年別アーカイブ: 2015年

基礎練の大切さを実感する★大人のチェロレッスン34回目その2

Hunters’ Chorusに、ようやく合格をもらいました、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
レッスンの日付と回数の整合性が、若干怪しくなって参りました。

Rachel Xuさんのチェロが好きです。いつもお手本。


さて、前々回のレッスンで、16分音符がキレイに弾けずに聞き苦しい音を出していた櫻田。
ほんと、こんな汚い音を密室で聞かせてしまって、申し訳なさ過ぎる・・・。

冒頭にアップで2ヶ所、それも移弦付きという辛さ・。

cellotokkun4
さらに中盤では移弦を2回もするという、イジメとしか思えない並びの上に、
その後はスタッカートしなきゃいけない。

cellotokkun5

弓がコントロールできていないし、左手がリズムを取れていません。
そこで恒例(いや、たまにです)先生のスパルタ指導が入りました。

先生:これを100回ずつやって来て下さい。

cellotokkun
16分音符の4つの音を、リズムを変えて2種類やるわけです。
上:ターンタターンタ
下:タターンタターン

櫻田:え”ーーーー100回ずつ?計200回?そんなのやだーブーブー。

先生:はい、つべこべ言わずにやりますよ!

一通りお決まりのやり取りをしてから、先生とその単調な音を弾きます。
しかしこれがマジ難しい・・・。



で、素直にその週末に100回ずつやりました。

30回ずつくらいやったところで、ちょっと上達していることに気付きました。
そして、100回ずつやったら、音がかなりコントロールできるようになっていました。
改めて16分音符を弾いてみたら、音の粒が(少しは)揃っていた、という感じ♪

やだ先生、さっすが〜←「やだ」って何だよ

100回ずつと言っても、アップとダウンとあるので、結局400回!
つまらない、とか、疲れたとか、飽きた、とか一人でブツブツ言いつつ、
400回(くらい)やりました。

基本マゾなので、こういうの好きだったりするんですけどね。



果たして・・次のレッスンでバッチリ合格!
ちゃんと16分音符も弾けていると頂いて、上機嫌。
注意されていた「発音」もできるようになっていました。

スポーツに置ける、素振りとか、パス練って地味だけど大切ですが、
音楽に置ける、こういう地味な基礎練って、
すごい効果を発揮するんだなぁと、改めて先生の指導に感謝です。

あと、大人の趣味、を理解して下さっていて、
毎回スパルタではなく、時たまスパルタ、というさじ加減も好きです。



そして今回は・・・弓の持ち方を直され、
もう、どうやって持ったらいいのか分からなくなってしまいました(笑)
これはきっと乗り越えなくてはならない壁なのですが・・・それはまた次回。

一つ壁を乗り越えたら、次の壁・・・を繰り返して、きっと上手になって行くのだわっ!

移弦する時首は傾けなくてもいいですから★大人のチェロレッスン34回目

これって・・・櫻田だけ?・・・だけだろうなぁ・・・。

弦を移動する時、弓の角度を変えるわけですが、
それは手首でくいっとやってはダメで、肘で、と言われます。

大人のチェロレッスン6回目★移弦でつまずく
http://sakuradakozue.com/cellolesson20150129/
#何度も言われてんじゃん・・・

でも、なかなかいろんなことに神経を使っていると、
その教えを忘れて、手首でくいっとやってしまいます。
だから、移弦の時に音が乱れるのだよ櫻田君!

櫻田:移弦養成ギブスが欲しいです(手首でくいっとやらないように)

移弦だけ意識しておおげさに肘を動かしていると、
どうにか、高い弦に上がって行く時はできているらしいのですが、
下がる時(2番線から3番線)に、どうしても手首でやってしまうらしく、
なかなかそこだけは、意識して弾いていても、難しい・・。
と、先生の前で繰り返し弾く櫻田・・・と、


先生:(必至で笑いをこらえる)

櫻田:な?なんですかーっ!何?何がおかしいんですかーっ!?

先生:櫻田さん、移弦する時・・・首を・・・首・・・(笑・・・)

櫻田:首?

先生:移弦する時、首を傾げるんですよ、カクッと(笑・・・)

櫻田:(爆笑)

先生:(爆笑)移弦する時首は傾けなくてもいいですからwwwww


櫻田、頑張って意識したんです。
意識がなぜか肘じゃなくて、首に行ってしまった(笑)

首じゃねーよっ!

ファミコンでマリオをやる時、必至でダッシュする時は、
コントローラーを進行方向に動かし、
大きくジャンプする時は、自分もお尻を浮かせてしまう、
それらと似たような現象なんでしょうか←違う

意識はできるようになって来たってことだから、
後は、回路を正しく設計し直せばいいってことだな!
と、前向きに考えております。

あぁ、チェリストへの道は遠いです。

手帳はバーチカル見開き一週間派です

2016年の手帳を購入して、年の瀬を一層感じている、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ということで、櫻田の使っている手帳をご紹介します。
↓ コレ

weeklyschedu


佐々木かをりさんのスケジュール帳。約3,000円と高いんです(涙) A5でデカいし。
でも、いろいろ浮気したり試した結果これ以上のモノはなく、毎年仕方なく買っています(笑)

まずはこれまでの手帳遍歴をば。

■ 高校生の頃から「計画を綿密に立てる」ことが好きでした

問題集を買うと、まずは計画表をつくり、何日にどこからどこまでやるか決め、
チェック用紙を作り、日々マルを入れて行くことに喜びを感じるタイプでした。
問題集を乗り越えた後の、一歩進んだ自分を想像してウハウハするわけです。

ま、しょっちゅう「計画を綿密に立てること」が目的になってましたけどー。

■ 大学生で手帳デビュー

大学に入った時に、文庫本サイズの革の手帳カバーを清水買いして手帳デビュー。
講義、サークル、飲み会、バイト、くらいで、スケジュールというほど予定はなく、
見開き2週間の横書きを使っていました。

日記っぽいメモを書いていたり、微笑ましい目標を書いていたり、
青臭さがプンプンしてます。GTDっぽいTO DOも残っていたり。
それだけ、櫻田の日々は手帳と共にあるんだなぁ、と実感します。

■ 社会人になってバーチカル一筋!

社会人になってからは、仕事を掛け持ちしたり、夢を追いながら日銭を稼いだり、
スケジュールや目標管理が必要なことが多く、
細かく書き込める手帳が必須になりました。

毎年の手帳の買い替えは一大イベントで、伊東屋やハンズに入り浸り、
手帳の良し悪しでこの一年が決まる!位な勢いで悩んでいました。
ま、手帳云々より、本人次第なんですけどね。

ずーっと手帳ジプシーでしたが、「バーチカル」だけは不動でした。
横書きにチャレンジした年は、途中でバーチカルに買い替えたり。

何がいいって、感覚的、視覚的に自分の時間が把握できて管理できることです。
左から右に日にちが流れ、上から下に時間が流れるという形式が自然で。
ということで、バーチカル一筋です。

■ 櫻田の手帳の条件と使い方

条件は以下の通りです。

・バーチカル
・見開き1週間
・土日も平日と同じ大きさ
・30分単位で区切れる
・6時〜24時まで
・A5サイズ
・裏写りしない紙質
・メモ欄は少しで、とにかくスケジュール部分を大きく

GTDのウィークリーレビューで、この手帳をメインに使います。

書き出した、やりたい事、やるべき事は、このスケジュールに埋め込んで行けば、
その時間が来たらやらざるを得なくなります。
書き込み方は、手帳に添付されている5つのポイントを参考にしています。
「自分の時間を予約する」という考え方が好きです。

actionplanner
Action Planner オフィシャルページ
http://www.actionplanner.jp/

TO DOリストだと、いつやるのか、具体性がないので、実行率が下がってしまう。
んですけど、すべてスケジュールに書き込むというのも厳しいので、
少しだけあるメモ欄にWeekly TO DOとして箇条書きしてあります。

■ でも、重いのってイヤですよね

A5で見開き一週間、しかも裏ウツ裏NGって、重くなります。

techo1
#231g 大した重さじゃないけれど、毎日、いつでもどこでも持ち歩くから・・・

それで辿り着いたのが「分解」です。
3ヶ月前のスケジュール、見ます?あまり見ないですよね。
だったから、今とちょっと前とちょっと先だけあればいいんじゃないですか?

techo2
こうしてひとまとまり毎に分解して「ホッチくる」で真ん中を留め、

techo3
A5サイズのクリアファイルに入れて、1ヶ月〜2ヶ月分持ち歩いています。
ファイルの一番手前に、現在のページが来るようにしているので、
スケジュールを確認するのに、ファイルを取り出すだけで見られるのもラクチン。
ブログを書いている時も、常にPCの隣りにこの手帳を出しています。

ということで、この手帳分解のためだけに「このホッチくる」を所有しています。

タテヨコホッチキス「ホッチくる」に感動した
http://sakuradakozue.com/stapler/

■ 長期的なスケジュールは、年間スケジュールで簡単に

ウィークリーだけだと先の予定が見えないのが不満。
でも、ウィークリーとマンスリーを併用すると、無駄が多い。
結局、見開きで4ヶ月分の、年間スケジュールとの併用に落ち着いています。

techo4
この4ヶ月プランナーは翌年の分しかついていない・・・ので、
2015年のレフィルから切り出し、
お気に入りのノートに留めて使っています。
システム手帳の年間レフィルを上手に使っても良さそうですね。

techo5
分解したスケジュール帳は、細かいことが一杯書いてあって人に見せたくないし、
何よりあまり美しくないので、人とスケジュールの話をする時は、
この年間スケジュールを取り出して確認します。



ちなみに、スケジュール帳って性格やら何やら、思いっきり出ますよね。
ちょっと覗かせて頂いたり、使い方を伺うのは楽しいです。

覗いて印象的だったのは、ほぼ日使ってらっしゃる方々の手帳!
毛穴美人パーティーで、何名かいらっしゃいました。
クリエイティブだったり、ほっこりだったり、思い出がいっぱいだったり、
毎日を大切に記録されてるんだな〜と。

皆さまと手帳トークも、いつかやってみたいですね♪

それでは、皆さまのベスト手帳が今年も見つかりますように!

タスク管理のついでに理想の自分に★櫻田式GTDまとめ
櫻田式GTD★1.GTDって何?
櫻田式GTD★2.GTDの手順
櫻田式GTD★3.年間189時間やっていること
お誕生日の年イチレビュー1
マンスリーレビュー
ウィークリーレビュー
デイリーレビュー
手帳はバーチカル見開き一週間派です

秋川渓谷@東京都あきる野市 でお散歩ウォーキング

東京都あきる野市の秋川渓谷でお散歩ウォーキングして参りました、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

akikawa16
#2015年11月中旬の石舟橋

いいね!
・新宿から1時間チョイとアクセス良し
akikawakeikokumapb

・紅葉スポット多数(桜スポットも多数らしい)
・美味しいスポットもそれなりにある
・有名観光地に比べ混雑度が低くのどか
・温泉有り
・登山ルートも平地のみも選べ、他にもルートが超豊富

あきる野市のルートマップ案内
https://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000001050.html

惜しいっ!
・地味
・人や案内が少ないので迷うこともある
・贅沢だけど、バスの本数がもう少しあるといいな。

メインスポットは、石舟橋を中心とするエリアで、
バスも出ていますが、本数が少ないので要注意です。
最寄り駅の武蔵五日市駅から4kmほどなので、歩いちゃえると思いますよ。

akikawakeikokumap2
#クリックすると別タブで拡大されます

川沿いを歩いたりお寺に寄ったりで、往復14km歩きましたが、
国道沿いを直線で歩くと、石舟橋まで4.5kmくらいです。

■ まずは川沿いを歩き、イチョウの大木で有名な広徳寺を目指す

駅のロータリーを出て信号を渡って右に折れ、橋を越えると川に降りる階段があります。

akikawa2
そこから川沿いを延々と歩きます。

akikawa3
#夏はバーベキューで大にぎわいらしいです。

途中で道幅がやたら狭くなって、
このまま道が無くなるんじゃないか疑惑すら湧きますが、
左岸を歩き続けて大丈夫です、道は続いています。2015年現在ですが。

小学生が野球やサッカーをしているグラウンドを左手に進むと、
ほぼ歩道のない一般道へ出ます。
3連休の中日でしたが、人もまばらだし、車もそれほど通らないので大丈夫。

akikawa4
道案内的なものが少ないですが、普通の民家の間を抜け、
観光客っぽい人が降りて来たことに安心して、左に曲がって坂を上り、

akikawa5
ひたすらアスファルトで舗装された坂をくねくねと上がると、
趣のある門があります。地味だけど重みがある感じです。

akikawa6
そこを抜けると・・・うぉーーーーっ!

akikawa7
半分くらい葉が落ちてしまっているけど、ど迫力の大イチョウ!

akikawa21
一面の黄色い絨毯も素敵です!
連休中日でしたが、人はそれ程多くなく、ゆったりと鑑賞できました。

akikawa20
#奥には趣のある庭園が。

ちなみに、グラウンド横を歩いている頃から、チラチラと黄色いものが見えてましたが、
なんとなく感動を取っておきたくて、目の前で見るまで、見て見ぬ振りをしてました(笑)

akikawa8
#奥に見える黄色いのが、大イチョウです。帰り道。

GPS地図を見ながらも若干道を誤り、
畑の間を通らせて頂きつつ、農作業をするおじさんと挨拶をさせて頂いたり、
この花の名前は何だ?何だ?と騒いでいたら、
親切な方が教えて下さったり、猫が畑で寝てたり、
近所を歩いているような、そのローカルな感じにほっこりさせられます。

■ 駄菓子屋さんに寄ってから、道に迷いつつへ

昔近所にあった感バリバリの駄菓子屋さんでおばあさんとお喋りしたり。
akikawa12
#30年、お休みしつつ、続けられているそうです。

地元の野﨑酒造さんの直営販売店は、冬季は土日お休みだそうです。
http://www.kisho-sake.jp/

ちなみに、大通りは車観光客向けにお店が点々とあります。

行も帰りも行列が出来ていたほうとう屋さんや、
佐五兵衛(ほうとう&日本料理)
http://www.sagohei.jp/

高級ホテル的な雰囲気が漂っていた黒茶屋
http://www.kurochaya.net/
#リゾートホテル的なカフェも併設されてました

akikawa19
#橋の上から。

道に迷ってうろうろしていたら、
近所に住むおばあさんが声をかけて下さり、ほっこり嬉しかったです。
ありがとうございました!

おばあさんのお陰でようやく到着できた光厳寺は、桜の大木で有名だそう。
はい、今の時期は地味ですが、静かな佇まいが落ち着きます。

akikawa11
桜の木の前のベンチで駄菓子屋で購入した懐かしいお餅を頂きます。
遠足のとき、毎回買ってたなこれ。

■ 道を渡って川沿いウォーキング

本当にGPSが欠かせません。道案内少なめ、観光客少なめ、ルートいろいろ、です。
iPhone片手に、道を渡り、橋を渡り、川沿いの道を歩きます。

川に降りることもできました。

akikawa9
#そう、紅葉はイマイチでした・・・。

有名なこんにゃく屋さんは人気で人がいっぱいでスルー。
akikawa18
こんにゃく屋さん
http://akiruno.town-info.com/units/36232/iketani/

お野菜料理とお酒のお店もありましたが、まだお腹が空いておらずスルー。

やまざき酒造
http://tabelog.com/tokyo/A1330/A133003/13096601/

そのお店の手前の小さな道(道案内が出てます)を左に曲がって階段を下り、
道也に行くと橋が出て来るので、渡って舗装された山道を行くと、温泉施設に辿り着きます。

秋川渓谷 瀬音の湯
http://www.seotonoyu.jp/

秋川渓谷ウォーキングで、初めて「混雑」を感じました(笑)
温泉を抜けて冒頭の石舟橋を渡ると、降りた場所に撮影ポイントがあります。

akikawa16
#ここもそれ程混雑していませんでした。

その後、十里木というバス停から駅に戻ろうかと思いましたが、
バスの本数が少なく20分程待つようなので、空腹を抱えたまま歩くことにしました。
http://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00042324/00012240/0/

ちなみに、自宅で朝ごはんを食べてから、駄菓子しか補給しておらず。

akikawa17
前半はずっとこんな道でしたが、
途中のバス停で後ろから来るバスに乗ることもできますし、
戸倉のセブンは観光客のお手洗い行列が出来ていたり、
ほうとう屋さんを過ぎた辺りから、ぽつぽつとお店も出て来ます。

akikawa13
菓子処桝屋(半分は不二屋)
http://www.masuya-kashi.com/

食べたかったみたらし団子は売り切れており、
名物の「秋川渓谷おやき」を頂きました。

沿道の飲食店は通し営業が少なく、ランチタイムを外した櫻田はあわや食いっ逸れかと焦りつつ、
駅前のお蕎麦屋さんが開いていたので、14km歩いた足を休めつつ、

akikawa14
本日の健闘を二人で讃え合いました。

akikawa15
 

■ 帰りの電車に注意!

JR武蔵五日市駅時刻表
http://www.jreast-timetable.jp/1512/timetable/tt1524/1524011.html

ホリデー快速で座って帰りたいと思ったら、
かなり早めに到着しておいた方が良さそうです。
11月3連休中日の日曜日は、15分前に行って、2人で1席しか確保できませんでした。
近辺でイベントがあった影響もあったかもしれません。

ご参考まで。

■ 参考情報

あきる野市のルートマップ案内
https://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000001050.html

秋川渓谷情報サイト(あきる野市)
http://www.akirunokanko.com/

ブラ○モトシ ハイキング編 秋川渓谷と城山
http://motosix.hateblo.jp/entry/2014/10/16/194303
#写真が超豊富でキレイ。一番参考になりました。ありがとうございます。城山登山もされたそうです。

ここが東京?秋川渓谷
http://www.akigawakeikoku.info/

・日曜日の新宿からの経路例・
乗換:1回 所要時間:1時間4分
きっぷ運賃:800円 / IC運賃:799円

12:22発 新宿 JR中央線青梅特快 青梅行 12番ホーム
↓23分 800円 (IC:799円)
(直通) 立川 JR青梅線青梅特快 青梅行 中方車両
↓12分
12:57着 拝島
13:09発 拝島 JR五日市線 武蔵五日市行
↓17分
13:26着 武蔵五日市

akikawa1
#駅前ロータリー

■ RunKeeper記録

runkeeper
akikawa22

お散歩ウォーキング始めました

定期的な運動をしなければ・・・と言い続け、トライしては挫折し、
そしてサボり続けていた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

2009/04/10 毛穴のためにウォーキングを始めました

2014/08/23 今日からバッハ君とウォーキングを始めました!
#皆さまからアドバイスを頂いて、専用靴買いました。ありがとうございました。

2015/02/16 美人の体型管理 ~今さらコアリズム~

やる気マンマン偉そうに始めるんですが、3ヶ月くらいで下火になり・・・挫折。
今では寝る前の「ラジオ体操短縮版」くらいしか残っていません。

そして、またこの2ヶ月くらい、定期的な軽い運動を始めました。
その運動とは、ウォーキング、ちょっと早歩きのお散歩です。

週1回:10km前後の長めウォーキング
(週末にバッハ君と遠出)

週1〜2回:2〜3kmの軽いウォーキング
(いつも自転車で行く所に遠回りで歩いて行く)
(夜バッハ君と近所の猫スポットを見回りに行く)

一人じゃ続けられそうにないので、
体重が気になる&散歩好きのバッハ君を巻き込み、
この2ヶ月くらいでこんな散歩をして参りました。

・秋川渓谷ウォーキング
・鎌倉軽登山
・高水三山登山
・旧古賀庭園〜飛鳥山公園散歩
・浅草〜合羽橋巡り散歩

何といってもお金が掛からないし、
息が切れる程の運動じゃないので、お喋りしながら楽しくできるし、
いろんな街や自然の探索ができるので気に入っています。

散歩もあり、ウォーキングもあり(両者の区別があまりつかないが)、
たまには軽く登山やトレッキングしちゃったりしつつの「お散歩ウォーキング」
老後まで続けられる趣味として、大切にしたいと思ってます。

目指せ半年越え!←目標が低い

■ Runkeeper

で、このお散歩ウォーキングに必須なのが、無料アプリの「ラン・キーパー」です。

Run Keeper
https://itunes.apple.com/jp/app/runkeeper-ranningumou-okingumo/id300235330

