Nobody can hurt me without my permission★全ては自分次第

人に傷つけられたり、イラっとさせられたりしたくないですよね。
今日から、今から、それを解決する魔法の言葉。

インド独立の父、マハトマ・ガンディーの言葉です。

誰かが私の心を傷つけようとしても、
私が傷つくことを自分に許可しなければ、
誰も私を傷つけることはできない。

しなやかで強く、そして、実践すればする程、奥深い言葉です。

ある出来事に対して、どのように感じ、どのように反応するかは、自分次第。

「あなたってブスだね。」「ダサいね。」「バカだね。」

そう言われて傷つくのは、自分が傷つくことを自分で許したからです。
怒るのは、自分が傷ついたことを認めている証拠です。
そんな言葉は気にせず、傷つかない、気にしない選択だって出来るずなのに。

私が「傷つけられた」と思わない限り、私が傷つくことはないのです。
だから、誰も私の許可なしに、私を傷つけることはできない。
自分で許可しなければいい、それだけなんです。

事実と言われているものも、そのほとんどは「理解」「受け止め方」「解釈」によって、
その形を変えることができるものであり、絶対的ではない、そう気づかせてくれます。

その人は、私を貶めようとしているイヤなヤツとも思えるし、
私に人生の厳しさを教えてくれる先生とも思うことができるし、
何か苦悩を抱えた人なのかもしれない、大丈夫だろうか・・・と気遣うこともできる。
受け止め方の違いで、その後の展開や一日の気分は一変するだろう。

対人関係ではなく、自分自身のことで考えると、
イライラする、焦る、のも、自分がそうすることを許したから、
イライラしたり焦ったりするのであり、自分が作り出した感情に他ならない。

出かけるまであと5分、なのは事実ですが、
あと5分しかないと思うのか、あと5分もあると受け止めるかは、いつも自分次第。

毎日何かとイライラして焦っている自分、
折角の有り難いコメントに過剰反応してしまう自分、
そんな自分に言い聞かせる言葉です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク