岡村靖幸★できるだけ純情でいた方が「幸福」かも

岡村ちゃんファン歴は非常に浅い、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
渡辺美里のHere and Thereで間接的にすごくファンでした。

さて、岡村ちゃんのニューアルバムが出ましたね、ベイベの皆さま、いかがでしたでしょうか?

okamurayasuyukikofuku1
#岡村ちゃんファン「幸福」を聴かれた方にしか全く伝わらない記事です。

企画ものとか、握手券とか、ウケるフレーズとか、ダウンロードとか、
そういう今っぽい姑息なものが何もなく、Youtubeで事前チェックもできず、
ただまっさらに岡村ちゃんの「幸福」を私達ファンは歓喜して買う、
その音楽で幸福になり、その対価を喜んで支払う。
そんでもって(昔は)カセットテープに落とし、
背表紙に「YASUYUKI OKAMURA KO-FUKU」とレタリングして、
すり切れるまで聴く。9曲だし46分でも大丈夫かな。
勢い余って好きな人に貸したり、借りパクされたり、テープがたるんで鉛筆で巻いたり。

うん、ベイベー、いい時代でしょ。

もともと「ビバナミダ」や「ぶーしゃかLOOP」←カラオケで歌ったら痛かった
とかの、今っぽいダンスミュージックが好きだったので、
最初は「新時代思想」がどストライクだったんですが・・・

結局一番聴いているのは、一曲目の「できるだけ純情でいたい」です。



雨の音、それも、真夏の暑い日に雷と共に降って来る雨からスタート!昭和!
そして、その湿度を受け継ぐねっとりべったりした汗を感じる前奏からして、
いやもう、岡村ワールドへいらっしゃーい!
勢いやリズムではなく、音の醸す雰囲気に、ぐいっと引き込まれます。ベースがいい。

抑えた曲調の中にも、岡村ちゃんのほとばしるエロが、
セクシーな声から息から歌詞からぶっはみ出て、思わず目を閉じます。

会いたい!会いたい!会いたい!

サビで転調(?)、突如亜熱帯を抜け、清らかな世界が登場。
裏声で素直にピュアな気持ちを炸裂される岡村ちゃん。

したい! したい! したい!

美しい。

デンス! デンス! デンス!

そう、熱帯夜のじっとり汗ばんだ欲望部分と、爽やかな風が吹く純情とが交互に。
いや、欲望は純情なのであって。

好きだ、キスしたい、モテたい、けど、妄想どまりで、欲望破裂寸前だだ漏れ中。
このポジションが永遠の「幸福」であり、純情であり、岡村ちゃんであり、我々が愛する何かであり。

櫻田の中にある、大人になりきれてない、中学辺りで成仏できてなかった何かが、
こういうのに反応しちゃうんじゃないかなと思います。
あの教室の隅に、何を忘れて来ちゃったんだろう。



さて、長くなるのでレビューは一曲にしておきまして、ツアーですね。

ライブ等の予定が目白押しなので、
日程的にも予算的にも、そして前回思い知った体力的にも、
岡村ちゃんは今回パスの予定だったけど。。。

と悩む41歳目前、君次第でしょ!


イヤホンで聴いてると、音が広がってます、いいヘッドフォン欲しい。