「鏡子の家」三島由紀夫★甘美なデカダンスに酔う

学生の頃に、たまには日本の文学でも読むかなと思って、 自宅の母の本棚で見つけたのがこの三島由紀夫の「鏡子の家」 500ページ以上ありましたが、数日間で一気に読んでしまいました。 もう、日に焼けて、汚れて、シミが付き・・・ … 続きを読む 「鏡子の家」三島由紀夫★甘美なデカダンスに酔う