ザ・マニラホテルはマニラの帝国ホテル的クラシックホテル★イントラムロスに近くしかも5つ星でお手頃価格

スポンサーリンク

「古き良き」系ホテルが大好きな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

マニラ最終日のホテルは、ザ・マニラホテル!

特徴:
・100年を超える歴史あるクラシックなホテル
・歴史的資産の集まるイントラムロスから近い
・マカティ(新宿的)などの繁華街からは若干遠い
・マニラ湾に面している
・5つ星なのにお値段が比較的手頃
・スタッフの制服もフィリピン的クラシックで素敵

こちらは入ってすぐのエントランス部分。空港と同様の、手荷物検査と身体検査があります。

100年を超える歴史を誇る、第二次世界大戦を生き抜いた、マニラクラシックで重厚なホテルは、日本で言えば帝国ホテルのようなポジショニングか。

マッカーサーも宿泊した・・となると、GHQの本拠地となった横浜のホテルニューグランドかもしれませんが、いずれにしろ古き良き伝統を受け継ぐホテルです。

Expediaでお得なプランをチェック:ザ・マニラホテル

Hotels.comでお得なプランをチェック:ザ・マニラホテル

ちなみに車が入る時には、人間と犬によるチェックも入ります。

少し時間はかかりますが、こうして安全が担保されているのは安心ですよね。

そしてバーンと広がるこのロビー!

 

スペイン統治下時代を思わせる、コロニアルで豪華な天井や壁、柱、そして調度品の数々。

 

エレベーターホールから続く廊下も、美しく装飾されています。

 

さてお部屋は・・・なんだか王侯貴族になってタイムスリップしたような雰囲気。

 

古臭さはなく、伝統を維持しながら、清潔感を維持されているところ、素敵です。

 

さてバスルーム。

シンプルで美しく整えられています。

 

独立バスルームと、お手洗い。

 

バスタブにはテレビも付いてました(付けなかったのでほんとかどうか不明w)

でも、バスタブに浸かりながらこの位置って、ちょっと苦しい気がするんだけどな・・・。

ちなみに、古いホテルなので設備が気になっていましたが、水回りはパーフェクトでしたよ。

 

さて、ミニバー。

無料のミネラルウォーターを含めて、必要なものはしっかり揃っています。

海に面したお部屋だったのですが・・・・マニラ湾はわりと雑然としていてこんな感じでした。

 

さて、外観はシンプルだったりします。

 

夜に戻ってくると、シャンデリアの光が格子のガラス窓からこぼれて、それは美しい風景。

クラシックなオールホワイトの制服に身を包んだ、フレンドリーで丁寧なドアマンが、扉の開閉を手伝ってくれます。

そうそう、女性スタッフの制服が色々種類があるのですが、皆クラシックなフィリピンスタイル(袖に特徴あり)で、それがまた、マニラホテルの雰囲気をクラシックたらしめています。

そしてみな美人〜!

全館どこも熱帯植物のアレンジが施され、コロニアルな雰囲気をゴージャスに演出してくれています。

そう、醸し出される雰囲気が揺るぎなく統一されていて美しく、マニラにいる幸せを感じさせてくれます。

 

エントランスすぐのスイーツショップ。

マカロンやら焼き菓子など、お土産に良さそうなものから、パン、そしてケーキまで、色々と揃っています。

オフィシャルサイト:ザ・マニラホテル

そうそう、5つ星なんですが宿泊料がお手頃なのもおすすめポイントです。

日を選べば、税サ込で1万円切る日もありました。

マニラのホテルは5つ星でも日本の半額以下も多く、嬉しい★

Expediaでお得なプランをチェック:ザ・マニラホテル

Hotels.comでお得なプランをチェック:ザ・マニラホテル

2019年:マニラホテルレポ一覧

マカティシャングリラ@マニラは立地よし!コスパよし!(ダブル1部屋1泊16,225円)

ザ・ペニンシュラ・マニラ宿泊レポ★ゴージャスここに極まれり(ツイン1部屋1泊2人分朝食付約24,000円)

ザ・マニラホテルはマニラの帝国ホテル的クラシックホテル★イントラムロスに近くしかも5つ星でお手頃価格(ダブル1部屋1泊12,042円)

#全て税サ込の総支払額/お部屋は一番スタンダードなランクです。

タイトルとURLをコピーしました