月別アーカイブ: 2016年2月

櫻田こずえの読書&マンガ歴★中学生編

頼まれてもいないのに、本とマンガ歴を語るシリーズ第二弾@中学生
もしかしたら、一番本を読んでいた時代かもしれません。

■ コバルト文庫で乙女オタク路線ばく進@中学生

この章は、コバルト文庫を読んでいた方と、
懐かしく喫茶店でお喋りするような感じで進めさせて頂きますので、
大多数の読まれた事がない方、ごめんなさい・・・。

で、藤本ひとみ先生のまんが家マリナ・シリーズにどっぷりハマりました。
登場人物の男性に、本気で恋してましたねぇ。

その名を、シャルル・ドゥ・アルディ、キャーーーーー☆←恋する中学生的な


シャルルと結婚するとか言ってたな。
当時これまた激しく好きだった、スウェーデンのポップデュオ「Roxette」の人とも結婚するって言ってたな。
なんか、好き=結婚する だったんだな、中学生の櫻田の頭の中(笑)

そうそう、愛と哀しみのフーガ。あぁ、よかったよねぇ、これ。
なんかこう、哀しみ、と書くか、悲しみ、と書くか、
そういうのに無駄に拘るのが好きになったきっかけかもしれません。

愛よいま、風にかえれも、良かったよねぇ。泣いた。
いろいろハマって調べてたら、出て来たんだけど、
巽のこの手紙覚えてる?結構覚えてたよ。涙なくして読めないよね。

藤本ひとみ著の愛よいま、風にかえれの 巽の手紙の・・(Yahoo知恵袋)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1024005860

そうそう、ひとりで読むなっていう、その、あれが、あうぅ・・。
あーでも、ストーリーの全容が思い出せない・・・でも泣ける(笑)


マリナシリーズだけで記事10本くらい書けるんだけど、次、行くね(笑)
マリナを語る会を開催したいくらいだわ。
和也はあんまり好きじゃなかったけど、美女丸も薫(女だけど)も好きだったわ。

藤本ひとみ:まんが家マリナ・シリーズ Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/まんが家マリナ・シリーズ

ちなみに、モザンビークっていうと、和也を思い浮かべますよね。



さて、2大勢力のもう一つは、ちょっと大人なシーンもあったような気がする、星子シリーズ。


宙太さんの「下唇を噛むキス」というものがどんなものか、
想像を巡らせてときめいた、まだキスもしたことがないローティーンだったわ。
キスされて痺れるって、どんなん?どんなん?みたいな。

ちなみに、表紙の絵がすごく好きで、この表紙の洋服を自分で作ったくらい。
今度実家で写真を探してくる。

「ひとり旅」と、その旅先で素敵な男性と出会うっていう設定。
旅情がまたいいんですよね〜ひとり旅なんて行けない年齢だったし。
そして、めちゃハイスペック男子に求愛され続けるという、少女マンガの王道ですからっ!

https://ja.wikipedia.org/wiki/山浦弘靖



氷室冴子先生も大好きで、「ざ・ちぇんじ」とか「なんて素敵にジャパネスク」とか、


特に好きだったのは「クララ白書」


「全寮制」っていうシチュエーションに憧れて、
そこの入寮テスト?(笑)で「電気フライヤー」(だったかな)の存在を知りました。
あと、後述しますが、ジェーン・エアや嵐が丘を読んだきっかけでもありました。



そうそう、背表紙の色だけで、作者が分かりますよね、今も(笑)
淡いピンクは氷室冴子先生だし、濃いピンクは藤本ひとみ先生!

そうそう、コバルト文庫を語る時だけ「◯◯先生」になる。
なんかそういうコバルト文庫ワールドがあったなぁ。
他にも、丘の上のミッキーの絵が好きだったとか。

コバルト文庫を語ろう
http://girlschannel.net/topics/200561/

本当はもっとあるんだけど、いい加減ここら辺で止めておきます。

■ 赤川次郎からアガサクリスティに移行@中学生

さて、推理小説の方は、赤川次郎に飽き始めて洋物へ。
名探偵ポアロとか、ステラおばさんのクッキーじゃなくて・・・ミス・マープルだ!
英国文化が背景にある文章にトキメキました。



櫻田がイギリス好きなのは、
もしかしたらこの頃に読んだ本の影響もあるのかなと、ふと思いました。
最初に行った外国で、1ヶ月の滞在が2回、最近は新婚旅行でも行きましたが、また行きたいっ!

■ 宇宙皇子でファンタジーに開眼@中学生

コバルト文庫でちょいとファンタジーに触れた影響か、
そっち方面に暴走し始め、最初にハマったのが、宇宙皇子。

定期テストであり得ない目標を掲げ「達成できたら20巻全部買って!」
と約束を取り付け、死にものぐるいで勉強し、無事達成して20巻ゲットしたのは、
中学生時代の懐かしい思い出です。


ふっかけて、にんじんをぶら下げ、自分をストレッチして行く、というのは、
この頃から身に付いた、櫻田の成長パターンなのかもしれません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙皇子

いのまたむつみさんの妖艶でファンタジーな絵も大好きでした。

同時に海外のSFものにも少しずつ手を出し始めました。
古本屋さんで、ジャケ買いしてましたねぇ。
何を買ったか全く記憶がない・・・。



と、まだ中学編は終っていないのですが、あまりにも長くなったので、また次回に!

読書&マンガ歴★小学生編
読書&マンガ歴★中学生編←今回
読書&マンガ歴★中学生〜高校生編
読書&マンガ歴★大学生編

ッシャッ★大人のチェロレッスン多分38回目

最近お料理する時の鼻歌テーマソングがガボットの、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

この2週間はほぼ「二人の擲弾兵」しか練習しなかったのですが、
その甲斐あってようやく合格♪
ようやくガボットに到達いたしましたのよ〜☆ッシャッ

ちなみに、「ッシャッ」ってのは、ヨシャッ!ってガッツポーズする時に、
本気で苦労して本気で嬉しい時に「ヨッシャッ」になった上で「ヨ」が消えた残りです。
なりません?←なりません

ガボットは優雅でキュートで好きな曲なので、練習にも力が入るし、
音に表情をつけるのも無理なくできそうなのですが・・・
難関がいくつかあって、まだまだそれどころではありません。

■ 「16分音符スラー&ダウン&移弦を克服する方法

そうなんですよ、三重苦を背負っているんです。ダウンの移弦が苦手です。

gav1
レッスン中に先生から特訓を受けました。

・左手で音をコントロールする訓練

まずはいつぞやにも先生に教えて頂いた、
2つのリズムを繰り返し繰り返し弾く訓練。

cello_gav4
#音量にご注意下さいませ。


何度もやってると、左手の指の上下をコントロールできるようになるんです。
これで音の粒が揃って来ます。
10回ずつやっただけでも、音が変わって来て、レッスン中にッシャッ!ってなりました(笑)
先生ありがとうございます。

しかし今回は早いだけじゃないっ!なので、さらに猛特訓。

・苦手な移弦部分を部分的に2音だけで部分練習する

gav2
音を分解して集中的にやり、単品が仕上がってからまとめるという方法。
特に「2」、そして「2」から「3」のダウンの移弦!
そうなんです、2つの音だけ、でもできないことが、
流れのなかで出来るワケがないんですよね。

これを地味にやった後、通しで弾いた時の自分の音の変化に、軽く感動できます。ッシャッ!

 

■ 開いた形から戻る時が難しい

左手の話。
「開いた形」で基準の親指を移動させ、元の位置に戻る時に、
開放弦の音だから、空中でもとに戻らなくてはいけない上に、
次の音は隣りの弦だから、隣りに移らなきゃいけない上に、
さらに前打音も付いてると来た!

忙しいっつーの!

gav3
全ての基準となる「親指」を元の位置に戻せば、
全ては丸く収まるはずなんだけれど、ウロウロしてなかなか定位置に戻らず・・・。
移動した位置ですぐ音が出せると、正確な位置に移動したかの確認ができるし、
それができないのが、ツライのです。

隣りの弦に人差し指を移動させて、そこを基準に整えて行く、かな・・・。
ひたすら繰り返し練習中です。

■ 自分の演奏を正面から録画してみた

自分の演奏は時々録音していますが、録画してみて大笑い。
何が大笑いって、口が動いてるんです。

・簡単なところ・・口は微妙に開き気味
・難しいところ・・口が開く
・すごく難しい・・口が開いてもごもご動くw

バッハ君に見せて、2人で大笑いでした(笑)
ちょいイケメン先生にこんな情けない表情を見せているのか・・・・(笑)
っていうか、一度「口の形」で笑われたような気もするし(笑)

また、弦をおさえる左手が、必要以上に指板から離れてしまっているのも、
改めて確認しました・・・。

cellosorotte2 cellosorotte3
真上にそろえて、そして、指板から離れ過ぎない。
じゃないと、早く弾けないし、位置が狂ってしまうんですよねぇ。

あぁ、分かっちゃいるのに!

ということで、音だけですが、本日練習前のガボットをあげておきます。
レッスン中の特訓で、16分音符がこれでも少し上達しています。

#音量にご注意下さいませ。



前打音がダメだったり、たどたどしいスタッカートだったり、間違えたり、
やり直したり、そりゃぁもう大変です。
ガボットが合格した時に、また録音してアップすれば、その変化に全米が泣くはずです。

ちなみに、録音機材(iPhoneですが)は今は譜面台の上に乗せていますが、
少し離して録音すると、音が少しマトモになるようで、次回チャレンジしてみます!

2015年秋:お伊勢参り〜鳥羽旅行レポ

ちょっと昔話になりますが、
昨年秋に、初めて伊勢神宮にお参りに行って来ました。
内容は、伊勢神宮最高!という話と、壮大なノロケです。

isetoba2 #伊勢市駅から歩いて外宮を望む

■ お誕生日旅行2015は伊勢神宮&鳥羽

毎年恒例のバッハ君との秋の国内旅行は、櫻田からのお誕生日プレゼント。
去年はバッハ君のかねてからのリクエストで、お伊勢参りして来ました。

2014年は京都でした。http://sakuradakozue.com/2014kyoto/
過去には、箱根や伊豆へ。


■ 東京からやたらと行きにくい、だからこそのお伊勢参りか!


東京からの交通の便があまりよろしくないのです。
名古屋経由で、接続も入れると3時間半近くかかってしまう。
それも、同じ経路をJRとローカル線が走っていたり、
経路を把握するのに少し時間がかかりました。

isetoba9
伊勢神宮近辺の宿は微妙だったり混雑していたので、
”松坂牛”の松坂でビジネスホテルに前泊して、
朝からゆったりとお伊勢参りし、夜は鳥羽まで移動して宿泊する、2泊3日の旅行でした。

isetoba11
■ 2拝2拍手1拝、2拝2拍手1拝、2拝2拍手1拝・・・・

伊勢神宮の中では写真はほとんど撮らず、
ゆっくりと歩いてまわりながら、ひたすらお参りしました。

境内空気が澄んでいると言うか、かーんとしていると言うか、気持ち良い。
ひたすら歩いて、ひたすら2拝2拍手1拝を繰り返し、ひたすら感謝の気持ちを捧げました。

御神前では「感謝の心」、「おかげさまの心」を捧げてお参りください。
http://www.isejingu.or.jp/visit/manner/index.html

お恥ずかしいのですが、昔は「お賽銭を入れて、願いを叶えてもらえる所」的な考えでした。
だから、何をお願いしよう?あれもこれも、どれにしよう?
と欲が出て来て、心が余計落ち着かなかったのです。

しかし、少し前に何かの本で「神社は感謝をするところ」と聞いて以来、
根本的な所で間違っていたことを知り反省。
それ以来、気持ちよく、まっさらな気持ちで参拝できるようになりましたが、
お正月くらいだったんですよね、お参りをするのは。

手水や2拝2拍手1拝も、だんだんと自分のリズムや感覚が掴め、
身体に馴染み、それは、茶道の「型」のような心地よいルーティーンで。

一心不乱に参拝し続けると、心が整って行くのを感じました。

■ 親切な方ばかりでやさしい気持ちに

お参りしている方も、伊勢神宮の方も、皆親切で優しい方ばかりでした。

櫻田がうろうろしていたら、職員の方が声をかけて下さって、
マンツーマンで説明して頂きながら、案内をして頂く機会に恵まれました。
ご近所で生まれ育ち、お若い頃からずーーーーっとここにいらっしゃるという方で、
のんびりとお話しできて、それはそれはあたたかい時間でした。

何か苦しい時、つらい時、悲しい時、そして嬉しいことがあった時も、
伊勢神宮の方向に向かって、手を合わせてみて下さい。

この言葉がとても心に残り、今でも時折手を合わせます。
南西に向かって、心の中に伊勢神宮の境内を思い出しながら手を合わせます。
たまに、あ、方向間違えたってこともあるのですが・・・。

また、櫻田は木の幹が好きなのですが、境内の木はきっと神聖だから、
触ったりしてはいけないのかなと戸惑っていたところ、
「どうぞどうぞ、抱きついて下さい(笑)」とのことで、
思う存分巨大なご神木に張り付いて来ました♪

■おかげ横町はアミューズメントパーク

旅行の80%くらいは食の楽しみだったりしますが、
その辺り、伊勢神宮は素晴らしい!!!

伊勢神宮外宮の最寄り駅から内宮までの道には、
露天やテイクアウトのお店が沢山ありましたし、

isetoba1 #お参り前に早速アイスクリームを食べてます

何より一番の←コラ 楽しみは、内宮の隣りにある「おかげ横町」

isetoba3
さながら食のテーマパークになっていて、若干ディズニーランド化していますが、
裏はこんなほのぼのとした風景。

isetoba4
お参りも終えたのでアルコールも解禁!
ビールに松坂牛串焼き、コロッケ、揚天、赤福、串団子・・・・

isetoba5
う〜ん、また来たい!←お参りに来たいのか、食べに来たいのか・・・どっちも!


■ 鳥羽の夜


参拝後はバスで鳥羽まで移動し、鳥羽国際ホテルに宿泊しました。
夜ごはんは地元の味を満喫したいと、小さなお鮨屋さんへ。

isetoba6
ここの大将がすーーーーーっごく素敵な方で、会話も楽しいし、
そして何より、お料理がとーーーーーっても美味しかったのです。

isetoba10
もちろんそれは、大将の腕、目利き、素材の新鮮さゆえなのですが、
カウンターでお話ししながらオーダーして、私たちのために料理をして、握って下さる。

「魂を込めて作られたお料理は、なんと美味しいのだろう。」

そう思わせるお料理の数々でした。

isetoba7
櫻田:また来ます!
大将:それまで生きてるかな〜(笑)


■ 神様に祝福されているような幸福感


飲んで食べてお腹いっぱいでホテルに戻った二人は、

isetoba8 #チェックイン後夕方の、お部屋から望む景色

鳥羽国際ホテルのレポートは→こちら

・一日中歩き回って心地よい疲労感がある
・目的を果たした達成感がある
・ホテルが快適過ぎ、景色が良過ぎる
・美味しいご飯でお腹が満たされている
・美味しいお酒でほろ酔い
・旅先での人との触れ合いで心もゆたか

そして何より、こんなすばらしい旅を、
大好きな人と一緒に心から楽しんでいるという、この状況が堪え難いほど幸せで、
「お腹いっぱい〜苦しい〜」とふたりで部屋でごろごろしている時、
人生で感じたことがないくらい、全身に広がって高揚する幸福感に包まれて涙が出ました。

なーんて、東京に帰ってから友人におのろけたら、
それは「神様から祝福されたのよ!」と言われて、
なんだかよく分からないけれど、妙に納得しました。

神様、ありがとうございました!
これからも二人で仲良く、感謝し合って生きていきます!

■ 東京に戻ってからも続くお伊勢参りの御利益

神様に守られている感覚と、それに感謝する気持ちを持つことが、
自分を少しだけ強くしてくれたように思います。

神社があったら自然とお参りして、すっと「型」に入り心を落ち着けることができる。
苦しい時も、伊勢の方向に向いて、生きていることに感謝すると、心がほぐれる。

そんな思わぬ御利益を頂いた、お伊勢参りでした。

櫻田こずえの読書&マンガ歴★小学生編

櫻田こずえです、本が好きです、皆さまごきげんよう!

先日実家に帰った時に、残してある自分の本棚がすごく懐かしくて、
(それも、自分でペンキで色を2,3回塗り替えた、古い本棚)
そういれば、昔からどんな本を読んでいたっけ・・と思って、
この記事を書き始めてみました。

bookhisotry
本は大方、20代半ばだったか家を出る時に処分してしまったのだけれど、
これはどうしても・・・というのだけ残してありました。
断捨離はできないものばかり。

ということで、記憶の限り、レッツ遡ってみます!

■ 読書の始めは赤川次郎@小学生

三毛猫ホームズ・・・あぁ、懐かし過ぎるのに、2015年に最新版が出てる!
50作目だって、赤川先生すごい!
書き続けるとか、歌い続けるとか、長く続けるって無条件伏尊敬です。


この装丁の感じが記憶に残っています。

amazonレビューとか、ネットの書評なんてなかったですよね。
ひたすら、本屋、古本屋でタイトルと表紙と、パラパラした感じで買っていたから、
ジャケ買い的に、表紙はすごく大切だったのかもしれません。

何がきっかけか覚えていませんが、恐らく、学校か近所の図書館で出会ったのでは。
それまでは、子供向けの本しか読んでいなかったと思うのですが、
推理小説の、大人びた、そしてめくるめく展開にハマりました。

さ、三姉妹探偵団が、こんな今風に!

櫻田はこっちです・・。
このKADOKAWA講談社だった(笑)の細長いやつシリーズ懐かしい。バブルの頃だったイメージが。

ちなみに、櫻田のベストは「アイスキャンディー」です。
「充ち足りた悪漢たち」という本の中の短編なのですが、
子供が高利貸しをするというストーリー。
「高利貸し」→「氷菓子」→「アイスキャンディー」というオヤジギャグタイトル。

小学生には、ハイセンスなネーミングと感じたことでしょう。


毒をあまり感じない先生の作品の中では、少し異色かもしれません。

後は「死者の学園祭」も記憶に残っています。
図書館や古本屋で、片っ端から読んでいましたね〜。
夢から醒めた夢とか、セーラー服と機関銃とか有名ですね。

平易な言葉と分かりやすい展開ですっと読め、
読んだ後に変な気持ちが残らない、二つの意味で人に優しい本。
また、登場人物の人柄が素敵で、シリーズで読みたくなる。

読書の楽しみを教えてくれました。

■ ときめきトゥナイト ポニーテールは振り向かない 星の瞳のシルエット等

マンガを買ってもらえなかった櫻田家ですが、
友達の家で「りぼん」をいつも読ませてもらっていました。

真壁君に恋したよね。


懐かしい・・・イライラするんだけど・・・・あぁ、なんでまたすれ違いっ!
司君もいいやつなのに!!!でもやっぱり久住君だよね。

■ 母のお下がり「赤毛のアン」

母も活字を読んでいれば幸せなタイプで、
テレビで大好きだった赤毛のアンの本があるよと言われて、
でも、字が小さかったか、ふりがながなかったか、記憶違いか、
単行本を買ってもらって読みふけっていました。


切妻屋根の家ってどんな家なんだろう?
赤毛の女の子ってどんな子なんだろう?

もちろんアニメでは見ているし、表紙に切妻屋根の家はあるんですが、
それとは全く別の世界を頭の中に展開して読んでいました。
いつかプリンスエドワード島に行って、湖を見て小道を歩きたいと思っていたな〜。

マリラが留守の時に、髪の毛を真っ黒に染める薬を買ってしまい、
髪が変な色になって、髪を短く切ったシーンが、すごく心に残っています。
もう私の人生は終わり!とばかりに悲しむアンの悲劇っぷりがまた。

そう言えば、小学校の通学路に、ひよこを売るおじさんいたな・・・あと、へんちくりんなおもちゃとか。


ダイアナのヘアスタイルに憧れたことを思い出しました。
ずっとおかっぱだったけど。

妄想力や想像力は確実についたけど、
それが何の役に立つのか・・・脳内暇つぶしは得意、かな。

いつもケンカをしていた子と結婚するというパターンに、
確か当時いつもケンカをしていたけどちょっと好きだったのに、
中学校は私立に行ってしまった男の子のことを思い出します。

キュンッ

ということで、中学生編へと続く・・・。

読書&マンガ歴★小学生編←今回
読書&マンガ歴★中学生編
読書&マンガ歴★中学生〜高校生編
読書&マンガ歴★大学生編

「スカイクロラ」森博嗣★日常から離脱したい時

先日実家に帰った時に、どうしても捨てられなくて残してある本を、
久しぶりに眺めていて・・・1冊連れて帰って来てしまいました。

skycralwer1
パトレーバー、攻殻機動隊、うる星やつら映画版などで有名な、
押井守監督が映画化した「スカイクロラ」の原作です。


あぁ、櫻田が頭の中で描いていたクサナギさんは攻殻機動隊のクサナギさんに近かったし、
カンナミはもう少し細くて神経質な暗い顔をしているはずだったのに・・・
となりがちなので、愛する本が映画化するのは苦しいものですね。
でも、音とか空気感の設定は、想像を越えて素晴らしく感動しました。


と、映画のことは置いといて、原作を。



未来なんだか過去なんだか分からない、戦争がビジネスとして行われる世界。
「キルドレ」と呼ばれる永遠に生きる人間「カンナミ」の語りで物語は進みます。

優秀な戦闘機パイロットとして働いている「カンナミ」と、
同じくキルドレである女性上司「クサナギ」との関係を軸に展開するのだけれど、
ねっとりとした心理描写ではなく、淡々とした会話や客観的で冷めた描写が、
ゆったりと、でも、静かなドミノのようにカタカタと続いて行きます。

静物画のような情景描写から、少しずつそれぞれの感情がはみ出て来て、
戸惑い、疑問、開放、ためらい、衝突・・・そして導火線に火をつけるヤツがいて、
最終章へとドミノが倒れ込んで行く様は、さすが森先生的軽快で緻密な展開。

実戦パイロットという職業柄、常に「死」と隣り合わせで、
そしてキルドレという寿命のない人間という設定からも、
「死」ということが繰り返し語られるのだけれど、息苦しさはありません。



不思議な透明感のある世界で、風が止まっているような、
不気味なくらい穏やかな空気が流れている。
こう、心の温度はあまり感じられない中で、心の機微が描かれていて、
それは、大好きなEdward Hopperの絵のようで、


カポーティの静かで不思議な、ちょっとファンタジーな短編のようで、
(と言っても、もう、10年くらい読んでないので、どんなだったけな・・・)

詩的で絵的で、とにかく、どこまでも美しく澄んでいる、大人のファンタジー小説です。
あぁ・・・な結末ですが、それでも後味はすっきり爽やか。
その世界観にずっと留まっていたくて、何度も読んでしまう本。

日常から自分を切り離して、ふわっとファンタジーの世界へ。



なお、森先生の緻密な展開や、謎解き的な部分は、
5巻全てを読むことで堪能できます。そう、シリーズなのです。

特に、結末であるスカイ・クロラが最初に発行されており!?
経緯や背景が分からない、あまり説明されないまま進んでいるので、
続編を読み進むにつれ「あぁ、そういうことだったんだ!」の連発です。

物語の時系列ではこの順番だけれど、発行順は番号の通り。
ほぼリアルタイムで購入したので、スカイクロラから読みました。

②『ナ・バ・テア』
③『ダウン・ツ・ヘヴン』
④『フラッタ・リンツ・ライフ』
⑤『クレィドゥ・ザ・スカイ』
①『スカイ・クロラ』

Wikipediaなど読むと、あらすじ分かります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/スカイ・クロラシリーズ

skycralwer2 #イクリプスは番外編的
#偶然後ろにカポーティが!

しょんぼり★大人のチェロレッスン多分37回目

ガボットの超早い16分音符に苦戦している、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

右手の弓はスラーなので大丈夫ですが、
左手の動きがどうしても早くなりません。
なお、これに移弦が加わると、右手も忙しくなり、大パニックでテンポがさらに落ちます。

ということで、スパルタ的に、もう、この2小節だけずーっと繰り返していました。
そしたら左手首が痛くなりました(笑)

gav1
#特に4→2が機敏に動かない。

でも、やっぱりなかなか早くならないと、
自宅で左手を指板の上でパタパタさせてた時に、
バッハ君に「早くならないよー。16分音符弾けないよー。」
と、八つ当たりをしていたら、

まずは弾ける早さでメトロノームつけて、
弾けたら1つずつテンポを上げてみたら?
自分のテンポでやってたら、指はずっと限界を超えないと思うよ。

ぎゃーーーーーーーっ!なんという含蓄のある言葉!

「人生に必要な知恵はすべてバッハ君に教わった」という本を書きたい位、
#幼稚園の砂場のバッハバージョンです←ネタが古過ぎる
バッハ君に沢山のことを教わっていますが、
これまた大ヒット、全米が泣きそうです←泣きません。

自分のテンポでやってたら、櫻田はずっと限界を超えられない。

何かをずっと続けることの尊さもあるけれど、
目標を持って自分に負荷をかけなければ、
限界を越えてその目標に到達することはできない。

でも、できるところから始めて、気付かないくらいの負荷曲線だったら、
気付いたら、無理なく限界を越えられているかもしれない、楽器に限らず・・・。
そんなふうに思った夜でした。

バッハ君、ありがとう。マジ尊敬してます。

尊敬と言えば、いつもお手本にしているRachel Xuさん!




な〜んて、ガボットを練習して意気揚々とレッスン行ったさ、たぶん37回目。
でさ、実はまだ一つ前の「二人の擲弾兵」が☆貰えてなかったんですよ。
(合格すると番号に☆をつけてもらえる♪)

でも、もう3回目だし、ちょっと自信もあったし、次で☆だろ、と、練習ではさらっと。
新曲のガボットの方が曲が好きだから、ガンガン練習してたんですよ。
あ、だいたいいつも2曲課題曲を与えられるんですけど。

で、先生の前でとりあえず「二人の擲弾兵」を弾くわけですよ。
そしたら、ぜんっぜん弾けなくて、自分でも情けなくなるくらい弾けなくて、
ただ、泣きたくなるの・・・・、という感じで、
弾き終わった後は、もう、ごめんなさい!ごめんなさい・・・。

ガボットばっかりやってから・・・←言い分けは聞きたくありません!

「二人の擲弾兵」にいろいろと、沢山、山ほどご指導を頂き、
ガボットを披露する時間はないままタイムアップ。
あぁ、あぁ、あぁ・・・(笑)(笑)(笑)

しょんぼりと肩を落として家に帰り、バッハ君に報告したら大笑いされました(笑)
がんばったのにねっ(笑)、弾けなかったね(笑)

ということで、本日は擲弾兵練習しました。

・曲にストーリーを、特に強弱をしっかりつける。
・自分で作曲しない(四分音符を八分音符にしたりしてる)
・暗譜しろコラ!
・前半は音を繋げること



ちなみに、イケメン先生曰く、ガボットの16分音符を早く弾くにはコツがあるそう。
先に教えて欲しいんですが、時間もないし、意地悪だし(笑)、教えてくれませんでした。
次のレッスンが楽しみです。