月別アーカイブ: 2015年4月

スタッカートを克服しかけている話★大人のチェロレッスン13回目

苦しかった、苦しかった「スタッカート」という名の長居トンネルに、
ようやく出口の明かりがキラッと、キラッとだけで見えて来た、
つまりまだスタッカートを克服したわけではない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

あぁ、ほんとツラ過ぎて、チェロブログを書く気も起きなかったわこの一ヶ月。

一ヶ月以上苦しんでいたわけですよ、スタッカートが弾けなくて。
あぁ、ほんと苦しかった、まぢで!の記録をば。

 

■ まずこの曲でつまづいた Allegretto

11. Allegretto(スタッカートテンコ盛り曲)

スタッカートというものが、とにかくよく分からなかった。
っていうかまずここがいけなかった。
スタッカートはどんな音なのか、の前に(説明は受けていたが櫻田の認識が甘かった)、
どういうふうに弾くのか、ばかりに気を取られてしまったのが、いけなかった。

レッスンにおける苦悩の様子はこちらのレッスンレポで。

2015年3月4日
スタッカートが弾けなくて★チェロ

■ とにかくスタッカートというものに正面から、がっつり取り組んだ

しかし、とにかくスタッカートを乗り越えないと先に進めない!
練習時間をいつもより多めに取り、回数も少し増やして、とにかく練習しました。
レッスンの最初に先生が、練習時間にほぼ正比例します、と仰っていたし。。

でも、そう簡単にスタッカートは許してくれなかった。。。

とにかく、音が汚い!さらに、他のスタッカートではない音まで、汚くなっていく。
弦を持つ右手に気を取られて、左手がおぼつかなくなり、
抑え方も甘くなって、さらに音が汚くなる。

そう、左手で弦をしっかり押さえていないと、
弦はキレイに鳴ってくれないのだ。
だけど右手は忙しくてそれどころではないし・・・千手観音になりてー←それ方向が違う

次のレッスンでも結局スタッカートが上手く弾けなくて、1時間みっちりスタッカート。
練習してきたスタッカートはほぼ全否定・・・情けない。
いつもはレッスンはツライことはあっても楽しかったのに、
今回ばかりはなんだか辛くて苦しいだけ・・・。

先生は一生懸命一緒に取り組んで下さっているのに・・・上手く弾けない自分。
いや、ほんと、泣きたくなりましたよ。

■ もうイヤになって、他の曲を一生懸命練習したら、基礎力が上がって来た

先生のいないところでスタッカートを弾いても、ヘンなクセが付いちゃうだけさ!
もうそんな気分になって、その2つ先のEtudeをずーっと練習していました。

これは曲としてもいいなと思ったし、最初から(自分的には)良い感じに弾けたので、
とにかくこればっかり1.5時間*2回練習してレッスンへ。

Allegrettoは練習してません!スタッカートやってません!と不良生徒櫻田は宣言し、
代わりにEtudeを練習して来ましたと、それでも下手なEtudeを披露。
そこで、ごく基本的なことをいろいろ直して頂き、
少しチェロの弾き方、特に弦の力のかけ方が分かって来たような。

櫻田はとにかく弦と弓を強く擦り合わせて大きな音を出そうとするけれど、
弦と弓が出す音ではなく、その弦の振動がチェロ本体の中で共鳴した音こそがチェロの音で、
それは、強く擦り合わせることで出るものではない。
(フォルテの練習で癖がついたっぽい)

やはり手元で弓をコントロールしようとし、手元から弓に圧力をかけていて、
手首から先がすごく固くなっている。
なので、音が固いし、キーキー音がするし、共鳴しないし、響かないし、弦の上で弓が震えるし・・・。

先生:とにかく、何も考えずにリラックス、全身リラックス!
櫻田:あぁ、それだわそれ!全身「上手く弾こう!」って緊張しちゃって下手になってる!

まあ、何度も言われてたんですけど、なかなか抜けなくて・・・
で、本当に、ビルから飛び降りるような気持ちで(笑)力を抜いてみたら、途端に音が良くなったのよ。
無駄な緊張とかこわばりって、ホント、百害あって一利なしって分かってるのに、
なかなか解けないものなのよね・・。

なんか上手くなってきたような気がして、これなら!と、
もう一度スタッカート曲のAllegrettoに戻ると、
以前の弾き方に戻ってしまって全然ダメ・・・再び泣きたくなったよ。

で、前回のレッスン終了。

■ Youtubeでじっくり右手の観察をし、一緒に演奏してみた

次の自主練では、最初の失敗点に戻ってみた。
私の出したいスタッカートの音ってどんな音だっけ?

ということで、Youtubeの動画をじっくり聴いて観てみた。
そして、弾き方、右手の雰囲気とか、テンポとか、身体の動きまで、
とにかく真似してみたら、それっぽい音が出だした!
ので、それを逃してたまるかと、ずっと一緒に弾いていました。

そして、気づいたら、以前とだいぶ違う弾き方になっていたんです。

言葉で説明できないのだけれど、手首の力で弓を弦に押し付けるのではなくて、
テコの原理で、弓を経由して、腕辺りの重みを弦に伝えられている自分がいて、
その感覚を何度も確認して、忘れないように必死に、ずっと弾いていました。

でも、ちょっと気持ちが緩んだり、注意が弦を押さえる左手に行くと、
あっという間に手に力が入り、汚い音が出て来る。
一進一退とはこのことか。

■ Allegretto、4回目にして合格!

週末に2時間みっちり一人で練習し、
レッスン前にも1時間練習して挑んだ4回目のAllegretto。
なんと、一発でOKが出ました!

あ”------ん、うれじぃーーーーーーっ(涙)

気づくと、レッスン後に右手が痛くなることもなくなっている。
変な力が抜けている証拠。よしよし。

次回は、8分音符のスタッカートと、4分音符のスタッカートの弾き分け。
Allegrettoの次の曲、Andanteの課題をクリアせねば!

・音の処理をしっかり意識する


この方のチェロの音色好きだわー。この方をまねっこしていこう。
とても楽しそうに、生き生きと、気持ちを込めて、雰囲気出してる感じがいいな。

さらに、次のRigadoonでは、弓の位置がずれまくっていることを指摘され・・・。

・弓の位置を一定に保つ

櫻田のマンションは楽器禁止なので、練習が難しい。
ということで「エアボーイング」をしなさいという指令が!

弦に弓を付けずに、ただただ、左右にボーイングを素振りする。
は?って感じだけれど、実際やってみると、ガタガタで、
これが安定できるようになると、ボーイングも安定するとか。

ほんとかよっ!

ということで、次の練習までひたすら毎日やってみようと思います!

櫻田こずえの40歳を盛大に祝う会@帝国ホテル5/16(土)へのいざない

もうちょっとマシな会の名前にしないと恥ずかしいということに気づいた、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

お誕生日パーティーのメインプランが決まりましたので、
いろいろと未定で恐縮ですが、予約の関係もあり、まずは募集させて下さい。

追記:
先の日程ですので、未確定の方はその旨お書き添え下されば大丈夫です。
ひとまず4月中は仮でも構いません=キャンセル料は発生しません。
5月以降のキャンセルについては改めてご案内致します。

■ 櫻田こずえの40歳を盛大に祝う会

日時:2015年5月16日土曜日 夕方
場所:帝国ホテル
会費:6,500円(税・サ込)お料理、フリードリンク付(着席立食未定)
定員:10名先着順(プレ申込の方優先・状況によって枠を調整します)
申込:この記事にコメント下さい(公開されません)折り返しメールでご連絡いたします

・お名前(コメント名、ニックネーム等でOK)
・メールアドレス(PCからのメールを受信できるもの)
・2次会のご希望があれば教えて下さい
・受付のお手伝いをお願いできる方!(15分程度)
・写真撮影のお手伝いをお願いできる方!

資格:櫻田ブログ読者の女性の方

夕ご飯前の微妙な時間設定のため(笑)、このお値段で、
2時間フリードリンク&お料理で、個室@帝国ホテルが実現しました。

ドレスコードは特に設けませんが、
櫻田は張り切ってフルレングスドレス参りますっ!
お着物や、ご友人の結婚式以来着ていないドレス、
また、一緒にレンタルしても楽しそうですね♪
もちろん、普通のお洋服でも全く構いませんよ〜。

どうせなら懐かしいブログをスクリーンでご一緒に見たいなーなんて思いましたが、
プロジェクターレンタルで6万円越えだったので、諦めました(笑)
櫻田こずえマニアッククイズとか(笑)、企画も考えております☆

なお、その直前に資生堂でメイク&撮影をし、
パーティーの後は、2次会を考えております。
お泊まりは今回は諦めました。
詳細4月中にアップさせて頂きますね。

それでは、何度もお手数をお掛けして恐縮ですが、
皆さまのご応募をドキドキしながらお待ち申し上げております。
ちなみに、お誕生日プレゼントは固くお断り致します!

7つの習慣&GTDの人生管理術★7. マンスリーレビュー

年間レビュー&計画が終ったら、月間レビュー&計画です。
毎月月末に、2〜3時間取ってやります。

■ マンスリーレビューで描いた未来へ自分を導く

・A4白紙を2枚を用意する

1枚目
再びですが、この作業の間中、気になること、ひらめいたこと、
やるべきことを見つけたら、必ず、すぐに、一枚の白紙にメモします。
そうすることで、頭スッキリ、頭の中が整理できます。

2枚目
マンスリーシートと呼んでいます。
今月のいろんなことを書いておく紙です。
このマンスリーレビューは、このマンスリーシートを埋めるための時間、かな。

櫻田の今月のマンスリーシートです。月後半になるともっと埋まって来ます。
<表>
monthlysheet2

<裏>
monthlysheet
二つ折りにして手帳に入れてます。
かなり頻繁に見ます。一日一回くらいは。

ということで、マンスリーレビュースタート!

1)お誕生日ノート一式・ミッションステートメントを読む

お誕生日ノート
birthdaynotekokai2

ミッションステートメント
missionstatement

木を見て森を見ず、にならないよう、自分の目指す方向性を常に確認します。
読むだけですから、3分くらいしかかからないけれど、
その効果は絶大です!!!マジで!!!

2)先月のプライオリティ3つが達成できたか確認する

先月のマンスリーシートに書いてある、プライオリティの達成度を確認。
達成できてたら褒めちぎり、できていなかったらなぜだったか考えます。
何か思うことがあれば、白紙にメモ。

3)ほめ月記を書く

一ヶ月を振り返りますが、ここでは反省してはいけません。
こんなことできた、あんなことできた、ワタシすごい!
自分を褒めちぎり、勇気づけます。

すると、なんだか今月も何でもできるような気がして来ます。
脳は基本バカなので、言っていることと現実の区別が付けられないと言います。
だったら、自分に褒め言葉をかければ、自分はそうだと勘違いし始め、
本当に褒めた通りの自分になってしまうという仕組♪

また、脳は他人に言ったことも、自分に言ったこととして理解してしまうそう。
他人の事も常に褒めた方が、結局は自分にも良いんですねぇ。逆も真なり。

4)長期的スケジュールを確認する

お誕生日ノートの、年間スケジュールも見つつ、
大切な人の誕生日とか、約束、イベントの予定をチェック。

年間計画表は、どんな物でも構いません。
使っている手帳については・・・これもまた記事書きます!
yerlyschedule

プレゼントを買うとか、旅行の予約をするとか、
関連して思い出したことは、全て紙に書き留めて行きます。

5)今月のテーマを決める

今月のやらなきゃいけないなーってことの最大公約数を取るのではなく、
理想の未来、お誕生日ノートから、こんな一ヶ月にしよう!と、バシッと決める。

・沢山の人と交流する月
・英語の勉強に力を入れる月
・新しいことにチャレンジする月
・自分を見つめ直す月
・本を沢山読む月
・体調を整える月・・・

これを書いたらついでに、その達成のために必要なアクションも白紙に書いておきます。
交流会に3つ出るとか、英字新聞読むとか、習い事を始めるとか、自分史を書くとか・・。
そうそう、櫻田の自分史、痛過ぎてヤバイです。

ーーここまでで20分

#ダラダラしないように、時間を区切っています。

6)「トリガーリスト」を見ながら頭の中を全て紙に書き出す。

頭の中のもやもやを一つずつ意識化する手がかり。
櫻田のトリガーリストも、また、別記事で・・・なんだか引っ張ってばかり!

櫻田こずえのトリガーリスト

とにかくあまり深く考えず、何でも書き出す。
やることでも、好きなことでも、気になった言葉でも、愚痴でも、何でも。
先月の手帳を眺めたり、一年前の手帳を引っ張り出してみたり、
お誕生日ノートを読み直してみたり、好きな人のことを考えたり。

とにかく、頭の中が「からっぽ〜」になるまで出し切ります。
初回はこれだけで2時間くらいかかっちゃうかもしれません!

8)プロジェクト全てに目を通し、書き足したり、止めたり

プロジェクトについてはこの記事を参照下さい。
7つの習慣&GTDの人生管理術★6. お誕生日の年イチレビュー仕上げ

今日書き出した事の中に、新たに加えたいプロジェクトがあれば記入。
これはしばらくお休みだな、って思えば、リストから削除したり。

主に、既存プロジェクトの達成に「必要なアクション」を、
シートに書き加える作業がメイン。
そして、今月やるべきことはチェックしておきます。

ーーここまでで100分

9)今月のプライオリティを3つ決める

主にプロジェクトの中から、今月注力したいものをピックアップ。
具体的なアクションや、達成を測る数値目標なんかも書き足してみる。
マンスリーシートの表の左上、一番目立つ所に書きます。

10)気になることすべてを分類して転記する

白紙に書いたことを、分類して転記し、実行しやすい形でリストしておきます。

・プロジェクト(いくつかの To do が必要な大きなやること)
→プロジェクトシートを新しく追加する
→中くらいのプロジェクトならマンスリーシートにとりあえず欄(表右)

・スケジュール(実行するタイミングの決まっている To do)
→スケジュール帳にそのタイミングに合わて書く
時間軸のあるスケジュール帳なら、実行する時間も指定&確保することをオススメ。

スケジュール帳は20年以上バーチカルです。
#手帳については、はい、別記事でまた書きます。

・いつかやりたいこと
→マンスリーシートの「いつかやる」へ

・気になること、気にしたい事(背筋を伸ばすとか、鼻呼吸するとか)
→マンスリーシートや手帳の隅等、目につきやすいところへ

・ただの情報、分類不能
→マンスリーシートにとりあえず書いておく等。

・To do, to buy…
→それぞれジャンル毎にマンスリーシートと手帳へ
インテリア、ファッション、本、キッチングッズ、生活用品、レストラン、美術館、
お店(楽天、amazon、無印、iherb、100円ショップ・・・詳細はマンスリーシートに)

欲しいもの、行きたい所など、ジャンル毎にリストしておきます。
また、一番頻繁に見るのは、マンスリーシートより手帳なので、
緊急度が高い、早くやっつけたいTo do、毎日気をつけたいことは、手帳に書きます。
ダブってもいい、漏れなきゃいい。

さらに、先月のマンスリーシートのうち、やり残したもの、
今月再チャレンジなものを書き写しておきます。
書き写しが多いとちょっぴり残念ですが・・・。

とにかく、忘れないように、実行しやすいように、

ーーここまでで150分

ここからは、カフェから自宅に帰ってする作業です。

11)不要な紙を処分する

櫻田はメモ魔なので、レシートの裏とか、ポストイットとかに、
結構込み入ったことを書いて、そのまま手帳に挟んでしまう・・・
そんな紙が分散していると邪魔だし後でアクセスしにくいので、
大切なことはどこかに書き写し、不要なものは捨てます。

12)KPIの記録

体重とか、収入とか、資産とか、ブログ記事の本数とかを記録しておきます。
今月の客観的な成果を。
やばー今月は資産が減少してる・・・体重は増えてるのに・・・とか、毎月しっかり確認です。

ヒマがあれば、カードの明細を見て、今月ヤバっ!っていうのを実感したりもします。

14)毎月の作業をする

・ 経理
・ 資産管理表
・ ブログ成績表
・ 画像整理(iPhoneとデジカメの写真を整理しバックアップ)
・ Google Drive整理(これがないと生きて行けない・・・しかもタダ!)
・iPhone容量チェック(ケチって16MB買ったので、こまめに整理するハメに・・・)

以上です。

これをやると、あぁ、新しい月(週)が始まるな、新しい取り組みが始まるな!
と、とてもフレッシュな、ワクワクした気分になります。
櫻田は仕事もすべて自己管理なのですごく時間がかかりますが、
普通はこんなに時間はかからないと思いますし、
人によっては、もーっと時間かかるかもしれませんね。

次はウィークリーレビューです。毎週土曜日にやってます。

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です