おばあちゃん家で後悔した話

2年ぶりに岡山のおばあちゃん家に泊まって来た櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

いろんな、いろんな複雑な事情があって、おばあちゃん家に行きたいと思ってもNGだったんです・・・でも、広島に旅行に行くついでにちょっと顔出すだけならどう?とお伺いを立ててみたらOKが出て、誰かが病院に連れて行かなきゃいけない!というお役目もタイミング良く降って来て、2泊3日おばあちゃん家に滞在することができました♪

その時、後悔した話。

93歳で一人暮らしをしているおばあちゃん

おばあちゃんは今93歳なのだけれど、一人暮らしをしていて、洗濯や掃除、ご飯も自分で作っています。

すごい。

手押し車があれば近くまで歩いてでかけられるのですが、もちろんお買い物は周囲の親戚の方の手助けに支えられているし、いろんなところに大小の不調があるし、耳も遠い。(目も悪かったけど、この前手術して回復した!!)

けれど、食欲は旺盛だし、頭や言葉はとてもしっかりしています。

あ、でも、私の名前はよく忘れますが(笑)

そんなおばあちゃんの家は、家政婦さんがいるかのようにピカピカに綺麗で快適で、ふとんも自分で干していてびっくりします。

食事作りでとても後悔していること・・・

そんなおばっちゃんの家に行って、櫻田ができることと言えば、お風呂の天井のカビ取りと、食事作りくらい。どちらも楽しみにしてくれています。

ということで、お食事リクエストには何でも答えます。

オムライス。お刺身もリクエストでした。

外食も普通にできるし、脂っこいものも甘いものも好きで、エビフライ(初日夜に買って行きました)が好きなおばあちゃん。

柔らかくすることは気にしていたけれど、結構普段通りに作っていました。

それなりに美味しくできたし、とても喜んでくれたし、これならいいだろうとホッとしていました。

でも、最後の夕食の時、突然おばあちゃんが「入れ歯してくる」と。

入れ歯が嫌いだって聞いてたからびっくりしたんだけれど、その時はあまり深く考えませんでした。

そして、最終日のお昼ご飯、最後の一緒の食卓で「ほうれん草のお浸しを半分に切って欲しい」と頼まれて、ハッとしました。

#親子丼。右奥はブリ大根。たくさん作って残りは冷凍。

おばあちゃんが食べるには、ほうれん草も、玉ねぎも、大根も、にんじんも、かぼちゃも、鶏肉も、トマトも・・・・全て大きすぎて食べにくかったんだ、もっと小さくしてあげなきゃいけなかったんだ。

でも、櫻田に遠慮してたんだろうな、そんなこと一言も言わなくて、でも、ただひたすら嬉しそうに、美味しそうに、ありがとうと言いながらちゃんと食べようとして、でも大きくて噛みきれなくて、嫌いな入れ歯をしてみたり・・・あぁ・・作ってあげた!って満足してた自分が情けなくなって来た。

家に帰ってしばらくずっと後悔してました。

身体の衰えに気づいてあげてなかったな・・・

そういえば、庭の畑はなくなっちゃってたな・・・2年前に来た時は、たくさん野菜が植わっていて、それを採ってはご飯作ってたのに・・・。

少しずつ老化が進んでいるけれど、気丈に元気に振る舞うおばあちゃんに、櫻田は気づいてあげられなかったんだなと思うと、今さらながら自分が情けなくて。

次に行けるタイミングがあれば、もっと細かく切った食事を出してあげよう、嫌いな入れ歯なんてしなくていいように、もっといろいろなことに気づいてあげたい、そう思っています。

最後の日の朝ごはん。

おばあちゃんはデニッシュパンが大好き。

あ、でも、目玉焼きより卵焼きがいいって、最後の朝に聞きました・・・わーん作る前にどっちがいいか聞いてあげればよかった。

トマトやソラマメはいいけど、葉物は食べにくいとかも・・・。

そういえば前回も反省してたな・・・

obachan201607_3

【2016/7/28】おばあちゃんとケンカをした日

前回は気持ちを理解できていなかったし、今回は衰えに気づいていなかったし、まだまだだな・・・。

今回おばあちゃんの家に行ってから、もう3週間くらい経ちますが、いじいじとそんなことを考えつつ、そもそも櫻田は、なぜおばあちゃんの家に行きたいと思うのか、そういうことをずっと考えています。

つづく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク