンデラ文学はあくまで小説で文学だけれど、哲学的思想的な描写も多く、
重さと軽さのバランスが良かったのだと思います。

勉強=受験勉強=偏差値だった高校生が一浪してどうにか大学に合格し、
1年生の時にきっかけは忘れましたがクンデラに出会い、
激しく衝撃を受け、文学・哲学の扉がばーんと開かれ、
その果てなき広大な世界にクラクラしたことを覚えています。

kundera3
またこの写真のクンデラがニヒルでカッコいい。
必死に書き込みながら読んだ跡が懐かしい。

19歳と言うタイミングで出会ったからこその、
櫻田にとってのこの本は、という書評です。
バイパス沿いのミスドで、コーヒーを永久お代わりしながら読んでたなぁ。

■ あらすじ

モテ系遊び人の外科医トマーシュと、田舎出のテレザ夫婦&犬を中心に、
自由奔放な画家の愛人サビナ、その恋人の大学教授フランツが織りなす、
チェコ「プラハの春」とその凋落の時代を背景とした恋愛小説。

なんですが、中身は哲学的、思想的・政治的な記述が多く、
小説とカテゴライズし難い。

櫻田的には、クンデラが紙芝居をしていて、
そこで4人の物語が展開するけれど、
誰かが何かをする度言う度に、紙芝居を止めてしゃれた解説をする。

って言うかむしろ、クンデラがその思想やら~

めまいを弱さからくる酔いと名付けることもできよう。
自分の弱さに酔いしれ、もっと弱くなりたがり・・・

誰もが誰かに見られていることを求める。~四分類~

人間の時間は輪になってめぐることはなく、
直線に沿って前へと走るのである。
これが人間が幸福になれない理由である。
幸福は繰り返しへの憧れなのだからである。

~を展開し、実例を付けるために、トマーシュはテレザを裏切り、
しかし結局は弱さという攻撃性にひれ伏し、
サビナはカリフォルニアに引っ越し、
フランツはカンボジアで辟易し、妻ににゲッソリする、
という紙芝居が展開される。

脱線がひどく、洒脱で難解な語りに入るんですが、それも魅力。
ストーリー展開を楽しむよりも、クンデラおじさんの人物社会解説を楽しむ本。

小説という舞台を借りた、哲学書と認識しております、櫻田は。

■ 背伸びをすることって大切だよね

19歳の櫻田の知識、理解力を大幅にオーバーしていたので、
何を言ってるのやら、さっぱり分からなかったものの、
未知の世界が開けている、という知的興奮だけは伝わってきて、
ただひたすら線をひっぱったり書き込んだりして読み込みました。

kundera2

また、登場する文学作品や哲学者の著書を紐解き、
さらにクンデラの他の著書を読み、知らない単語の意味を調べ、
(当時はまだGoogle先生はおらず、図書館で地味に調べてたなぁ♪)
一つずつ、一つずつ、理解を重ねて行ったような感じです。

キッチュ、アプリオリ、メタファー、永劫回帰、アナクロ、
ベートーベンの解釈、ニーチェは何者で、記号論とは何で、
オイディプス王の物語は何を伝えているのか。

心理学や社会学、政治を学ぶ度に、
あぁ、クンデラの言ってたことが(なんとなく)分かった!
となるのが、大学生櫻田の密やかな愉しみでした。

きちんと理解できたかと問われれば、できていないでしょう。
なのですが、学生はやはりそういったストレッチが大切だと思いますし、
若き櫻田にとっては、なんだか良く分からない部分があるゆえに、
恐れ、畏怖し、ゆえに憧れる作品であり続けるのです。


私の小説の人物は、実現しなかった自分自身の可能性である。
小説は著者の告白ではなく、世界という罠の中の人生の研究なのである。

このね、ちょっとエスプリが効きすぎて良く分からないヒネリを、
自分なりに理解できた時の満足感を楽しめると良いです。

これまた学生時代に櫻田が大好きだった、
三島由紀夫の「鏡子の家」が持つニヒリズムに
どこか通じるものを感じたのも、この作品を神格化する理由の一つ。
その無理やり結びつけたことを、世紀の発見とか己惚れるのも、
またいとをかし。

久しぶりに読み返したら、景色が変わっていました。
それもまた、繰り返し読むに値する本がくれる、密やかな愉しみです。
間違いなく櫻田こずえベスト5殿堂入りの一冊です。

