読書メモ携帯のススメ

自己啓発系の本や、心理学、社会学系の本、健康情報系、時事問題系、ハウツー本など、
とにかく本を読むの好きなんですが、
こういう系って、読んだだけで、頭よくなったり、健康になったり、時間管理に上達したり、
ポジティブになったり、頭よくなった「気に」なるんですよねぇ。そう、気になるだけ。

どれだけ感動しても、線を引っ張っても、あっという間に忘れる・・・

もちろん、記憶の底に、無意識に、その叡智は記憶されているんだと思いますが、
やっぱりあっという間に忘れてる感は否めない・・・。
まあ、自己啓発本も「挫折産業」みたいなもんですから、
それでみんなが本当に啓発されてしまったら、本が売れなくなるので困っちゃうんでしょうけど。

挫折産業:
ダイエットや英会話のような、挫折しては次こそ!と何度も顧客が帰って来てくれる産業。

ということで、櫻田はこれ!という本には「読書メモ」を作ります。

(1)本を読む時に「ふせん」を付けながら読む
readingmemo
(2)ふせんを付けた気に入ったフレーズを、京大式カードに書く
readingmemo2
(3)そのうち3枚を適当にセレクトして、毎週持ち歩く
readingmemo3
(4)ヒマな時に眺める

櫻田はこんな感じですが、他にもこんなふうにしても。

トイレに置いておく
玄関に置いて出勤時に毎日取り替える
寝室に置いておく

何でもいいんですが、とにかく毎日触れる場所に。
良い言葉、前向きになれる言葉、覚えたい知識、感動した言葉、
自分への戒め、感謝の気持ち、やりたいこと、気をつけたいこと・・・

日々接していけば、身に染みて行くはず、意識できるようになるはず!
と思って持ち歩いています。3枚だけなら軽いしね。
嫌な事があったり、ブログの文章に行き詰まった時、なんだか悲しい時、
ふと読むと良い気持ちになれる、櫻田の大切な助っ人君です。

ま、しょっちゅう2,3週間交換忘れて入れっぱなしとかになってますけどね。

Wikipedia:京大式カードとは
商品名としては「情報カード」ですね。

B6の少し厚い紙です。
経線なしのものを使っていますが、各種線付きが揃っています。


ちなみに櫻田はレシピカードにも使っています。
バッハ家のレシピカード
残念ながら京大出身ではありませんが(笑)、学生の頃から使っています、京大式カード。

もちろん楽天にも売ってます。ハンズにも売ってますよ。

あぁ、スマホとかで撮影しておくのもいいのかもしれないですねぇ。
まあ、櫻田は紙が好きなので持ち歩きますが。

読書メモ携帯のススメ」への9件のフィードバック

  1. さらたま
    行動のデブって貴女のような人?
    やることいっぱいで大変そうだから
    1. kozue 投稿作成者
      さらたまさんへ、
      コメントありがとうございます★

      新しい視点とお気遣いをありがとうございます!
      大変だと感じたら、ダイエットしたいと思います☆

      この本で言う行動のデブは、周りの方に心配りが出来ない方を差すようです。
      ご説明が不十分でごめんなさいね!
  2. まゆ
    自己啓発本を読んでる人に美人はいない…と、誰かが言っていた。
    言い得て妙、、だと思いませんか?
    良い小説を読む方が、心が美人になれるのでは?
    1. kozue 投稿作成者
      まゆさんへ、
      コメントありがとうございます★

      「心が美人」というのはなかなか抽象的なので、
      「心を豊かにする」という表現に置き換えられるとして考えてみますね。
      こう、本が感受性を豊かにするとか、想像力を豊かにすることで、
      人の気持ちを思いやれるようになる=心が美人な人、という意味で。

      良い小説も、良くない小説も、漫画も、詩も、自己啓発本も、ハウツー本も、実用本も、
      すべての本は櫻田の心を豊かにしてくれます。
      どの本にも、形を変えて、切り口を変えて、沢山の「人間」が詰まっていて、
      私の心の理解力の限界を、押し広げる可能性を持っているという意味で。

