タグ別アーカイブ: 7つの習慣

40歳のお誕生日ステイ2015レポ★日光金谷ホテル

1泊2日のステイでは足りず、本日も自宅でゴソゴソやっておりました、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

疲れて寝てたり、クッションや敷物類を洗ったり、
ずーっとぐずぐず先延ばししていた面倒なことをやったりもしつつ。

ということで、今年のお誕生日ステイのまとめ、
皆さまへのレポートを書かせて頂きます!

■ お誕生日ステイって何ですか?

お誕生日前後に「ホテルに籠もって1年を振り返り未来へ想いを馳せるイベント」です。
ホテル好きなので、泊まる口実としても大活躍ですはい。
今年はTHE クラシックホテル、日光金谷ホテルに1泊いたしました→ホテルレポ

2014年:お誕生日ステイ2014@パークハイアット東京
2013年:お誕生日ステイ2013@小田原ヒルトン
2012年:恋する毛穴~太陽のRingではなくダイヤのRingが〜@帝国ホテル
2011年:恋する毛穴~Road to Ring4 誕生日~@インターコンチ溜池山王

ハウツーをまとめたお陰で、今年のお誕生日ステイは非常にスムーズに進みました。

7つの習慣&GTDの人生管理術★4. お誕生日の年イチレビューその1
7つの習慣&GTDの人生管理術★5. お誕生日の年イチレビューその2
7つの習慣&GTDの人生管理術★6. お誕生日の年イチレビュー仕上げ

できていないことにフォーカスしがちな櫻田。できたこと、にもフォーカスして、
頑張った自分を讃えるために、ちょっとイケテルホテルで祝杯をあげると。

今年のお誕生日ノート、1年を振り返るページ。あたし超頑張った!
birthdaystay5 #今年は成果を振り返ることに時間を多く割きました。

その後は心を未来へ。
まずは死ぬまでにやりたい100のこと(コとって何だよw)2015birthdaystay7
そして、80歳の理想の自分妄想ストーリーから、未来のお誕生日ノート。
去年とちょっと違う。一昨年に近いかも? そんな発見もまた面白い。
birthdaystay4 #一番下の年間計画は今日書きました。

1年間、がむしゃらに「それ」に集中していれば、
自分の理想に近づくことが保証されている・・・そんなことが書いてあるノート。
迷いなく一年頑張り切るための、大切な作業です。

その他、今年時間をかけたことをいくつかご紹介します。

 

■ ミッションステートメントを「櫻田こずえ★六ヵ条」として更新しました

なんか「ミッションステートメント」って、イマイチだなーと思っていて、
オリジナルな名前が欲しかったんですが、書いていたら、すっと出て来ました。
ちょっとしっくりこないものをまるまる一つ書き直しました。後は微調整。

ミッションステートメントについて:「7つの習慣」12 総まとめ:7つの習慣とは?

櫻田こずえの「六ヵ条」

birthdaystay6
一つ目はいつも言い聞かせていること「安定」特に女性はね。

相手に何かしてあげる前に、自分を穏やかに落ち着かせて、
その人に対してニュートラルでいることこそ、その人へのプレゼント。

豪華な料理を作ってあげて自己満足を押し付ける前に、
愚痴ったり、スネたり、怒ったり、求めたり、面倒くさい女をやめること。
そして、作ってあげるのはいいけど、自己満足を自覚すること。

自戒を込めて・・・そうなっちゃうことが多いので。

縦書きで書いてみたらすごくしっくり行って、
そしたらすらっとタイトルが出て来ました。
モザイクしてある所は、本名、櫻田こずえ、もう一つ別のハンドルネーム。
ま、略して「櫻田こずえ★六ヵ条」とする!

名前を2つ以上持つこともおススメ。
1人がくじけても、調子悪くても、他の2人が支えてくれる、リスク分散になります。
後は、ストレス発散できるし。

■ 夢をかなえる一番よい方法 で残していたワークに挑戦してみた

39歳で読んだ、このタイトルが気恥ずかしい本。

「夢をかなえる一番よい方法」リチャード・ブロディで本気になる

「成功チェックリスト」を作る作業、時間がかかるので、できないでいました。
今回のステイで絶対やろうと思って、時間も取っておいたので。

wowzone
まず、この問いに真剣に答えて行きます。
お誕生日ステイでは、こういうことばっかり考えているので、
結構すらすらと出て来ます。書き出すのに1時間くらい。

●あなたは何を求めているのか?
●これまでの人生でもっとも成功したことは何か?
●あなたは他人のどのような面を尊敬するか?
●人生の主流からは外れるが、あなたが楽しめることは何か?
●あなたの一番大切な価値観は?
●子どものころ、心から楽しめた遊びは何か?
●理想的な仕事について描写しよう。
●理想的な人間関係について描写しよう。
●あなたのお気に入りのペットから見た、あなたの人生はどんなもの

その後、書いた事の共通項を見つけ出します。
これ、どうやっていいものやら悩んでしまったけれど、
良く読んでポイントを掴むと、すっごく素晴らしいシステムだということに気づきます。
合わせて、死ぬまでにやりたい100のことリストも動員しつつ。
その共通項をさらに3つに分けます。

・求めているもの
・手段
・システム

櫻田、これを理解して、実際に3つに分けるのに1時間以上掛かりました。
本をじっくり読んで、実際取り組んでみないと分からない・・。

櫻田は、植物や動物、自然に関することを複数挙げていたので、
こんな風にまとめてみました。

・求めているもの(秘密)
・手段(動物と触れ合ったり、お花や木などの自然に触れること)
・システム(ペットと庭が持てる家に住む)

まずは、動物と触れ合ったりお花や木を見る(特に幹を見るのが好きです)のが、
なぜ好きなのかというのを突き詰めて考えることで、求めているものが明確になって、
びっくりしたというか、あぁ、そうね、と腑に落ちたというか。

この「本当に求めているもの」が分かったので、
動物や花木以外にも、それを満たす手段を考えることもできるし、
より柔軟に本当に求めているものを満たすことができます。

で、現状は
「人の家の庭やペットを通勤途中にチェックし、週末はお散歩がてら見て回る」
安上がりだけど、満足度がちょっと低い。
相当動物や植物が好きなので、手間ひまリスクコストかっても、
迎えられたらどうかなって思いました。

こんなものを、3つくらい作ってみました。
ブログを書くことは何かを達成する手段ではあるけれど目的ではない。
では、何が目的、ブログを書くことで自分の何を満足させようとしているのか、
ということが明確になりました。

何か新しいことに手を出す時に、何か人生や仕事の断捨離する時に、
これらのチェックリストに当てはめて考えてみるクセを付けてみようと思います。

いいツールを手に入れました。

kanayahotel7 #こんなロビーで書いてました@金谷ホテル

ひとりでいると、逆にいつも自分を支えてくれる人達の存在を強く感じます。

やっぱりバッハ君が好きだなー、一緒にいられて幸せだなと改めて思いました。
この幸せが自分にとって何よりも大切だから、バッハ君に感謝し続けること、
それを維持する努力を続けること、忘れちゃいけないよーって再確認しました。

そして両親への感謝。

櫻田は、いろんなことに興味を持っては、途中でやめて、
また次のことに興味を持って・・・ということが多かった。
それでも、どんなチャレンジも応援してくれ、いろんな体験をさせてもらった。
櫻田家は決して裕福ではなかったのに。

その経験が今の自分を作ってくれていると思う。
改めて、一生掛かっても返せない恩を、返していこう。

201505253 #金谷ホテルのお庭

帰りがけに地震による電車の遅延に出くわしましたが、
それも今年一年の厄払いというものかも。
22時過ぎに帰宅できました。

そんな車内で一つ新しいキャッチフレーズを思いつきました。ラッキー☆
「美人を目指す毛穴ブロガー」
これは初対面の方に使って来た肩書きですが、新しいのは、

「会いに行けるブロガーSKB40」(Sakurada Kozue Blogger 40歳)

大好きだった(敢えて過去形)清竜人君の清 竜人25(注意:音出ます)に触発されました。
ほんと、現代の岡村チャンっていうのに妙に納得しつつ。
Morning Sunとか痛いよ(注意:音出ます)とか好きだったけど・・・今の竜人もカッコいい!

横道逸れましたが、櫻田こずえを支えて下さっているのは皆さまです。
そのお礼と言うのもおこがましいですが、オフ会を47都道府県でやりたいって思っています。
今年だけで達成は無理ですが、今回死ぬまでにやりたいことリスト入りしました。


皆さまとイチャイチャできる場所を今年も沢山作って参ります。
今年こそ40歳になった櫻田に会いに来てくださいね☆ ←アイドルふうに

 




 

皆さまのひとりホテルステイ、お誕生日ステイの体験談も募集してます!
http://sakuradakozue.com/minnano-birthdaystay/

7つの習慣は分厚いし読むのがツライから・・・

7つの習慣、最初は何度か読破に挫折した、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!だって、分厚いんだもん・・・

7habits_sasaki4 #492ページあります

この本の良い所でもあり、悪い所でもあるのは、実例が豊富なこと。
・良:実例が豊富で分かりやすい
・悪:実例が豊富で本が長くなる

さらに、彼らはアメリカンであるが、我らはジャパニーズであるということ。
ちょっと腑に落ちない、分かりにくいところがあるんですよね。
という不満をすべて解決するような本が出版されたのでご紹介します。

7habits_sasaki1 #いわゆるムック本ですね。
#自己啓発本独特の胡散臭さはぷーんと漂っています。

■ 安い!薄い!読みやすい!けど、濃厚

7habits_sasaki3
なんと、864円!安い!
そして、内容は91ページと、薄い!
さらに、図解や絵が沢山で、読み易い!

あっという間に読めちゃうと思います。
本編を読む前の下地づくりにもいいし、
読んだ後の知識のまとめにもいいと思います。
もちろん、これだけでもきちんと「実践」する気持ちがあれば、OK!
(読み切れないよりいいし、という意味で)

原典から実例を削ってそれをぎゅっと凝縮して分かりやすくまとめ、
実例部分は漫画やイラストで視覚的に伝えるといった感じ。
原典を1回読むより、こちらを5回読み込んだ方がもしかしたらいいのかも・・。

いやもちろん、どっちも読むのが一番ですが、
読んだ!という自己満足よりも、大切なことが意識化まで浸透することが一番大切なので。

■ 日本人ビジネスマンの実態に即した解説本

この本はコヴィー博士が書かれたものではありません。
「フランクリン・コヴィー・ジャパン」という、
日本で「7つの習慣」翻訳や管理をしている企業の監修のもと、
佐々木常夫さんというが本の解説を書くと言うスタイルです。

めちゃくちゃスゴイ方です、はい。
http://sasakitsuneo.jp/profile/
#「仕事も家庭もうまくいく人」という触れ込みに納得せざるを得ない。

彼は以下のようなことから、この本を書きたいと思われたそうです。

・コヴィー博士の考え方のポイントを私の人生に対する考え方と照らし合わせながら、より分かりやすく解説したい。


・「7つの習慣」の考えを実践するためのヒントを、私の経験を引き合いに出しながら説明したい。

つまり、佐々木さん独自の視点が導入されているので、
純粋なコヴィー先生の教えとは多少ズレがあるかもしれません。
が、もう翻訳を読んでいる時点でズレてるし、そもそもそんな読解力ないし、
もうそんなのいちゃもんレベルですけどね。

「大ベストセラーの教えを、会社・家庭で実践するために大切なこと」

より実践しやすくなっているワケです。ありがたやー。

■ 実例がストーリー形式で分かりやすい

ザ・ゴール」みたいに、実例がストーリー形式で書かれており、
登場人物にキャラクターが設定されていて、感情移入して読みやすい。

もう、昨日会社であったことだわ、みたいな感じのシチュエーションが
展開されるので、感覚的な理解も早いし、
大切なことはまとめて書かれているので、薄いけど情報量は多い。

笑えたのはコヴィー先生のキュートな似顔絵です。かわいい。
7habits_sasaki2 #すみません、これだけ・・・・
#これをコヴィー先生は見られたのかしら・・・。

えぇ、特徴は捉えてます!

■ 目線はサラリーマン

大企業に勤められ、沢山のビジネス本を書く佐々木さんの、
人生に対する考え方及び経験ですから、そう、目線は原典と同様、サラリーマンです。
うーん、それも、やはり妻、子供との関係・・・となってくるので、男性サラリーマンですね。

でも櫻田は、下手に女性用とか家庭用になっているものより、
男性と同じものを読んだ方が、より学ぶことが多いような気がします。

また、原典のコヴィー先生のお子さんや家族との関係における失敗例は豊富ですが、
こんな本もあるんですね〜お子さんがいらっしゃる方は一読の価値があり?(櫻田未読)

■ 7つの習慣入門書ご紹介(櫻田未読)

まんが最強!

櫻田式GTD★8. 櫻田こずえのトリガーリスト

マンスリーレビューや、ウィークリーレビューの時に、
頭の中のいろんなことを全部白い紙に書き出すのですが、
その、書き出すきっかけになるリストです。
これは紙ではなく、Evernoteに保存してます。

全部真剣に考えていると、時間があっという間に過ぎて、疲れます。
気になったことだけ、詰まったときだけでOK。

準備体操

・メモ用紙や手帳をくまなく読み返す
・来年の誕生日ステイでは何を達成していたいですか?
・ミッションステートメントに違和感は出ていませんか

大切な人を大切に

・何か約束を忘れていませんか 貸し借り・食事・飲み会
・誰かの誕生日、お祝いはありませんか
・両親に電話しましたか
・友達に感謝の気持ちを伝えていますか
・パートナーとの約束・旅行の予定
・パートナーに感謝してますか

自分の内面の課題を探る

・先月(週)は何が楽しかったですか
・先月(週)は何がつらかったですか
・悔しかったことは何ですか
・何に幸せを感じましたか
・自己嫌悪したことはありましたか
・何にイラッとしましたか
・悩み事、心配事はありますか
(仕事・職場の人間関係・両親・友人・パートナー)

・時間があったら何をしたいですか、何が解決できそうですか
・お金があったら何をしたいですか、何が解決できそうですか
・それは自分の何かを変えたら実現できませんか

そもそも何をやりたいのですか
諦めること、取捨選択も大切じゃない?

・今月(週)会った人と次の約束をしましたか
・書かなくてはいけないメールがありますか
・かけなくてはいけない電話がありますか
・病院、美容院、レストラン等の予約はしましたか
・オフ会の準備はできましたか
・SNSの対応はできていますか

なぜそれらの行動ができないのですか
やらなくていいこともあるんじゃない?

散らかっている場所はありませんか

・納戸
・玄関
・キッチン
・居間
・寝室
・洗面所&お風呂

身のまわりを整える、管理する

・鞄の中の持物を整理してみましょう
・修理しなくてはいけないものがありますか
・アイロン掛けはできてますか
・ほつれやボタン取れはありませんか
・靴は磨いてありますか
・調べたいことはありますか

物欲万歳!

・欲しいものは何ですか
・なぜそれが欲しいんですか
・それ、本当に必要?
・楽天マラソンで買いたいものは何ですか
(マラソンにかこつけて散財するな!)
・amazon,無印・・何か欲しいものがありますか?
・行きたい所はありますか(レストラン、ショップ、旅行、美術館・・・)

欲しいものがあるから、仕事も頑張れるのだ!
分相応って何だろう

セルフチェック

・先週は自炊できましたか
・運動は毎日しましたか
・暴食しましたか
・背筋伸びてる?

ストック

・トイレットペーパー
・ティッシュペーパー
・お水
・電池
・ゴミ袋
・排水溝のやつ
・ビニール袋
・洗剤
・お米
・調味料、ドレッシング

管理する(マンスリー)

・PCのデータバックアップはしましたか
・資産はチェックできていますか
・経理はできていますか
・名刺の整理はできていますか
・iPhoneの画像&容量管理はできていますか

以上!

7つの習慣&GTDの人生管理術★7. マンスリーレビュー

年間レビュー&計画が終ったら、月間レビュー&計画です。
毎月月末に、2〜3時間取ってやります。

■ マンスリーレビューで描いた未来へ自分を導く

・A4白紙を2枚を用意する

1枚目
再びですが、この作業の間中、気になること、ひらめいたこと、
やるべきことを見つけたら、必ず、すぐに、一枚の白紙にメモします。
そうすることで、頭スッキリ、頭の中が整理できます。

2枚目
マンスリーシートと呼んでいます。
今月のいろんなことを書いておく紙です。
このマンスリーレビューは、このマンスリーシートを埋めるための時間、かな。

櫻田の今月のマンスリーシートです。月後半になるともっと埋まって来ます。
<表>
monthlysheet2
<裏>
monthlysheet 二つ折りにして手帳に入れてます。
かなり頻繁に見ます。一日一回くらいは。



ということで、マンスリーレビュースタート!

1)お誕生日ノート一式・ミッションステートメントを読む

お誕生日ノート
birthdaynotekokai2

ミッションステートメント
missionstatement

木を見て森を見ず、にならないよう、自分の目指す方向性を常に確認します。
読むだけですから、3分くらいしかかからないけれど、
その効果は絶大です!!!マジで!!!

2)先月のプライオリティ3つが達成できたか確認する

先月のマンスリーシートに書いてある、プライオリティの達成度を確認。
達成できてたら褒めちぎり、できていなかったらなぜだったか考えます。
何か思うことがあれば、白紙にメモ。

3)ほめ月記を書く

一ヶ月を振り返りますが、ここでは反省してはいけません。
こんなことできた、あんなことできた、ワタシすごい!
自分を褒めちぎり、勇気づけます。

すると、なんだか今月も何でもできるような気がして来ます。
脳は基本バカなので、言っていることと現実の区別が付けられないと言います。
だったら、自分に褒め言葉をかければ、自分はそうだと勘違いし始め、
本当に褒めた通りの自分になってしまうという仕組♪

また、脳は他人に言ったことも、自分に言ったこととして理解してしまうそう。
他人の事も常に褒めた方が、結局は自分にも良いんですねぇ。逆も真なり。

4)長期的スケジュールを確認する

お誕生日ノートの、年間スケジュールも見つつ、
大切な人の誕生日とか、約束、イベントの予定をチェック。

年間計画表は、どんな物でも構いません。
使っている手帳については・・・これもまた記事書きます!
yerlyschedule
プレゼントを買うとか、旅行の予約をするとか、
関連して思い出したことは、全て紙に書き留めて行きます。

5)今月のテーマを決める

今月のやらなきゃいけないなーってことの最大公約数を取るのではなく、
理想の未来、お誕生日ノートから、こんな一ヶ月にしよう!と、バシッと決める。

・沢山の人と交流する月
・英語の勉強に力を入れる月
・新しいことにチャレンジする月
・自分を見つめ直す月
・本を沢山読む月
・体調を整える月・・・

これを書いたらついでに、その達成のために必要なアクションも白紙に書いておきます。
交流会に3つ出るとか、英字新聞読むとか、習い事を始めるとか、自分史を書くとか・・。
そうそう、櫻田の自分史、痛過ぎてヤバイです。

ーーここまでで20分

#ダラダラしないように、時間を区切っています。

6)「トリガーリスト」を見ながら頭の中を全て紙に書き出す。

頭の中のもやもやを一つずつ意識化する手がかり。
櫻田のトリガーリストも、また、別記事で・・・なんだか引っ張ってばかり!

櫻田こずえのトリガーリスト

とにかくあまり深く考えず、何でも書き出す。
やることでも、好きなことでも、気になった言葉でも、愚痴でも、何でも。
先月の手帳を眺めたり、一年前の手帳を引っ張り出してみたり、
お誕生日ノートを読み直してみたり、好きな人のことを考えたり。

とにかく、頭の中が「からっぽ〜」になるまで出し切ります。
初回はこれだけで2時間くらいかかっちゃうかもしれません!

8)プロジェクト全てに目を通し、書き足したり、止めたり

プロジェクトについてはこの記事を参照下さい。
7つの習慣&GTDの人生管理術★6. お誕生日の年イチレビュー仕上げ

今日書き出した事の中に、新たに加えたいプロジェクトがあれば記入。
これはしばらくお休みだな、って思えば、リストから削除したり。

主に、既存プロジェクトの達成に「必要なアクション」を、
シートに書き加える作業がメイン。
そして、今月やるべきことはチェックしておきます。

ーーここまでで100分

9)今月のプライオリティを3つ決める

主にプロジェクトの中から、今月注力したいものをピックアップ。
具体的なアクションや、達成を測る数値目標なんかも書き足してみる。
マンスリーシートの表の左上、一番目立つ所に書きます。

10)気になることすべてを分類して転記する

白紙に書いたことを、分類して転記し、実行しやすい形でリストしておきます。

・プロジェクト(いくつかの To do が必要な大きなやること)
→プロジェクトシートを新しく追加する
→中くらいのプロジェクトならマンスリーシートにとりあえず欄(表右)

・スケジュール(実行するタイミングの決まっている To do)
→スケジュール帳にそのタイミングに合わて書く
時間軸のあるスケジュール帳なら、実行する時間も指定&確保することをオススメ。

スケジュール帳は20年以上バーチカルです。
#手帳については、はい、別記事でまた書きます。

・いつかやりたいこと
→マンスリーシートの「いつかやる」へ

・気になること、気にしたい事(背筋を伸ばすとか、鼻呼吸するとか)
→マンスリーシートや手帳の隅等、目につきやすいところへ

・ただの情報、分類不能
→マンスリーシートにとりあえず書いておく等。

・To do, to buy…
→それぞれジャンル毎にマンスリーシートと手帳へ
インテリア、ファッション、本、キッチングッズ、生活用品、レストラン、美術館、
お店(楽天、amazon、無印、iherb、100円ショップ・・・詳細はマンスリーシートに)

欲しいもの、行きたい所など、ジャンル毎にリストしておきます。
また、一番頻繁に見るのは、マンスリーシートより手帳なので、
緊急度が高い、早くやっつけたいTo do、毎日気をつけたいことは、手帳に書きます。
ダブってもいい、漏れなきゃいい。

さらに、先月のマンスリーシートのうち、やり残したもの、
今月再チャレンジなものを書き写しておきます。
書き写しが多いとちょっぴり残念ですが・・・。

とにかく、忘れないように、実行しやすいように、

ーーここまでで150分

ここからは、カフェから自宅に帰ってする作業です。

11)不要な紙を処分する

櫻田はメモ魔なので、レシートの裏とか、ポストイットとかに、
結構込み入ったことを書いて、そのまま手帳に挟んでしまう・・・
そんな紙が分散していると邪魔だし後でアクセスしにくいので、
大切なことはどこかに書き写し、不要なものは捨てます。

12)KPIの記録

体重とか、収入とか、資産とか、ブログ記事の本数とかを記録しておきます。
今月の客観的な成果を。
やばー今月は資産が減少してる・・・体重は増えてるのに・・・とか、毎月しっかり確認です。

ヒマがあれば、カードの明細を見て、今月ヤバっ!っていうのを実感したりもします。

14)毎月の作業をする

・ 経理
・ 資産管理表
・ ブログ成績表
・ 画像整理(iPhoneとデジカメの写真を整理しバックアップ)
・ Google Drive整理(これがないと生きて行けない・・・しかもタダ!)
・iPhone容量チェック(ケチって16MB買ったので、こまめに整理するハメに・・・)

以上です。

これをやると、あぁ、新しい月(週)が始まるな、新しい取り組みが始まるな!
と、とてもフレッシュな、ワクワクした気分になります。
櫻田は仕事もすべて自己管理なのですごく時間がかかりますが、
普通はこんなに時間はかからないと思いますし、
人によっては、もーっと時間かかるかもしれませんね。



次はウィークリーレビューです。毎週土曜日にやってます。

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

櫻田式GTD★6. お誕生日の年イチレビュー仕上げ

お誕生日ステイのまとめを忘れていました。

お誕生日ノートやミッションステートメントを作りっぱなしにせず、
毎日に活かして、書いた事をより多く実現するための、ちょっとした工夫です。
その前にちょっとまとめ。

櫻田式GTD★4. お誕生日の年イチレビューその1
櫻田式GTD★5. お誕生日の年イチレビューその2
櫻田式GTD★6. お誕生日の年イチレビュー仕上げ

■ すべては「今」に集中できるように

このシステムの概要は、

・理想の自分を明確にする
・頭の中のもやもやを全て紙に出し切る
・理想に繋がるように、実現しやすいようにそれらを並べる
・今できることに一つずつ取り組む

それは全て、安心して「今」に集中するためなんです。

未来を気にせずに「今」に集中することができる。
それをやれば理想の自分に近づくって、分かってる訳ですから。

幸せになる秘訣は、未来と過去にこだわらないことだと誰かが言っていました。
心配事は全て、未来と過去を考えるから発生するのであり、
今に集中すれば心の安らぎが得られる、と。

でも気になっちゃう・・・。

なので、日々「今」に集中できるように、
未来と過去にまつわるもやもやを定期的に整理しておきます。

さてと、お誕生日ステイの総仕上げそのイチ。

■ プロジェクトノートを作る

お誕生日ノートで、最後にプロジェクトをいくつか挙げました。
プロジェクトとは、◯◯を買う、とか、◯◯の手続きをする、といった、
迷いなくすぐできるTo Do ではなく、
いくつかのステップ、いくつかのTo Doでできている、大きなやること、です(笑)

その「ステップに分ける」ことをしないと、なかなか取り組めないので、
プロジェクトノートを作ってステップに分けて、取り組みやすくします。

まずはプロジェクト管理シートがあって、全てのプロジェクトを一覧できます。

左が仕事関係のプロジェクト
右がプライベートのプロジェクト
projectnote4 #ボロボロです(笑)
#仕事の一番下の「GTDシステム作り」は、この記事を書くことのプロジェクト名です。

さらに、プロジェクト毎にシートがあります。projectnote2 #最初は項目を書くだけなので、大した手間はかかりません。

ここにプロジェクトのゴールや、ゴールを達成するためにやるべきことを書いて行きます。
綺麗にまとまっている必要も、理路整然となっている必要もないです。
ただ、一カ所に情報やアイディアがまとまってれば、それでいいんです、櫻田は、ですが。

具体例を見てみます。

プロジェクト名「幕の内弁当を作る」
#5つ作って◯日にどこどこに届ける
#予算◯円
・お米を選ぶ、1袋買う、炊く、冷ます、
・小さめの塩鮭を5切れ買う、焼く、冷ます、
?弁当箱はどうする?ー使い捨てを買う(楽天の◯◯のこれがいいかも)
☆クウネルのお弁当本を買って参考にすると良さそう

お誕生日ステイで項目だけ書いて、毎月、毎週、気づいた時にこの作業をします。
良く「チャンクダウンする」とか、ハウツー本で言われる作業です。
大きな取り組みも、小さな取り組みの塊ですから、それを一つ一つほぐして取り組めば良いと。
なぜなかなか取り組めないのか、何がボトルネックなのかも明確になります。

お誕生日ノートにはないけれど、途中で付け加えたプロジェクトをご紹介。projectnote3 #役 とは、役割のこと。妻としての役割だよ、これは、という意味です。

主にバッハ君のビジネスシューズのお手入れに上達したいなーという。
なんかいろいろ書いてありますねぇ。
全然パーフェクトじゃなくても、これがあるだけで、実行力が高まります。

こんなことやって、毎月、毎週プロジェクト名を目に入れているだけでも、
無意識の領域に「これやらんとあかん!」と刷り込まれて行き、
関連情報も自動的に目に入って来るようになります。

でも、もちろん途中で飽きたり、行き詰まったりしますから、毎月見直します。
このプロジェクト、もうやらんでええんとちゃう?的に思ったら、
再び、80歳の理想の自分像や、ミッションステートメントを再度読んで、
取捨選択してみます。

お誕生日ノートとミッションステートメントは、聖書みたいなものですね、
判断に困った時、辛い時に寄るべき思想になります。答えはそこにある。
それを自分メイド持てるわけですから、めっちゃ心強くなります。

そして、お誕生日ステイの総仕上げそのニ。

■ 朝と夜のルーティーンワークを決める

櫻田は、朝と夜、やることと順番が決まっています。
頭がまだ回転していない朝、回転を落としたい夜、
やる事が決まっていると、何も考えずに事が運び、脳みそも身体もラクちんです。

ま、しょっちゅういろいろはしょりますけどね。
でも、絶対欠かしてはいけないことは←よく欠かしますけど

・ミッションステートメントを読む
・今月のプライオリティ(後述)を読む

です。
この頭がぼんやりした時間帯にこそ、無意識に刷り込むチャーンス!
自分の生きる方針と、今月やるべきことの字面を読むだけで、
努力しなくてもそれに自動的に近づいて行きます。脳みそってそういうものです。

無意識関連の自己啓発本は、掃いて捨てる程ございますが、
やはり、ナポレオンヒルの名著が全ての基本ではないでしょうか?
で、この朝と夜のルーティーンワークは、
ミッションステートメントカードの裏に書いてあり、
今月のプライオリティを書いた紙と一緒に保存してあります。

表:ミッションステートメント
missionstatement
裏:朝と夜のルーティーン
projectnote5 これはそのうち多分公開しますね〜

なお、あんまりびしっと決め過ぎると疲れますので、ほどほどにですが。

で、最後にお誕生日ステイの総仕上げそのサン!

■ お誕生日ノートを見直す

お誕生日ノートの見直しをします。
何か、整合性がないような、ちょっと雰囲気の違うことが書いてないかなー。
無理してないかなー、非現実的過ぎないかなー、現実的過ぎないかなー。

そうしたら、80歳の理想の自分像や、ミッションステートメントを再度読んで、取捨選択してみます。
一年の指針になりますから、ここはじっくり落ち着いて。

場所を変えて、少し時間をおいて、採点者的な客観的な視点で見直すと、
甘いところ、欲張りなところが見えて来ます。
お誕生日ステイの帰りの電車の中とか、チェックアウトした後のロビーとか、
作業を終えた後の、お疲れさまひとりご飯の時にやったり。



あぁ、長かったですね・・・・
櫻田は凝り性ですし、仕事もプライベートもすべてこれ一つで管理しているので、
ちょっと大げさな取り組みになっちゃっていると思います。
これは手段なのに、このシステムを回して行くこと自体が目的になっちゃってる部分も。

さらに、永遠に未完成ですので、少しずつブラッシュアップして行きたいと思っています。

次回こそ、マンスリーレビューについて語らせて下さい!
それから、ウィークリー、デイリー、と続きます。

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

櫻田式GTD★5. お誕生日の年イチレビューその2

ということで、お誕生日ステイ当日がやって参りました♪

7つの習慣&GTDの人生管理術★4. お誕生日の年イチレビューその1
#事前にやること、持物、お誕生日ノートの内容をご紹介しました。

1泊2日で意識することは2つ。

★ 頭に浮かんだこと、心がズキっとしたこと、思わず目を背けたくなったこと、
すべて「正直に」紙に書くこと。
心に淀んでいたことも、書き出すことで客観視でき、解決できる課題になります。

★ 自分を、日常、常識、役割、当たり前から、まずは解放すること。
メールや電話はもちろん断ちますし、いつもいる場所から自分を遠ざけたり。
長く時間が取れないなら、何回かに分けたり、自分に合った方法で。

1)一年を振り返る
2)ふわっと未来の自分に思いを馳せると、本当に望むものが見えて来る
3)具体的に未来をイメージし、マイルストーンを置く
4)今年取り組むべきプロジェクトを具体化する
5)今年の優先順位をつける
6)年間スケジュールに落とし込む

1)一年を振り返る

まずは去年のお誕生日ノートの振り返り。

・去年のお誕生日ノートを読み、結果を色ペンで書き込む。
・来年の私へ、に答える。

書き込んだり答えたりしていく中で、どんどん気持ちがあふれて来ます。
あぁ、あれできたな♪、あれはダメだったな、あれは楽しかったな・・で、同時に、

・お誕生日ノートの項目毎に、紙に書き散らす。
(今年の ◎と○と△と×だったこと総括、と、来年のわたしへは除く)

birthdaynotekokai1
お誕生日ノートの項目はこちら
7つの習慣&GTDの人生管理術★4. お誕生日の年イチレビュー

スケジュール帳、マンスリーノート、iPhoneの写真等、
日々の出来事や感情を思い出すきっかけになるようなものを眺めながらやってみたり。

もう一つのオススメは、立場を変えてみること。
母親目線で、パートナーの立場から、上司の、友人の立場から自分を見つめると、
また違ったことを発見したりします。

 



 

感謝する人は毎年だいたい変わりませんが、心を込めて感謝します。
その大切な5人に感謝していると、心が落ち着いて、そしてとても幸せな気持ちになります。
結局、自分のために感謝してるんですよ。でも、それでいい。
(団体でも、動物でも、故人でも、会った事のない有名人でも、物でも、何でもいいです)

birthdaynotekokai3 #これは愛の告白であって感謝ではないのでは・・・

人に心から感謝すると幸せになれます!ほんとに!だから、という訳ではないけれど、
恨んでいる両親にも、不満だらけのパートナーにも、感謝の気持ちを書いてみる。
本人に言えとか、具体的に行動に移さなくていいんです。でも、何かが変わります。
感謝しても何も失うものはありません。自分を肯定でき、幸せになるだけです。

ついでに、意地張って謝れなかったことも、ここでこっそり謝っておきます(笑)
こちらも、本当に謝らなくたってかまいませんので、素直になっておきましょう。

 



 

で、出し切った爽快感が出て来たところで、お誕生日ノートにまとめて行きます。
箇条書きでリストしていく感じです。

◎、◯、△、X、は、最後の総評、かな。
さらに、来年の私への問いかけを書いて終ります。

この問いかけが結構効きます。
過去の自分から未来の自分へのメッセージ!それも挑戦的な!←そうするかどうかはお任せ
半年後に読み返しても、ドッキリします。

今背筋が伸びてますか?とか、
貯金は◯円貯まりましたか?とかでもいいし(笑)

書く事に飽きたら、楽しい本を眺めたり読んだり、お散歩したりしてリラックス。
苦行ではありません。苦しいと思ったら、心が閉じちゃいます。

 

2)ふわっと未来の自分に思いを馳せると、本当に望むものが見えて来る

これが一番好きーーーーっ!

