女子大生やめました

スポンサーリンク

今日は3月31日、年度末ですね。

本日、皆さまにご報告したいことがある櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

2020年年度末を持って、45歳の女子大生を卒業っていうか、中退っていうか、休学っていうか、一旦やめることにしました。

放送大学合格通知書来た↑学費64,000円支払った↓晴れて43歳の大学生↑

人生に行き詰まって、心理学を学びたい!と2年前に入学した放送大学。

心理学を沢山学び、放送大学以外でも学び、行き詰まりから抜けたなぁ、と実感するようになりました。


#最初は欲張って5科目も受講したので、ほんと大変でした・・・。

一旦学びの目標としてみた資格「認定心理士」の取得も、そのために興味のないことを勉強する意味はないな・・・と、白紙に。

まだ心理への興味はあるのですが、現在受けたい授業は、面接授業(教室で講義聴いたり実習するタイプ)がほとんどなのですが、コロナ以前も全然抽選に当たらないし、

コロナになってからはさらに厳しい状況で、諦めモードというのも正直あります。

放送大学の授業についていけない(涙)→高校の化学/生物を復習することにした

さらに、先学期挫折した「生物・化学」に関しては、高校のレベルの復讐でも難しく、また、モチベーションが維持できず、ついに挫折しました。

もう、これは心理から手を広げ過ぎたな、と、潔く白旗です、諦めました。

高校生の時化学の成績が2だったのは、サボってたんじゃなくて、理解できなかったからなのだろう・・・という、自分に関する新しい知見も得られたので、よしとします(笑)

2年間の学生生活、試験勉強が大変で「何やってんだろう私?」ってなったことも何度もあったけど、本気で学ぶって、とても楽しかった。

放送大学よ、ありがとう、また会う日まで!

4月からは、新たなチャレンジをしたいし、何せお休みしているチェロを復活させたいし(弾けばいいだけなんだけど・・・)、ワードローブを自作服で満たしたいなど、やりたいことは尽きない!

これからも人生を思いっきり迷走して参りますので、お付き合い頂ければ嬉しいです♪

+1
タイトルとURLをコピーしました