快画塾★「ちゃんと描く」の左脳ブロックを解き放つと、右脳が勝手に絵を生み出す!

スポンサーリンク

絵画教室「快画塾」に行って参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

絵なんて学生以来ぶり?絵が下手だという自覚が超ありますが、楽しかった!

木村タカヒロの快画塾

なぜなら、「快画塾」で体験できるのは、

「ちゃんと描く」の「左脳ブロック」を解き放つと、右脳が勝手に絵を生み出す!

感覚!絵が得意である必要がない、むしろそれが邪魔!

奇想天外な「描き方」の連続で、左脳が持つ固定概念をスルー、絵を描く本能が今見えるものを無心で描いている、それはまるで「絵の瞑想」でした。

はい、絶賛です。

行って超良かった♪

自由に踊るダンスレッスンに続いて、左脳・固定概念・自我・規律・「べき・ねば」を解き放ち、右脳・本能・したい・やりたい・気持ち良い、にスポットライトを当てようキャンペーン。

ダンスも絵も、「今ここ」というキーワードや、自分の奥深い部分と繋がっていくような感覚で、ヴィパッサナー瞑想と共通点を強く感じました。

ヴィパッサナー瞑想記事一覧

あ、もちろん純粋に絵が描けるようになりたいとか、自分の個性を見つけたいという方にもお勧めです!

絵のプロの方も受講されるようですし。

詳しくはこちらをご覧ください。

ワークショップで描いた絵の一部をご紹介しますね。

さて、左脳って、自分の描いている絵を見て笑うんです、ちゃんと描けてねぇよっ!って。

だから、自分の絵を見て恥ずかしくなる、不安になる、そしてどんどん線が曖昧に、ぼやっと・・・。

左脳:何の説明も制約もなく、まず”自由”に描いた一枚目

不安そうな線ですよね・・・これで大丈夫かな・・・・少なくとも、自由さは感じられない。

で、ネタをバラしちゃうとマズイので詳しくは書けませんが・・・どんどん左脳のブロックを外しながら、同じモデル(講師の木村さん)を描いて行きます。

左脳+右脳状態になる”制約”を課して描いた2枚目

ちょっとだけ左脳に黙ってもらう描き方をしてみます。

わりと自由になりました、っていうか、適当?フリーダム(笑)

ちょっとだけネタバレすると・・・画用紙を見ないとか、逆さとか・・・いろいろな「制約を課す」ことで、逆に絵が、線が、自由になっていくという、パラドックス!を体験していくんです。

これは本当に、体験してみないと分からない!

右脳オンリーになる”制約”を課して描いた3枚目

櫻田のこの絵は?って感じですけど←左脳がジャッジしてる(笑)

なんかもう、現代アートですか?とか、オシャレなTシャツになりますよね?それどこのブランドのですか?みたいなイラストを、皆さん描かれるんですよ。

マティスとかピカソは「ちゃんと描く」を極めてから、それを解体していったけれど、いきなりこっちの世界に来る手法がある!?

 

画用紙を全く見ずに、モデルだけ見て描く

とこんなよ(笑)

でもなんか、有名な人が描いた、すごいアートだと言われると、そんな気もしてくる・・・こないか(笑)

はい、左脳がジャッジしてますね(笑)

こちら↓もある種の「制限を課した」状態で描いた絵です。

そもそも、いきなりマジックで描く、というのがある種の制限ですよね。

絵を描く実習だけではなく、理論、考え方についても時間をかけて丁寧に説明されます。

「美を見出す」ことについてのお話も、すごく感銘を受けました。ご出身のセツモードセミナー、長沢節さんのお話とか・・・。

あ、この表紙、見覚えある方いらっしゃいませんか?

講師木村さんの作品です。

と、いろいろ書きたくなるのですが、ネタバレになるので、この辺で。

固定概念に覆い隠されていた自分の宝物を見つける試み、そんなふうにも感じました。

ご興味があれば是非!

今回櫻田が参加した、木村先生の6時間コースは18,000円とちょっとお高いし、途中で疲れて来てツライですが(笑)、

木村タカヒロの快画塾

お弟子さん?の3時間コースは、3,500円とお手軽ですよ!

誰でも3時間で絵が描ける「快画塾」(ホシマリコさん)

タイトルとURLをコピーしました