カテゴリー別アーカイブ: 櫻田こずえ

週末実家でのんびりした話

週末はちょっと実家に帰っていました。

42歳になるまで、両親からしてもらったことを数えたら・・・って、してもらったことすら気付いていないことばかりなんだろうな・・・。

旅行や食事は行きたくないと言う両親だけど、何をお返しできるだろう・・・と、とりあえずいつも通りお菓子やらお寿司やら何やら買い込んで実家へ。

介護が始まったら、そんな悠長なことも言っていられなくなるかな、なんて思いつつ。



実家で洗い物をしようとして、指輪を外そうと思ったけれど抜けなくて、

櫻:もう、節が太くてやんなっちゃうのー。

と言ったら、

母:あらじゃあ、私と比べてみなさいよ。

と、手を並べて来た。

母:でもねーお父さんと比べると、私のって白魚のようだわーって思うの(笑) ほら見なさいよ、あんたの手、すごくキレイに見えるでしょ。いいわねー若くて〜。

69歳が42歳になろうとする娘に言って笑う。


櫻:あ、ほんとだ、私の手、すごくキレイに見えて来た!ありがとう!(笑)

母と血管のでかたがそっくりだし、親指の付き方が父とそっくりだとエレクトーンの先生に言われた事を思い出したりしつつ、あぁ私は二人の娘なんだな、としみじみ思う。

若い頃、汚毛穴は遺伝だと恨んだこともあったけど、それは私の宝物となったので、やっぱり感謝しかないな。

母:洗い物なんていいわよー、ゆっくりしてなさい。

父はニコニコ笑っていて、実家は愛おしい程のおだやかさ。

買って来たケーキやら何やらつまみながら、錦織君が、稀勢の里が、とか、スポーツ観戦好きな両親と、たわいもないことを話して過ごしました。



こんまりさんが、自分の家をスッキリ片付けて必要なものだけを残すことができても、実家に「捨てられないもの」を沢山とって置いてある状態じゃだめよ、と仰っていたのを思い出し、実家に少し残っていた本や細々したものを片付けてきました第二弾。

実家も断捨離して来た

段ボール3箱分くらい捨てたかな。これは古本屋さん行き。


#ちなみに両親は共に活字が好きで本が多いのですが、本を捨てるときはいつも廃品回収に出していたそう。ブックオフを紹介して引き取ってもらったところ、買取額が1万円を越えたらしく、めちゃめちゃ感謝されました。
ブックオフ楽天市場店で中古本宅配買取をオススメ★ポイントがスゴかった

学校の記念アルバムとか、写真とか、手紙とか、手をつけたらエンドレスになりそうなものは、また次の機会。でも、ようやく段ボール一個分くらいにはなったかな。

父:なんだか娘を嫁に送り出すみたいでさみしいな。。

母:何言ってんのよ、この前ようやく嫁に出したばかりじゃない。帰って来たら困りますから!あんた(櫻田の方を向いて)、そういう予定ないわよね?

櫻田家らしいやりとり。

なんだか、荷物は全部引き上げない方がいいのかなって、思いました。



特に母は、面倒ねぇーと言いながら、何かをしてあげる、教える、頼られる方が、何かをしてもらうことよりも、嬉しく思っているように感じます。

アトピー用のゴム手袋を買っていてくれたり、靴下や何やら持たせてくれて、あれは大丈夫か、これは大丈夫かと心配してくれる両親。

42歳を越えても、まだまだしてもらうことばかりなのかもしれない。


勝手に生えてくるのよ、困っちゃうわよねーと言いながら、きちんとハンギングされているクリサンセマムノースポール。

庭のオリヅルランを指差して、

櫻:あれって小学3,4年生の時に担任の先生に分けてもらったオリヅルラン?

母:そうよー、もう、増えちゃって大変なんだからー。

おぉ、30年ものか。

植物も動物も、何でも受け入れて世話を惜しまない母。

あ、水やりは父の仕事みたいです。



お会いする方が時折気にかけてくださるんです、おばあちゃんは元気?って。

いろいろあって、今は岡山に行くな令が発令されているので、しばらくは行けないのですが。

おばあちゃん、虫歯ができたけど、歯医者に行かないってダダこねていたらしいんですが(笑)、それくらい、元気だそうです。

再開

一週間以上風邪をひいていた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

楽しみにしていたイベント等をキャンセルしたのもあり、気力の落ち込みがひどく、ブログを書く気も全く起きず、ぼーっとワイドショー見ては寝る日々を過ごしていました。

いやぁ、でも歳で回復力が落ちたのか全然治らなかった・・・。

聞く所によると、風邪が大流行りのようですが、皆さま、そして皆さまのご家族はお元気でしょうか?

まだ完治はしていないのですが、ぼちぼちと再開して参ります。

 

不幸な猫をこの世からなくす活動:Cさん突然インタビュー

近所の野良&飼い猫は殆ど把握している、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

さて皆さま、野良猫の「耳カット」ってご存知ですか?不妊去勢手術をした証拠に、耳をカットすることなんだそう。

tnrcat
最初聞いた時はちょっとかわいそうに思いましたが、その目的を伺って納得しました。
公益団体どうぶつ基金:さくらねこ♥TNR活動

今日、たまたまお会いした野良猫救済活動をされているCさんから教えて頂きましたので、突然ですがそのCさんのお話を伺います!

