タグ別アーカイブ: 日本文化

日本人のルーツを学ぶぜ!と古事記を読んだら「神様の恋バナ」メインで面白かった話

いつかどちらか読みたいと思っていた「日本書紀」「古事記」の、古事記を読んでみた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

「天真爛漫な神様達の、恋バナがメインのドラマ」で結構面白く、あっという間に読み終わりました。(あくまで櫻田の個人的感想です)

「日本のルーツを知っておきたい・・・でも、難しそう。」と思われる方にオススメしたく、軽い紹介や、タダで読めるサイト・便利なリンクなど書いて参ります。


日本という国がどのように始まったのか(何なら宇宙自体も)分かるんですが、もちろん神話ですし、えーこんなんでいいの?って感じですけどねw それは読んでのお楽しみ。

古事記ってそもそも何よ?

奈良時代に天武天皇の命で編纂の始まった、日本最古の歴史書だそう。

日本各地にバラバラと口伝される神話をまとめつつ、日本を支配するのはやっぱ俺たち天皇家だぜ!という正統性を知らしめるために作られたようです。

上・中・下巻とあるのですが、櫻田の読んだ本は上巻の神様の話を現代語訳にしたものでした。

上 巻:神様の話
中下巻:天皇の話(ヤマトタケルの話とか)

詳しくはこちらをご参照ください。

・ラノベ古事記:古事記とは
・島根県観光サイト:古事記の成り立ち

日本全国にまつられている神々の殆どが、この古事記、そして次にちょっとご紹介する日本書紀にに登場するそうです。

日本の神様辞典「やおよろず」

神社巡りも楽しくなりそうです!

・ちなみによくセットで語られる「日本書紀」との違い

古事記:国内向け。天皇の正統性。
日本書紀:中国とか海外向け。日本すげーと思わせるためで、古事記より詳細で長い。

これも、櫻田が改めて書くより、こちらをご参照ください。

・島根県観光案内サイト:古事記と日本書紀


バッハ君が上下巻持っていて、分厚くて読むの大変そうというイメージがあり、古事記も同じようなもんだろうと思って敬遠していました。

とりあえずあらすじをタダでサクッと知りたい方へ

サクサクとあらすじが読めます!実際に古事記の予習復習に読むのもオススメです。

・ラノベ古事記:古事記のあらすじ(10分未満で読めます)

古事記本編もすべてこのサイトで読むことができますが、本としても出版されています。

櫻田的古事記の感想

神様って、結構人間的じゃん!っていうか、人が神様をベースとしてるのか。ほんと、恋バナとか家族愛とかで、悩んだり落ち込んだり暴走したりの、人間、いや、神様ドラマです。

・結構短気で怒りっぽい神様が多いのねぇ
・かと思えば執着のないのん気な神様もいるわ
・色恋沙汰ばっかりじゃん
・下ネタ多いなw

ドラマにしたら、スケールが大き過ぎるゆえか、結構粗めの展開で、え?それでいいの?国譲っちゃうの?殺しちゃうの?やめちゃうの?といった勢いで、ちょっと強引なジェットコースター的展開になるので、退屈することもなく一気に読めました。

これは、現代語訳によって変わると思いますが。

また、イナバの白ウサギや、御柱祭(丸太で山を滑り降りる祭り)や、ヤマタノオロチとか、出雲大社の成り立ち等、ちょっと知ってる、名前だけ知ってることが、古事記の中の神様との関連で語られていくと、なんかちょっとした高揚感がああります。

あぁ、あれはそういうことだったんだ!って、読んでいて楽しいです。


あと、ナマコの口が裂けてるワケとか、上司が飲み会で繰り出しがちなどうでもいい豆知識なんかも(笑)

どの話も「どっかで聞いたことがある話だな〜」と感じられるのは、実際、日本で生まれ育っていれば、どこかで断片的に聞いているんだと思います。ナマコの話は初耳でしたが。

42歳で、改めて一つの流れとして読めて良かったなと思いました。

オススメサイト

■ とにかくタダで読みたい

・ラノベ古事記:トップページ(天皇記もあり)

・島根県観光案内サイト:古事記の神話(恐らく上巻の神話部分のみ)

■ 神様関係図&地図

・島根県観光案内サイト:古事記の世界構成(恐らく漏れなく網羅されている)

・ラノベ古事記:日本の神様 一覧(イラストで関係性が分かりやすい)

・よもやまセミナー:古事記に登場する主な神様の系譜(一枚で、神話の世界観もあってオススメ)

登場人物、いや、登場神様が結構多い上に、読みにくく覚えにくい・・・ので、こちらを片手に読むといいかもしれません。

ただ、神様が遡って再登場してくることはあまりないので、短い章単位で覚えていれば大丈夫だと思います。海外の長編小説のような「この人誰だっけ?」的混乱は生まれません。

また、リアルなゆかり地マップもありますよ!

・奈良県のサイト:古事記ゆかり地マップ(細か過ぎる!もの凄い充実っぷり)

・島根県観光案内サイト:古事記の舞台(島根限定だけど)

■ 原文も読んでみたい

古事記原文全て

まだ平仮名の生まれていない時代に書かれたものなので、漢文のような難しいものになりますが、現代語訳や漫画と比べながら読んでも面白いかもしれません。

古文調の訳で、かつ原文付きの本はこちらです。読みにくそうだけど・・・。


■ その他気になるリンク

・100分de名著:古事記はこんなにおもしろい(現代日本人の古事記の捉え方や関係の変遷)

・Wikipedia:古事記

紙芝居古事記「12,13歳までに民族の神話を学ばなかった民族は必ず滅びる!」とか!

古事記おじさん 応援したくなります!古事記を読もう!



最近、日本人のルーツとか、歴史とか、伝統とか、そういうものに興味が涌いています。

初めての相撲観戦は超ー楽しかったレポ@両国国技館
初めての歌舞伎座@東銀座〜なんだ歌舞伎って面白いじゃん!編〜
2015年秋:お伊勢参り〜鳥羽旅行レポ

外国人と話す機会が増えたからか、先の見えない時代・先の見えない自分に不安だからなのか、そういうお年頃なのか、単純にヒマなのか・・・しかしどれも面白いので、これからもどんどん触れて行きたいと思っています。

古事記をご紹介くださった方に感謝しつつ。
あ、新しい単位の人だ!

初めての歌舞伎座@東銀座〜グルメ&初心者情報編〜

42歳にして初めて歌舞伎の世界に足を踏み入れました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

いやぁ、楽しかった!

正直「日本人なのだから一度くらいは経験しておかなければ」的な、勉強、経験として考えていましたが、それは予想外にエンターテイメントテンコ盛りで、笑いあり涙あり、驚きあり感動ありの、心から楽しくてあっという間でした。

えぇ、3時間45分(休憩TTL50分含む)よ、でも、ビックリするぐらいあっと言う間よ!


七月大歌舞伎詳細 夜の部 4:45〜8:30を鑑賞しました

歌舞伎のチケットを棚ぼたで頂いた

一ヶ月以上前に「海老蔵さんの公演のチケットが手に入ったから一緒に行きましょう♪」と、敬愛する方にお誘いを頂いて、ずっと行きたいと思ってた歌舞伎に行くチャンスを棚ぼたで頂きました。

二つ返事で、というか前のめりでお返事してみたものの、はて、歌舞伎って何?


いや、それは美味しいやつ。


いやそれはプルプルになるやつ。

実は何も分かっていなくて・・・。

歌舞伎って何?掛け声ってかけていいの?成田屋って何屋さん?

っていうレベルでした、はい。

これから歌舞伎を見に行こうと考えていらっしゃる方は、このサイトで勉強されることを強くオススメしておきます。画像いっぱいで、情報が程よくマニアック。歴史から学べます。

歌舞伎へのいざない〜歌舞伎鑑賞の手引き〜

ちょっと内容が重いかなと思ったら、歌舞伎座を運営する松竹の公式サイトをどうぞ。

歌舞伎美人:歌舞伎座へ行こう!(松竹公式サイト)

ちなみに「成田屋っ!」の掛け声は、専属の方がいらっしゃるそう。

・Nikkei Style:歌舞伎の掛け声「大向こう」、飛び入りしていい? 

成田屋は何屋さんなの?北ウィング?南ウィング?←それは成田空港

成田屋 – Wikipedia

成田屋オフィシャルサイト

演目の内容は勉強しておくべき?

最低限、チケット購入すると同封されているチラシの裏にあらすじがあるので、それを「登場人物の名前」をキーに何度か読めばOKだと思います。到着してから開幕までの時間でOKですし、座席は真っ暗にならないので、公演中も読んで確認できます。


いや、意外と聞き取れるんですよ、歌舞伎役者さんが喋っていること。(当たり前なのかもしれませんが、素人櫻田はびっくりしました)

それに、見て聞いて感じるだけでも、十分楽しめますし。

でも、もっと楽しみたいならば、演目名でググれば、いくらでもあらすじやら、感想やら、果ては動画やら出て来るので、沢山知識を入れておいた方がいいと思いました。

普通の映画やミュージカルに比べたら、やはり分かりにくいので。

もちろん、イヤホン解説サービスとかもありますよ。

着物で行かなきゃダメですか?


和装の美しい方も多くいらっしゃいましたし、洋服でも華やかなお召し物の方が多いです。でも、櫻田の主観ですが、デニムじゃなきゃOKかなと思いました。(デニムの方も見かけましたが。)櫻田はワンピースにパンプスで行きました。

歌舞伎座オフィシャル:歌舞伎を観に行くときのお約束事ってあるの?

クラシックのコンサートに行く、という感じで。

観客が開場の雰囲気を作るものだし、日本髪に結った美しい方等が通ると、回りも思わず溜息です。櫻田も次回は和服で行きたい!って思いました。

歌舞伎座の夜の部、どんな感じの流れなの?ご飯は?

あくまで櫻田の場合ですが参考まで。

14:00前に東銀座に到着し、まずは歌舞伎座の隣りにある喫茶YOUで名物のオムライスを。

喫茶YOUの名物オムライス★チキンライスに覆い被さるでっぷりオムレツ福神漬け添え


東銀座はかなりのグルメスポット。アメリカンのサンドイッチ、銀の塔のシチューもオススメです(リンクは食べログ)

その後14:30過ぎに歌舞伎座に戻り、地下(地下鉄直結です)のお土産物売り場を練り歩いて、歌舞伎柄の金平糖を買いました。
(文化祭的な、屋台村的な雰囲気です。タリーズもありましたが、狭くて超満席でした)


イートインコーナーがあります。「歌舞伎茶屋」もう、そのままって感じです。軽食もあります。

この、隈取りっぽいアクセントがカワイ過ぎてソフトクリームを。恐らくお馴染みスジャータなので、普通に人工的に美味しいです。


歌舞伎揚げのお店が隣りにあり、歌舞伎あげが添えられたソフトクリームも!うーん、次回はこちらを!


さらに、開演直前は品切れも出るというので、あらかじめお弁当をゲット。種類が多過ぎて迷います。


そんなこんなで、30分以上経過し15時過ぎ。16時15分の夜の部開場まで時間があるので、隣りの巨大なプロント(歌舞伎待ちの女性が多数)でブログ書きながら待ちました。周囲は安いチェーン系から高級系まで喫茶店は豊富なので、時間をつぶす場所には困らないと思います。

ちなみに、地下のお土産売り場にはベンチがたくさんあるので、そこで待っていても大丈夫だと思います。直前は混むと思いますが。

そして、16:15 に開場したら、美しい着物姿のお客さんを観察しながら、席に着きます。芸能人ですか?っていうくらいキレイな方もいらして、眼福でした★

そして、公演は3部に別れていて、休憩を挟みます。

4:45-5:45<幕間 30分:座席でご飯タイム>
6:15-7:40<幕間 20分>
8:00-8:30

そう、幕間にお弁当食べるんです。皆さん召し上がってらっしゃいます。

事前に購入しておいた1,250円くらいの幕の内なんとか弁当を。


ボリュームたっぷり、美味しいおかずがちょっとずついろいろ、さらにスイーツ入で大満足。

あらかじめ館内のレストランを予約することもできるそうですが、何せ30分なので座席の方が落ち着くかもしれません。

生ビールやワイン等も売ってますよ。アルコールは眠くなるのが怖くて避けました。

食事回りやお土産売り場等の情報は、こちらをご参照下さい。

歌舞伎座オフィシャル:劇場はグルメ・お買い物スポット!



で、あの、歌舞伎、すごいよかったんですよ。

それを語ると途方もなく長くなるので、また明日書かせて下さい!

初めての歌舞伎座@東銀座〜なんだ歌舞伎って面白いじゃん!編〜