祝★iPhone4s復活!しかし5sへの移行を検討中

完全にどぶんと水没したiPhoneが普通に復活しました!

iPhoneがないと何かと集中できていいわ(強がり)
http://sakuradakozue.com/iphone4s-suibotsu/

■ アップルストアに行く途中 電車の中で聞き覚えのある電子音が・・

iPhoneを乾燥材と共にジップロックに入れたまま、
一路銀座のアップルストアへ。
電車に一本乗り遅れ、あーんと思いながら電車に乗り込みました。

ずっと本を読んでいたのですが、どこか遠いとこから、
毎朝聞くあの音が聞こえてきます。

iPhoneのデフォルトの目覚まし音なので、
街中でたまに他の方のiPhoneから聞こえてきたりしますよ・・

自分ぢゃんっ!

慌ててバックを開けてiPhoneを探すも、
すぐ見つかるんですが、ジップロック開けるとかでバタバタ(笑)
音量が小さかったのが幸いですが、周りの方すみませんでした・・

って言うか、なんで毎朝6時過ぎにセットしている目覚ましが!?

ストアに行くまで電源は入れるなということだったので、
慌てて電源をオフにしました。
恐らくドボンして電源が切れてから、時が止まっていたのでしょう。

え? なにこれ、もしかして正常化?

■ おなじみGenius Barはいつも通り親切でフレンドリー

Genius Bar あのテンションの高いフレンドリーさは若干苦手ですが、
いつもテキパキ対応してくれるし、高飛車じゃないし、
本当に製品をよく分かっていて頼もしい。

で、いろいろと事情を説明してiPhoneをMacに差してもらってみたら、
正常に動いてますね、ラッキーですねと。

しかしやはり基盤やバッテリーが水に濡れてしまうと、
いつ故障してもおかしくなく危険ということで、
iPhoneを新しくする必要がありますと。うんそうだよね。

iPhone4s 交換修理 20,700円(32GB)
iPhone5s に機種交換 68,040円(16GB)だけど月々590円×24か月でOK

さらに、4sは月々の割引があと3か月で終わってしまうしねと。
機種交換した方がオススメよ、5sは1,200円位通信費月額上がるけど。

そりゃぁ、LTEだししょうがないし、
新しい5sの方がもちろんいいし、こりゃ5sだな。
電池も一日持たなくなって(電池交換したのに)いたし、5s欲しかったし、
こりゃ渡りに船だわ、位な気持ちになりました。
(不注意でドボンしたことをきちんと反省しましょう)

■ 分かりにく過ぎる携帯料金を一覧表にするのに1日を費やした


で、櫻田、実は行く前にauとドコモショップに5s乗り換え見積もり済。
圧倒的にMNP(番号持ったまま他キャリアに乗り換え)した方がお得。
softbankに違約金払ったってお得なのです。
(2年毎の契約月に転出しないと、例え2年過ぎてても違約金が発生する)

テザリング希望なので、その場合の月額料金比較。
auとSoftbank 4sの場合だけ500円かかります。

内訳なくてすみません。
正確ではありません、ざっくりも含むし、特に税込税抜が混在。
お店によってCBは違うと思うし、もうーーー、複雑怪奇。
良い子は参考にしないで下さい。

月額&初期費用
softbank 4s: 6,200円& 20,700円
softbank 5s: 7,345円& 3,150円
docomo 5s : 5,775円&+35,000円(CB50,000円商品券)
au 5s : 6,300円&+24,000円(CB40,000円振込)

+というのは、他社から乗り換えキャッシュバックCB金額から、
Softbankへ違約金やら、新キャリアの事務手数料、
初月入らなきゃいけないオプション費用等差し引いて貰える金額。

いやぁ、もう本当に携帯の料金体系は分かりにく過ぎる。
ソフトバンクはなんだか嬉しくない料金体系の変更をするとかで、
もう、気持ちはドコモです。

それにしてもドコモは12月純増が2年振りのNo.1だったし、
相当な危機感でキャンペーンに金をつぎ込んでいるのでしょうね・・・

これから春の携帯商戦期に入るので、
もっとお得なキャンペーンが出て来るのかな?
違約金(約1万円)が発生しない4月まで待とうかな?
壊れたらドコモショップに駈け込めばいいかな・・

今週末にでもバッハ君に相談してからドコモに行こうかと思ってます。

iPhoneがないと何かと集中できていいわ(強がり)

通勤途中、カフェでブログ書き中・・
ふと何となく、ふと集中が途切れた時、何となくメールを見たり、
何となく下らないニュースサイトを見たりしてしまう。

そんなiPhoneが手元にないと、ほんと、集中できるわっ!

