タグ別アーカイブ: 旅行

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

北根室ランチウェイ、通称「KIRAWAY」を歩き通すことを、一生のやる事リストに入れている、歩きに行ったのに途中で折り返したチキン櫻田です。


レポートはこちらから:北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!

70km超のこの道、通行にお金はかからず、酪農家の皆さまがボランティアで整備してくださっているのですが、それも限界・・・と、先日、クラウドファンディングでその「KIRAWAY」を守りましょう!という企画があり、もう、大変お世話になったのでサポートに参加させて頂きましたところ・・・こんなオリジナルグッズを頂きました♪


酪農アート作家富田美穂さん原画の牛のバッグはかわいいし、てぬぐいはお弁当のお供にしようかと。

特に、写真集に感動しました・・・歩いた日の思い出が蘇ります。


 

櫻田は秋のはじめに歩いたので、こんな風景は見ていないけれど・・・なんて素敵な写真なんだろう!


↓こちらは櫻田の時ののどかな写真です。
#櫻田こずえと申します。

 

そして、星が降って来そうな夜空・・・懐かしい佐伯農場。


↓櫻田の撮った写真

 

あー!これもこれもあったー、写真撮った撮った!


 

懐かしいぃ・・・(櫻田の写真)


この写真集を開く度に、歩いていたときの感情、空気の色や草いきれのにおい、あたたかな交流や、圧倒的な孤独、自然との不思議な一体感・・・を鮮明に思い出すことでしょう。



そして、この牛のバッグや手ぬぐいを持っている、この道を歩いた人が、この日本に何人もいらっしゃるということも・・・なんだか不思議。

形に残るっていいなって思いました。

このバッグを持って街を歩き「何その牛可愛い〜」と話しかけられて説明したり、お弁当をこの手ぬぐいに包んで持って行き「何その手ぬぐい?」と聞かれて説明したり、マグカップを持ってたら「何そのKIRAWAYって?」と聞かれて説明し、世にKIRAWAYの、北根室ランチウェイの存在を広めるチャンスを作るツールにもなりますしね!

#あり得ないパターンが多いぞ

企画から発注、配送作業もそれはそれは大変だったと思います、ありがとうございました!

ということで、積極的にブログに登場させますね♪

恐らく皆さまも摺り込み効果によって、北海道70キロを歩いてみたくなるはず・・・・・っ!


道を整備して下さっている佐伯さんを始めとする酪農家の皆さまにも頭が下がりますが、ボランティアでこのような活動をされている「KIRAWAYを応援する会」のスズキ様に、改めて、お礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございます!

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

北根室ランチウェイを女一人で歩く8★モアン山〜中標津交通センター

モアン山をアモン山と書いていたことに気付いて慌ててこっそり修正した、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

もう、行く所まで行ったので、帰りは気分もすっきり、2泊3日分を歩いた分をざっくりとお届けします。

・北根室ランチウェイを女一人で歩く
1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!

2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

今回はモアン山の帰り道から佐伯農場に帰って一泊。
そして、開陽台に寄って民宿地平線でもう1泊。
さらに、スタート地点の中標津町交通センターまで行ってから、折り返して中標津空港まで、2泊3日分を一気にお届けします。

(書くのが面倒くさくなってきたから一気に書いているわけでは断固ない・・・)

kitanemuro_ranch_way_mymap
で、やっぱり書き切った感があるので、ちょいちょい小話で繋ぎます。

佐伯農場の手前の一本道で犬に行く手を遮られた件

この1本道の奥に、大きな犬がいたんです。バウバウ言ってるんです(ワンワンとか可愛い感じじゃなくて、ちょっとドスが効いた感じ)。そして、段々近づいて来るんです。ぎゃー。



泣きながら(いや、泣いてないけど)、犬に襲われる自分を妄想しまくって立ち往生。(多分、遊んで遊んで♪って言ってた)しばらくして、来た道を戻り、遠回りして佐伯農場に戻りました。

行く手にお牛様がいらっしゃって、何ともドキドキした件

数々の牧場を通り抜けさせて頂く北根室ランチウェイ。

櫻田の通りたい場所近辺で、お牛様が草をハムハムされてらっしゃる。



このお牛様達はあまり櫻田に興味がなかったようで、そろそろと横を通り抜けても、完全に無視で助かりました。

いやぁ、通り抜ける時ドキドキしました。

なんとなく草が踏み固められた感じがあり、恐らく正しい経路だったと思いますが・・・間違っていたら本当にごめんなさい。

放し飼いのポニーに睨まれて行く手を遮られた件

どこか忘れたのですが、牧場を通り抜ける時に、放し飼いのポニー(だと勝手に判断)が行く手に待ち受けているではないですか。あの鼻息はやべー、と、しゃがみ込んでぶるぶるしてました。足ががっちり太いんです。あれに蹴り上げられたら・・・あぁ。



今回は回り道もできなそう・・・どうにかここを突破しなければ・・・戦うか!?

あ、



実はヒモに繋がれていることが15分くらいして分かり(15分何してたんだよ)、さらに、そろそろと横を通り抜けたら、とても大人しく小さくて良い子で、ニコニコと櫻田を通してくれました。

疑心暗鬼の連続でしたね、このトレイルウォークは(笑)

開陽台は見晴らし最高♪ソフトクリームも最高♪

佐伯農場から開陽台への道。伸びた草を払いながら歩きます。でも、足元はしっかりウッドチップが敷かれていて、歩きやすくなっています。

この絶妙な加減の半アドベンチャー感覚が、初心者には有り難いです。



そして、開陽台への上り道は、超絶上りです、延々と続く上り。



一気に駆け上ってやろう!と思いましたが、途中で身体がギブアップし、休みながらのんびり登りました。

そもそも、急ぐ必要なんてないんですってば、櫻田さん。

さて、開陽台は売店があります(期間限定)。行きは(心の)余裕がなくて楽しめませんでしたが、帰りは余裕。蜂蜜をかけたソフトクリームを頂きました。

登り切ったご褒美は、10割増で美味しいです。景色も最高。



歩いて来た方をぼんやり眺めながら食べていると、はちみつが手に垂れまくるのはご愛嬌です。

一人が多かったので、観光客等人が沢山いるのも、ちょっと新鮮な感じがしました。

おかえり!ただいま!@民宿地平線

旅先での「おかえり!ただいま!」がじんわりと嬉しい。帰りはここに1泊せず、そのまま空港を目指そうと思ったのですが、ゆっくりプランにして良かった。



早い時間に帰ったので、ダリア園に連れてって頂いたり、お話ししたり、そしてまた銭湯に行ってのんびりさせて頂きました。

レポ:民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで

身内のようなあたたかいもてなしをして頂いて嬉しかったです。ありがとうございました!

開陽台〜空港までは直線コースがメイン・その直線が北海道!



この直線っぷりはやっぱり北海道。

上手に写真は撮れませんでしたが、十字路など圧巻です。ずーっと真っすぐな道が四方に伸びて行って、道が地平線に消えて行く風景なんて、見た事がありません。

空港からこの道に出るまで少しこんな道もありますが、



概して空港から開陽台までは、整備の行き届いた分かりやすい道なので、空港からすぐ歩き出すにはちょうど良いです。

最終日は時間があったので、空港からさらに歩いて、北根室ランチウェイの出発点まで行ってみることにしました。約4kmでアップダウンもほとんどありません。



途中でこんなことになったりしつつ(それもこのトレイルウォークの楽しみです・ちゃちゃとガイドとか注意書きとか案内があります)、



最後は街中を歩いて、



始点に到着!

「The end of Kiraway」って書いてあったので、ここが到着点なのかな、裏にはスタートって書いてあるのかな?ま、どっちでもいいのですが、端っこまで行けて達成感!



