放送大学の授業についていけない(涙)→高校の化学/生物を復習することにした

スポンサーリンク

放送大学の化学系の授業について行けない、落ちこぼれの女子大生櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

で、2020年の第二学期は「食と化学」「生命分子と細胞の科学」の、2科目を受講しているのですが・・・。

高校レベルの化学・生物の知識が欠けている!

「食と化学」はこんな科目。

化学と生物学に基づき、食品の栄養性ならびに生理機能性を理解する。また、食品の健康維持、ならびに疾病との関連を学習し、病気の予防についての理解を深める。放送大学シラバス「食と健康」より

1講義、たった45分なんですが、15分の講義を理解するのに、下手すると1時間かかるんです・・・5秒に1個くらい、知らない単語が、サラッと、当たり前のように出て来るし、日本語は理解できるのに、外国語のようで、言ってることがまるで分からない。

そして、理解し切れていない・・・ということが明白になって来て、もう、ダメだ~とギブアップしました。

高校程度の化学と生物学の知識があることが望ましい。同シラバスより

どうにかなると思ったけど、どうにもならん・・・で、1ヶ月くらいやさぐれて、全く勉強してなかったんです。

「高校の化学」をやり直し中

このままじゃマズイなと、高校の化学を復習することにしました。

「高校の化学」が一冊でまるごとわかる、という本で!

一冊で!と言うと、なんだかお手軽な響きですが、

バッハ:1,000ページでも1冊だろ?

はい、1,000ページはありませんが、390ページとわりと分厚いんです。

これを理解しながら読破するだけでも、一年かかりそうです(笑)

だいたいは、見開き1~2ページくらいで、図解入りで分かりやすく書かれています。

勉強するぞー!と構えなくても、気軽に読める・・・んですが、やはり、慣れない元素記号や化学式なんかが出て来ると、理解するのに時間がかかりますし、やはりある程度の暗記も必要だなと感じながら読み進めています。

「高校の生物」もやり直します

ちなみに、「食と化学」は生物の基礎知識も必要としていますし、もう一つとっている科目「生命分子と細胞の科学」も、生物の基礎知識を必要としています。

前学期の「生理心理学」や「サプリメントアドバイザー試験」の知識があれば大丈夫と思っていましたが、やはり高校の生物の基礎知識くらいは見直しておこう・・。

ということで、化学が終わったら、生物も学び直す予定です。

こっちもいいなと思っています。

2科目とも来学期に再受講します

なお、今月中に中間テストを提出しないと、期末テスト(単位認定試験)を受けることができませんが、そんなレベルにはもちろん達していません。

Web通信指導:2020年11月10日(火)10:00 ~ 12月1日(火)17:00

教科書を見ながらとりあえずクリアしても意味ないし、期末テストで暗記で詰め込んでどうにかクリアしても、大人の勉強としては、全く意味がない!

放送大学では、次の学期に限り再度(追加料金払わず)受講することができるので、潔く来学期に再受講したいと思います。

って言うか、高校時代、化学は2(落第すれすれだった)で、生物は選択してなかったから、ほんとレベル低いんですよ・・・でも、本当に理解したいと思う今、勉強できることは幸せなのかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「高校の化学」が一冊でまるごとわかる [ 竹田 淳一郎 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2020/11/10時点)

楽天で購入

 

タイトルとURLをコピーしました