KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

北根室ランチウェイ、通称「KIRAWAY」を歩き通すことを、一生のやる事リストに入れている、歩きに行ったのに途中で折り返したチキン櫻田です。


レポートはこちらから:北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!

70km超のこの道、通行にお金はかからず、酪農家の皆さまがボランティアで整備してくださっているのですが、それも限界・・・と、先日、クラウドファンディングでその「KIRAWAY」を守りましょう!という企画があり、もう、大変お世話になったのでサポートに参加させて頂きましたところ・・・こんなオリジナルグッズを頂きました♪


酪農アート作家富田美穂さん原画の牛のバッグはかわいいし、てぬぐいはお弁当のお供にしようかと。

特に、写真集に感動しました・・・歩いた日の思い出が蘇ります。


 

櫻田は秋のはじめに歩いたので、こんな風景は見ていないけれど・・・なんて素敵な写真なんだろう!


↓こちらは櫻田の時ののどかな写真です。
#櫻田こずえと申します。

 

そして、星が降って来そうな夜空・・・懐かしい佐伯農場。


↓櫻田の撮った写真

 

あー!これもこれもあったー、写真撮った撮った!


 

懐かしいぃ・・・(櫻田の写真)


この写真集を開く度に、歩いていたときの感情、空気の色や草いきれのにおい、あたたかな交流や、圧倒的な孤独、自然との不思議な一体感・・・を鮮明に思い出すことでしょう。



そして、この牛のバッグや手ぬぐいを持っている、この道を歩いた人が、この日本に何人もいらっしゃるということも・・・なんだか不思議。

形に残るっていいなって思いました。

このバッグを持って街を歩き「何その牛可愛い〜」と話しかけられて説明したり、お弁当をこの手ぬぐいに包んで持って行き「何その手ぬぐい?」と聞かれて説明したり、マグカップを持ってたら「何そのKIRAWAYって?」と聞かれて説明し、世にKIRAWAYの、北根室ランチウェイの存在を広めるチャンスを作るツールにもなりますしね!

#あり得ないパターンが多いぞ

企画から発注、配送作業もそれはそれは大変だったと思います、ありがとうございました!

ということで、積極的にブログに登場させますね♪

恐らく皆さまも摺り込み効果によって、北海道70キロを歩いてみたくなるはず・・・・・っ!


道を整備して下さっている佐伯さんを始めとする酪農家の皆さまにも頭が下がりますが、ボランティアでこのような活動をされている「KIRAWAYを応援する会」のスズキ様に、改めて、お礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございます!

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る