再び空港まで歩くこともできたのですが、時間が微妙にタイトだったのでバスで帰りました。もちろんバスの本数は少ないので、お気をつけ下さい。

飛行機の時間と連動した、中標津交通センターから空港までの時刻表があります。

根室交通時刻表

でも、タクシー10分なので、大人な貴方は心配しなくて大丈夫です。

そして、空港でひとり祝杯!そして一路東京へ。



と、最後はかなり端折りましたが、めでたく書き終わりました!

ほんと、ダラダラとした記事にお付き合い下さった全ての方にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

北根室ランチウェイを女一人で歩く7★養老牛温泉〜モアン山を不安と共に歩く

これまでは大した距離を歩いていませんでしたが、一日で30km歩き、北海道に歩きにきたぞ!的喜び(&疲労)に満たされる時がやって参りました。

この道でいいのかな・・・不安を抱えながらアップダウン激しい山の中をひとり歩き続けた先には・・・←大した展開はないのに、余韻を残してどうにか最後まで読んでもらおうとしている。

・北根室ランチウェイを女一人で歩く
1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!

2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉

今回はえんじ色の「2」の区間の、養老牛温泉〜先までを歩きます。今回歩いたルートの中で、最もアップダウンが激しくハードでした。

kitanemuro_ranch_way_mymap
今回の記事でレポしたルートです。距離としては6kmほどです。 番号は写真の番号に対応していますが、かなり適当にマッピングしているので、その点ご了承下さい。

kitanemuro_ranch_way_map4

さて、人と沢山すれ違った養老牛温泉からは、しばらく車道の脇のコンクリートの上を歩きます。車も少しは通りますが、もちろん歩く人はいません。


kitanemuro_ranch_way110
どこまで歩くんだろう・・・と思いつつ歩いていると、お馴染みのえんじ色の案内板があり、左に曲がれとの指示。ようやくアスファルトから離れ、自然の中に突っ込んで行きます。


kitanemuro_ranch_way61
アスファルトを振り返りつつ、この道でいいんだよね・・・いいのかなぁ・・・。

「本当にこの方向で良いのかなぁ・・・。」という不安と共に、来た道を振り返る。

kitanemuro_ranch_way60
人生もそんな感じじゃないですか?

とか、段々人生論とか考え始めます。孤独は人をにわかか哲学者とか、ポエマーにします。危険。

山の中を少し下るような感じで、不安な気持ちを抱えつつ歩いて行く・・・と、突然温泉が出現。

からまつの湯「いい旅、いい風呂、いい仲間」 心がゆるみます。


kitanemuro_ranch_way62
ちょっと覗いたら何人かいい湯だな♪されているようでした。混浴で、もちろん男性しかいないようです。

ここは乱入するぐらいの気概が必要だったと、悔やまれます。

そんな温泉の前に、軽ワゴンで北海道をまわっているというマッサージ屋さんが、キャンピングテーブルと椅子を出してくつろいでいて、軽く身の上話をしたり、ぼーっとしたり。



ここはいったいどこで、私は何をしてるんだろう・・・誰も私のことを知らないここでは、過去と未来から切り離されたように感じ、自分が誰でもない気がして来る。時がまどろんでいて、時間が緩んでいきます。一秒一秒が、いつもよりとても長い。

そんなふうに不思議な感覚に身を委ねていると、いつも前に前にと焦っている脳みそも、いいあんばいで落ち着いていきます。

なんで自分っていつも先を急いじゃうんだろう。どうしてゴールを最短距離で行こうとするんだろう。なぜ結果ばかり求めちゃうんだろう。そもそも私はどこに行きたいんだろう、ゴールってどこだろう、とか、再びぐるぐる考え始めつつ、今日は時間的に余裕がないことを思い出して再び歩き始めます。

しばらくアスファルトの道路沿いを出て歩いて行くと、今度は右に折れましょうという標識が。


kitanemuro_ranch_way64
そしてまた、自分の来し方を振り返ります。歩いて来た道は木々に覆われて見えません。

kitanemuro_ranch_way112
よく歩いて来たなぁと思うと同時に、今自分はどこにいるんだろう、今、山の中で倒れても、誰も気付かないだろうな、なんて、やっぱり不安になります。

人生も、いつも不安です。自分は間違っていないのか不安です。正解なんてないのに、歩いているところが自分の道なのに。



誰も私がここにいることを知らない・・・ともちゃん(華原朋美)の、Love Braceをふと思い出す。

「タクシーを拾い 行き先 告げて目を閉じ 私の存在は この国で 誰も知らない」

いや、夫のバッハ君と佐伯さんは、ここら辺に櫻田がいることを知ってくれてるだろう・・・気をとりなおして鼻歌を歌いながら、とぼとぼと山道を入って行きます。

遠くにひょっこりモアン山が頭を出してました。近いようで遠いようで。そして、そこに辿り着くには、一峰超えなきゃいけないのか。


kitanemuro_ranch_way97
少し何かに挑むような感じがして、再び自分がドライブされます。ウソでも何でも常に何かに向って頑張っていたい自分の性格を思い出しつつ、Carry on Carry on〜と鼻歌を歌いながら、山道をずんずんと入って行きます。

#最初に買ったレコードは渡辺美里でカセットテープが伸びる程聞いたので、小室さんの曲は好きなのです。コードが染み付いてるんだと。それと同じで岡村ちゃんも好き。



再びしーんとした山の中でひとりになります。歩いていると、東京に置いて来たいろんなことをついつい考えてしまい、頭の中が忙しくて、まるでしつこく追いかけて来た「あぶ」のようにうざったい。

振り払うように、右、左、右、左、右、左・・・ひたすら足を前に運ぶ。ずーっと登り坂ばかり。身体が極度に疲れて来ると、考えごともできなくなってきて、それはそれで都合がいい。

道の脇のリンドウが鮮やか。反対色に近い黄色い花が、誰が寄せ植えしたワケでもないのに、まるでお互いを引き立てるように咲いているのは偶然なのか。

kitanemuro_ranch_way98
 

結構本格的に山登りです。これは山下りですが。チェロを弾いている時のように、他のことが何も考えられなくなります。考えていると滑って落ち、笑ってくれる人も助けてくれる人もいませんから致命的です。


kitanemuro_ranch_way99
川沿いに少し歩きます。


kitanemuro_ranch_way100
恐らくだいぶ前に設置された時は鮮やかなえんじ色であったであろう木材。この道のメンテナンスは、本当に、本当に大変だと思います。

・北根室ランチウェイ支援はこちらから
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に(2017年3月30日まで)

で、この水路を越えた辺りから、もの凄い上りが続きます。この等高線の密具合、ヤバイっしょ。

kitanemuro_ranch_way113
もう、この写真がどこらへんだったのか、よく覚えていないし、上り坂がツラ過ぎて、写真を撮る余裕をなくしていました。地図を読む能力もあまりないし、iPhoneは電源の事情もあってオフしてたし、どこまでこの坂道が続くのか(そりゃぁ、地図を見れば目星はつくのですが、そんな余裕ももはやなくて)分からず、ひたすら足を前に出して、身体を次の等高線に持ち上げて行くだけで精一杯。それが延々と続いていく・・・


kitanemuro_ranch_way104
そして、この写真の道に横たわる何か・・・が、もう、ヘビにしか見えなくて、「きゃーーーっ!」と叫んで泣きそうになりながら走って戻り・・・で、もうどっかにいったはずと泣きべそかきながら戻ったらまだ同じ所にいて、おかしいなと思ったら根っこだったっていう・・・。グリム童話で森がお化けに見える現象。

泣いても、叫んでも、大笑いしても、ひとり。

今度は下り。前だけというか、自分の足しか見てなかったけど、随分高いところまで来たんだなぁ、とつぶやいてもひとり。


kitanemuro_ranch_way105
歩いてもひとり。止まってもひとり。この道で合ってるのかな・・とつぶやいてもひとり、咳をしてもひとり。ほんとーに、ひとり。圧倒的な孤独感から、自然に飲み込まれていくような、何か感覚がおかしくなってくる。