タイム、距離、消費カロリー、平均の分速、高低差など、細かく測ってくれるし、
何より、GPSを使っているので、リアルタイムで地図上に歩いた軌跡を表示してくれて、
地図代わりになりつつ、うぉーもう4kmも歩いたぞ!と、励みにもなります。

runkeeper
バックグラウンドでも使用可能なので、通話や音楽アプリとも同時並行できます。

注意点は、GPSを使うので電源の消費量がめちゃ早いこと。
また、これは自分の問題ですが、アプリを起動し忘れて、
途中で「あ”ーーーっ!忘れてたっ!」ってなることが多々あります・・・。



ということで、お散歩ウォーキングの記録を、黙々と取り続けたいと思います。

自分が絶対だと思ってはいけない★大人のチェロレッスン31回目

大変ご無沙汰しております、チェロレッスン報告。
ブログをお休みしていた間に、いろいろ変化もあり、学んだこともありました。
地味に練習は継続しており、ますますチェロにハマっております。

■ レッスンを月に3回から2回に減らした

と言いながら・・・はい、レッスン数減らしました。
2週間空けないと、なかなか練習時間も少ないので、
成長が見られなくて・・・えっと、もっと練習をしてから先生に聞か・・・

えぇ、そうです、やる気があるなら、もっと練習をすればいいだけ。
月に2回の方が時間的にも気分的にもラクなので、2回にしました。

やる気あんのかゴラ”ーーッ!

■ 2日に1回はチェロに触れるようにした

でも、練習を増やしました。
今まで、自宅は音出せないし、近所の練習場所やカラオケにチェロを担いで行くのは、
土日くらいしかできないし←いやできるだろう、と、練習量が少なかったのです。

と先生にブツブツ言ってたら、弦を押さえる左手が弓に追いつかない櫻田に、

先生:ピチカートで練習すると、弓を持つ右手に意識を取られないので、
左手の練習や暗譜に集中できますよ。

あ、それって音が出せない家練にぴったり!
強く弾かなければ音も極小。左手練習って大切かも。
ということで、試しに自宅で毎日でピチカート練習しました、2週間。

バッハのメヌエットNo.3だったのですが、
左手指が何も考えなくても動いてくれるようになったので、
練習場での音だし練習では、右手のコントロールに集中することができ、
成果はかなり大でした。

今は毎日はやっていないのですが、2日に1日以上、5分でも10分でも、
チェロに触れる時間を持つようにしています。
頻繁に触れていると、愛着もやる気も増すような気がします。良い効果♪

■ 自分が絶対だと思ってはいけない〜平行移動〜

先生:櫻田さん、移弦する時、弦を押さえる左手は、指を平行に動かしていますか?

櫻田:はい、そのつもりですっ!でも、そう聞かれるということは、平行じゃないんですね?

先生:はい、平行に動かせていません。毎回ズレてます(笑)

最初からそう言ってよー!(笑)

櫻田的は、確かに左手の指を、3番線から2番線に平行移動しているんですが、
チェロと身体が平行じゃないので、平行移動しているつもりでも、
指の位置がズレ、音程が上がったり下がったりしているそう。

先生:楽器もそうですけど、自分が絶対だと思ってはいけませんね。

先生お若いのに、楽器で人生を語られます。深い。
そうなんです、自分が絶対だと思ってはいけない・・・イタタタタ。

で、櫻田は3つの理由でチェロと身体が平行ではなくなってしまうようです。

・左手の押さえる位置を身体で覚えていないので、指板を見がち
→見るために身体をねじる
→ねじった後身体が戻り切っておらずゆがんだまま
→チェロと身体が平行でなくなる

・椅子に真っすぐ座れていない、または、途中からズレている

・チェロのピンを置く位置が左にずれがち

基本をしっかりしておかないと、折角上達して来ても台無しですね。
基本がおろそかになっていないか、常に確認することが大切なのかもしれません。



そう言えば、先生に「楽器が良い音に育って来た」的なことを言われました♪
音が段々とまろやかになるというか、良い音色になるというか、何なんでしょう。
自分でも、そういえばそうかも、なんて嬉しくなりました。

チェロと共に、奏者としても、人としても成長しなければ!と思いました。

チェロを習い始めて、あと少しで1年が経ちます。
仕事や私生活を犠牲にする程のめり込んでいる訳ではないので、
苦労や辛さもあまり感じず、ゆえに、上達もノロノロとしておりますが、
良い距離感、良い気分転換になっています。
重くて「バイオリンにすれば良かった」とは、最近は雨の日にしか思いません←思ってるんじゃん。

このまま10年、20年・・・マイペースで続けて行きたいと思います。

今回の課題曲は、「ユダス マカベウス」より 合唱、と、狩人の合唱です。
狩人の合唱のスタッカートに苦戦しているところです。

これからを考える(1回完結です)

これまで過去を振り返って来ましたが、
今日はこれからのことを書いて、
各ブログの更新を再スタートさせて頂きたいと思います。

・・・と思ってここ数日ずっと記事を書いているのですが・・・全く筆が進みません。
この先どうしようとか、目指すものとか、そういうものがなくて、
「毛穴エンターテイナー」くらいしか、今後の自分が描けませんでした。

3ヶ月何やってたんだよ。

いや、思い描けなかったというより、
思いついてもどれも自信がなくて、今は書けないだけかもしれません。

そんなことをここ数日ぐるぐると考えていたところ、
昨晩、一通のメッセージを頂きました。
毛穴コンプレックスから醜形恐怖症になり、
自殺も考えたことがあるという方からでした。

櫻田さんも頑張ってるからわたしも頑張ってみようと、
マスクなしで外出したり、他人と外食できるようになりました。
恋もできました。

同じコンプレックスを抱えた人が元気に毎日暮らしてるのがわかるだけで、
パワーと勇気をもらえるんです。


#掲載許可を頂きました
#メッセージの一部を引用させて頂いております

あぁ、ここに戻ろう、と思いました。
毛穴ブログに原点回帰しよう、的な意味もあるのですが、
何か意義や意味や目標を考えるのは、今はやめようと。

櫻田は、◯◯コンサルタントとか、△△アドバイザーの方々のブログのように、
困っている誰かに確かなソリューションを提供できていません。
何かそういう使命とか、意義とかが自分にはない・・・と卑屈に考えていましたが、
櫻田にそんな頭脳や特技や技能はないし、そういう努力をしていないのだから当たり前。
急に偉そうにしようとしたって、無理ですから。

大きなコンプレックスを持ったアラフォー女が、
ダメなりに頑張って、それでも上を向いて楽しく明るくドタバタ生きている。
そういうブログがあってもいいじゃない。

読んで笑顔になって下さる方が一人でもいらっしゃるなら書き続けたいと、
リアルで楽しいエンターテイメントを書こうと、お腹の底から力が湧いて来ました。
ありがとうございました。

他にも、アイディアを頂いたり、考えさせられたり、励まされたり、グッと来たり・・・
ご意見や共感・・・本当にありがとうございました。

もちろんブログを書く大きな目的は、
昔から何度も申し上げている通り、お金を稼ぐことです。
でも、それだけではないし、それだけでは続かない。

改めてブログについて考える機会を頂き、ありがとうございました。





「一部ブログを削除した件、お知らせはしないのですか?」
というご指摘を頂きました。ありがとうございます。

蕎麦屋の出前のようで恐縮ですが、
この3ヶ月を振り返って、この先の方向性を考える今回、
皆さまにお話したいと考えておりました。
筆が遅く、お待たせしてしまいました。

■ 櫻田ブログ(一部カテゴリー) ■
美容・健康(毛穴・角質培養・健康・小麦粉・脱毛・個人輸入)
衣・食・住(美人・食べ物・インテリア)
プライベート(Baby・結婚・恋する毛穴)
その他

この中の、プライベートの部分は削除致しました。

迷いに迷って、迷うだけで何日かかったか分からないのは、恋する毛穴でした。
読めば読む程、この大切な皆さまとの思い出を・・・
という気持ちがどうしても押さえられず、
サーバー移転の際に削除するはずが、新しいサーバーに持って来てしまったり・・・。

今日別れる!最後のデートよ!と言いながら、
結局また彼に会ってしまう・・・ような←昔やってました

しかし、プライベートで関わった全ての方々のこと、家族のことを考えたら、
やはり削除すべきだという結論に達し、削除させて頂きました。
読んで下さった方、コメントを下さった方、ごめんなさい。

削除した全てのブログについて、記事そのもの、
そして頂いたコメントはもちろん保存して手元に置いております。
皆さまの叱咤激励があったからこそ、現在の幸せがあることは間違いありません。
本当にありがとうございました。





なお、今後の更新については、初心に帰るということで、
毛穴ブログを中心に更新させて頂く予定です。
それにまつわる、美容・健康ブログも更新できればと思っています。

衣・食・住については、しばらく更新は見合わせて頂きます。

学び系やその他のブログやカテゴリーについては、
ネタがあれば、更新させて頂きたいと思っています。

また、コメント欄については、しばらくはクローズのまま運用させて頂きます。





「今後の方向性を決めるために、オフ会を開催してみては?」
というアドバイスも頂きました。ありがとうございます。
確かに、客観的な意見として、
皆さまにどんなことを求められているかを伺うのは良さそうですね。

ただ、オフ会については反省することも多く、
少なくとも一年程度は開催を自粛したいと思っています。
今の櫻田のままでは、きっとまた皆さまに不快な思いをさせてしまうと思うので。

いつか開催できる日が来ましたら、お知らせさせて下さい。





最後に、毛穴ブログ、角質培養ブログのサーバー移転を行いましたのお知らせです。

FC2の無料ブログでスタートしたブログですが、
→独自ドメインを取得
→サーバーをFC2からレンタルサーバーに移行 しました。

wordpress(WP)というブログシステムを、レンタルサーバー上で使用することで、
かなり自由度の高いブログ運営ができるようになりました。

・記事のURLは移行後も同じURLになるように設定しましたが、
 FC2のブログシステムで作られていた多くのURLがWPでは設定できず、
 過去のURLにアクセスできないものが多々あります。ごめんなさい。

・非公開コメントは全て保存してありますが、
 新しいサーバーには移転しませんでした。
 対応するコメントも移転しておりません。

今後サイト構成や外観の変更も度々予定しており、
ご不便をお掛けしますが、よろしくお願い致します。





算命学的に、今年は自分に必要なものを選び取り、
不要なものを削ぎ落とす年なのだそうです。
だとすれば正に、この3ヶ月は来るべくして来た、有り難い機会だったんだなと思います。

もういい加減、こんなねっとりした長い記事はお腹いっぱいだと思います。ごめんなさい。
ブログ、少しずつですが、更新して参りますね。

これからも櫻田こずえをよろしくお願い致します。

この3ヶ月を振り返る(3)

櫻田の人生は、諦めてばっかりでした。
と、書いて気付いたけれど、ばっかり、じゃない。
悲観的になると、何でもネガティブになり過ぎるのは良くないですね。

でも、うまく行かなくなると諦める、環境を変えることが多かったのは事実です。
本当は、ダメな自分を受け入れてそこから努力したり、
環境ではなく自分の考え方や取り組み方を変える必要があったのに。

プライドばかり高くて、自分をきちんと成長させることができなかったのだと思います。

そんな情けない自分のことを、自分が一番良く知っているから、
ここで全てをなかったことにしちゃだめだ、
目を背けずに自分と向き合おうと思いました。

当時はただ苦しくて辛くて、
被害者ヅラすることでしか、自分を支えられなくなっていたけれど、
全ては自分が招いたことで、原因は自分にあるんだと思えた時から、
状況は変わらないけれど、自分の認識が変わり始めました。

そして、家の外に出て、行動に移そうという勇気を与えてくれ、
ここからまたスタートしよう、そう思えるようになったのは、
応援して下さる方からのメッセージや、家族、友人の励ましの力でした。

本当にありがとうございました。

しかし、そんな励ましを頂きながらも、どうしても前に進むことができず、
ブログから逃避するような、後ろ向きの行動を取るようになってしまいました。
なぜなら、自分の犯した罪がひど過ぎたからです。



櫻田が毛穴パーティーを初めて開催したのは2010年11月でした。
特に始めの頃は、オフ会は自分にとって息抜きの場だと思っていました。
「こんなコメントが辛いよヒドイよ・・」と愚痴を言っていましたが、
それは読者の方、すなわち、参加者の方への悪口に当たるんですよね。

何という勘違い、何という放漫さ・・・・。

そして、どんなに仲の良い友達にだって、誠実さや礼儀が必要なのに、
調子に乗って、それさえ失っていました。

あるオフ会で、櫻田は過去のオフ会参加者の方の悪口を言いました。
しかも、彼女には何の落ち度もないのに、
その方の服装について「ダサかった」と言いました。

人として最低なことをしました。
どんな言い訳も弁解もできません。
ダサい自分が何を言ってるのか、勘違いも甚だしい。

その場に居合わせた方にも、
不快な思いをさせてしまったと思います。
大変申し訳ございませんでした。

そして今までオフ会に参加して下さった全ての方にとって、
このことは不愉快なものだと思います。
皆さまを裏切るようなことをしてしまったことを、
申し訳なく思っております。

なお、ご本人とは直接お話をさせて頂きました。





オフ会で他にも不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら、
直接メールでご連絡頂ければ、出来る限りの対応をさせて頂きたいと思っています。
掲示板等の書き込みは現在確認しておらず、申し訳ございません。

お話しさせて頂けるのであれば、
遠方でも出来る限りこちらからお伺いします。
また、お手数でなければ、メールでお話を伺わせて下さい。

ご希望があれば、他の方にも見える形で、ブログ上でお返事させて頂きます。
お名前はもちろんハンドルネームも掲載いたしません。

また、過去にオフ会に参加して下さった方で、
ご自身のコメントやリンク、写真、記事の一部など、
各ブログから削除を希望される方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご連絡下さい。

オフ会のことが掲示板等に書かれることによって、
不安に思われた参加者の方もいらっしゃると思います。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

櫻田のメールアドレスはずっと変わっていませんが、
やりとりが残っていない等ありましたら、
こちらのお問い合わせフォームからご連絡下さい。

お問い合わせフォーム
http://sakuradakozue.com/contactform/





オフ会に参加された方だけではなく、
ブログを読んで応援して下さっていた皆さまも、
ひどく落胆させてしまったことと思います。

本当に申し訳ございません。

また、掲示板に書いて頂いたことで、自分の間違い、愚かな部分から目を背けず、
胸にわだかまっていたものと向き合うことができました。
ありがとうございました。

この数ヶ月、ブログからも背を向け、方々彷徨っていましたが、
結局、自分と向き合うどころか、自分から逃避しているだけだと気づきました。

今ここで書いていることが正しいことなのかどうかも分からないのですが、
ここでブログを書き続けるという行動でしか、自分と向き合うことはできないし、
過ちを認めることにも、本当の謝罪、反省にもならないと考えましたので、
このような記事にさせて頂きました。

今日は長い長い記事になってしまいましたが、
読んで下さってありがとうございました。

この3ヶ月を振り返る(2)

ブログを書き始めて6年目になりますが、
自分はスゴイんだ、特別なことをしているんだ、と、
だんだん自分を勘違いするようになっていました。

この言葉がそんな自分に一番ピッタリ来ると思います。

「慢心」
おごり高ぶること。また、その心。自慢する気持ち。

そして、自分が何をしているのか、これがどんな影響を与え、どんなリスクがあるのか、
何も考えずに、ただただブログにプライベートを晒して行くようになりました。
書いていて楽しいし、アクセスもアップするし、アフィリエイトの収入も上がるからです。
いい気になって、プチ有名人気分でした。

