「嫌われる勇気」アドラー心理学に触れた衝撃

2014年も半分終わりましたね!
あと6ヶ月、何をしようかワクワクしている、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

そんな時に気が早いですが、2014年のベストブック間違いなしの一冊です。
線引っ張り過ぎ、折り過ぎで、本が膨張してます(笑)

■ 「原因論」と「目的論」という考え方の枠組みに衝撃を受ける

ずーっとずっと、人はなぜ過去の「自分以外の人や環境の影響」
を引きずって生きなきゃいけないのか、疑問に思い続けてきました。

それを否定したいのではなくて、そういう人が心から自由になるためには、
その「どうしようもなかった過去の経験」に正面から向き合って、
その「トラウマ」を乗り越える必要が本当にあるのか、疑問だったんです。
だってすごく辛そうで、困難に見えるから・・・自分も含めてだけど。

トラウマって、自分の思い通りにならない「他者」が介在する場合がほとんどだし、
さらにそれは「過去」のことであるから、それはもう out of control で、
それに囚われたままでいることは、本当に苦しいことだと思うんです。

フロイト的な「原因論」に拠ると、トラウマ的な「原因」が外から降って来て傷つき、
「結果」として自分のこの性格や悩みが出来上がった、という発想になるから、
原因を特定してそこをひもといていくしかないよね、というお話しになってしまう。

でも、それになんとなく違和感を覚え続けていたのですが・・・

アドラー心理学はトラウマを明確に否定します。P29

図書館でふと手に取ったこの本のこのフレーズを読んで、購入を即決。
帰りに本屋さんで買って一気に読みました。人気の本でびっくりしました。

われわれは原因論の住人であり続けるかぎり、一歩も前にすすめません。 P28

そうなの、そうなのよ。
外に原因を求めていると、前に進むどころか、後ろばかり見ることになり、
そして結局は自分をどんどん追い込んでしまう・・・

これまでの人生に何があったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない。
自分の人生を決めるのは、「いま、ここ」に生きるあなたなのだ。P56-57

もう、ここまで読んで、涙が出ました。

#もちろん、辛い経験などその人に何も影響を与えない、そんなの気にするな、
#と言っているのでは全然ないんですよ。それは本書を読んで頂ければ分かります。

■ 「原因論」ではなく「目的論」を取ることで、状況は一変する

原因論は「原因」があって「結果」があるってことだよね。
小さい頃お父さんが浮気したから、男性を信頼できなくなってしまった、とか、
小さい頃愛されなかったから、他人を愛することができない、とか。

で、目的論?何だろうそれ?

例.1)嫌な上司がいて、仕事ができないんです、もうストレスで・・・・

「あの上司がいるから、仕事ができない」と考える。これは完全な原因論です。そうではなく「仕事をしたくないから、嫌な上司をつくり出す」と考える。あるいは「できない自分を認めたくないから、嫌な上司をつくり出す」。こちらは目的論的な発想になります。P149

例.2)欠点ばかりの自分が嫌いです・・・・

なぜあなたは自分が嫌いなのか。なぜ短所ばかり見つめ、自分を好きにならないでおこうとしているのか?それはあなたが他者から嫌われ、対人関係のなかで傷つくことを過剰に恐れているからなのです。あなたの「目的」は、「他者との関係のなかで傷つかないこと」なのです。

男性に振られて自尊心を傷つけられるのが怖いから、信じる勇気を出す代わりに父親の浮気を持ち出す。
他人を愛する勇気が出ないから、愛されなかったという物語を作る。

目的論で考えると「今ここにいる自分」が主体になる。
一見厳しいけれど、目的論で考えることで、自分で解決できる問題になる。



アドラー心理学は、この「目的論」だけがすべてでは、もちろんありません。
人生の嘘、共同体感覚、人生のタスク、勇気づけ、自己受容・・・
「すべての悩みは対人関係の悩み」と言うアドラーの心理学に、是非触れてみて下さい。
入門書としてこの本以上に素晴らしいものは無いと思います。

あなたの不幸は、あなた自身が「選んだ」ものP44

問題は過去ではなく、現在の「ここ」にあります。あなたが変われないでいるのは、自らに対して「変わらない」という決心を下しているからなのです。

アドラー心理学は他者のせいにしないので、厳しい側面もあるけれど、
なぜそれを厳しいと自分が感じるのか、そこから考えて行くと、
今まで袋小路にハマっていた悩みが、少しずつ溶けて行くような気がします。

他者の視線を気にしている。それは他者への関心ではなく、自己への執着に他ならない P183

健全な劣等感とは、他者との比較のなかで生まれるのではなく、「理想の自分」との比較から生まれるものです。P92

櫻田は、プライドが高いのに劣等感が強い、という自分の性格が嫌いでした。
どうしてそうなってしまうのかも、分かったような解釈をしながら、結局変わらない・・
でも、アドラー心理学に出会い、それを原因論ではなく目的論で考え、
そして「健全な劣等感」の枠組みで自分のことを考えるようになって変わりました。

「自慢する人は自信が無い人」というのもまさにその通りで、
変なプライドがあるのも、自信がないからで・・・・

いろいろな自分の悩みを、違う視点で捉え直すことで状況が一変する、
というパラダイムシフトの衝撃を味わうことができました。



アメリカで書かれた自己啓発本は、アドラー心理学に影響を受けたものがとても多いそう。
例えば、カーネギーの著書や「7つの習慣」に、
アドラー心理学の応用を明確に見ることができます。