自分の存在が消えていくような感じがして、怖くなって来てしまって、登り坂なのに、体力も限界に近いのに、走ってもどうしようもないのに、走り出してしまいました

でも、だんだんそんな「ひとりで不安」な気持ちが麻痺して来るというか、疲れ過ぎておかしくなっているのか、飲み込まれるというより、自然に溶け込んで包まれていくような、そんな不思議な感覚になりました。

余計なことを一切考えず(考えられず)「足を右左と前に出すこと」だけに集中していると、次第に歩くことからも意識が遠のき、歩いている自分がそこにあるだけ・・・

一種の瞑想、トランス状態に。

ちょっとランナーズハイに近い感じもしました。無理に走ったので疲れも限界を越え、それを身体が察知して、脳がオピオイドという物質(麻薬みたいなもので苦痛を麻痺させるホルモンらしい)を出していたのかもしれない。(足をくじくかもしれないので、良い子は真似しないで下さい)

幸福感を伴うぼーっとした感じで、何でもできる気がして来ました。

よし、できるだけ遠くまで行ってやろう。そんな気持ちで歩いて行くと、一山越えてなだらかな道に入ります。なんだか気持ち良くてさっさと早歩き。

しかし、そんなハイテンションに歩く櫻田に、身体が訴えて来ました・・・・ぐぅ〜。。。そういえばお腹空いてたわ。

持って来たパンを食べたいのに、一休みできそうな場所もない。仕方なく細い道にそのまましゃがみこんで、遠くにいるホルスタインを微妙に警戒しながらパンを食べました。

(いや、そんな好戦的な家畜じゃないんですよ。でも、万が一ウシ対櫻田の一騎打ちになったら勝てる気がしないし、いや、彼らの愛情表現が櫻田にとって好ましいものかも分からず・・・)

パンを食べてもひとり。ひとりだけど、パンはとても美味しいし、私は生きているしと、良く分からない、基本的な幸せに満たされました。


kitanemuro_ranch_way101
もちろん、そこはかとない不安は常にあるのですが、そもそも、生きているといつだって何かちょっとは不安なものだろう。。これでいいのか不安に思いながら、後ろを振り返りながらも、鼻歌歌って自分を鼓舞しながら前に進むしかないじゃん、となんとなく思って。

そういえば、なんでここに歩きに来たんだっけ。



日頃散歩くらいしかしない櫻田が、トレッキンググッズ一式を揃えに行った時のことです。いろいろ相談して仲良くなった店員さんに聞かれました。

店員:なぜ北海道へ歩きに?

櫻田:北根室ランチウェイの存在を知った時、理由もなく、でもきっぱりと行きたくなったんです。

店員:きっと今、歩くことが必要なんですよ。そういうの、大切だと思います。

って言って下さったことがすごく印象に残っていて、あぁ、こういうことだったんだって腑に落ちました。

ここへ歩きに来るのは、健康のためだったり、トレイルウォークが好きだったり、いろいろ目的があると思いますが、中には、ここではないどこかへ行きたかったり、自分探しだったり、ちょっと人生に疲れたり、何かに駆られて歩きに行く方もいるだろうし、今まさに、そんなことを考えている方だっていると思う。

わざわざ北海道に行ったって、どこを歩いたって、探したって、自分の外に答えは無いけれど、でも、もし、なんとなく歩いてみたいなと思ったら、是非、行ってみて下さい。永遠のモラトリアムも中二病も、大らかに受けとめてくれます。

kitanemuro_ranch_way114

雄大な自然の中をひとり歩き、広大な空間にぽつんとしたり、ホルスタインに見つめられているうちに、過去未来から切り離されて、物理的にもどんどんひとりになる。そうすると、今ここにいる「何もない自分」を強く感じて不安になる。でも、何もない自分だからこそ、そもそも失うものなんて何もないんだと思えてきて、日頃のこだわりや執着から解き放たれる。そして、北海道の大地に身を委ねて佐伯さんの美味しいパンを食べていると、おだやかに力が涌いて来る・・・そんなかけがえの無い経験を頂きました。

感じることは人それぞれだと思います。答えが見つかるわけじゃないけれど、なんか、不思議な力が涌くよ。何せ北海道は大きいからね。



パンを食べた後はしばらくごろんと寝転がって、開放されながら満ち足りていく心を、存分に味わいました。

「できるまで遠くまで行く必要はないし、まあ、ここら辺でぼちぼち帰るとするか。」

そんな、肩の力が抜けた自分と共に、その日は佐伯農場まで戻り、30km歩いた心地よい疲れと共に、穏やかで幸せな夜を過ごしました。

佐伯さん、こんな素敵な道を作って下さってありがとうございます。

そして、まだ続く・・・。

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

 

北根室ランチウェイを女一人で歩く★KIRAWAYを応援する会を応援する

北根室ランチウェイ、通所「KIRAWAY」を歩き通すことを、一生のやる事リストに入れている、歩きに行ったのに途中で折り返したチキン櫻田です、今41歳なのでちょっと焦ってます。歩けるうちに早く行かなくては(汗)

さて今回、「KIRAWAYを応援する会」さんからヘルプ!のメッセージを頂きました。クラウドファンディングによる支援のご紹介です。

おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に(2017年3月30日まで)

main_2406_690_388

この長大な道を維持し続ける労力と費用は大変なものです。これまでは酪農家たち個人がボランティアで労力と費用を支えて来ました。しかし活動開始以来年月が経ち、創立メンバーも年をとって、労力と費用の負担が限界に近づいています。支えきれなくなると、遠からず道は草原や林に還ります。

そこでこの酪農家の一人である佐伯牧場に、以前お世話になった北海道外在住メンバーが応援団として全国に呼びかける形でこのクラウドファンディングを立ち上げました。できるだけ多くの方に知ってもらい、サポーターになっていただくことで、道の維持・整備を継続し、その先も発展できる体制を整える応援をしたいのです。
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来により

特に通行料がかかるでもないこの道。メンテナンスにかかる費用は並大抵ではない。設立者のアツい気持ちだけで維持するには、限界があるのは明白で。

この道をつくるために費やされた途方も無い時間と労力、想い、そしてこの道を歩いた人達の一歩一歩を想うと、全てが無にかえってしまうなんて・・・日本を代表する「歩くための道」と言われるようになった北根室ランチウェイを未来につなげたい!

kitanemuro_ranch_way101
#こんな道っていうか牧場っていうか山っていうかの中を歩ける!それも歩くのは基本タダなのよ!

と、それは半分建前で、私、最後まで歩くのを激しく楽しみにしてるんで、個人的になくなったらめちゃめちゃ困る・・・。無人山小屋に泊まり、摩周湖まで行かなくては!

ということで、サポートさせて頂くと同時に、いつかこの道を歩いてみたいな!と思われる方にもご協力を頂けたらと思いまして、記事にいたしました。

detail_2406_1482245470

思い立って8年かかって、 中標津町市街~根室中標津空港~開陽台~養老牛温泉~摩周湖~JR美留和駅をつなぐ道を切り拓きました。それが 歩くための道「北根室ランチウェイ」です。NHK  にっぽん紀行 「一本道を歩く」 、 NHKBS 冬の絶景・ロングトレイル紀行「神秘の湖 摩周湖」 などを通じて、全国に知られるようになりました。ランチ(ranch)とは大牧場の意味です。こうした歩くための道はロングトレイルとも言われます。

kitanemuro_ranch_way53

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

 

北根室ランチウェイを女一人で歩く.5★ずっといたかった佐伯農場

ランチウェイウォーキング1日目は、天気も良く距離も短く(約12km)、お昼過ぎに余裕で佐伯農場に着いてしまいました。

佐伯農場に到着した櫻田。「受付」があるわけでもなくうろちょろ彷徨うも、誰ともすれ違わず、とりあえずノックしたお家が佐伯さんのご自宅でした。

奥様が担当の男の子を呼んで下さって、宿泊施設を案内して下さいました。

宿泊施設

これが宿泊施設です。牛舎を改装して作られたそう。

kitanemuro_ranch_way78
1階にキッチンダイニング。天井とか吊り棚とか、素材や元の建物を生かしたままで、かつ、オシャレ。

kitanemuro_ranch_way79
広い空間に、最初の夜は1人きり。寝る時は若干怖かったです・・・2泊目は東京から来た男性の方もいらっしゃって、ここでお喋りをしました。こんな交流が自然に生まれるのも嬉しい。

kitanemuro_ranch_way80
稼働していませんでしたが、ストーブも!

kitanemuro_ranch_way49
また、シャワーブースも1階にありました。狭いですがとてもキレイに維持されていました。

2階は大きな吹き抜け部分と(もともと牛舎で、2階を新たに作った、のだと思いますが)、寝室(2部屋)あって、男女に別れるようです。2階にもトイレがあって助かりました。

マットレス等があって、その上に寝袋を広げて寝ました。窓から見上げた星空が、痛い程キラキラしてました。

kitanemuro_ranch_way86
寝室の全景がなくてすみません。もう一室奥にあって、全体として何十人のキャパがあるんだろう?という広い建物でした。

レストラン牧舎

佐伯農場宿泊で楽しみにしていたものの一つが、このレストラン牧舎。

レストラン牧舎

kitanemuro_ranch_way94
可愛いエントランスにテンションが上がります♪

kitanemuro_ranch_way93
オシャレカフェそのもの!北欧風なインテリアに、自分が北海道にいることを忘れそう・・・

kitanemuro_ranch_way82
でも、窓の外はこんな(って、見えにくいですが)自然が広がっています。癒されます。もちろん戸外にもテーブルがありました。

時を忘れてのんびりできます。

草花が飾ってあるのも、とても気持ちよかったです。

kitanemuro_ranch_way87
また、カッテ-ジカレー950円が美味!
(牧舎カレーにカッテージチーズ[牛乳豆腐]のフライをトッピングしました。とのこと)

夕ごはん用に宿泊施設まで運んで来て下さいました。

kitanemuro_ranch_way47
 

思いがけず超充実の自炊ライフ

朝ごはん用にシリアルを持って行っていました。

kitanemuro_ranch_way51
初日の朝ごはんは牧舎の「絞りたてのミルク」を頂いて、シリアルモーニング。
気持ち良い風の中で頂く朝ごはんは最高です。

kitanemuro_ranch_way50
その夕方、トレイルから戻ったら卵をくださいました★

kitanemuro_ranch_way92
持って来たインスタントのお味噌汁に卵をインして、冷凍庫にあった冷凍おにぎりを頂いて(コインを自分で入れる方式)軽く夕ごはん。

なんてことないこのセットが、こんなにも美味しく感じたのは、初めてのロングトレイル、知らない土地での一人旅、慣れない施設で一人きりのご飯、そしてご好意で頂いた卵・・・そんなシチュエーションだったからかもしれません。

kitanemuro_ranch_way91
さらにさらに、こんな大地の恵みのおすそ分けも頂きました!

kitanemuro_ranch_way90
レストラン牧舎で毎日焼かれるパンと合わせて、何この充実した朝ごはん!残ったお野菜はランチとして持って行きました。

kitanemuro_ranch_way88
2泊目にたまたまタイミング良く頂いたものですので、行かれる方は期待されませぬよう・・・。

佐伯農場は広大な敷地

いわゆる、門を入ってから車で数分みたいな、広い広い敷地に、沢山の施設が立ち並んでいます。

佐伯農場オフィシャルサイト

kitanemuro_ranch_way83
敷地内に川が流れていて、

kitanemuro_ranch_way87
あちこちでハナマスの花が咲き、

kitanemuro_ranch_way85
美術館やギャラリーがいくつかあります。すごいですよね。

こちらはサイロを利用した、荒川版画美術館

kitanemuro_ranch_way84
ここに展示してあった、牛の絵がスゴい!富田さんという方の作品だそう。

富田美穂さんオフィシャルサイト

ランチウェイで間近に牛に接近した後だったので、なんだかすごく親近感を感じて。

こちらは倉庫を改装した「ギャラリー倉庫」。

kitanemuro_ranch_way66
カッコいいんだけど、あるものを生かしていて、自然を壊さず、自然になじんでいて、それでいてカッコいい。佐伯さんのセンスに脱帽です。

kitanemuro_ranch_way_saekisan
宿泊者は、受け身で至れり尽くせりしてもらうのではなく、積極的に話したり体験したり感じたことを伝えたり作業したり、お客様ではなくて「参加者」のような関わり方を期待されているのかなと感じました。

それは、北根室ランチウェイコース全体にも言えることで、なるべく最小限の案内や整備で、出来るだけ自分で歩いたという実感を持ってもらいたい、何なら自分で道を付くちゃって欲しい、そんな気持ちを感じました。

最終日に使わせて頂いた所を掃除をしていたら、佐伯さんも丁度倉庫の整理にいらっしゃってお話をさせて頂く機会に恵まれました。

思いを行動に変えて実現させていくそのパワーを直に感じて、明日へのエネルギーを頂きました。

その時頂いた、端材で作られたと言う木のオーナメント。握りしめると力が涌いて来ました。

kitanemuro_ranch_way95
北根室ランチウェイを歩きに来たというより、佐伯さんに会いに来た、佐伯さんの情熱を、一歩ずつ歩いて確かめに来たのかな、と思いながら。



名残惜しく佐伯農場を出る時に、やさしい猫が見送ってくれました。

kitanemuro_ranch_way81
ツンデレでこっちは向いてくれませんでしたが・・・必ずまた来るぜっ!

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

 

 

北根室ランチウェイを女一人で歩く.4★佐伯農場到着!

開陽台から熊エリア辺りまで、誰ともすれ違わず、人の声も聞こえず、ここで行き倒れても、熊に襲われても誰も気付かないと思ったら、猛烈に怖くなってしまった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

こんなに「ひとり」を感じたことはありませんでした。

kitanemuro_ranch_way73
手に持った地図を頼りに、クマザサや木々が生い茂る中を、黙々と、ただ黙々と歩く。

そうしていると、そのまま自分が自然の一部に吸い込まれて行くような、そんなおかしな感覚が訪れる。

右、左、右、左と前に進める足すら、なんだか自分のものじゃない気がしてくる。

そんな、自然に包み込まれるような一体感を感じつつも、足裏に感じる土のぬかるみ、容赦なく顔をヒットする木や草、そして襲って来る確かな疲労感、荒い呼吸に、自分を意識する。

でもまたひたすら歩いていると、頭が真っ白になって、感覚が麻痺してぼーっとして来て、また自分が自然に溶けて行くような感じがする。

そんな繰り返しでした。

いやぁ、人をポエマーにさせますのぉ。

北根室ランチウェイを女一人で歩く.1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
北根室ランチウェイを女一人で歩く.2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
北根室ランチウェイを女一人で歩く.3★民宿地平線〜開陽台の先