でも、そんな「慢心」を戒めるようなことが起きました。

それをここで書くことにどんな意味があるのか考え過ぎる程考えましたが、
結局は昨日も申し上げた通り、書かずに素通りできないと思いました。
そして、ブログを辞めるか、ブログを続けるためにそれについて書くかの2択を考えた時、
正直に書いて、それでも可能であればブログを続けたいと思いました。





皆さま、某掲示板の「ヲチスレ」ってご存知ですか?
詳しくはググって頂ければと思いますが、
特定のウェブサイトなどをチェックし、その内容を話題にして雑談するスレッド、
というようなものかと思います。

以前、お気に入りのブロガーさんのヲチスレを目にして、ショックと共にその存在を知りました。
自分自身、今まで掲示板では何度か話題にして頂いていており、
美人ブログのコメント欄を閉鎖した頃から、次は自分かもしれないと覚悟はしていました。

自分の過去記事を探す時、ググるのが一番早いので検索するのですが、
3ヶ月位前のある日、検索結果に自分のヲチスレを発見しました。

「あぁ、とうとうこの日が来てしまったのか・・・。」

その掲示板へリンクです
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/net/1435855663/
#「http:」は全角アルファベットにしていますので、半角英数に置き換えて下さい。
#現在は閲覧していないので、ここでどんなことが語られているのか分かりません。

その日からヲチスレに取り憑かれ、神経が衰弱し、まともな生活が送れなくなりました。
覚悟はしていた、なんて書きましたが、覚悟なんてひとかけらもできていなかったのです。

まだその頃はブログを書き続けていましたが、
何を書くにも「ヲチスレの人達はこう言うろう」
「こんなこと書いたらバカにされるだろう」
頭の中に架空のオチスレを自分で作っては、ビクビクしていました。
いや、過去形ではありません、今現在、この記事を書いている時も、
「この記事をヲチスレの人達にはどう言われるんだろう・・・」と考えています。

その後、居住地や目撃情報、顔写真等を公開され、更に個人情報も晒されました。
そして、怖くて家から一歩も出られなくなりました。
何か具体的にされた訳ではないのですが、だからこそ、得体の知れない恐怖を感じました。

しかし、これは自業自得としか言えません。
ブログに書いた情報、近所の写真、毎日の行動、洋服、そしてFacebookに上げられた画像等、
自分自身がネット上に振り撒いた情報から、辿り着いたものだったからです。
何と言う不注意、なんという脇の甘さ、なんというアホさ・・・。

覚悟もできていなければ、脇も甘いまま、
ただただ、図に乗ってプライベートを晒し続けていたのです。





その後、ヲチスレとは距離を置くようにしてみましが、
親切に報告して下さる方も現れ、どうにも目を背けられない状況になりました。

更に、打ち拉がれる櫻田に追い打ちをかけるような情報が流れるようになりました。
オフ会に参加して下さった方からの、
櫻田は下品で配慮に欠けたヒドイ人だった、といった書き込みでした。

何が辛かったって、図星だったからです。

被害者ヅラしてどうにか自分を支えていたけれど、
そんな自分が招いた事態なんだとようやく気づき始め、そして崩れて行きました。
順番は正確には覚えていないのですが、この頃からブログをお休みしました。

この3ヶ月を振り返る(1)

久しぶり過ぎて何を書いたらよいのか分からなくなっている、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
お変わりなくお過ごしでしょうか?

ここ3ヶ月の間、いろんなことがあったのですが、
それを頭の中で整理しようとしても上手く出来ず、
しばらく家に籠って、悲観的になったり自暴自棄になったり、
荒んだ日々を過ごしていました。
#ちなみに、ケガや病気、身内の不幸や離婚等はなく、今は心身共に元気です。

頭の中で悪いことばかり考えて落ち込むことにも疲れた頃、
「思考」ではなくて「行動」こそがこの状況を乗り越えるために必要だと気づき、
家から外に出て、知らない場所に出かけ、歩き、触れ、人に会い、話し始めました。
そして、少しずつ回復し、再びここに戻って書きたい!と思うようになりました。

書くことでしか、前に進めない。
だから、この3ヶ月の間、何が起きて、何を考え、何をしていたのか。
心の整理をしながら、少しずつお話をさせて頂きたいと思っています。

何もなかったように、再びいつも通りの更新をスタートすることもできたのだけれど、
親友に彼ができたことを内緒にしたまま、お喋りするような、
家族に会社をクビになったことを隠したまま、生活するような、
そんな、皆さまを裏切るような気持ちになってしまう気がして。
(どちらもやったことはないけれどw)

いつもののんきで楽しいブログではなく申し訳ないのですが、
おつきあい下さる方がいらっしゃれば幸いです。

今日はその内容に触れないまま引っ張ってしまってごめんなさい。
近いうちにその2を投稿しますので、少々お待ち下さい。
他のブログも少しずつ再開したいと思いますので、これからもよろしくお願い致します。

櫻田こずえ