今まで沢山の自己啓発本を読みましたが、
心理学のバックグラウンドをフロイトやユングに置いていたから、
(と言う程勉強してませんが・・・)
どこかで理解にねじれが生じてしまって、
「なんとなくすっとしない」感じがあったんだなと思いました。

だから、アドラー心理学の本を読んで、ものすごくすっきりしました。

■ 大マジメな本なのに、ゆえに笑えてしまうww

この本は、青年と哲学者との対話形式で進められます。

青年はフロイト的「原因論」心理学にベースを置いており、
口論は達者で頭の回転も早い(たまに空回り)。
しかし、人付き合いは苦手で、自分に自信がないけどプライドは高い。

そんな青年が「人は変われる」「誰しも幸せになれる」とか言う、
アドラー心理学を研究する哲学者に「是が非でも論破してやる!」
と、食って掛かる設定です。

ええい、くだらない!なんて馬鹿馬鹿しい考えだ!
な、なんですって!
しかし・・・しかし、それは納得しがたい!
わたしを糾弾されるおつもりなのですね!
あなたはわたしをペテンにかけようとしている!

こっちがくすぐったくなるような青い台詞、過剰反応が乱発されます。
これは、狙ってやってるとしか思えません。
そんなやりとりに苦笑しつつ、そういえば程度の差こそあれ、
私も青年のような考え方を持っているかも・・・と読んでみると面白いと思います!

■ アドラー心理学オススメ書籍


「嫌われる勇気」アドラー心理学に触れた衝撃」への8件のフィードバック

  1. なっぴ
    こんばんは〜。

    櫻田さんは、本当に勉強熱心で、また、常に自分自身を見つめ直してらっしゃって、ご立派だなぁと思います。

    私は、ここ数年、労せずして結構幸せ、というぬるま湯の中にいるような生活を送っているので、もっと自分自身の在り方についてじっくり考える時間を持たないといけないと思っています。

    プライドを持つことは、悪いことではなく、何かを頑張る上ではとても大事だと思います。私は、昔はもっとプライドが高かったと思うのですが、いつの間にか、まぁいいや、と考える癖がついてしまいました。なんでも適度に、というのがベストなんでしょうけど、人間ですから、難しいですよね^^;
    1. kozue 投稿作成者
      なっぴさん、
      コメントありがとうございます★

      「労せずして幸せ」素晴らしいことではないですか!
      そもそも、自分が幸せだと思うのって、技術というか、大人のたしなみというか、人としてできた方でいらっしゃるからこそ思えることだと思うのです!
      自分は幸せなのに、それに気づこうとせず、不幸だと愚痴を言っている人が多い中で・・・

      何でも適度に、そのバランスって、オシャレも人生も難しいですよね。でも、自分なりのベストな適当さ(笑)を、見つけられたらなと思います!
  2. pico
    「嫌われる勇気」、私も読みました!
    すごくよかったです。もっと骨肉にしたいので、再読しようと思っています。
    タイトルだけがしっくりこず、どちらかというと「自分を好きになる勇気」のような気がします。
    青年との対話形式もわかりやすく、読者側の疑問に細やかに答えようとするとても丁寧に作られた本だなぁと感じました。
    青臭さもちょっとくすぐったくて、だからこそ憎めないw

    セミナーをやっているところもあるんですね。これは初めて知りました。
    ほんと、こずえさんは勉強熱心だなぁ。
    1. kozue 投稿作成者
      picoさんへ、
      コメントありがとうございます★

      読まれたのですね!とっても良い本でしたよね、衝撃的でした。
      そして、それ、ほんと、ご指摘通り「自分を好きになる勇気」の方が正しい!
      でも、それじゃインパクトに欠けて売れない、、とかいう大人の事情だったのかしらん。

      青臭さが漂いまくりですよねw
      あの青年、抱きしめてあげたくなりますwww
  3. サクラダ
    >櫻田は、プライドが高いのに劣等感が強い、

    この長年付き合ってきた性格のまま書いてらした頃の方が
    櫻田さんのブログは面白かったなぁ小賢しくなくて率直な感じが
    普通の人のナマの叫びのリアルさが。。。
    最近の更新が面白くなくなったのは
    プロブロガーになったからかなと思っておりましたが
    嫌われる勇気を持つことで(逆に?)
    櫻田さんの味がなくなって来ちゃいましたね
    でも更新頑張ってください
    これからも応援しております!
    1. kozue 投稿作成者
      サクラダさん、
      コメントありがとうございます★

      わーーーー嬉しいですっ!
      こういうコメントって、作家とかエッセイストとか芸人の方が、売れて来ると良く言われることですよね!
      櫻田もそんなことを言って頂けるようになったなんて、感慨です!

      櫻田、嫌われる勇気、全然持ててませんよw
      というか、櫻田には「叩かれる勇気」が欠けてるのかもしれません★
      沢山の方に読んで頂けるようになって、保守的になっているのでしょう。

      サクラダさんには、面白くないようで、ごめんなさい。
      何だか、古参の方にウケなくなって来たアイドルか芸人のような気分です。
      それはとっても難しいけど、気をつけなきゃいけないことですね。

      気づかせて下さって、ありがとうございます〜!
  4. アドレリアン
    はじめまして。
    『嫌われる勇気』読書会&講演会にご参加されると
    より深く理解されるかと思います。
    よろしければぜひご参加ください。
    11月09日(日)13:30~
    新大阪丸ビル新館 609号室 
    1. kozue 投稿作成者
      アドレリアンさん、
      コメントありがとうございます★

      ご紹介ありがとうございます!
      新大阪!関東住まいなもので・・・残念です。
      関西の方は、是非参加して下さいませ!

コメントは停止中です。