今回はグリーンの「1」の区間の後半戦を歩きます。

kitanemuro_ranch_way_mymap
今回の記事でレポしたルートです。距離としては再5〜6km 番号は写真の番号に対応していますが、かなり適当にマッピングしているので、その点ご了承下さい。

kitanemuro_ranch_map2
山道を抜けて舗装された一般道を少しだけ歩くと、次は、北海道らしい、長い長い砂利道がやって来ます。

どこまでも〜かぎりなく〜(globeです)雪は降り積もらないんですけど。真っすぐな道が続きます。


kitanemuro_ranch_way33
1.5kmくらいひたすら真っすぐの道を歩きます。

やっぱり感覚が麻痺してぼーっとしてきますが、それが何だか気持ち良くなって来ます。瞑想みたいな感じです。

ルートに自信がなくなって不安になってくるとドキドキして孤独を感じますが。

ようやく曲がり角に到着。


kitanemuro_ranch_way35
お次ぎは大胆にも、人様の敷地内(保科牧場さん)を突っ切ります。いや、ショートカットではなく、これがルートなのです。

本当に、牧場の建物や施設の中を、牛や馬、犬に見つめられながら突っ切ります。緊張します。


kitanemuro_ranch_way36
木と木の間を抜け、


kitanemuro_ranch_way37
小さな小川を越え、


kitanemuro_ranch_way38
犬に吠えられて、


kitanemuro_ranch_way77
再び牧場を突っ切らせて頂きます。作業は早朝に終っているのか、牧場内は人気なし。モーモーという牛の声が聞こえるだけ。めちゃめちゃ不安になります。お邪魔します、ご好意で通して下さってありがとうございます。道間違えてたらごめんなさい・・・とりあえず大丈夫だったようです。


kitanemuro_ranch_way74
広い放牧エリアの端を、ここでいいんだか不安になりながら歩いて行きます。


kitanemuro_ranch_way41
お牛様のいらっしゃるエリアと歩くルートに境はありません。

注意事項として、お牛様を驚かせないように、走ったり大きな声をあげてはいけません。牧場を好意で通して下さっているのですから!

いや、かなり巨体でいらっしゃり、超接近してきたりして、でも走ったらあかん!とさり気なく逃げて・・。めちゃめちゃ怖かったので、様扱いです。私はいないことにして下さいませお牛様!と祈りながら横を通り過ぎました。

kitanemuro_ranch_way75
たまに、好奇心旺盛なお牛様が「遊びましょ〜♪」って小走りにいらっしゃるんですが、負けずに競歩的に(走っちゃだめ!)、目を合わせずに立ち去ります。お願い、私はいないことにして下さいませお牛様・・・と心の中で願いながら歩きます。超接近された時には、怖くて写真なんかとれませんでした。

いや、特に何かされたわけでもなく、そんなに怖いことはないと思うんですが、如何せん、見渡す限り人はいなくて、何があっても誰も助けてくれない状況が怖過ぎて。それに、万が一接触して何か家畜に悪い影響が出ても良くないですし。(家畜には触れるな、というルールがあります。触れられないように頑張りましたw)

無事にマンパス(家畜は通れないけれど人が通れる)を通り抜けて、ホッとします。


kitanemuro_ranch_way42
お牛様の次は、あぶに追われ、泣きながら林を走って抜け(笑)、休憩。

kitanemuro_ranch_way44
開陽台で買っておいたおにぎりを。あぶに追われて走った後だったので、まじ美味しかったです!


kitanemuro_ranch_way45
360度、見渡す限り大地。大きな大地を意識できます。そこにぽつんと、わたし。


kitanemuro_ranch_way46
いやここで、初めて人とすれ違いました!
北海道在住のご夫婦。嬉しくってちょっと立ち話。

そして佐伯農場に辿り着きます。

正面入り口から入るのではなく、横から突っ切る形でルートが続いています。


kitanemuro_ranch_way76
佐伯農場さん、センスがいいんですよね〜カッコいい!シンプルでモダンで、でも自然で。

そんな素敵な佐伯農場さんのご紹介は、また次回。

kitanemuro_ranch_map2

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

 

 

北根室ランチウェイを女一人で歩く.3★民宿地平線〜開陽台の先

初日は観光旅行のようになってしまい、歩きに来たことを忘れそうになった、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

民宿地平線の居心地が良過ぎてねぇ・・・

北根室ランチウェイを女一人で歩く.1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
北根室ランチウェイを女一人で歩く.2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで

いやいや、私は北の大地を歩きにきたのだ!と荒ぶってみるものの、2日目は12kmと大したことない距離なので、超余裕かましてました。えぇ、余裕かましてたんですけど・・・。

民宿地平線〜開陽台

親戚のおじさん(のような優しい宿のオーナー)から、次の目的地「佐伯牧場」までの、手書きの地図を書いて頂きました。

kitanemuro_ranch_way71
地図は、出発前に印刷したものと、空港で配られていた紙質の丈夫なパンフレットとあったのですが、

kitanemuro_ranch_way70
具体的に道が細いとか舗装道路とか砂利道とか、迷いそうなポイントとか、丁寧に書き込みながら説明をして下さったのです。思い出すだけでほっこりします。あたたかいなぁ・・・。

そんな地図を片手に地平線を旅立ちます。今回はグリーンの「1」の区間を歩きます。

kitanemuro_ranch_way_mymap
今回の記事でレポしたルートです。距離としては5〜6km 番号は写真の番号に対応していますが、かなり適当にマッピングしているので、その点ご了承下さい。

kitanemuro_ranch_way_map1
まずは舗装道路の歩道を、開陽台目指して歩き始めます。


kitanemuro_ranch_way14
アスファルトの歩道なのですが、雑草が力強く生えてアスファルトを破り、さらに草が這い、虫が飛び、それをよけながら歩きます。もう、よけきれません。


kitanemuro_ranch_way15
ツーリングのバイクや自転車が、時折手を挙げてすれ違って行きます。皆、それぞれに北海道を楽しんでいるんだな〜と思いながらテクテク歩きます。

まだ元気です。

開陽台という展望台になっているところに登ります。道しるべがあるので迷いません。
この先に車で開陽台に行く道がありますが、その手前にランチウェイ用の道が作られているんです。


kitanemuro_ranch_way16
だんだんと道が細くなり、道っていうか、道なんだろうか?私は正しい道を歩いているんだろうか?という不安で一杯になるような道です。そして、周りには全く人の気配はありません。怖くなります。


kitanemuro_ranch_way17
ちょっと急な坂&ぬかるんだ道を登りつつ進むと、クマザサに覆われそうになっている道が発見されます。ほっ。ウッドチップが敷き詰められています。メンテナンスありがとうございます、佐伯さん!

ほっとしたものの、坂道は続き、息が上がって行きます。早くも疲れる櫻田。


kitanemuro_ranch_way18
程なくして駐車場の裏手に出ます。おぉっと感動しつつ、ほっとしつつ、開陽台到着!

thumb_2_tenboukan 中標津町サイトより

トリップアドバイザーのランキングで10位になったそう。
行ってよかった!日本の展望スポット ランキング 2015

360度地平線が見えるところなんて、日本では北海道しかないのだろうな・・・絶景!

地球って丸いのね、って、自然に思いました。

kitanemuro_ranch_way72
なんだか伝わりにくいのですが、パノラマ写真も撮りました。クリックで拡大されます。

kitanemuro_ranch_way19

帰りにもう一度来るので、その時は余裕を持って来て、カフェでソフトクリームを頂こうと心に決め、先を急ぎます。

展望台から降りる歩道を歩いていると、ん?なんか仮設トイレのようなものが。


kitanemuro_ranch_way20
中には消毒用の石灰がありました。伝染病の「口蹄疫」予防対策だそうです。しっかり中で足踏みして、石灰を靴の裏につけて消毒します。

kitanemuro_ranch_way22
長い長い階段を降りて行くと、


kitanemuro_ranch_way21
車道沿いに、ランチウェイ用の道へのガイドがあります。


kitanemuro_ranch_way23
途中で「マンパス」というものが出現します。
家畜は通さず、人だけが通れる通路で、同じ物ではなく、それぞれ工夫を凝らしてあって、ただただ歩き続ける中での、楽しみにもなりました。

kitanemuro_ranch_way24
kitanemuro_ranch_way27
道は最小限の整備しかされていません。それは、コストや手間が一番の理由ではなく、できるだけ自然に近い形のトレイルを楽しんでもらいたいという、佐伯さんのポリシーであって。

草が茂って道が分からなくなっている所もチョイチョイありましたが、程よくサバイバル感が満たされます。

迷わないように「最小限」の目印があります。たまに迷いました。

kitanemuro_ranch_way25
小川にたどり着きました。水が冷たくてキレイ!


kitanemuro_ranch_way26
このレンガ色の板は渡してあったのでしょうか・・・でも、ぴょんぴょんと越えられるものなので、問題なく小川を越えて歩いて行きます。

林から出て振り返ると、自分が歩いて来た道のりを眺めることができました。すでに感慨深いです。だが、この後がツラかった・・・。


kitanemuro_ranch_way28
上り坂で息が上がって行きます。
地図を見ると、等高線が狭くなっていて、それを何本も跨いでいく感じで・・・。アップダウンが意外と激しいです。


kitanemuro_ranch_way29
で、出た!熊対策!


kitanemuro_ranch_way30
ガンガン鐘を打ち鳴らしつつ、熊ベルを腰に付け、カンカン言わせながら歩いて行きます。本当に熊が出た話を聞いていたので、ドキドキです。

kitanemuro_ranch_way7
えっと・・・ジャンプして飛び越えるしかない、小さな小川。

kitanemuro_ranch_way31
手つかずの自然を歩くことは素人の櫻田にはできないけれど、舗装道路を歩いてもつまらない・・・その絶妙なラインを維持して下さっています。ほんと、ルート選定から整備・維持まで、もの凄い労力だと思います。感謝!

櫻田なんてそこを歩くだけでヒーフー言ってるのに!

1kmほど続くアップダウンが終わり、比較的平らな道を1kmほど歩きます。のどか〜♪


kitanemuro_ranch_way32
kitanemuro_ranch_way_map1
まだまだまだまだ続きます!佐伯農場目指して、いざっ!

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

 

北根室ランチウェイを女一人で歩く.2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで

ランチウェイの「ランチ」はお昼のLunchじゃなくて、牧場という意味のRanchなんだと知ってちょっとがっかりした、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

なんかランチ処が充実した、ウキウキな道なのかと一瞬イメージして。一瞬ですよ、一瞬。

北根室ランチウェイを女一人で歩く.1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!

さて、初日は雨に降られて、中標津空港からタクシーで早々と民宿に到着した櫻田さんを、宿のご夫婦が歓迎して下さいます!空港2時着、周辺を散策からの到着なので、16時前くらいだったと思います。

kitanemuro_ranch_way13
優しいお父さんと、陽気なお母さん。ワンちゃんネコちゃんも。

民宿「地平線」
1泊2食付料金 は5,500円でした。
住所:標津郡中標津町開陽1340-3
根室新興局:「民宿地平線」



ユースホステルスタイルで男女別の相部屋、とのことでしたが、この日は宿泊客は櫻田だけ。

到着するとお茶を入れて下さってお喋りを。さらに、雨が止んだら虹が見えるかも?と、開平台へ車を飛ばして下さいました。開陽台は最高の展望台。翌日歩いて登りますので、詳細はまた次回。

kitanemuro_ranch_way9
3人で駆けつけたものの残念ながら虹は見えなかったけれど、素敵な夕焼けが見えてとても気持ちよかったです。何よりその「親戚の子が来た」みたいな感じで迎えて下さって、一人旅で心細い中、とてもあたたかく嬉しかったです。

帰りの道。ほんとーーーに真っすぐ。あぁ、北海道!

kitanemuro_ranch_way10
その後、銭湯に連れて行って頂きました。お風呂はなくて、車で銭湯に連れて行って下さるのです。

じゃん!いいでしょいいでしょ、このTHE・銭湯感!確か、銭湯代を払って頂いた気が・・・宿代に含まれていたんだっけ?記憶があいまい。

kitanemuro_ranch_way67
コンビニに寄り道もして下さいます。

「うちにビールもあるけど、コンビニで買った方が安いからここで買いな。」

さらに、熊対策がイマイチな櫻田を気遣って、こっそり熊ベルを買って下さってました。

「要らなければいいんだよ、でも、ちょっと気になってね、でも、要らなければいいんだよ。」

kitanemuro_ranch_way7
えぇ、親戚のおじさんのように優しいのです・・・うぅっ。

宿に戻って夕ごはん。えぇ、やっぱり親戚の家に遊びに来たような。皿数が多くて量もたっぷり、愛情たっぷり、美味しさと優しさでお腹がいっぱいになりました。

kitanemuro_ranch_way8
あたたかく接して下さるのですが、泊まる方の雰囲気を見ながら、あまり話しかけないようにしたりされるそうで、プライベートを大切にして下さったり、とても気遣いに溢れていました。

北海道に女一人で歩きに来た客・・・訳ありに見えたかもしれません(笑)

櫻田にとっての旅行は、現地の方と交流することが大きな楽しみなので、ワイワイお喋りさせて頂きました。

テレビを見ながら、宿の昔話やお客さんの話や、冬の雪のスゴさなど、お喋りをして過ごしてとっても楽しかった!

バイクや自転車でツーリングされる方の宿泊が多いそう。最近はランチウェイのお客さんも増えて来たそうです。

このストーブが懐かしい!学校にあったタイプ。

kitanemuro_ranch_way11
夜は晴れていれば降る程の星が見えるそう。残念ながら厚い雲に星は隠れてしまっていました。

お部屋はシンプルな、ユースホステルなつくりですが、とても清潔で気持ちよく過ごすことができました。ドアストッパーのニワトリが可愛い。

kitanemuro_ranch_way68
いろいろ干します(笑) ちなみに、洗濯機はありますが、乾燥機はありません。ちなみにトイレは水洗ではありません。

kitanemuro_ranch_way5
ふかふかのお布団でおやすみなさい。



翌朝の天気は雨が降りそうな曇り・・・。

kitanemuro_ranch_way6
でも、雨が降ってないだけ昨日よりラッキー★

栄養たっぷりの朝ごはんもしっかり頂いて、元気一杯です。
そりゃそうだ、前日は移動して銭湯行っただけで、ご飯も睡眠も、愛情もたっぷり頂きましたから。

kitanemuro_ranch_way12
朝ごはんを頂いているうちに少しずつ晴れて来て、8時過ぎ、いざ、北根室ランチウェイウォーク、スタートです!

kitanemuro_ranch_way14

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

 

北根室ランチウェイを女一人で歩く.1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!

北海道は北根室に、「牧場や山や道路を突っ切る71.4kmの歩道」があると聞いて、どうしても行きたくなって、ちょっと前に女一人で行って来た櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

kitanemuro_ranch_way21

バックパックの歩く旅もいい。何日も温泉に泊まって歩きまくるのもいい。歩くのが飽きたら牛と戯れてもいい。

丘の上で満天の星を眺めるのもいい。飛行機を降りたら、その足で歩きだしてもいい。

健康ウォークでもなく山登りでもない、ぶらぶらおしゃべりをしながら歩く旅の楽しみは、歩き出してみて初めて分かる体験です。 それぞれが、この道を歩いて、新しい歩く旅のスタイルを見つけてください。

北根室ランチウェイオフィシャルサイトより

歩いた距離や標高を競うのでもなく、完走することが絶対なのでもない・・・そんなコンセプトにもとても惹かれて。

あ、最初に言っておきますが、全部歩いていません。

北根室ランチウェイとは

北海道北根室は中標津にある「牧場や山や道路を突っ切る71.4kmの歩道」です。何それ歩いてみたい!

kitanemuro_ranch_way_mapall
#クリックで拡大されます
ランチウェイオフィシャルサイトより

nakashibetsu
フルマラソンよりだいぶ長いし、山道だったり舗装されてない道だったりと難関も多く、天候も晴れとは限らず、普通の人は1日では歩ききれません。2泊〜3泊で歩いたり、部分的に歩くのが一般的のようです。