遮るものは何もありません、年齢も、お金も、外見も、健康も、家での役割も!
すべてを解放して書きます「死ぬまでにやりたい100のこと」何でも書いてやれっ!

birthdaynotekokai4 #ホテルのロゴ入り用紙に書くと良い思い出に。これは去年のパークハイアット。
#えぇ、毛穴はなくなりませんけど。

バカバカしいことでも、絶対叶わないだろうと思うことでも、
本当に何でもかんでも書きます。
#以下、今思いついた例で、櫻田のやりたいことではありません

・AERAの表紙を飾る
・アカデミー賞に招待されてレッドカーペットを歩く
・世界一周
・憧れのアイドルとデートする
・貯金1億
・農村で自給自足の暮らしをする
・結婚する
・自分のブランドを立ち上げる
・小説を書く
・ボクシングをやる

でもね、意外と20個くらいで止まっちゃうの。でも、ひねり出すの、100個。
ネットを使うとついついメール見て現実引き戻されちゃうから、我慢。

・買って来た本をぱらぱらめくってみる
・小さい頃の夢を思い出す
・手帳を眺める
・自分の憧れの人、好きな人を思い浮かべる
・ホテルのロビーで人間観察をする
・3億円当たったら何をするか考える

後は、今の役割を取っ払ってみたり「もし◯◯だったら?」と考えてみたり。

・男だったら?
・結婚してなければ?/ 結婚していたら?
・子供がいれば?/ いなければ?
・英語がペラペラだったら?
・すごい美人だったら?

で、せめて50個くらいできたら、そこからじっくり考えるんです。
自分は「本当は何が欲しいのか」を。
ひとつずつ、なぜ?を繰り返すと、見えて来るものがあるんです。

ときどき「手段」が「求めているもの」のように見えることもある。
夢をかなえる一番よい方法」リチャード・ブロディで本気になる

お金は手段で、本当に求めているものは違う何か、みたいな。

友達が100人欲しい←なぜ?←寂しがり屋だから←なぜ?←ひとりぼっちはイヤ←なぜ?Facebookのお友達が多い人はうらやましい・・・←なぜ?自分は少ないから周りからさみしい人って思われている気がする・・・

本当は寂しがり屋じゃなくて、見栄っ張りだからじゃね?とか。
でも、いいんです、見栄っ張りなんだから、見栄を張れるだけ素直に張れば良い!
いや、そうか、自分は大切な友達が1人いればそれでいいんだ・・・と気づいても良い!
そういう心の過程もちょいちょい書き込んでおくと面白い。

そうすると、人生でやりたいことは、いくつかにカテゴライズできることに気づきます。
それがその人が大切にしている価値観なんですよね。
タイトル付けて個数をランキングしたら、自分が見えてくるでしょう。←やってません(汗)
家族との繋がり、経済的な成功・物欲、向上心・・・何が一番偏って多いのか。
それを満たすような人生に舵取りすればいいんじゃないかと思います。

間違いとか正解とかはないし、誰かに見せるものでもないので、
ギラつく程の成功が欲しければ、素直にそれを認めた方がいいです。
それが本当に欲しいものではなかったら、来年のリストからきっと落ちるし。
そう、どうせ来年も書くのだから、気楽に気楽に。それで人生が決まる訳でもないし。

正しさや美しさを求めて心を閉ざさないで。

 

3)具体的に未来をイメージし、マイルストーンを置く

理想の80歳を描いて、それから、60歳・5年後・来年(ご自身の年齢に合わせて適宜)
2の作業が出来ていれば、意外とするっと出て来ます。
下書きを一度書きなぐってからお誕生日ノートに清書。
特に来年は、できるだけ具体的に書きます。

birthdaynotekokai5
2014年の櫻田の理想の80歳の文章は、こんな書き出しです。
シンプルに自分に似合うドレスを着る、シャキっとした美しいおばあちゃん。仕事は・・・家族は・・・休日は・・・趣味は・・・何を大切にしているのか。
横に「(島田)順子さんのようなおもてなし上手」なんてメモも。

自分のお葬式を想像するという、いろんな本に書かれていることもやってみたんですが、
なんとなく暗くなりがちなので、やめました。80歳の破天荒ばーちゃんを妄想する方が楽しい。

そして、マイルストーンを置くように、60歳、5年後、来年と書いて行きます。
マイルストーンとは、中間目標のようなもの。
80歳で国際的なおばあちゃんになっている(笑) というイメージだったら、
60歳で◯カ国は旅行しているとか、世界中に50人の友達を持っているとか、英語ペラペラとか、
5年後までに◯カ国は旅行してて、Facebookに世界のお友達が50人いて、TOEICは800点で、
来年はアメリカかタイに行って、TOEICは750点を取っているとか。

 

4)今年取り組むべきプロジェクトを具体化する

「プロジェクト」はGTD用語で、いくつもやることがある、大きな取り組みのこと。
「牛乳を買う」は、シンプルなやること、To do ですが、
「誕生日会を開く」は、日程調整、招待客、予算、案内出す、予約・・・
やる事がいっぱい詰まってます。これがプロジェクトです。

まずはさっき書いた来年のイメージを読んで、そこに含まれているプロジェクトを書き出します。
TOEIC750点を取るというプロジェクトとか、アメリカ行く!プロジェクトとか。

また、そういった壮大な人生の流れとは外れて、小さなやりたいこともありますよね。
それは、100リストなんかを眺めながら、定期的に運動する習慣を付ける、とか、
投資を始める、とか入れたり。今回書き散らした下書き用紙なんかをおさらいしながら。

そんなプロジェクトを沢山見つけたら、来年やりたいというものを、
プライベートと仕事とに分けて書きます。
去年は仕事:9個、プライベート:4個でした。

 

5)今年の優先順位をつける

ここで、7つの習慣の「重要事項を優先する」が出て来ます。
ちょっとお花畑状態の脳みそを現実に引き戻してみます。
時間は有限であり、体力には限界があり、さらに「役割」がある。
妻として、母親として、部下として、上司として、娘として、妹として、親友として・・・。

その「他者との関係」視点の優先順位を、順位が付けられないなら円グラフでも、
いつもないがしろにしがちな「役割」を敢えて1位にランキングしてみたりします。

そして「ミッションステートメント」を見直します。
missionstatement 「7つの習慣」12 総まとめ:7つの習慣とは?
http://sakuradakozue.com/7-habits-of-highly-effective-people-12/

まっさらな状態から作るのは通常一日がかりですが、
このお誕生日ステイプログラムをやっていれば、2,3時間でできるんじゃないかと!