      でも、それは櫻田は本が大好きだから、です。
      「本が心を豊かにする」というのは、本はすばらしいということを主張したい人の詭弁、
      であることが多いように思います。結論ありき、なんですよね。

      自己啓発本を読んでいる人に美人はいない、というのも、
      それを発した方は、何か他に主張されたいことがあってのことなのかな、と。
      前後の文脈次第で、言い得て妙、となるのかもしれません。

      自己啓発本はよく批判されるし、櫻田自身「挫折産業」と揶揄していますが、
      本は何であれ、娯楽です。好きだから、楽しいから、読みます。
      本を読まなくたって、心が豊かな人は沢山いますし、その逆もしかり。

      自己啓発本か小説かは誤差で、共に心を豊かにしてくれると、櫻田は思います。
      さらに、「良い」小説という定義は、意味をなさないと思います。
      昔から読まれている文学作品、ベストセラー、文学賞を受賞した作品、が良い小説とは限らない。
      それは、好きか嫌いかであり、自分の心と呼応するか否かであり。

      なので、良い悪いも意味がなく、自己啓発本か小説かも意味がないと櫻田は、思うので、
      「好きな本」は心を豊かにしてくれる、だったら、櫻田もそうだなと思います。

      すべては読む人次第なのでは?

      そして、自己啓発本を読んでいる人に美人はいない、と思うのも、その人次第だと思うので、
      まゆさんはそう思われる、そう思う方がいるんだなと、また一つ、櫻田の理解の壁が広がりました。

      皆さまから頂くコメントも、櫻田にとっては、その方の人となりがぎゅっと詰まった、本のようなものかもしれません。

      小説も大好きで、読みますよ!プルーストの失われた時を求めては挫折しましたが・・・
      ただ、小説はあまりレビューを書く気が起きず、でも、いくつかいているし、書きたい!と思わせる小説もあるので、また今度書いてみたいと思います!
      きっかけをありがとうございます!
      1. まゆ
        小説もたくさんお読みになっているんですね、失礼いたしました。
        美人とか、品格とか、豊かとか、良い小説とか、表現はどうでもいいんです。
        一連のブログを拝見していると桜田さんの悲壮感が伝わってきて、、、大変そうだな〜、無理しているなー、何を目指しているのかなー、って同情してしまったんです。私が言いたかったのは、もっと、気楽に、楽しめる小説(例えば時代物人情物やエンターテイメント性のあるものとか)を読むほうが、自己啓発本をせっせと読んで分析して こん詰めてメモってメモを持ち歩いて「今さら美人」目指すよりも、桜田さんが目指すものに近づけるんじゃないかしら・・・と。でも、私が言うまでもなく、楽しいフィクション読書生活されているようなので、ごめんなさいね、余計なコメントして。
        こう書けば、ああ言う、じゃないですけど、もう、お返事結構ですよ。何書いても「ありがとうございます」って、宗教的で、素晴らしいと思います。
    1. kozue 投稿作成者
      さらたまさんへ、
      コメントありがとうございます★

      いろんな方がいらっしゃるんだなと勉強になります!
  3. くれない
    汚れが目立ちやすい服を着ていたり・・



    ガリ傷のあるヒールを履いていたり・・

    は櫻田さんにとって=とならないのはなぜなのでしょうか?

    ものすごく美意識が高いというか、美意識を研究されているのに
    なぜヒールの傷みを放置できるのかがとても疑問なんです。

    既に沢山の方が指摘されていましたので、

    ご心配いただいてありがとうございます★
    すでに直しました★

    とあれば・・、いいのですが。
    1. kozue 投稿作成者
      くれないさんへ、
      これは美人ブログの内容についてのご指摘ですね。
      また改めてそちらのブログにてお話しできればと思います。

コメントは停止中です。