オフィシャルサイト:全ステージ71.4km を完歩するための情報
オフィシャルパンフレットのPDFファイル「北根室ランチウェイの歩き方」はこちらから

で、非常に人口密度が低いエリアにありまして、ビジネスホテルや旅館がポンポンと都合よくある訳ではなく、民宿やキャンプ場、牧場や山小屋などの施設をギリギリ泊まり歩く感じです。

これは牧場にある宿泊施設の一つ。かわいいーーっ!

kitanemuro_ranch_way65

北根室ランチウェイは、佐伯農場のロックなボスが作った

佐伯農場オフィシャルサイト

佐伯農場の佐伯さんが中心となって、8年かけて作られました。(6年と書いているサイトもある)

「こんな長い道誰も歩きに来ない」と言われながら、大自然と格闘しながら、地権者との交渉に(きっと)難儀しながらも、不屈の精神で作り上げた佐伯さんカッコ良過ぎる!

kitanemuro_ranch_way_saekisan
アーティストを支援する活動なども昔からされているし、もう、お話ししていても、パワフルでロックで、父とそれ程年齢が変わらないなんて信じられないくらい、エネルギッシュな方でした。惚れるぞ危険。

ランチウェイの通行には特にお金はかかりません。宿泊にお金が掛かりますが、佐伯牧場に泊まらなければ、佐伯さんには一銭のお金も入りません。多分。

しかし、ランチウェイのメンテナンスや諸々、お金や労力がたっぷりかかっていると思うのです。それを楽しそうに活き活きと活動されている。

そんな佐伯さんカッコいい!すごい!と思ったら、是非、歩きに行ってみて下さい。

佐伯さんのインタビューや紹介などはこちらから
・SHIMICOM「北の大地を歩く旅
・Tokyo FM 「北の大地にロングトレイルを切り開いた男性をリサーチせよ
・パノラマ写真風土記「ロングトレイル・北根室ランチウェイ提唱者の佐伯農場当主佐伯雅視氏

>ランチウェイを始めた2006年頃からの5年間はほとんど歩く人はいなかったそうである。

周りからの視線も厳しかったのだろうな・・・櫻田なら心が折れていじけてフテ寝してるな。やっぱり佐伯さんクール!

アート作品が随所にある佐伯農場内。倉庫を改装したギャラリーもありました。

kitanemuro_ranch_way66

歩き出す前に先達のレポートを読んで備えよう!

行くぞーっ!と決めてみたものの、アウトドアなんて全く縁遠い櫻田は、何から初めていいのか分からない。

ということで、先達のレポートを読みまくりました。

・寅年B型一人っ子「北根室ランチウェイ1日目
・アウトドアの扉「1.北根室ランチウェイを歩くー北の大地へー
北根室ランチウェイ(71.4km)・2泊3日踏破
★マン喫通信〜北根室ランチウェイの旅紀行(第1回)
★マン喫通信〜北根室ランチウェイの旅紀行(最終回)
・からあげ隊長の日記「北根室ランチウェイ~中標津からレストラン牧舎

皆さまのレポートを読むと、登山やトレッキングとしては、アモン山手前までなら軽装で大丈夫そう。装備についてはまた記事にさせて頂きますね。

その他、トレイルランツアーが組まれたり、
・【FunTrails】第3回北根室ランチウェイロングトレイルランツアー

ツアー会社が有料でツアーを組んでたり、
・アルプスエンタープライズ「北根室ランチウェイ

真冬にスノーシューで歩くこともできたり、
スノーシューで歩く白銀の世界!冬の北根室ランチウェイ

調べれば調べる程、魅力的な北根室ランチウェイ。これは行かねばならぬ。

櫻田が歩いたコースはこれだ!

最大の難関は「無人山小屋」。水もないし人もいない。ここに泊まらずに歩き切るには、34.3kmを1日で歩き切れば良いのですが、何せ平地ではなく山登り的な部分もあるし、初心者だし、雨が降らないとも限らないし不安だし。
(有料で車による回送サービスを利用すれば可能です)

kitanemuro_ranch_way_mapyado
夫に「無人山小屋に一人で泊まるのだけはやめてくれ。」と言われ、日程の都合もあり、断念して途中で折り返すことにしました。佐伯農場には絶対に泊まりたくて、連泊。

kitanemuro_ranch_way_mymap
0日目:羽田→中標津空港午後着 雨で民宿地平線までタクシー
1日目:民宿地平線ー開陽台ー佐伯農場12km 4時間
2日目:佐伯農場ー養老牛温泉ーモアン山15kmを往復  8時間
3日目:佐伯農場ー開陽台ー民宿地平線 12km  4時間
4日目:民宿地平線ー中標津空港ー中標津町交通センター 14km 4時間
中標津町交通センターー中標津空港までバス→羽田

4泊してのんびり68km歩きました。モアン山の先の方が厳しい道が多いし、大してハードではなかったのですが、素晴らしい体験でした。その行程をレポートさせて頂きます。

ちなみに、夫のバッハ君と一緒に、いつか全行程歩きたいと思っています。

羽田から中標津空港は1時間40分 空港から歩き出せる!

おニューのトレッキングシューズとリュックで、いざ羽田から飛び立ちました。いや、めちゃくちゃビギナーなので心配で心配でドキドキしてました。

kitanemuro_ranch_way1
景気付けにそら弁。なかなか高かった記憶が。

kitanemuro_ranch_way3
おーーーーイラスト通りに豪華★

kitanemuro_ranch_way2
お腹いっぱいでうとうとしているとあっという間に(1時間40分)で雨の中標津空港に到着。雨かい・・・それも結構激しく。

kitanemuro_ranch_way4
ランチウェイのスタートは中標津町交通センターですが、その数キロ先の中標津空港がルート上にあるので、空港を降りたらすぐ歩き始めることができます。

kitanemuro_ranch_way_0
でも、やっぱりスタートから歩きたいので、交通センターまで戻って歩く予定でしたが・・・雨。

もう午後2時過ぎていて、待っていても止まなそうだし、合羽を着て歩くほどの気概もなく、タクシーでその日の宿泊予定地、民宿地平線へ。

優しいご主人と、明るい奥様が出迎えて下さいました。

kitanemuro_ranch_way13
この民宿が素晴らしかった・・・と、民宿地平線のレポートは次回。

 

北根室ランチウェイを女一人で歩く

1★北海道東にある71.4kmの歩道を歩きたい!
2★民宿地平線は親戚の家のようなあたたかさで
3★民宿地平線〜開陽台の先
4★佐伯農場到着!
5★ずっといたかった佐伯農場
6★佐伯農場〜養老牛温泉
7★養老牛温泉〜モアン山
8★モアン山〜中標津交通センター

北根室ランチウェイオフィシャルサイト

・北根室ランチウェイ支援のサイト(プロジェクトは終了しています)
おじさんたちが拓いた北海道の歩くための道70km「北根室ランチウェイ」を未来に

KIRAWAYを応援する会★グッズ到着にランチウェイの記憶が蘇る

 

 