さらに、さっき書いたプロジェクト、どれが突出して大切?
時間は有限なので、ここで少し調整します。
どれもやりたいけど、詰め込み過ぎるとどれも中途半端になるし、
頑張り過ぎると荒(すさ)みます。

絶対実現したいプロジェクトに○を付けたり、横に番号を書いたり。
最初からランキングで書いてもいいんですけど、
そうするとなかなか書き終わらないんで。

 

6)年間スケジュールに落とし込む

横に月を取って、プロジェクトを毎月達成すべきことに落とし込んでみます。
優先順位を意識して、頑張り過ぎないように、甘やかし過ぎないように。

birthdaynotekokai6
そして、来年はそこに実際できたか出来ないか書き込む訳です。怖い・・・。
あまり実現不可能なスーパースケジュールを入れると後悔します。

後は、なんか図解とか入れちゃったりとか、
好きなようにアレンジして、出来上がり♪
イラストが好きな方は絵をふんだんに使ってもいいですし。

お疲れ様でした!!!!
こんなに頑張った自分を褒めまくります♪



余談ですが、櫻田のこの方法はいわゆる左脳的な「KJ法」的やり方なんですが、

右脳的な「マインドマップ」的なやり方も同じようにできると思います。

100のやりたいことリストは、よく聞く「夢コラージュ」なんかでも良いと思います。
要は自分と向き合って、何が大切なのか分かればよいので。

 



 

自分を一つの会社と考えるっていう感じかなと思います。
年度はじめの社長の演説みたいな。

まずは去年の実績を振り返って反省したり自慢したりする。
そして、壮大なビジョンを語る!
(ベンチャーだとビジョンは合宿して皆でとことん話し合ったりしますよね)
そのための長期計画があって、中期計画があって、来年の計画があって。
来年こういう取り組みをするから、今後こうなって、長期計画で描いた通りになり、
いずれはビジョンが達成されるんです、みたいな。

きちんと会社のビジョンを作って、それを達成するための仕組みを持ち、実行すること。
もちろん、毎月の進捗確認も(営業会議みたいな)して行きます。

これって簡単に実行できることではないけれど、
簡単に実行できることには、人生を動かすパワーは生まれない。
ぐっと自分と向き合って、自分の本当の望みを意識化したら、
それを本気で達成する仕組を作って、どんどん実現してしまおう〜♪ 的な。

これをベースに、毎週・毎月、これの縮小版みたいなのをやってる訳です。

・毎年ーお誕生日に2日間
・毎月ー月末に3時間
・毎週ー週末に2時間

なんかかったるいし、そんな時間なんてない!って思われるかもしれないんですが、
これが、やり始めるとすごい効果を上げてくれるので、毎週末が楽しみになるくらいなのです。

それでは、次はマンスリー版の説明まいります☆

櫻田式GTD★4. お誕生日の年イチレビューその1
櫻田式GTD★5. お誕生日の年イチレビューその2
櫻田式GTD★6. お誕生日の年イチレビュー仕上げ

全体像はこちら

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

櫻田式GTD★4. お誕生日の年イチレビューその1

櫻田式人生管理術・・・あ、なんかイヤな名前ですね・・・
声に出して呼ぶ必要がなく、あれ、とか、あのノートのヤツって、日頃は思っていて。
今度もっとイケてる名前を考えたいと思います。

さてその、人生管理術をスタートさせるのに最も最適なのはお誕生日。
がっつり時間を取って、日常から離れて、心を解放し、自分の1年を振り返り、
棚卸しして、整理して、理想の将来を妄想し・・・1年間の自分の指針にします。

でも、いつだっていいんですよ。その日を記念日として毎年その日にやるでもいいし、
次の誕生日まで、次のお正月までという設定でやってもいいから。
毎年やる事、続けることが大切だと思います。

やることは毎年決まっていて、Evernoteに書き留めてあります。
クリックするとアカウント作成のページに飛びます。
#PCとスマホ等で同期するノートアプリです)
そのノートの一行目には、こう自分で書いていました。

「お誕生日ステイで1年を振り返り、頭の中のすべてを書き出し、未来を描く」

#書いてから気づきましたが、こう大上段に構えちゃうとスタートするのが大変!
#櫻田さんも最初は一週間スパンでスタートしたんじゃない?カッコ付けちゃって〜
#ということで、最初の一歩は「一週間」から、という記事も追々書かせて頂きます!

 

■ お誕生日ステイの事前準備一覧

というメモがEvernoteにあるので、毎年準備に悩んだり忘れたりしません。
この「仕組化」については、また後述したいと思います。すごくラク。

・2ヶ月前:日程を決めホテルを予約し(1泊2日) 家族に宣言し、必要なら有休を取る
・1週間前:当日のスケジュールを綿密に立てる
・前 日:4月末時点での「KPI(後述・一年の成績的)」を書き込む、本屋に行く

まぁ、ホテル選びが一番悩むんですけど。
今年は場所も決めて、後は日程だけです。

2016年:41歳のお誕生日ステイ2016レポ★ニューオータニ東京
2015年:40歳のお誕生日ステイ2015レポ★日光金谷ホテル
2014年:お誕生日ステイ2014@パークハイアット東京
2013年:お誕生日ステイ2013@小田原ヒルトン
2012年:恋する毛穴~太陽のRingではなくダイヤのRingが〜@帝国ホテル
2011年:恋する毛穴~Road to Ring4 誕生日~@インターコンチ溜池山王

一番最初に一人でお泊まりしたのは、ホテルモントレ銀座だったかなぁ。お手頃価格で。
それから、フォーシーズンズとか、インターコンチのどっかとか。
若くてお金のなかった頃は、ホテルなどには泊まらず、のんびりカフェでやってました。
いつからやってるんだろう・・・不明。

■ 持ち物

・お誕生日ノート
・お気に入りのボールペン

birthdaynote20142 #昨年の写真です。

・色ペン
・あったか靴下(ホテルは冷えることが多い)等防寒具
・気分がアガる室内着
・はさみ
・のり
・A4の紙20枚くらい
・一年分のGTDで使った資料と手帳
・一年かけて溜めたビジュアル切り抜きや読書メモ等

・前日&当日買う物

・美味しいオレンジジュース
・フルーツ
・お誕生日ケーキ
・5千〜1万円分くらいの本や雑誌。できるだけいろんなジャンルから。

一年に一度、本の衝動買い、ジャケ買いをして良い日です。
いつも選ばないジャンル、いつも行かない分野の、ピンと来た本を。
この時買った本が、櫻田を変える程の力を持ったことも。

持物についてはこんな感じです。
さて、時系列でやることも大方決まっていますが、
お誕生日ステイの軸はお誕生日ノートなので、その中味をご説明しますね。

■ 櫻田のお誕生日ノート全項目

うぉーーーっ恥ずかしい←誰も頼んでないっつーの

birthdaynotekokai1 #字が汚いことに気づいた・・・反省

・達成したこと/充実していたこと
・達成できなかったこと
・楽しかったこと/嬉しかったこと
・悲しかったこと/辛かったこと
・感謝する5人の名前とそれぞれに謝辞
・謝りたい人へ謝罪
・今年の ◎と○と△と×だったこと総括
・来年のわたしへ
・私の長所
・私の短所
・自分を100%とすると(仕事・家庭・趣味・・・等の割合、偏り過ぎないように)
・右上の欄外がKPI(年収・貯蓄額・ブログの総アクセス数、等)

birthdaynotekokai2
・80歳の自分がこうだったらいいなと思い巡らして文章にし、
それに到達するマイルストーンを、60歳、5年後、来年に置く感じで文章に。
・今年の優先順位
・プライベートのプロジェクトリスト(大きめの目標)
・仕事のプロジェクトリスト
・いろいろ思ったことを図解してみたり
・一年間の年表にやりたいことや達成しておきたいことを書いていく
(下が空いているのは、翌年にできたかどうか書き込むためです)
で、はい、KPIって何よっ!

■ 自分独自のKPIを持つ!

具体的には、年収、体重、読んだ本の冊数とか、数値にできる指標。
会社にお勤めの方だと、毎年、毎月、これに追われませんか?
KPIとか言ってる私、かっこいいわーって思って使ってます(笑)

KPI(Key Performance Indicator : 重要業績評価指標)とは、目標の達成度合いを計る定量的な指標のこと。目標に向かって日々業務を進めていくにあたり、「何を持って進捗とするのか」を定義するために設定される尺度。
http://e-words.jp/w/KPI.html

今年も私は頑張ったわ〜っていくら言ってみても、
本当に成果が上がって、将来の目標に近づいたのか、怪しい。
頑張った私を癒すのも大切だけど、本当に成果が上がっているのか、シビアに見つめたい。
じゃないと、疲れ続け、愚痴るだけで人生が終ってしまうから。

経済的な目標なら
・年収、副収入
・資産総額
・投資の成果

英語の上達が目標なら
・TOEICの点数
・受けたレッスン時間や回数

健康の維持が目標なら
・体重
・自炊した回数
・暴飲暴食した回数
・走った距離

ワークライフバランスなら
・取得した有給の日数
・残業時間
・旅行に行った回数

その他いろいろ目標に合わせて、
・寄付した金額
・開催したオフ会の回数
・セミナーや交流会に行った回数
・両親に電話した回数
・読んだ本の冊数
・楽器の練習時間や回数

もちろん、まず目標ありきなので、まずは何を目標とするのかを決めてから、
このKPIを決めて、必要であれば数値目標を作っておき、
毎年その結果をお誕生日ノートに書きます。

