スタッカートが弾けなくて★大人のチェロ

スタッカートにとっつまずいている、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

も”ーーーーーーーーっ!
(上手に弾けなくてイラつくさま)

staccatocello
鍵盤楽器でやってたスタッカートは、鍵盤の叩き方をちょっと変えるだけだし、
なんてことはなかったのだけれど、弦楽器のスタッカートは、えらい難しい。
で、スタッカートにかまけていると、左手の押さえがおろそかになる。ぐーっ。

前回のレッスンでは、
八分音符のスタッカート×2+四分音符のスタッカートなし、
というのが延々と続く、スタッカート練習曲をやりました。

櫻田がひたすら弾き、
先生が櫻田のチェロの前にあぐらで座り込んで指導という状態

先生:はい、きちんと止める!

櫻田:止めてるもん・・・(小声で・実際止まってない)

先生:もっとしっかり!

櫻田:先生ぃ・・もう指が疲れたよぉ・・・。

先生:ダメ!力入れない!最後まで弾く!はいっ

櫻田:びょん、びょん、びょーん(チェロの音です)

先生:きちんと止める!弦が動いてない!しっかり弾く!

先生が弓を持って動かしてくれる。櫻田、すかさずサボる。

櫻田:右手が辛いです・・・

先生:(聞いてない)はいっ!四分音符は八分音符の倍の長さ弓を動かすっ!

櫻田:うわぁーん・・・(ちっくしょうっ←負けず嫌い)

笑ww スパルタ状態で、何度も繰り返しました、はい。

まあ、これくらい繰り返し、根性でやらないと、
身体が覚えてくれないです。必死でついて行きます。
先週末の自主練もスタッカートをひたすら弾きましたが、
あーん、結局何も掴めないで終った気がします。がっくし。

これはまた、レッスン前に特訓しないと、
また「苦しくったって〜」的な状況になりそう!(笑)



さて、大人から音楽を学ぶアドバンテージがあるとすれば、
理屈を理解する能力が上がっていることです。
ということで、いろいろググってしらべたところ、
これが一番しっくり来ました。

・生徒さんのスタッカートの弾き方

弓の毛を弦に向かわせながら、弦に触れる前からこする動作をはじめて
弓の毛が弦に触れたらすぐ弦から離す

・先生が提案したスタッカートの弾き方

弓の毛を弦にくっつける、こする
くっつける、こする
くっつけまくって、こする!《跳ねちゃってもいいや(笑)》

チェロ:「速いスタッカートがうまくいかない!」左手と右手のシンクロ・その2(弦はトランポリン)
http://ezplaystrings.com/?p=1315
手と腕の使い方専門・東京都府中市のバイオリン教室「バイオリン応援団」

あーこれ分かり易い!

でも、動画が欲しいの・・・と思って検索したんだけど、出て来ない!!!
「チェロ・スタッカート」じゃダメなのね「cello, staccato」だと一杯出て来る!



↑この方素晴らし過ぎる!
レッスンシリーズが上がっているので、全部見るわ!
最後にバッハの無伴奏組曲が流れるのも、痺れるっ★
あぁ、お会いしてみたいわ。ロシア人?でもアメリカにいる?

オンラインでのレッスンを提供しているんですって。Youtubeはその宣伝なのね。
すごい時代だわ!今度レッスン受けてみたい。
http://www.olgaredkina.com/

ぎゃー!Skypeでバーチャルレッスン受けられるって!それも初回無料よ!
これは面白そう過ぎるからやってみよう。
http://www.olgaredkina.com/lessons/virtual
他にも沢山動画が上がっています。



でも、家で早速やってみる事ができない、チェロの切なさ。
木曜日はPC持ち込んで動画見ながら、ひたすらスタッカートの自主練するかなぁ。。。。