と、最大限の強がりを言っておりますが、
あぁ、瀕死の櫻田iPhone4s!というぼやきです。

ま、iPhoneの生死が気になって、何にも手が付かないんですけどね(笑)

■ パンツのポケットにiPhoneを入れたままお手洗いで・・・

えぇ、お手洗いに行ったんですよ、
お尻のポケットにiPhoneを入れたまま。
いつもはあまり穿かないパンツで、ジーンズとかと違って、
素材的に滑りがいいんです、はい。

で、えぇ、個室でですね、腰掛けようと身体の向きを変え、
ずりっと下ろし・・・

スルッ・ボチャゴツッ・ギャー ーーーーーーッ!

解説すると、
・ポケットからスルッと落ち
・水の中にボチャっと水没し
・ゴツッと便器に当たる派手な音がし
・櫻田の悲鳴がギャーーーーーッと

恐らく1秒でレスキューしましたが、えぇ、ブラックアウトしてました。

涙涙涙涙涙・・・

とにかくカバーを外してティッシュで水を拭き取れるだけ拭き取りました。

■ 電源入れない・充電しない・自然に乾かして・・

速攻ネットで水没後の対処方法をググりました。
とにかく、水分が付いたままで電気を通すと、
基盤がショートしたりして相当ヤバいらしい。

・電源入れない/充電しない
・ドライヤー等で無理に乾かさない
・SIMカードは抜いておく
・拭ける水分は拭いておく
・振ったりしない

水没した皆さまのレポを見ると、

・洗濯機回しちゃったけど乾かして自然になおったぜ!
・アップルストアに持って行って、3万円位払って取り替えたぜ!
・非正規修理屋で安く修理したぜ!

なおったと言っても、どこかが水のダメージを受けている可能性が高いし、
非正規修理屋に出すメリットは、アップルストアやSoftbankではやってくれない、
データの抜き出しをやってくれること位っぽい。

もう、この際だから5sに買い替えちゃおうかな・・でも高いよなぁ・・
そうだ!MNPでSoftbankからauかdocomoに乗り換えれば安く・・・
あ、いや、2年縛りまであと3ヶ月あるや・・・違約金は1万円程度かな。
でも5sに乗り換えでキャッシュバック5万円とか、それはそれでいいような。。

でも、意外と復活した人も多いみたい・・・根拠ない淡い期待。

■ 早くApple Storeへ行って来なさい!

iphonezip

とりあえずネットで多く書き込みのあった、
「ジップロックに乾燥剤と一緒に入れて水分を乾燥させる」
というのをやってしょんぼりしていたら、帰宅したバッハ君に、

バッハ:そういう口コミみたいの信じないで、
早くアップルストア行って来なさい。

と一喝され、納得。そうだよね。。。こういうのは正攻法が一番だよね。
これからアップルストア行って参ります・・・またまたGenius Barを予約しました。
あと、auとdocomoでMNPで5sはどれくらいお得かも聞いて来よう。。。
しょんぼり。

「シュナの旅」宮崎駿☆苦しい時に読み返す本

櫻田の趣味の一つは読書です。
小さい頃から本が大好きです。

そんな櫻田の書評コーナーです。
しばらくは「度重なる引っ越しを経て生き残った櫻田的名作」
を一冊ずつご紹介させて頂きたいと思います。



トップバッターは本ではなくマンガです。

マンガも好きで、最近では、ハチクロや、よつばとなど好きです。
中高生の時に風の谷のナウシカの原作にハマりました。
でもきっとその頃は、内容の1/10も理解していなかったでしょうが・・

その宮崎駿つながりで、櫻田が苦しい時に読み返す本NO.1です。
信じ続けること、諦めないこと、自分にできることをやり続けること。
大切なことを教えてくれる物語です。

■ あらすじ

風の谷のナウシカ的な時代設定の冒険ものです。

谷あいの貧しい小国の後継者である主人公シュナが、
自国の貧困を救うため、幻の「金色の種」を求め旅に出る。
どこにあるかも、存在するかも分からない「豊穣の地」を目指して。

道中「人買い」からある姉妹を救い、追われる身となるが、
さらに彼女達と分かれて必死の思いでその地にたどり着く。
そこでシュナが見たものは・・・

後半、助けられた姉妹の姉であるテアが、シュナを助ける事となるのですが、
そこがね、この本の読みどころだと思います。

あらすじ解説になっていませんが、物語なので、ねぇ。
ま、1,2時間あれば読めます。読んでみてーー!

