「死ぬまでにやりたい100の事」毎年書いていた・・・けどやめた理由

スポンサーリンク

今年もホテルに一人で一泊、お誕生日ステイして参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!(もう何度も聞いたよっ)

ペニンシュラホテルのお部屋、ドレッシングルームだけで、十分寝泊りできる!って思いました(笑)

「死ぬまでにやりたい100のこと」を振り返る

お誕生日ステイには、「一年を振り返る&未来を設計する」という明確な目的がありまして、朝から晩まで、時に2泊3日びっしり、やることが決まっていて、結構忙しい。

櫻田式GTD★5. お誕生日の年イチレビューその2

その作業の一つが「死ぬまでにやりたい100のこと」を書き出すことでした。

2020年:コロナで中止
2019年:44歳のお誕生日ステイ(ひとり合宿)@ホテルクラスカ レポ
2018年:クラシックホテルの素晴らしさを堪能★山下公園前ホテルニューグランド
2017年:42歳のお誕生日ステイ2017レポ★インターコンチ@みなとみらい
2016年:41歳のお誕生日ステイ2016レポ★ニューオータニ東京
2015年:40歳のお誕生日ステイ2015レポ★日光金谷ホテル
2014年:お誕生日ステイ2014@パークハイアット東京

写真はここまでのリストですが、これ以前も10年程やってました。

2013年:お誕生日ステイ2013@小田原ヒルトン
2012年:恋する毛穴~太陽のRingではなくダイヤのRingが〜@帝国ホテル
2011年:恋する毛穴~Road to Ring4 誕生日~@インターコンチ溜池山王

自分の欠陥リストをつくっていた?

今年、これまでのリストを読み返してみたら、

私にはまだ、あれもない、これもない、欠陥だらけだ。

それを100個ひねり出す作業をしていたように感じました。

だから私は不完全で、幸せではない、もっと頑張らないとダメだ!

そうやって、自分にムチを打つ作業だったと。

本当にやりたいことなの?

一つ一つ、その100個を吟味してみると、どこかで見聞きした、

・誰かの憧れ
・誰かの欲望
・誰かの理想

が多い。

本物のパールが欲しい、あさばに泊まりたい、一眼レフカメラを買いたい、山手線内に住みたい、着物を着たい、グランドキャニオン行きたい、クルーズ旅行したい、レッドカーペットを歩きたい(どの?w)、とってつけたような社会貢献・・・見栄とカネと欲望!

櫻田が良く言う「他人軸」ばかり、ズラリと並んでいる。

さらに、英語ペラペラになりたい、毛穴をなくしたい(笑)、ウエストをくびれさせたい、モデルになりたい・・・今の自分にダメ出し!

向上心があるのはいいけど・・・自分が本当に求めてるもの、ほとんどないでしょ?って。

その先に、自分の幸せは、本当にあるの?

さらに最近は、リストを書くこと自体が目的になっていたような気がします。

ちなみに、リストの作成では、ただ書いて終わり!ではなく、その奥にあるものを深堀りする作業もしています。

そこからじっくり考えるんです。自分は「本当は何が欲しいのか」を。
ひとつずつ、なぜ?を繰り返すと、見えて来るものがあるんです。

ときどき「手段」が「求めているもの」のように見えることもある。
夢をかなえる一番よい方法」リチャード・ブロディで本気になる

それは意味があったけれど・・・でも、もういいや!って今思うのは、自分が本当に何が欲しいのか、分かって来たからだと思います。

今の私には必要ない~人生を無理ゲーにしない~

ひとまずさ、ありのままの今の自分を受け入れよう、一旦、でもいいから。


#ありのままと言えばこの人!

じゃないとさ、明日死んじゃったら無念でならないじゃん、100個もやり残したことがあって(笑)

しかもさ、わりと達成できなそうなことが多くて・・・人生が無理ゲー?

って、一人で大笑いして、そして、毎年一生懸命そのリストを作っていた自分を抱きしめたくなりました。

頑張ってた、本当に良く頑張ってた。

リストに書いたことは、いくつも実現させた。

このリスト作成は、その時の櫻田には必要だった。

ただ、今の私には必要ない。

ということで、今年は死ぬまでにやりたい100のことは、更新しませんでした。

リストが必要なタイミングがある

「向上心を失う?」いや櫻田は、好奇心や向上心、見栄が強すぎて、すぐ頑張り過ぎるので、これをやめたくらいではビクともしないです(笑)

逆に、自分に制限かけちゃう人(私にはこんなことできるワケない!って行動できない人)は、自分の求めるものを考えることすら制限しがちなので、こういうリストで無理やりひねり出すことが、心のブロックを外して、自分を深堀するきっかけにもなると思います。

Bucket Listや、死ぬまでにやりたい100の事とか、ググってみると、その有用性が書かれているので是非参考にされてみてください。

櫻田の場合→ふわっと未来の自分に思いを馳せると、本当に望むものが見えて来る

だから、リスト作成が悪いということでは全くなく、合う合わない、タイミングがあるのだと思います。

60歳頃にまた書きたくなるかもしれないしね!

ということで、今年のお誕生日ステイでは、一年をざっくり振り返る(お誕生日ノート作り)、という作業にとどめて、ホテルでの滞在を楽しみました。

いつも忙しくて行く気が起きなかったけど、初めてホテルのプールにも行けたし♪

未来のために今を犠牲にするような生き方は、もうやめたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました