好きな曲の共通点★コード進行を学びたい!

最近Apple Musicを年間契約しました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

そこでおすすめされた曲があまりに櫻田の「好きな音楽のツボ」を押さえていたのでびっくり。

その好きな音楽に共通する点を延々と語るという記事です、えぇ。

一つずつ上がっていくコード進行が好き!

さて共通点を先に申し上げると、

「四つ打ちでノレる」
「ちょっぴり切ない、一つずつ上がって行く感じのコード進行」

四つ打ちはダンスミュージックの基本なのでそんなの共通点にもならないんですが、コード進行がこの3曲、そっくりさんで、そこがとっても好きで、好き過ぎるんです。

ちゃんと勉強してないんでちゃんと説明できないんですが、階段を上がるように、一つずつ上がっていくんです。それも同じリズムで。きっと定番なのだろう。

コード進行と大風呂敷を広げてみたものの、GとかAmとかは実際良く分からないので、一番下の音だけ。

し—ど—–れ—み—–し—ど—–れ—み—–

「-」は8分音符長さです、はい、音階は曲それぞれですが、どの曲も近い感じ。

【参考】ピッチが上ずって聴こえる。『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル / Perfume』

ちなみに、下がって行く進行の曲も大好きです、あゆの「Seasons」とか、名曲。

で、Youtube貼ると重いよね、でも、貼るよね。

★STAR GUiTAR「Tonight feat. CICO from BENNIE K」

何しろアガる、ノレる踊れる曲。でも、ベースがAメロとサビで同じセツナ進行してて、それがちょっぴり「せつなーい」(とコーラスしているように聞こえるのは、空耳だと思うが)のがたまらなく、ツボ。

最近これをずっと聴いていて、自分をノリノリにさせてます。

Perfume 「Perfect Star Perfect Style」

Perfumeのせつなテクノ真骨頂、ヤスタカ珠玉の名曲です。

切ない、切ないのはやはり同じコード進行・・・手を伸ばしてももうとどかな〜い!

無限音階のようにも聞こえる進行が、ヤスタカマジックで、うーんたまらない。

Perfumeも大好きですが、ヤスタカ単体のファン歴は古く、LDK Lounge Designers Killerの頃から好きで、Club Asiaとか行ってた若かりし頃・・・今はオールナイトとか、もう絶対無理ですが。

A-bee「POLARIS」

このCDのリリースイベントに行ってこの曲を聴いた時、ドラッグのようにハマりました。ヘッドフォンで爆音流して、ずっと揺られていたい。無限ループのような進行、疾走感と近未来空間が広がって行くような感じがドツボです。

実は曲だけじゃなくて、一緒に行った男性にもハマったんですけどね・・・まああの、毛穴ブログ時代に盛大に失恋した件です・・・懐かしく甘酸っぱい思い出・・ほぼ酸っぱいだけか。

ちなみに、Perfumeの曲とこの曲はマッシュアップもされています。

Youtube:https://youtu.be/EWYhKLNcxLw

音楽の要素はたくさんあるけれど「コード進行」はちゃんと勉強したい要素の一つです。

#作曲が夢の一つなので、そうだよ、音楽を学んで毛穴の曲を作ろう!

その曲が醸し出す雰囲気を決める、空気を決める、櫻田にとってはその曲の好き嫌いを決める大切な要素で、ロックならベースの音、クラシックならチェロやコントラバスの出す低い音、ダンス系ならシンセの和音の一番下の音の動き方が、櫻田にはいつも真っ先に耳に入って来ます。

だから、チェロが好きで弾き始めたのだと思うのですが。

以上、最近ハマっている曲と、昔から大好きなが、ほぼ同じ形の進行をしていることに気づいて、ひとり嬉しくなっている、という、それだけの記事でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク