月別アーカイブ: 2015年2月

櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること

櫻田は、年間約189時間を「これ」に費やしている計算になりました。1日換算30分位!
実際はサボったりしてるので、もう少し少ないですが、自分でもびっくりの長時間。
でも、これがない人生なんて、航海図のない船旅、クリープのないコーヒーです。

・毎年ーお誕生日に2日間(8時間×2)
まずは年に一回、理想を思い描く時間を取ります。全ての指針になります。

・毎月ー月末に3時間(年11回・お誕生日月は↑と一緒に)
・毎週ー週末に2時間(52週・月末は↑と一緒に)
そして、毎月、毎週、頭の中にあるものすべて書き出し、
理想に照らして取捨選択し、明日の自分を計画します。

・毎日ー夜に10分
また、一日を計画しないでスタートすることはしません!
なーんて言うのはウソで、たまにサボります。

今やっていることが、その選択が、20年後の、将来の自分を作るのだから、
理想を明確にして、それにつながるような事を選択し、積み重ねて行きたい。

 

これが正しい、これが絶対なんて思っていないし、
もっと効率の良いやり方があるはずですし、人それぞれだと思います。
そもそも何も考えないでリラックスして生きる方が良いかもしれませんしね。

■ で、年間約189時間もあんた何やってんの?

・ 毎年:年に一度のお誕生日レビュー (丸2日)

birthdaynote20143
一年の反省と次の一年のデザイン

ミッションステートメントを見直す
死ぬまでにやりたいこと100をリニューアルする
20年後等の理想の自分の生活を思い描き、
10年後、5年後、1年後・・とマイルストーンを置いて行く
この一年で達成したい、やりたいことを年表形式で書く・・・

毎年ホテルに1泊して、缶詰状態にして自分と向き合います。
大好きで大切な、とても大切な作業です。

櫻田式GTD★4. お誕生日の年イチレビューその1
櫻田式GTD★5. お誕生日の年イチレビューその2
櫻田式GTD★6. お誕生日の年イチレビュー仕上げ

・ 毎月:月に一度の月末レビュー 3時間

gtdpaper
今月の反省と来月のデザイン

反省月記を書き、やり残したことを確認。
ミッションステートメント、お誕生日ノート、100リストを読み、
来月、年間のスケジュールを確認して、自分の今を俯瞰。

で、現在の頭の中にあること全てを書き出し、取捨選択、分類し、
プロジェクトシート、マンスリーメモ、スケジュール帳にリストする。
今月のテーマや、やることのプライオリティを決める。

7つの習慣&GTDの人生管理術★7. マンスリーレビュー

・ 毎週:週に一度の週末レビュー 2時間

gtdvertical
今週の反省と来週のデザイン
月末レビューの週末版で、基本的にやる事は同じ。

櫻田式GTD★9.ウィークリーレビュー

・毎日:夜にその日のレビュー 10分

今日の反省と明日のデザイン
今日を振り返りつつ、明日何をするか計画する。
週末レビューでほぼ決まっているので、サクっと。

櫻田式GTD★10.デイリーレビュー

■ このシステムのために作っているもの

1. ミッションステートメント(行動指針みたいな、自分憲法みたいな)
2. お誕生日ノート(一年の振り返りと、未来の理想をスケッチ)
3. 死ぬまでにやりたいことリスト(欲望を解き放て!妄想は自由だ!)
4. プロジェクトシート(規模の大きいやることリスト)
5. マンスリーメモ(単純なやること・気になること・欲しいものとかリスト)
6. スケジュール帳(ずっとウィークリーバーチカル)

基本全部紙に手書きで書いてます。楽しいの。

gtdall


会社に勤めていると、こういうことやらされません?
上司に毎年「今年はこれにチャレンジします!」とか書いたり、
月次報告ミーティングで進捗を発表したり、
毎日営業日報書いたりとか、それを個人でやってる感じです。
形はどんどん変わっていますが、5年はこんな形です。



今の自分に不満なら、それは自分の選択と行動の結果で自分のせい。
そう考えれば、自分自身で変えられる。
次の選択で挽回することも、変えることもできる。
しょうがない、ことなんて、ない。

人のせい、環境のせい、顔のせい、被害妄想でいじけるより、
じゃあどうしたら良くなるのか、どうなりたいのか考えて生きる方が楽しい。
自分の人生は自分でデザインしたい・・・なーんて、ドヤ顔しながらぐりぐり書くといい感じです。

櫻田こずえはこうやって出来てるんです。
次回は、それぞれのプロセスをミクロに語らせて下さい。

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

櫻田式GTD★2.GTDの手順

昨日も2時間GTDに取り組んでおりました、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

毎週週末に、頭の中を全部吐き出して、それをグループにまとめて、
実行しやすい形にして、手帳等に書き込み、自分の翌週をデザインします。
そして、そのリストをこなすことが、自分の理想に向かって進むことになるのか、検証します。

2時間もかけんの? ほんと、何やってんの?

■ GTDを始めるには何が必要なんですか?

紙とペンだけです。
もちろん、パソコンでもスマホでもOKです。
GTD向けのアプリが沢山あるのですが、櫻田は苦手で。。手帳もアナログが好き。

あと、時間。櫻田は週に2時間、GTDの時間として確保しています。

えぇ、毎週2時間なんて、時間作れません・・・と思うんですけど、
今では忙しければ忙しい程、この2時間の週次レビューをしなくていい程ヒマじゃない!
って思います。

本は読まなくていいと思います。最初に読むと???って早速挫折するので。
まずはよくまとめられたサイトをいくつか見て、
良さげなサイトを先生に実行してみるのが良いと思います。
「GTD」でググれば、いくらでも日本語の解説サイトが出て来ます。

櫻田のおすすめは、櫻田も大変お世話になったこのサイトです。

写真でわかるGTD(初回編)(誠 Biz.ID)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0606/28/news097.html

■ で、いい加減GTDって具体的に何をするの?

することは5つ。

収集→処理→整理→見直し→実行

1 収集:頭の中にあるやるべきこと、やりたいこと、思うこと、すべて書き出す

gtdmemo #実際に今週使った全てをぶちまける用の用紙です。

もやもやした不安、やること、やりたいことをすべて吐き出してスッキリさせます。
心に浮かんだこと、頭で考えたことは、全部書きます。
あれもやらなきゃ、これも気になる・・そういうことが頭の中でモヤモヤしているから、
何から、何を、どの順番でやらなきゃいけないかが分からなくなるし、忘れる。

明確なやること、だけではなく、こんな服着たいなーっていう走り書きや切り抜き、
気になった言葉、いつかやりたいと思っていた事、人に優しくしよう・・とか、
ダイエットしなきゃなぁ・・とか独り言みたいなことでもなんでもいい。

とにかく頭の中にあること全て、全て書き出します。

ステップ1 「収集」(誠 Biz.ID)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0606/28/news097_2.html

2 処理:書き出した内容を分類し、リスト化する

・ゴミを捨てる
・義父の誕生日が近かったような・・
・京都に行く
・姿勢に気をつける
・ミキモトのパールを買う
・あのSHIHOが着てたワンピ可愛いな

こういう「レベル・種類の違うもの」がごちゃごちゃにあるから、いかんのですっ!
以下のようなものに、書き出したものを分類して、やることリストにして行きます。

・今すぐ実行できること
・時期が来たら実行すること
・時間がある時にすること
・沢山の「やること」に分解できること(=「プロジェクト」と呼びます)
・そもそも実行するものではないこと
・今やるではなくいつかやること・・・

まずは基本に従い、少しずつやりやすいようにカスタマイズして行きます。

例えば、おしゃまなアラフォーなら、オシャレ覚え書き、今季買うもの、っていうカテゴリー、
忙しいOLなら、仕事関係専用のカテゴリーを作ってもいい。

この分類をする時に「それを見て何をすれば良いかすぐ分かる」
レベルにしておくことが大切です。

ちょっとよく分からない「プロジェクト」とは「やること」に分解することができるもの。
それを読んでもすぐ行動できず、あれこれ考えちゃうことです。

例えば、「京都に行く」というプロジェクトは、
・ガイドブックを買う
・日程を決める
・ホテルを決める、予約する
・新幹線の時間を決める、予約する・・・・

リストに噛み砕くだけでも時間がかかる程、沢山のやることに分解できます。

「プロジェクト」に分類しておくということは、
次のアクションは「実行するために必要なアクション=やること」
に噛み砕くこと、となっているんです。

改めて、もっともっと具体例を挙げてご説明しますね。

ステップ2 「処理」(誠 Biz.ID)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0606/28/news097_3.html

3 整理:スケジュール帳やカレンダー、やることリストに、それらを入れる

2の分類毎に、実行するために最適な場所に、リストとして書いておきます。
基本的にはスケジュール帳ですね。
櫻田はさらに、1ヶ月に1枚、A4のコピー用紙を使って全てを分類してリストしています。

それがこの紙なんです。
gtdpaper
ステップ2 「処理」の実例と、ステップ3以降(誠 Biz.ID)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0606/28/news097_4.html

4 見直し

どんなに整理しても、リストはすぐぐちゃぐちゃ。新入りも入って来ます。
再び頭の中をひっくり返して、処理・分類し、整理する。
櫻田は毎週土曜日に、この作業を2時間かけて行っています。

これを「週次レビュー」と呼んでいます。

5 実行

は、説明不要です。そのままです。

全てがすぐに実行できるものとして、アクセスしやすい場所にリストされていますし、
すぐに実行する必要がないものは、今とりかからないものとして、まとめられていたり、
実行プランを立てる、というプロジェクトとしてリストされていたりします。

一週間、迷い無く「実行」に時間を使うことができる。
そしてそれが、今自分がやるべきことだと、自信を持って言う事ができる。
そんなリストができれば、充実した、実り多い一週間が過ごせると思いませんか?

まあ、言う程キレイに分類されてませんし、
毎日迷ったりブレたりするんですけどね。



ちなみに「GTDをやること」が目的になってしまったり、
リストを作ることで満足してしまったり、手帖を埋めることが目的、
みたいになりがちなのは要注意!といつも言い聞かせています。

では、ぼんやりした説明をいくら重ねてもよく分からないと思うので、
次回以降、櫻田が実行していることを、具体的に、細々とご紹介させて下さい。

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

櫻田式GTD★1.GTDって何?

7つの習慣」は櫻田さんが延々としつこく語ってましたけど、GTDって何?

英語3文字略語っていっぱいあるから、もうやんなっちゃうんですが、
GTD「Getting Things Done」の略です。
で、それって何よ、と。

「スッキリはかどる★やる事管理システム~いい感じに紙とかに書いとけ~」
(もの凄ーい意訳)

スッキリするんですよ頭の中が、いい感じに、これができると。
それで、やるべきことに集中できて、いろいろはかどって人生上手く行きます←誇張

って、何言ってんの?って感じですよね、すみません。

■ GTDとは

だいぶ前に流行った、ビジネスマン向け仕事管理術です。

・やること、やりたいこと、すべて書き出す。
・分類・整理してリスト化する。
・やる。
相当はしょりましたが、えぇ、こういうことです。
分類・整理、の方法論がこの「GTD」のキモです。

この「書き出す→分類・整理する」を、毎週土曜日やることが、
櫻田にとって、なくてはならない大切な作業です。

gtdpaper #必要なのは紙とペンだけ。
#去年の櫻田のGTDツールを並べてみました。1か月1枚。

忙しくて、やることとか気になることが頭の中にもやもやしてて、
それがストレスになって、イライラしたり、
やることをうっかり忘れたり、大切なことを先延ばしにした上に、
大切じゃないことに忙殺されてしまう、

ことがなくなる仕組みです。

パソコンの周りにライオンのたてがみように貼付けたポストイット。

gtdlion #一番下の付箋にPC等のパスワードが書いてあることが多い←ダメ、ゼッタイ

牛乳買う、請求書送る、京都行きたい、来週の飲み会の場所・・・
書いて貼っただけじゃどれから手をつけて良いのか分からなくなる。

牛乳買う、は、これでスーパー行った時に思い出せるのか?
京都行きたいってさ・・・言霊だけで実現する?
来週の飲み会の場所は、今見る必要はないし。

そういえば来週同期の誕生日だから、とりえず誕生日って書いて貼っておこう。
飲み会やるのかなぁ、プレゼントどうするんだろう・・あ、請求書作らなきゃ・・・
矢島さーん、櫻田商店にいつまでに送るんでしたっけ?え、今日中?聞いてないよー!

と、ならないようになるシステムです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Getting_Things_Done
「次に何をやるか」という予定やスケジュールの管理、作業する上でのモチベーションを 損なわないための体制作りなどが含まれる。心理的な負担を減らしながら個人の生産性を上げることを主眼とし、簡単な5つのステップを実行することによって 成し遂げたいことを現実にするメソッドである。基本はなすべき仕事のリストを何かに記録しておくことで、頭の中からなすべき仕事のことを追い出すことであ る。これで頭の中はすべき仕事全部を覚えなくてもよくなりすっきりとし、リストに基づき実際の仕事をこなすことに集中できる。

また、頭の良い方が、とても分かりやすく解説したサイトがいっぱいあるので、そちらをご参照下さい。

・Getting Things Done(GTD)まとめ ~誠Biz~
このまとめを印刷して教科書にしており、まだ持ってます。
http://bizmakoto.jp/bizid/gtd_index.html

・生産性アップの金字塔「GTD」の理念をおさらい ~lifehacker~
「物事を効率よく処理し、生産性を上げるためのシステム」
「ToDoタスクや優先事項、スケジュールなどを扱いやすく整理するメソッド」
http://www.lifehacker.jp/2014/04/140429gtd_basic.html

・GTD=物事がおこるままに身を任せていたのでは全くイケてない状況に陥ってしまうことが多いので、それよりもっといい方法で物事を成し遂げる」仕組み
GTD in 15 minutes – A Pragmatic Guide to Getting Things Done by Erlend Hambergの翻訳)
http://postd.cc/gtd-in-15-minutes/

■ 女性である櫻田こそ、こういうのやった方がいいと思って始めました

恐らく30,40代前後のサラリーマン男性に支持者が多いと思うんですが、
これって女性にこそ必要なシステムだと思ったんです。
共働きでも主婦でも独身でも、もっと効率的に作業をこなし、大切なことに時間を使いたいのならば。

なぜなら、男性の仕事って範囲が限られていて整理しやすいと思うんだけど、
女性って、仕事、家事、子供、旦那、近所付き合い、親戚付き合いと、
やるべきことの範囲がやたら広いし、細かくて、やる事の把握が大変。
で、うっかりトイレットペーパーを切らすし、私の時間がないっ!ってなりがち。

さらに、これは個人的、櫻田だけかもしれませんが、
そもそも頭が右脳的、感覚的だから、非効率になりやすく、左脳的なルールが必要だと思って。

■ 7つの習慣と合わせ技!

20代の頃にその著書を読んで少しずつ取り入れ始め、
今では、7つの習慣と合わせて、櫻田の人生の舵を取り、日々をやりくりしております。

・人生の舵取り優先付ー7つの習慣
・やる事管理ーGTD

櫻田流の「7つの習慣&GTDで人生管理術」を語らせてくれっ!
の、本日はGTDとは何ぞや、をやってるわけですが、まだよく分からないですよね。

そう、GTDって何なのか、説明するのがすごく難しい・・。
ということで、その手順を具体的に説明し、
櫻田が具体的にどうアレンジして取り入れているのか、次回以降、長々とお話しさせて下さい。
ちなみに、お誕生日ステイも、このシステムの一部です。

この組み合わせは王道みたいです。
成功は GTD と7つの習慣の出会うところにある? (Lifehacking.JP:堀 E.正岳さん)
http://lifehacking.jp/2008/02/balance-of-gtd-and-7habits/
#2008年の記事です。

それでは、ドヤ顔で語って参りますが、
ご興味のある方はおつきあい頂ければ幸いです。
櫻田はこれなしでは生きていけないくらい、大切にしているものです。

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

大人のチェロレッスン7回目★曲を弾く前にため息つくのはやめましょう

前回のレッスン後「レッスンを月に2回にしたい・・・」と、
早速やる気失速気味だった、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

練習は週一回、二時間弱を公民館で、って決めているのだけれど、
練習していても、次はレッスンだと思うと、早く上手く弾かなきゃって焦っちゃって、
落ち着いて練習できないから隔週なら・・・などという言い訳。

それって、自分の気持ちの持ち方を変えない限り、また同じことになると思うの。
次は月一回でいいや、とか・・・。

で、今回のレッスンでも学んだことが沢山ありました。

 

■ 曲を弾く前にため息つくのはやめましょう!

先生の前で弾くのって、とても緊張しちゃいますよね。
ついつい肩に力が入って、間違えちゃいけない、上手く弾かなきゃいけない・・・って。
緊張するから深呼吸しようとするんですけど・・・

櫻田さん、曲を弾く前にため息をつくのはやめましょう♪

って(笑) やだっ、確かに毎回、深呼吸じゃなくて、ため息ついてるわ、ワタシ(笑)

これから音楽を奏でようって人が、ため息ついてちゃだめよね、
そんな気持ちで弾いても、良い音は出ないし、上手く弾けない!
なんか、失敗することを予言しているようなもんじゃない!

それって、ビジネスやスポーツ、日常生活でも同じ事が言えますよね。

人は自分が思い描いた通りの結果しか得られない。
失敗するな、怖いなって思っていたら、失敗するし、良い音が出るワケない!
自分の頭の中で悪い方に誘導しちゃってるんですよね。

 


 
緊張や不安をつくり出しているのは、自分自身であって、
レッスンではパーフェクトに弾けないといけない!
という思い込みがあるから、不安な気持ちが募ってレッスンが辛くなる。
→自分のペースで、できたところまでを、チェロの音色を楽しみながら弾けば良い!

 

■ Dolce:甘く優しく・・・弾こうとする気持ちが大切

今回の課題曲の最後の曲は元気な曲だったんだけれど、
途中4小節だけ「Dolce:甘く優しく」弾く部分があります。
しかし、全体を元気に弾くこと、しっかり正確に左手を押さえること、
きちんと音を出すことで精一杯で、
その、Dolceの所はとりあえず弾くだけで流しちゃってました。
だってもう精一杯なんだもん←言い訳

もちろんレッスンでそれを指摘されて、
では、その4小節だけを弾いてみましょうということに。
少しだけ、なめらかに、優しく弾けたかな・・・と思っていたら、

いいですよ、意識しただけでも音が変わりましたよね。
まだ櫻田さんは甘く優しく弾くテクニックを教える段階にはないけれど、
意識するだけでも全然違うし、むしろ、意識して弾く事が大切なんです。

それって、ビジネスやスポーツでも同じ事が言えますよね。
こんなふうに成功したいという自分を思い描いてビジネスを起こす、
優雅に踊る自分を思い描いて、フィギュアやダンス等の本番に挑む。

あぁ、なんて楽器を学ぶって奥深いのかしら←自己陶酔

キレイな音を出さなきゃ!という切迫感を感じているより、
どんなふうに弾きたいのか(を意識しろと前も言われた:汗)意識する方が、
よっぽどキレイな音が出る。

今回は「レッスンで上手く弾かなきゃ!」という気持ちが強く、不安で、
いつもより練習時間を増やしちゃいました。
でもそれは、仕事の時間を減らしているわけで・・。

不安ではなく向上心として、これを機会に練習の時間を増やしたってもちろんよいし、
それは自分の優先順位であって・・・と、また考え過ぎる櫻田こずえでした。

こずちゃんリラックスしてがんばってね〜。

エンディングノートを買いました

もうすぐ40歳になる、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
平均寿命的には、ようやく人生の折り返し地点です。まだまだです。

なんですが、両親に買っていたこのエンディングノート、
自分とバッハ君用にも購入しました。



ずっと自分達の分も書いておこうと思っていたのですが、
まだ死ぬ気はないしな・・・って(笑)ついつい後回しに。
突然という場合があるこそなんですがっ。

でも、そういう時じゃなくても、もしもの時(紛失・火事・病気)に、
こういうリストがあったら役に立つんじゃないかなと思って、
そういえばエンディングノートを書けばいいじゃんって思い出して。

生きている間にも使えそうな項目が沢山。

・銀行口座について
・保険について
・クレジットカード・電子マネーについて
・口座自動引き落としについて
・重要な連絡先について(家族・親族一覧)
・ペットについて
・医療・介護について
・葬儀・お墓について
・相続について
・自分の基本情報
・有価証券・その他資産について
・不動産について
・携帯・パソコンについて
・借入金・ローンについて
・年金について
等(アマゾンの商品説明より)

家族ではなくて、行政書士等に作業を依頼しておくこともできるみたいです。
「死後事務委任契約」等と言われるみたいで、ググると沢山出て来ます。



ending2 櫻田、ID&パスワード、ショッピング~ブログアカウントまで、100個以上あるんですが、
中には自動更新で課金されるものなんかもありますしね。

これは大昔ネットで話題になったな・・・
僕が死んだら…
http://bokugashindara.softonic.jp/
ending3 もし突然死んで家族が「僕」のPCを立ち上げた時、
僕が死んだら・・というアイコンがデスクトップに置かれていたら、
遺言に違いない!と思ってダブルクリックしますよね。
表向きはその通りの遺言的メッセージが表示されるのだけれど、
本当の目的は、バックグランドで指定したフォルダ等のデータが削除されるという仕組み。
もちろんそのフォルダには、18禁的なデータや、浮気のメールやら・・・(笑)



一番気になっていたのは、自分が交通事故等で突然死んだら、
このブログはどうなるんだろう、どうやって皆さまに伝えようか、ということ。
突然何かあったら、このブログをどうしたいのか、
このノートに意思表示しておこうと思っています。



一番の問題は、これをどこに保存しておくかということです・・・
クレジットやID(パスワードは別管理ですね)等もありますし、ねぇ。

自分の「ものさし」で生きなさい

行き詰まっていた時に、さっと神様が差し出してくれた本。
迷うことなく、自分の「ものさし」で生きなさいって。
偉人・賢人が書くことがことごとく似通っているのは、
同じ思想だったり、同じ師に学んでいたり、同じ本を読んでいたり、
もちろんお互いの本を読んでいたりする訳ではなくて、
真理は一つだからなんだなーと思う。

自分のものさしを見つけ、磨き、信じよう。
自分に責任を持ち、自由になるために。
 



 
酒井さんは、ごく普通、いやご本人曰く「どん底だった」人生から、
超人的な比叡比叡山・千日回峰行を2回(400年で達成は3人)満行した僧侶。

地球一周分歩くって、何それ!(naverまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2136301251941537201


まず表情が、その笑顔が柔和で美しくて、
仏様が本当にいたら、こんなお顔なんだろうなぁ、と思う程で。

対談のお相手は、村木厚子さん。
突然、郵便不正事件に巻き込まれ、身に覚えのない罪で逮捕・勾留された方。


もう、お二人の身の上話を伺うだけで、恐れ多くありがたい気分になる。
でも、ものすごい不幸や不運から学びました、立ち直りました、という話を聞くと、
えぇ私は普通の人生ですから・・とどこかで思ってしまう自分もいる。

人には、その人がどうにか乗り越えられるくらいの、
困難や不幸が与えられる(困難も成功も、その人の器)と聞きます。
でも、誰にとっても、困難や不運の大小は関係なく、それらは修行で、
そこに意味や学びがあるものであって。

酒井さんはそれを、仏様に人生の論文を書かされている、と表現され、
人生に無駄なことは何一つないと仰る。

どんな困難も、自分が少しでも酒井さんのお話を理解し、村木さんの強さを理解し、
真理に近づくために必要なことであって、そんな機会を得られるのはラッキーなんだ。
そう考えるようにしていこうと思う。

ま、日々愚痴ってるんですけどね!
 

■ 自分から変わる

どんな人でも、他人はみんなお師匠さんだ

そう思っても、いざその場(不快な人に出会う等)に身を置くと、
私は悪くない!相手が悪い!と思ってしまう。
その度にこの言葉を唱えよう。

人の文句を言うより、まずは自分の取り組む姿勢を変えてみたらどうかな。
まずは自分のほうを変えてみることは大事かもしれません。

7つの習慣で言えば、インサイドアウト、ですよね。まず自分から変わる。

櫻田レビュー:「7つの習慣」9:再びインサイド・アウト 

おかしな上司、面倒な同僚、不満だらけのパートナー、自分勝手な親。
相手が悪いと誰もが思うような状況でも、
そう思っている限り自分の幸せが相手次第になってしまう。

自分がすべて悪いと卑屈になるのは違うけれど、
自分の問題と捉えれば、自分次第で解決できる問題になる。
自分のものさしで生きることができる。
 

■ シンプルに、目の前のことに集中しよう

櫻田は、ついつい問題を複雑化させたり、難しくしてしまうことが多い。
でも、シンプルに考えることは、とってもとっても大切なことだって、
この本を読んで再確認しました。

そして、このままじゃダメだとか、もっと新しい方法を考えなきゃと思う前に、
今目の前にあることにただただ集中してみる。

それは大きなことじゃなくても、コップを磨くこととか、
お茶を丁寧に淹れることとか、心を込めてご飯を作ることとか。

「頑張っているのに報われないなあ」と思うときほど、小さなことをコツコツ続けてみたらどうかな

必死で頑張るというよりね、決めたことをまんべんなく、飽きずに続けていくことが肝心なんじゃないかな。

とにかく今、目の前にあることを解決するのに集中して、余計なことにはこだわらないようにしている

精神的にごちゃごちゃしていたり、自分で自分の心をややこしくするようなことをしていると、余計に行き詰まってくるから表情も悪くなる。だけど、心にわだかまりがなければいつだって穏やかな顔でいられるから、老けないんだよね。

本線を見据えて、それ以外のことにはこだわらない

「シンプル」に考えることの重要性、そのパワーを語った本は多い。
今度はそういうテーマで本を読んでみようかな。



■ 磨いて磨いて、磨いて磨いて

最後に、この言葉がとても印象に残りました。

人間は磨いて磨いて、磨いて磨いて、心身ともにだんだんと美しくなっていくもの。

磨いて、が4回も!

そんなに磨いても、だんだんとしか美しくならないんだし、
いや、一心に磨いていれば、だんだんと美しくなるんだ。

禅の本を読むようになってから、
朝出掛ける前に「片付け・掃除タイム」を作りました。
洗いかごの食器を食器棚に戻し、前の晩の洗濯物を畳んでしまい、整理して、
テーブルの上を片付け、クッションを整える。
前の日より、ちょっぴりでもキレイになるように。
家に帰って来た時の、心の雑音も少なくなる。

また、洗面所の蛇口を朝磨くようにしている。
一日ですぐ曇って水滴の跡が付いちゃうんだけれど、
ピカピカになった時に、とても爽やかな気分になるし、
30秒も掛からないけれど、なんか私やってるわーって(笑)よい気分になる。

自分のいる場所は、即ち自分自身と思って、
日々磨いて磨いて、磨いて磨いていきたいと思います。
 


 

帯にこんなことが書いてありました。

探さなくてもいい、仏様はあなたの心のなかにある。


美しさも自分の中にあるものなんですよね。
日々磨いて磨いて、磨いて磨いていきたいと思います。

きらきら星☆チェロ演奏:櫻田こずえ 2015年2月

今日もバッハ君とチェロの練習をして参りました、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
弦を押さえる左手の指先が、弓を持つ右手の親指が(変な力が入っているので)痛いです。

あ”-----もう、キレイな音が出ないって!
ほんと、自分が嫌になりますっ!

正確に弦を押さえられない、
指が開かない、
手首が固い、
間違える、
強弱が付けられない、
移弦すると音がもげる・・・

あ”-----っ!

で、ふと現実逃避できらきら星を弾いてみたら、
1か月前よりは楽に弾けるようになっていました。

そうだ!記録を取って置こう!

ということで、キラキラ星を録音してみました。
iPhoneのオーディオメモで録音しただけなので、さらにひどい音ですが、
1年後のきらきら星と比べたら、きっと嬉しくなるはずと思って。

お耳汚しではございますが、公開しておきます。



よくもまあ、こんな演奏をアップできたわねと思いますが、
ここからどれくらい上手くなれるのか、ですから、ご容赦下さい。

週一回の練習じゃ少ないな・・・と思いつつ、
あまり無理をして嫌になってもな・・・と、引き続き悩む今日この頃です。

何せ、チェロを背負って練習場所まで行かなきゃならんのが辛い。
なーんて言ってるけど、
家で練習できたとしても、そういう人は練習しないんだよね結局---っ!

きらきら星☆チェロ演奏:櫻田こずえ 2017年4月