アメリカ西海岸PCHドライブ【まとめ】ロサンゼルス→モントレー→サンフランシスコ

アメリカ西海岸を走るPCH、パシフィック・コースト・ハイウェイ。そのPCHをロサンゼルス→サンフランシスコまで1泊2日でドライブした時のレポを散々書いて来たのですが、最後に1記事にまとめておきます。

westcoastdrive26
仲間と5人でのロングドライブで、幹事である櫻田は海外ドライブは初めて。ロサンゼルス以外は行った事なし、という状況での準備。

詳しくはそれぞれのページを見て頂くとして、サクッと準備されたい方向けに、流れと参考リンクなど貼りまくっておきます。


準備編:国際免許書・レンタカー・カーナビ

アメリカ西海岸ドライブ旅行★準備編:国際免許証&レンタカー選び
アメリカ西海岸ドライブレポ1★レンタカーナビ音楽電源

1. 国際免許証
・国際免許書取得レポ:国際免許証取得は意外とカンタンなのにミスった
・参考記事:国外運転免許証取得手続(本人による申請)(警視庁HP)
国際免許を取ろう! – 海外旅行と国際免許ガイド

kokusaimenkyosho1
結局私は1度も運転しませんでしたというオマケエピソード付き。

2.レンタカー手配

まずはお勉強してから。
All About アメリカのレンタカー
初めてアメリカでレンタカーを借りる時の不安と疑問はこれで解消!
レンタカー虎の巻

レンタカー会社の目星を付け
Rental Cars .com
Renting Cars.com

高いけど、営業所数も多いし日本にもある大手hertzに決定
hertz の営業所一覧

保険についてはこちらのサイトを参照させて頂きました。
これだけは入っておきたい!アメリカレンタカーの保険と税金
・ABロードのたびナレ「アメリカでレンタカーを運転するために

また「ハーツGoldプラス・リワーズ」に申し込んでおきましょう(発行に時間がかかるので注意)

westcoastdrive2
3.カーナビアプリで無料その他オススメ

アメリカのレンタカー、ほぼ100%カーナビはオプションですが、無料アプリがあるので大丈夫。
データ通信がオフでも使える北米の無料カーナビ・アプリ(iPhone、アンドロイド)、Navmii GPS USA(旧NavFree)

さらに、シガーソケット持って行くとスマホが充電できてよし。
アメリカ快適旅行!ドライブ中にiPhoneとかカメラとか充電しよう!

ルート選定と観光&レストラン下調べ編

計画に役立つサイトをまとめ直しました。
ロサンゼルス-サンフランシスコドライブ旅行★準備編:ルート選定1日目

ルートは先達のレポートを読みまくって決めました。

カリフォルニア セントラルコーストをドライブ
パシフィック・コースト・ハイウェイ(PCH)を走る
南カリフォルニア・ドライブ旅行記
カリフォルニア101から1号海岸線観光スポット5選
絶景のカリフォルニア・コーストを走る!ルート1ドライブのすすめ
GWアメリカドライブのススメ(2)パシフィック・コースト・ハイウェイ爽快ルート

1日目 LA→モントレー(トータル13時間,運転9時間)

6:00 LA出発
朝は渋滞するので、早朝出発が絶対ポイントです。
ちなみLAではAirbnbを利用しましたレポ

<3時間ドライブ>

9:00 サンタバーバラで朝ごはん休憩 2時間滞在
Spotlight:サンタバーバラ
アメリカ1美しいサンタバーバラへの旅
Trip Advisorの朝ごはんランキング
・実際に櫻田が行ったレポ「モビーデイックレストランでボリューミーな朝食を

<2.5時間ドライブ:一度道に迷った>

westcoastdrive7
13:30 モロベイ 休憩 1時間半滞在
魚好き必見!海を眺めながら絶品シーフードを楽しめる海の街 モロベイ
海辺の巨岩、カヤック、シーフード!モロベイで過ごすカリフォルニアの休日
サンフランシスコからの西海岸ドライブと温泉の旅(2011年8月)。。。その11
「モロベイとモロロック」オシャレなシーフードのお店「Galley」
Rose’s(音注意)

westcoastdrive9
ビッグサーの絶景
海外セレブに大人気!アメリカの絶景「Big Sur」の壮大な景観が美しすぎる【動画】
美しいカリフォルニア・コースト「Big Sur」を行く
カリフォルニア、ビッグ・サー”大地と海が出会う場所”

westcoastdrive18
<2,3度寄り道しつつ、4時間ドライブ>

19:00 モントレー 着
pot Light モントレー&カーメル
モントレー & カーメル2泊3日の旅
・Uberの運ちゃんオススメのレストラン「Sea Harvest
・実際に櫻田が行ったのは「The Fisher Hopper

宿泊はいわゆるモーテルで、ドライブ旅行の気分もアップ&節約
ペリカン・イン(モントレー)
westcoastdrive22
当日は満室でしたので、やはり事前の予約が無難です。

★ 2日目 モントレー→サンフランシスコ (トータル4.5時間,運転4時間)

7:30 モントレー出発

<2時間ドライブ>


9:30 サンノゼ 朝ごはん休憩 30分
Trip Advisor サンノゼ
サンノゼの朝食事情 エッグベネディクトの食べ比べ
Bill’s Café San Jose で人気のダイナーで 朝食
・櫻田が行ったのはこのお店「Bijan Bakery & Cafe

westcoastdrive24
<2時間ドライブ>

westcoastdrive28
12:00 祝サンフランシスコ着!


ちなみに、サンフランシスコユニオンスクエアど真ん前のウェスティンホテルは、それ程高くないのに激しく利便性が高いロケーションで、サービスも良く綺麗で、オススメです!

ウェスティン(サンフランシスコ・ユニオンスクエア前)
westin_sf1


大きな写真が一杯の詳しいドライブレポはこちらから。
アメリカ西海岸ドライブレポ2★ロサンゼルス→サンタバーバラ→モロベイ
アメリカ西海岸ドライブレポ3★ビッグサー→モントレー泊→ロサンゼルス(最終目的地)

最後に:西海岸ドライブを振り返って

・迷っていたけど、西海岸をドライブして本当に良かった!

ドライブは友人の提案。海外ドライブなんて初めてだったので、最初は断ろうと思っていました。しかし、このドライブのお陰で、今回の1週間のアメリカ旅行が、人生で最も楽しかった旅行の一つになりました。

ドライブなんて危険だし面倒だし、LAからサンフランシスコなんて、時間がかかってかったるいし、飛行機で行けばいいや・・・その通りで、大した節約にもなりません。

でも、間違いなく「死ぬ時に思い出すレベルの思い出」になりますし、人生の経験値は確実にアップします。アップしても何もいいことはありませんけど(笑)

・下調べは念入りに でも、当日は気まぐれな出会いを楽しむ!

予定通り、オススメ観光スポットと評価の高いレストランに行っても、心に残りません。

Uber(Uber利用レポはこちら)の運チャンに聞いて入った地元民に人気のレストラン、道に迷って偶然見つけた小さなお店、皆の気分で決めた朝ごはん。。。そういった、交流や偶然の出会いの中に、旅の醍醐味があると思います。

だからと言って土地勘のない場所に何も調べないで行くと、大きく道に迷って偶然の出会いすら辿り着けなかったり、美味しそうなお店のあるエリアの当たりも付けられず、無駄に時間と体力を消費し、ラッキーな出会いの確率を上げることができないと思います。

なので、下調べは念入りに!そして、当日はそのバックアッププランがあることに安心しながら、気まぐれな寄り道を楽しむ、というのがベストなんじゃないかと思いました。



最後に、ガイドブックですが、一番詳しいのは「地球の歩き方」ではないでしょうか?友人が持って来てくれたのですが、重宝しました。

だいたいどこでもネットは入りますので地図には困りませんが(除くビッグーサー)、情報の一覧性に優れているし、ドライブって小さな街にも寄れるので、マイナーなところまで網羅していて助かりました。
櫻田こずえ西海岸ドライブ記事一覧

アメリカ西海岸PCHドライブ【まとめ】ロサンゼルス→モントレー→サンフランシスコ

アメリカ西海岸ドライブ旅行★準備編:国際免許証&レンタカー選び
ロサンゼルス-サンフランシスコドライブ旅行★準備編:ルート選定1日目
アメリカ西海岸ドライブレポ1★レンタカーナビ音楽電源
アメリカ西海岸ドライブレポ2★ロサンゼルス→サンタバーバラ→モロベイ
アメリカ西海岸ドライブレポ3★ビッグサー→モントレー泊→ロサンゼルス(最終目的地)
アメリカ西海岸ドライブレポ4★駐車違反しててHertzから114ドル請求が来た