櫻田は3,4個しか記録していません。1、2個でも十分。続けることが大切。

そうすれば、目標に近づいているのか、遠ざかっているのか、毎年一目瞭然だし、
記録する必要が生じるので、日常的にその目標を意識することになります。
意識することこそが、目標に近づくコツですし♪

我ら女子はとにかく感覚で生きちゃうので、
こういうものを持っているといいんじゃないかと思って。

働いている、家計を管理しているなら、年収と貯蓄額は必須かなと思います。



あぁ、やっぱりすごく長くなってしまいました。すみません。
最後にきちんと、分かり易くシンプルにまとめ直したいと思います。

次回はお誕生日ステイ中に具体的にどういう順番で何をしているのか、
これまた事細かに追ってみます。

心を日常から解放するステップがとっても大切です!
今年も楽しみだな〜★

櫻田式GTD★4. お誕生日の年イチレビューその1
櫻田式GTD★5. お誕生日の年イチレビューその2
櫻田式GTD★6. お誕生日の年イチレビュー仕上げ

全体像はこちら

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること

櫻田は、年間約189時間を「これ」に費やしている計算になりました。1日換算30分位!
実際はサボったりしてるので、もう少し少ないですが、自分でもびっくりの長時間。
でも、これがない人生なんて、航海図のない船旅、クリープのないコーヒーです。

・毎年ーお誕生日に2日間(8時間×2)
まずは年に一回、理想を思い描く時間を取ります。全ての指針になります。

・毎月ー月末に3時間(年11回・お誕生日月は↑と一緒に)
・毎週ー週末に2時間(52週・月末は↑と一緒に)
そして、毎月、毎週、頭の中にあるものすべて書き出し、
理想に照らして取捨選択し、明日の自分を計画します。

・毎日ー夜に10分
また、一日を計画しないでスタートすることはしません!
なーんて言うのはウソで、たまにサボります。

今やっていることが、その選択が、20年後の、将来の自分を作るのだから、
理想を明確にして、それにつながるような事を選択し、積み重ねて行きたい。

 

これが正しい、これが絶対なんて思っていないし、
もっと効率の良いやり方があるはずですし、人それぞれだと思います。
そもそも何も考えないでリラックスして生きる方が良いかもしれませんしね。

■ で、年間約189時間もあんた何やってんの?

・ 毎年:年に一度のお誕生日レビュー (丸2日)

birthdaynote20143
一年の反省と次の一年のデザイン

ミッションステートメントを見直す
死ぬまでにやりたいこと100をリニューアルする
20年後等の理想の自分の生活を思い描き、
10年後、5年後、1年後・・とマイルストーンを置いて行く
この一年で達成したい、やりたいことを年表形式で書く・・・

毎年ホテルに1泊して、缶詰状態にして自分と向き合います。
大好きで大切な、とても大切な作業です。

櫻田式GTD★4. お誕生日の年イチレビューその1
櫻田式GTD★5. お誕生日の年イチレビューその2
櫻田式GTD★6. お誕生日の年イチレビュー仕上げ

・ 毎月:月に一度の月末レビュー 3時間

gtdpaper
今月の反省と来月のデザイン

反省月記を書き、やり残したことを確認。
ミッションステートメント、お誕生日ノート、100リストを読み、
来月、年間のスケジュールを確認して、自分の今を俯瞰。

で、現在の頭の中にあること全てを書き出し、取捨選択、分類し、
プロジェクトシート、マンスリーメモ、スケジュール帳にリストする。
今月のテーマや、やることのプライオリティを決める。

7つの習慣&GTDの人生管理術★7. マンスリーレビュー

・ 毎週:週に一度の週末レビュー 2時間

gtdvertical
今週の反省と来週のデザイン
月末レビューの週末版で、基本的にやる事は同じ。

櫻田式GTD★9.ウィークリーレビュー

・毎日:夜にその日のレビュー 10分

今日の反省と明日のデザイン
今日を振り返りつつ、明日何をするか計画する。
週末レビューでほぼ決まっているので、サクっと。

櫻田式GTD★10.デイリーレビュー

■ このシステムのために作っているもの

1. ミッションステートメント(行動指針みたいな、自分憲法みたいな)
2. お誕生日ノート(一年の振り返りと、未来の理想をスケッチ)
3. 死ぬまでにやりたいことリスト(欲望を解き放て!妄想は自由だ!)
4. プロジェクトシート(規模の大きいやることリスト)
5. マンスリーメモ(単純なやること・気になること・欲しいものとかリスト)
6. スケジュール帳(ずっとウィークリーバーチカル)

基本全部紙に手書きで書いてます。楽しいの。

gtdall


会社に勤めていると、こういうことやらされません?
上司に毎年「今年はこれにチャレンジします!」とか書いたり、
月次報告ミーティングで進捗を発表したり、
毎日営業日報書いたりとか、それを個人でやってる感じです。
形はどんどん変わっていますが、5年はこんな形です。



今の自分に不満なら、それは自分の選択と行動の結果で自分のせい。
そう考えれば、自分自身で変えられる。
次の選択で挽回することも、変えることもできる。
しょうがない、ことなんて、ない。

人のせい、環境のせい、顔のせい、被害妄想でいじけるより、
じゃあどうしたら良くなるのか、どうなりたいのか考えて生きる方が楽しい。
自分の人生は自分でデザインしたい・・・なーんて、ドヤ顔しながらぐりぐり書くといい感じです。

櫻田こずえはこうやって出来てるんです。
次回は、それぞれのプロセスをミクロに語らせて下さい。

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

櫻田式GTD★2.GTDの手順

昨日も2時間GTDに取り組んでおりました、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

毎週週末に、頭の中を全部吐き出して、それをグループにまとめて、
実行しやすい形にして、手帳等に書き込み、自分の翌週をデザインします。
そして、そのリストをこなすことが、自分の理想に向かって進むことになるのか、検証します。

2時間もかけんの? ほんと、何やってんの?

■ GTDを始めるには何が必要なんですか?

紙とペンだけです。
もちろん、パソコンでもスマホでもOKです。
GTD向けのアプリが沢山あるのですが、櫻田は苦手で。。手帳もアナログが好き。

あと、時間。櫻田は週に2時間、GTDの時間として確保しています。

えぇ、毎週2時間なんて、時間作れません・・・と思うんですけど、
今では忙しければ忙しい程、この2時間の週次レビューをしなくていい程ヒマじゃない!
って思います。

本は読まなくていいと思います。最初に読むと???って早速挫折するので。
まずはよくまとめられたサイトをいくつか見て、
良さげなサイトを先生に実行してみるのが良いと思います。
「GTD」でググれば、いくらでも日本語の解説サイトが出て来ます。

櫻田のおすすめは、櫻田も大変お世話になったこのサイトです。

写真でわかるGTD(初回編)(誠 Biz.ID)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0606/28/news097.html

■ で、いい加減GTDって具体的に何をするの?

することは5つ。

収集→処理→整理→見直し→実行

1 収集:頭の中にあるやるべきこと、やりたいこと、思うこと、すべて書き出す

gtdmemo #実際に今週使った全てをぶちまける用の用紙です。

もやもやした不安、やること、やりたいことをすべて吐き出してスッキリさせます。
心に浮かんだこと、頭で考えたことは、全部書きます。
あれもやらなきゃ、これも気になる・・そういうことが頭の中でモヤモヤしているから、
何から、何を、どの順番でやらなきゃいけないかが分からなくなるし、忘れる。

明確なやること、だけではなく、こんな服着たいなーっていう走り書きや切り抜き、
気になった言葉、いつかやりたいと思っていた事、人に優しくしよう・・とか、
ダイエットしなきゃなぁ・・とか独り言みたいなことでもなんでもいい。

とにかく頭の中にあること全て、全て書き出します。

ステップ1 「収集」(誠 Biz.ID)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0606/28/news097_2.html

2 処理:書き出した内容を分類し、リスト化する

・ゴミを捨てる
・義父の誕生日が近かったような・・
・京都に行く
・姿勢に気をつける
・ミキモトのパールを買う
・あのSHIHOが着てたワンピ可愛いな

こういう「レベル・種類の違うもの」がごちゃごちゃにあるから、いかんのですっ!
以下のようなものに、書き出したものを分類して、やることリストにして行きます。

・今すぐ実行できること
・時期が来たら実行すること
・時間がある時にすること
・沢山の「やること」に分解できること(=「プロジェクト」と呼びます)
・そもそも実行するものではないこと
・今やるではなくいつかやること・・・

まずは基本に従い、少しずつやりやすいようにカスタマイズして行きます。

例えば、おしゃまなアラフォーなら、オシャレ覚え書き、今季買うもの、っていうカテゴリー、
忙しいOLなら、仕事関係専用のカテゴリーを作ってもいい。

この分類をする時に「それを見て何をすれば良いかすぐ分かる」
レベルにしておくことが大切です。

ちょっとよく分からない「プロジェクト」とは「やること」に分解することができるもの。
それを読んでもすぐ行動できず、あれこれ考えちゃうことです。

例えば、「京都に行く」というプロジェクトは、
・ガイドブックを買う
・日程を決める
・ホテルを決める、予約する
・新幹線の時間を決める、予約する・・・・

リストに噛み砕くだけでも時間がかかる程、沢山のやることに分解できます。

「プロジェクト」に分類しておくということは、
次のアクションは「実行するために必要なアクション=やること」
に噛み砕くこと、となっているんです。

改めて、もっともっと具体例を挙げてご説明しますね。

ステップ2 「処理」(誠 Biz.ID)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0606/28/news097_3.html

3 整理:スケジュール帳やカレンダー、やることリストに、それらを入れる

2の分類毎に、実行するために最適な場所に、リストとして書いておきます。
基本的にはスケジュール帳ですね。
櫻田はさらに、1ヶ月に1枚、A4のコピー用紙を使って全てを分類してリストしています。

それがこの紙なんです。
gtdpaper
ステップ2 「処理」の実例と、ステップ3以降(誠 Biz.ID)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0606/28/news097_4.html

4 見直し

どんなに整理しても、リストはすぐぐちゃぐちゃ。新入りも入って来ます。
再び頭の中をひっくり返して、処理・分類し、整理する。
櫻田は毎週土曜日に、この作業を2時間かけて行っています。

これを「週次レビュー」と呼んでいます。

5 実行

は、説明不要です。そのままです。

全てがすぐに実行できるものとして、アクセスしやすい場所にリストされていますし、
すぐに実行する必要がないものは、今とりかからないものとして、まとめられていたり、
実行プランを立てる、というプロジェクトとしてリストされていたりします。

一週間、迷い無く「実行」に時間を使うことができる。
そしてそれが、今自分がやるべきことだと、自信を持って言う事ができる。
そんなリストができれば、充実した、実り多い一週間が過ごせると思いませんか?

まあ、言う程キレイに分類されてませんし、
毎日迷ったりブレたりするんですけどね。



ちなみに「GTDをやること」が目的になってしまったり、
リストを作ることで満足してしまったり、手帖を埋めることが目的、
みたいになりがちなのは要注意!といつも言い聞かせています。

では、ぼんやりした説明をいくら重ねてもよく分からないと思うので、
次回以降、櫻田が実行していることを、具体的に、細々とご紹介させて下さい。

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

櫻田式GTD★1.GTDって何?

7つの習慣」は櫻田さんが延々としつこく語ってましたけど、GTDって何?

英語3文字略語っていっぱいあるから、もうやんなっちゃうんですが、
GTD「Getting Things Done」の略です。
で、それって何よ、と。

「スッキリはかどる★やる事管理システム~いい感じに紙とかに書いとけ~」
(もの凄ーい意訳)

スッキリするんですよ頭の中が、いい感じに、これができると。
それで、やるべきことに集中できて、いろいろはかどって人生上手く行きます←誇張

って、何言ってんの?って感じですよね、すみません。

■ GTDとは

だいぶ前に流行った、ビジネスマン向け仕事管理術です。

・やること、やりたいこと、すべて書き出す。
・分類・整理してリスト化する。
・やる。
相当はしょりましたが、えぇ、こういうことです。
分類・整理、の方法論がこの「GTD」のキモです。

この「書き出す→分類・整理する」を、毎週土曜日やることが、
櫻田にとって、なくてはならない大切な作業です。

gtdpaper #必要なのは紙とペンだけ。
#去年の櫻田のGTDツールを並べてみました。1か月1枚。

忙しくて、やることとか気になることが頭の中にもやもやしてて、
それがストレスになって、イライラしたり、
やることをうっかり忘れたり、大切なことを先延ばしにした上に、
大切じゃないことに忙殺されてしまう、

ことがなくなる仕組みです。

パソコンの周りにライオンのたてがみように貼付けたポストイット。

gtdlion #一番下の付箋にPC等のパスワードが書いてあることが多い←ダメ、ゼッタイ

牛乳買う、請求書送る、京都行きたい、来週の飲み会の場所・・・
書いて貼っただけじゃどれから手をつけて良いのか分からなくなる。

牛乳買う、は、これでスーパー行った時に思い出せるのか?
京都行きたいってさ・・・言霊だけで実現する?
来週の飲み会の場所は、今見る必要はないし。

そういえば来週同期の誕生日だから、とりえず誕生日って書いて貼っておこう。
飲み会やるのかなぁ、プレゼントどうするんだろう・・あ、請求書作らなきゃ・・・
矢島さーん、櫻田商店にいつまでに送るんでしたっけ?え、今日中?聞いてないよー!

と、ならないようになるシステムです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Getting_Things_Done
「次に何をやるか」という予定やスケジュールの管理、作業する上でのモチベーションを 損なわないための体制作りなどが含まれる。心理的な負担を減らしながら個人の生産性を上げることを主眼とし、簡単な5つのステップを実行することによって 成し遂げたいことを現実にするメソッドである。基本はなすべき仕事のリストを何かに記録しておくことで、頭の中からなすべき仕事のことを追い出すことであ る。これで頭の中はすべき仕事全部を覚えなくてもよくなりすっきりとし、リストに基づき実際の仕事をこなすことに集中できる。

また、頭の良い方が、とても分かりやすく解説したサイトがいっぱいあるので、そちらをご参照下さい。

・Getting Things Done(GTD)まとめ ~誠Biz~
このまとめを印刷して教科書にしており、まだ持ってます。
http://bizmakoto.jp/bizid/gtd_index.html

・生産性アップの金字塔「GTD」の理念をおさらい ~lifehacker~
「物事を効率よく処理し、生産性を上げるためのシステム」
「ToDoタスクや優先事項、スケジュールなどを扱いやすく整理するメソッド」
http://www.lifehacker.jp/2014/04/140429gtd_basic.html

・GTD=物事がおこるままに身を任せていたのでは全くイケてない状況に陥ってしまうことが多いので、それよりもっといい方法で物事を成し遂げる」仕組み
GTD in 15 minutes – A Pragmatic Guide to Getting Things Done by Erlend Hambergの翻訳)
http://postd.cc/gtd-in-15-minutes/

■ 女性である櫻田こそ、こういうのやった方がいいと思って始めました

恐らく30,40代前後のサラリーマン男性に支持者が多いと思うんですが、
これって女性にこそ必要なシステムだと思ったんです。
共働きでも主婦でも独身でも、もっと効率的に作業をこなし、大切なことに時間を使いたいのならば。

なぜなら、男性の仕事って範囲が限られていて整理しやすいと思うんだけど、
女性って、仕事、家事、子供、旦那、近所付き合い、親戚付き合いと、
やるべきことの範囲がやたら広いし、細かくて、やる事の把握が大変。
で、うっかりトイレットペーパーを切らすし、私の時間がないっ!ってなりがち。

さらに、これは個人的、櫻田だけかもしれませんが、
そもそも頭が右脳的、感覚的だから、非効率になりやすく、左脳的なルールが必要だと思って。

■ 7つの習慣と合わせ技!

20代の頃にその著書を読んで少しずつ取り入れ始め、
今では、7つの習慣と合わせて、櫻田の人生の舵を取り、日々をやりくりしております。

・人生の舵取り優先付ー7つの習慣
・やる事管理ーGTD

櫻田流の「7つの習慣&GTDで人生管理術」を語らせてくれっ!
の、本日はGTDとは何ぞや、をやってるわけですが、まだよく分からないですよね。

そう、GTDって何なのか、説明するのがすごく難しい・・。
ということで、その手順を具体的に説明し、
櫻田が具体的にどうアレンジして取り入れているのか、次回以降、長々とお話しさせて下さい。
ちなみに、お誕生日ステイも、このシステムの一部です。

この組み合わせは王道みたいです。
成功は GTD と7つの習慣の出会うところにある? (Lifehacking.JP:堀 E.正岳さん)
http://lifehacking.jp/2008/02/balance-of-gtd-and-7habits/
#2008年の記事です。

それでは、ドヤ顔で語って参りますが、
ご興味のある方はおつきあい頂ければ幸いです。
櫻田はこれなしでは生きていけないくらい、大切にしているものです。

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です