■ なぜ櫻田はこのマンガが好きなのか

読むとただただ勇気が湧いて来るからです。

特に、何か試練にぶつかって、前に進めなくて、苦しい時に読み返します。
軽く100回は読んでいると思いますが、テアが初めて泣くシーンは、
何度読んでも胸アツで涙が出ます。うぅ。。

マンガでさっと読めるのでつい手にとってしまい、
本棚整理をいつも全力で阻止して来る悪いヤツです。
#ついこのマンガを開いて作業が中断し、泣いてすっきり、よし終わり。
#心はデトックスできるが、本棚は全くデトックスされないで終わる。

なぜ勇気が湧いて来るのか。

・ 出来るあてもないことも、信念を持って達成するシュナすげー

櫻田が達成したいと思っていることなんて、大抵ノウハウがあって、
努力すればある程度どうにかなることなのに、それすらできない自分。
シュナは達成した人などいない目標に向かって、
信念に基づいた行動を重ねて行く先に、それを手に入れる。

シュナの環境や目標設定に比べたら、自分の今の状況なんて・・・

とりあえずドーナツを3個一気食いするのはやめよう、
明日はちゃんと早く起きよう、無駄な買い物はやめよう、ブログ書こう!
#レベル低すぎ

目標が大きすぎて、困難が大きすぎて、くじけそうな時でも、
頑張ろうって、勇気が湧きます。

・ 先が見えなくても信じ続け、今自分にできることを重ねるテアすげー

宮崎アニメに出て来るヒロインは、素晴らしく芯が強くカッコいい。
さらにそこはかとなく上品で気高く、謙虚で、賢く、そして強い。
ナウシカも、シータも、そしてこの物語のヒロイン、テアも。

多くは語られない彼女。
王家の者ではないと言うけれど、その髪飾りと賢さと気高さは、
やはりどこかナウシカのような境遇を想像させます。

彼女は、シュナと分かれた後、決死の旅に出た彼をあてもなく待ち続けます。
自分を奴隷取引から命がけで救ってくれた彼の身を案じながら。

シュナはどうしたのだろう
テアはかしこい娘だったので
じっと待つしかないことを知っていた


でも、悲嘆に暮れて泣きながらぼーっと待つのではなく、
しかし、あてもなく探して彷徨うとか言う愚行に出るのでもない。
自分の境遇を嘆かず、出来る事を精一杯やりまっすぐに清く生きる。
その生き様がね、心打つ訳ですよ。

旅から廃人となって帰って来たシュナを見つけるシーンは、
若干無理あるわー偶然すぎーと最初は思ったけれど、
分かれる時に「北へ北へと向かって下さい」と伝えて、
そのあてもない可能性を信じて待ち続けた、
テアの賢さと信じ続ける強さが実現させた、ことであって。

強く信じ続けて小さくとも正しい行いを重ねることは、何かを引き寄せる。
先の見えない不安にどう立ち向かうべきか教えてくれるのです。

とにかく毎晩のストレッチは欠かさずやろう、ヒップアップ体操もやろう。
ブログもちゃんと更新しよう・・今できる小さなことをやろうと思うのです。
#レベル低すぎ

そんなシュナとテアが、厳しい自然の中で癒されて行く後半がまた秀逸。



登場人物の言葉も少ないし、描写も少ないけれど、
豊かにその人物像や心境を想像させ、感情移入を誘う技量は、
ほんとにほんとに、すごいなーと思います。

あと、家畜と人間の信頼関係描写も大好き。
ナウシカがトルメキア軍と一緒に戦った時の、クイの忠心に似た。

上下関係じゃなくて、信頼関係が限界を超えた力を引き出す、
下手な上司論を展開するビジネス書よりも学ぶところがあります。

人間の欲望の愚かさや、自然の美しさ、厳しさ、生と死。
宮崎駿の世界観の原型がここにあります。

■ 「シュナの旅」オススメポイント

信じ続けること、諦めないこと、自分にできることをやり続けること。
そのことの偉大な力を教えてくれます。

毛穴もきっと小さくなる!アラフォーだけど今さら美人になれる!
信じ続けて、しつこく諦めず、やれることをやって行くべし。