「7つの習慣」10:7つの習慣演習ノート

7つの習慣は、読んだだけでは意味が無い!
無くはないけど・・・でも、読んだだけじゃもったいない!

でも、どうやって

・自分の「役割」
・自分の「ミッションステートメント」
・自分の生活に置ける「Win-Win」・・・

とかって考えていけばいいんだろう?
本にある章末のワークだけじゃ足りないな・・←っていうか実行してないし。
本を読んだだけで、分かった気になって、考えた気にになっているだけのような。

そう思ったらこの本です!

■ 7つの習慣のサブテキストとして読むのがオススメ!

もちろん、7つの習慣を読んで理解していることが前提ですが、
実は、平行して読み進めるのがオススメです。

本書は7つの習慣と同じ流れで書かれていますし、
さらに、分かりやすくエッセンスがまとめられていますので、
一度読んだだけじゃ理解しきれない7つの習慣を、
効率的に理解しながら読むための、副読本として最適。

さらに、演習をやりながら読めば、とても時間はかかりますが、
7つの習慣が本当に自分のものになると思います。
でも、本当に時間かかっちゃうので、
演習はさらっと読んでみて、読み終わってから集中的に演習する方が、
忙しい私たちには現実的かもしれません。

 

■ 考え込んじゃうようなのは、飛ばしながらでもいい!

ビジネスマン向け(かつ子持ち)、さらにアメリカ人の書いたものであって、
櫻田のようなお勤めしてないフリーランス、子なし、純ジャパ(死語?)
には、当てはまらない部分、答えにくいものもあると思います。

実は、最初は「ミッション・ステートメント」を作るためだけに買ったのですが、
やはりこれは全部やりたい!と思って現在取り組んでいます。

自分で考えて文章を書かなきゃいけない部分もありますが、
○を付けて集計して、現状を知るためのツールみたいなものも有ります。

先のことを考えるのは結構大変だけど、
現状のことを知るテストみたいな部分だけでもささっとやると、
自分を客観視できて、7つの習慣の視点から眺めることができて、
とても有効だと思います。

★ ハードルの高い、考えて書き込む系。
7habits_work2
★ サクッとできる、考え込まない系
7habits_work3


ちなみに、7つの習慣は、それを学ぶセミナーも高額で売られています。
それだけ、理解して自分のものにすることが難しいということ。

だから、一度読んだだけで理解できないのは当たり前、
自分のものになるのなんて、はるか先のことだと思います。
でも、一生かけても価値のある本だと櫻田は思っています。

「第五の習慣:理解してから理解される」

櫻田、コメントを下さった方がどんなお気持ちでその文章を書かれたのか、
それを理解せずに「櫻田も大変なのーそこんとこ理解してよー」
とか思って皆さまに甘えたりして、まだまだだなって思います。

「第四の習慣:Win-Winを考える」

コメントを下さった方も、お返事をする櫻田も、それを読んで下さる読者の方も、
皆がWin-Win-Winになるような、そんなお返事をできるように、日々精進!

何でそうしたいかって、それが結局自分にとって、最も良い結果をもたらすからです。

自分の持っているもの、そして皆さまから頂いたもの、
その最大限の効果を発揮して、外見も内面も美しい人になることができる。
一人でうじうじやっていたら到達できないレベルの美しさに。

そう考えると、ワクワクして来ませんか?
そう考えさせてくれたコヴィー先生に、感謝っ★