六本木東京シティービュー★スカイデッキの超開放感&絶景をおトクに楽しむ割引法&裏技

六本木東京シティービューのスカイデッキは、東京で一番気持ち良い場所だと思う櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!(櫻田調べ・ただし天気の良い日に限る)

東京の展望台って屋内であることが多いと思いますが、ここは野外よ屋上よ!見上げれば空さっ!


これはいつかの昼間。窓越しの景色とは全然違います!屋内展望台に+500円だけど、是非!

先日、学生は夏休みが始まっている7月後半の金曜日の夜に多分4回目で行って来ましたが、それでも空いてました。穴場と言えるのでは?

ガラス等遮るものが何もない状態で、東京タワーも、スカイツリーも、お台場も、新宿ビル群も、羽田空港も、遠く東京湾を挟んだ千葉の沿岸、横浜、もちろん天気がよければ富士山も、海抜270メートル(ヒルズの最上階54階のさらに上です)の上空でパノラマの絶景が楽しめるんです。

東京の超オススメスポットです。

素晴らしいビューは、オフィシャルサイトから是非ご覧下さい!

・オフィシャル:東京シティービュースカイデッキフロアガイド

六本木東京シティービュー★スカイデッキをおトクに楽しむポイントとかまとめ

・屋内展望台(52階)1,800円+スカイデッキ(屋上)500円=2,300円
【基本裏技】屋内展望台チケットはコンビニで事前に1,500円で買える
・浴衣を着て行くとスカイデッキの追加料金500円が無料になるキャンペーンがある
・日入り前後はチケットカウンターが混雑するので、当日早めに買う&引き換えておく
・スカイデッキ500円のチケットは屋内展望台の52階の自販機でも買える
・スカイデッキは荷物はNG 100円コインリターン形式のロッカー利用 傘ロッカーもある
・屋内展望台のみの利用でもロッカーは利用可能なのでオススメ
・52階の美術館のチケットだけでは、屋内展望台には入れないのだが、実はちょっと展望スペースがある
・52階の美術館+東京シティービューのセットチケットはお買い得
・52階の美術館等+スカイデッキ(屋内展望台いらね)はできません
・オススメ時間帯:日の入りちょっと前〜夜景(正味一時間程)
・真冬のスカイデッキはあまりオススメできないかも・・・
・展望台チケットが、六本木ヒルズレストラン等で割引券になる!

屋内展望台(52階)1,800円+スカイデッキ(屋上)500円=2,300円

最新情報はオフィシャルをチェック:料金表

【基本裏技】屋内展望台の1,8000円のチケットはコンビニで事前に1,500円で買え!

詳細はオフィシャルの料金表の最新情報をご確認下さい。2017年7月現在、ローソン、ミニストップ、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクスのチケット端末でOKだそう。

ちなみに、日比谷線六本木駅のヒルズ側改札からヒルズへの地下道に平行して、飲食店が並ぶ道があるんですが、そこにファミマ(ノースタワー地下1階)があるのでそこで買うのが便利だと思います。

改札出たら、左手の通路を行って、右手の「こっち」に行くと、レストラン街になっていて、ほどなくファミマが見えて来ます。


 

【裏技】ヒルズのポイントカードを持っていて、年間税抜20万円以上お買い物すると、翌年の誕生日に「展望台・美術館・スカイデッキ」の無料ペアチケットが貰えます。

ヒルズカード:ベネフィット

【裏技】浴衣を着て行くとスカイデッキの追加料金500円が無料になるキャンペーンがあり、多分毎年夏にやってると思います。

オフィシャル:浴衣 DE 無料スカイデッキ

・裏技でもありませんが、美術館とセットになった年間パスポート6,000円は破格だと思います。

森美術館:年間パスポート

でも、何度も行く訳じゃないからね。

日の入り前後は「チケットカウンター」が混雑するので、当日早めに引き換えておく

コンビニで購入した前売り券はチケットカウンターでこういう感じのチケットに引き換えが必要です。


チケットカウンターは展望台へのエスカレーターの入り口手前にあるのですが、土日の日の入り前後辺り、イベント時は混みます。

だいぶ以前は、前売り券をチケットに引き換えるブースは別にあって混雑してなかったようなのですが・・・現在は当日券と同じ列に並んで引き換える必要があります。

土日祝などやイベント時は、できれば午前中や明るいうちに、事前にチケットを引き換えておくとスムーズです。

ただ、引き換えは当日のみ!引き換えた日のみ有効です。

スカイデッキ500円のチケットは屋内展望台の52階の自販機でも買える

美術館と屋内展望台のセット券や招待券等をお持ちで、スカイデッキのチケットだけ購入したいだけなのに、混雑時は並ばなきゃいけないのか・・・。

いえいえ、屋内展望台のある52階のスカイデッキ入り口に、チケット自販機がありますので、混雑しているチケットカウンターで並んで買う必要はありません!

こちらの方が圧倒的に空いていると思います。

スカイデッキは荷物はNG 100円コインリターン形式のロッカー利用 傘ロッカーもある

スカイデッキは荷物はNGで、貴重品以外は100円コインリターン形式のロッカーを利用することになります。

帽子やマフラーなどの飛んじゃいそうなものも注意されます。雨の日は傘ロッカーもあるのでご安心を。

あ、でも、雨が振っていると結構すぐに閉鎖されますので、その点はご注意下さい。

屋内展望台のみの利用でもロッカーは利用可能なのでオススメ

屋内展望台も手ぶらで楽しみたい方は、スカイデッキ専用のロッカー以外にも、美術館利用者向けのロッカーがあり(ミュージアム入り口エスカーレーターの下)、そこは自由に入れるスペースなので、そちらのロッカー利用をオススメします。こちらも100円リターンです。


ちなみに、チケットカウンターのある階には傘ロッカーしかなく、ヒルズ側にコインロッカーはありますが有料です。

ヒルズの買い物客にリターン式ロッカーを使い放題されたら困るからでしょうかね。52階のみです。

52階の美術館のチケットだけでは展望台には入れないのだが、実はちょっとだけ展望スペースがある

美術館は52階にあるのに、その入館チケットだけでは同じフロアの屋内展望台には入れず、別料金いなります。大きなフロアの窓側、外側が展望台スペースになっていて、美術館は内側なんですよ。ちぇっ。

オフィシャル:フロアマップ52階

しかーし!フロアマップをよく見て下さい!左上のほう。

最後に美術館を出てエレベーターに戻るわずかなスペースだけ窓に面していて、ちょっとだけ展望を楽しむことができるんです。

ちょっと見てみたいんだけど、わざわざ展望台の料金を払うのもな・・・という方は、ここでどうぞ。

ちなみに、52階の美術館+東京シティービューのセットチケットはお買い得なので、屋内展望台&スカイデッキも楽しみたい方はこちらを!

・森美術館:チケット情報

なお、52階の美術館等+スカイデッキ(屋内展望台いらね)はできません

屋内展望台なんていいんだよ、スカイデッキだけで・・・と思われる方もいらっしゃるかと。

52階って、たまに無料で入れる展示会やってるんですが、500円払ったらそこからスカイデッキ行けないかな・・って、櫻田思ったんです。

しかし!屋内展望台の料金も払わないと、スカイデッキには行けません。

スカイデッキは屋内展望台の有料オプション的存在です。諦めましょう。

オススメ時間帯:日の入りちょっと前〜夜景(正味一時間程)

日の入りはオフィシャルサイトに表示されています。

日の入りの時間になっても、しばらくは明るいままですが、刻々と変化していく空の色、ちょっとずつ灯っていく街の光、ちょっと待ちますが、完全に日が落ちた後の夜景も素晴らしい。

ここまでは必ずスカイデッキにいましょう。外の方が圧倒的に素晴らしいです。

で、個人的には、完全に夜景になってしまうと、屋内の展望台とそれほど変わらない気もするし、屋上は座る所も少なく疲れて来るし寒くなるので、日が落ちて暗くなったら、屋内展望台に戻り、ソファーや椅子席でゆったりとしましょう。

入り口付近の椅子席は混雑していますが、かなり奥に行くと比較的空いてます。

金曜日夜8時前はガラガラでした。

真冬のスカイデッキはあまりオススメできないかも・・・

空気が澄んでいる冬の方が、写真のクオリティも素晴らしいものになると思いますが、何せ寒い!!!超絶寒い!寒いです、ほんと寒い!痛い!←分かったよ

せめて日の出ている昼間の方が身のためだと、寒がりの櫻田は思います。

遮るものもないので、もの凄く冷たい風がびゅんびゅん吹き付けて来て、隠れるところもないし、座るところもないし、とにかく寒い。凍えます。

・展望台チケットが、六本木ヒルズレストラン等で割引券になる!

ので、捨てないでね。
オフィシャル:チケ得

櫻田こずえ写真ギャラリー

#主に7月7時前〜8時半くらいの写真ですが、それ以外のものは明記しています。

52階から屋上に続くエレベーターを降りると、なんかターミネーターが出てきそうな?、工場っぽい通路を抜け、さらに上がって行くと・・・。


 

おーーーーーっ!屋上だ!

すごい!パノラマビューです・・・


が、左端にちょっと写っている通り、構造物がちょっと邪魔してて、360度パノラマビューではありません。

また、建物の真ん中部分にちょこんと浮き島のように展望台がある構造なので、端から地上を見おろして背筋がブルッとするのを楽しむことはできません。

このように、視界の手前に必ず構造物が入っちゃうんですね。


でも、それゆえに、こんな手すり一つで地上270mの屋外の絶景を楽しめるんだと思います、安全管理的に。

でも、安心して下さい。みんなが見たい、東京タワー側と、新宿都心側に2ヶ所、展望デッキっぽいものがあり、そこはフリービューです。

東京タワー&お台場&スカイツリー&千葉&東京湾側に一つ。

#3月くらいに来た時で、7時過ぎくらいだったかな。

 

新宿&富士山側にも展望デッキっぽいスペースが一つ。

どちらも座って寛げる段差があります。


 

ちなみに、金曜日の夜は、外国人率90%くらいでした。

おのろけショット。


まあ、デートには最適ですわ。



さて、六本木ヒルズって通常は「ここに観光に来てどうすんねん?」という気がしてならないのですが、夏等の観光シーズンはテレビ東京と一緒にいろいろイベントしてるので、エンターテイメント性が上がります。

夏は毎年ドラえもんが沢山現れて、触りたい放題、写真撮り放題で、大人気です。確か、盆踊りとかもあるし、子供向けのイベントはかなり充実しています。

オフィシャル:イベント情報

再びおのろけショット。いらないよっ!


 

ちなみに、日の入りまでちょっと時間を潰したい大人には、TUSKというバーがオススメです。オシャレで、かつサクっと飲むのにピッタリ。


で、ひんやりスイーツ召し上がれキャンペーンのかき氷を食べようと思ったら、17時までだった・・・と、ショックで仕方なくビールを飲みました。仕方なくです。


毎年恒例のグルメバーガーグランプリもオススメです。



それでは、おトクに楽しく、六本木東京シティービュー&スカイデッキの超開放感&絶景をエンジョイしてくださいませ!

#本情報は、2017年7月以前に櫻田こずえが実際に利用、調べて作成したものですが、その情報の正確性を保証するものではありません。特に、料金等は変わりますので、必ずオフィシャルサイトで最新情報をご確認下さい。

東京シティービューオフィシャルサイト