アメリカ西海岸ドライブ旅行★準備編:国際免許証&レンタカー選び

アメリカ旅行を控えて準備に勤しんでいる、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今回はアメリカカルフォルニア州の西海岸、ロサンゼルスからサンフランシスコまでの約750km程を、1泊2日かけてドライブすることにしました。東京から岡山くらいです。



Google先生の時間計測はかなり短めに出るので、恐らくトータル11,2時間くらいになると思います。沿岸沿いはクネクネしてるので、速度も出せないので。

人生初の海外ドライブ!初右車線!初左ハンドル!

櫻田こずえ西海岸ドライブ記事一覧

アメリカ西海岸PCHドライブ【まとめ】ロサンゼルス→モントレー→サンフランシスコ

・アメリカ西海岸ドライブ旅行★準備編:国際免許証&レンタカー選び
ロサンゼルス-サンフランシスコドライブ旅行★準備編:ルート選定1日目
アメリカ西海岸ドライブレポ1★レンタカーナビ音楽電源
アメリカ西海岸ドライブレポ2★ロサンゼルス→サンタバーバラ→モロベイ
アメリカ西海岸ドライブレポ3★ビッグサー→モントレー泊→ロサンゼルス(最終目的地)
アメリカ西海岸ドライブレポ4★駐車違反しててHertzから114ドル請求が来た


 

 

 

アメリカ西海岸を1泊2日でドライブするのに必要なもの・こと

今回は夫のバッハ君も入れた男女5人でのドライブ。人数が多いし、運転に慣れている人もいるので安心です。女性陣はきっと直線しか運転しないだろうし、駐車場はデカそうだし、でも右車線!

1. 国際免許証
2.レンタカー手配
3.ルートの選定(休憩所、ランチ、観光スポットなど)
4.カーナビ
5.宿の手配
6.道路ルールの確認 Free Wayの走り方等下調べ
7.ドライブで聞きたい音楽集め

1. 国際免許証の取得

・週末は日曜日だけ。それも都内運転免許試験場の3ヶ所。(即日発行)
・平日に警察署で取得する場合、発行まで2週間かかる(1年有効)
・基本代理はダメ

行きさえすれば、あっけなく発行されます。写真のサイズを間違えた人がいましたが。
国際免許証取得は意外とカンタンなのにミスった
#取得レポはリンク先に書きました

kokusaimenkyosho1
ちなみに、アメリカでは国際免許証がなくても日本の免許証で借りられちゃうというネット情報もチラホラ。でも、何かあった時に怖いので、2,500円程度ですし用意しておきます。

2. レンタカー手配

これが大変だった・・・何って、全くよく分からないから。まずは勉強。

All About アメリカのレンタカー
初めてアメリカでレンタカーを借りる時の不安と疑問はこれで解消!
レンタカー虎の巻

■ レンタカー業者探し

とりあえずは検索サイトで相場を知ったり、業者間格差を確認。

Rental Cars .com
Renting Cars.com

・トラブルが怖いので、営業所の多い大手がいいな
(マシントラブルでも、すぐに営業所が見つかる。大手なら騙されないだろう感)
・日本に営業所があるところがいいな
(いざとなったら日本語で問い合わせも可)

あまり価格には拘らず、日本のToyotaレンタカーと提携しているhertzを選びました。
「ダラー」もなかなか良さそうだったし、hertzに比べて2,3割安い印象でしたが、とにかく営業所の数がハンパ無くて、hertzにしました。

hertz の営業所一覧
dollar の営業所一覧

予約サイトも全て日本語(営業所情報や細かい情報は英語ですが)なので、全く問題なく予約できると思います。

でも、心配なら日本の旅行代理店を通しても良いと思います。電話はいつでもスムーズに繋がりましたし、値段も直接と比べて見劣りしない価格でした。(ちょっと検討した)
HIS 海外レンタカー

ちなみに、ロサンゼルス内だけなら、日系のレンタカー屋さんもあります。さくらレンタカー

■ hertzをなるべく安く便利にレンタカーする方法

・ハーツGoldプラス・リワーズに入会する(待ち時間から開放・その他特典)

時間に余裕があれば是非!(郵送でカードが届くのに時間がかかる)
割引キャンペーンはちょいちょいあるけれど、ベーシックな割引がある訳ではありません。が、専用カウンターでスムーズに手続きができるそう。つまり、普通、相当時間がかかるってことですね。

・JCBカードの割引(10%)を適用
JCB海外レンタカーサービス
ANAのレンタカー割引
その他、ご自身がお使いのカード会社やマイレージプログラムなど、確認してみて下さい。

■ 価格アップや条件が厳しくなる要素

・乗り捨てか
・さらに州をまたぐか
・空港以外の営業所を希望するか

例えば、ある地域限定のレンタカー屋は使えなくなりますし、次の宿泊先のホテル近辺で乗り捨てたい・・となれば、営業所が多い大手を選択することになります。そして、州を跨いだりすると、手数料がさらにアップするようです。

■ 気付くの時間がかかったこと

・24時間単位で課金(当たり前過ぎてすみません)

◯時貸し出し、◯時返却って、適当に指定していたけれど、基本24時間単位の1日料金で課金されるので、1時間でもオーバーすれば、24時間分かかってしまうということ。

・空港以外は在庫の車が少ない

割と早い段階で人気の車種がなくなって行きます。特にロサンゼルスは車必須の観光地なので、うかうかしていると望みの営業所での在庫がなくなっちゃいますよ←泣く泣く空港までレンタカーしにいくハメになった。

・カーナビを付けると、乗り捨てが微妙になる

カーナビを付けていると、乗り捨てできる営業所が限られたり、返却時に余計にお金がかかってしまうようです。

・空港意外の営業所の営業時間は、役所並みに短くて、日曜日は休みのところが多い。

午後はやってないとか、土曜日は半ドンとかザラです。

■ 保険の類いはとにかく「全部入」にしておきました

保険を付けないで行くと、保険への加入を勧められるそうなので、英語でそんなの断ったり判断したりするの嫌だし、何しろいろいろ心配だし、5人で運転するから、誰が運転して事故っても、当人になるべく負担のないようにしたい・・・ので、全部盛りにしました。

このサイトを参考にしました。
これだけは入っておきたい!アメリカレンタカーの保険と税金
ABロードのたびナレ「アメリカでレンタカーを運転するために

LDWとLISは必須かなと思います。FPOは満タンにして返さなくていいので、気が楽でいいですね。
あと、走行距離に制限がある契約もあるのでご注意あれ。

westcoastdrive3

■ 5人だから5人乗り・・・じゃ、狭いかな?

夏とはいえ、女性陣は10日間の旅行なので大きなスーツケース。男性もそれなりに荷物があります。また、後部座席の真ん中は座り心地が悪いもの。

ここは一つ居住性を優先して、都市部の比較的難しく狭い道は男性陣にお願いすることとし、巨大な7人乗りのワゴン車を借りることにしました。疲れたドライバーさんが、うんのびることも可能ですしね。

westcoastdrive2
7 人(乗員数)
3 個(スーツケース), 2 個(旅行バッグ)

エルグランドみたいな感じかと。それもアメリカンサイズなのかな〜怖い〜。



と、レンタカーの予約が終ったところで、次はルート設定です。