#猫の飼い方、野良猫について等、いろんな意見をお持ちの方がいらっしゃると思います。これはあくまで一つの考え方を主張するものであり、他の考え方を否定するものではありません。

野良猫協会会長を夢見た少女

もともと猫が好きだったんです。野良猫を拾って来ては怒られて・・・自宅では飼えなくて、祖母の家で飼っていました。大人になったら「野良猫協会会長になる!」と、漠然と思ってました。
野良猫協会って(笑)
そんなもの存在しないんですけど、勝手に(笑) でも、それからずっと猫からは遠ざかっていたんですよ。

獣医学部に入った娘のために猫を飼うことに

また飼い始めたのは、娘が獣医学部に入ってから。娘はずっと犬を飼いたいと言っていたのですが、私は仕事もしているのでペットは飼えないと言い続けていて・・・でも、獣医学部にいてペットを飼ったことがないっていうのはかわいそうだなと思って。

それで、ペットショップではなく、里親募集サイトで犬を探すようになりました。でも、子供が「私が散歩するから犬飼って!」っていうのは、絶対守られないのは知っていました。
はい!それ小学3年生の時の私です(笑)
やっぱりね(笑) 仕事の関係で私が散歩出来ない日も多いだろうと分かっていて、それでは犬がかわいそうなので、猫を飼おうということになりました。
そして、里親団体さんから猫をもらって来たのですが、1匹しかダメって言ってたのが、ボランティアさんのどうしても!に押されて、もう1匹引き取ることになって・・・。

でも、その1匹が脱走してしまったんです。

tnrcat3

脱走猫を探した26日間で知った、野良猫の厳しい現実

その子は簡単に捕まえられるような子じゃないので、捕獲器を近所にかけて探すことになりました。そうしたら、毎日毎日、山のように野良猫が入って来たんです。

元気な子もいれば、傷ついていたり、栄養失調だったり、病気で息も絶え絶えな子もいて、野良猫の悲惨な現状を初めて知りました。

ほとんどは不妊去勢手術をしていない猫ばかりで、そのまま返しては、どんどんまた不幸な野良猫が増えてしまうだけなので、自分のコストで手当や手術をしていました。

自分の子はなかなか見つかりませんでしたが、周辺の野良猫を大方保護したり不妊去勢手術したところで、とうとう見つかりました。脱走してから26日経過していました。

詳しくはこちら→新米野良猫ボラ奮闘記


#やっと再会出来た龍馬君の実際の写真です。

「えさやりさん」と地域社会と野良猫と

それから、平和に半年ほど過ぎた頃、20匹くらい野良猫が集まっている場所があることに気付きました。猫を飼い、脱走した猫を探すようになってから、猫目線になったんでしょうね、今までは気付きませんでした。

そこには、野良猫にエサを与えている「えさやりさん」がいたんです。
「えさやりさん」!地域に1人はいますね、うちの近くにもいます。
でもね、みんな手術してないから、どんどん増えちゃう。それに、野良猫が集まっていると、捨てに来る人がいて、どんどん増えてしまう。

えさやりさんも、不妊去勢手術をしなきゃいけないのは分かっていても、エサ代もかさむし、もうこれ以上はお金は出せないって言うんです。でも放っておけないから、エサだけやり続ける・・・そんな状況でした。

tnrcat2
そこには3匹、人慣れした猫がいたんです。人慣れした子は、放っておくと悪い人に連れて行かれて虐待されたりしまいがちなので、放っておけなくて。仕事関係の知り合いに、猫を15匹くらい保護している人がいて「とにかくまずは保護してあげて、里親探してあげて。最終的にどうしようもなくなったら、私が引き取るから。」って言ってもらって、不妊去勢手術は自腹でして保護しました。

結局知らない人には託せなくて・・・2匹はこの方に、1匹は自分で里親になりました。

そこから野良猫を見つけては、不妊去勢手術をさせて、元の場所に戻す活動(TNR)が始まって、人慣れした子は保護して里親探しをする、という活動が始まりました。3年くらいで30-40匹不妊去勢手術をしました。8匹里親を探し、5匹は現在募集中です。1匹は余命短く入院中です。

それだけの保護活動を、ボランティアで個人で(つまり自腹で!)されるって、すごいです!

現在里親募集中の猫ちゃん
東京都 大田区 – 美猫姉妹 あいちゃん

東京都 大田区 – 美猫姉妹 れいちゃん

東京都 大田区 – 人間大好き 呼んだら来る甘えん坊

活動はのゴールは「不幸な猫をこの世からなくすこと」

NPO団体とかに入られて活動されているんですか?
いえ、個人的にやっていて、団体等には入っていません。
活動のゴールというか、目標は?
不幸な猫をこの世から無くすことです。

殺処分ゼロを目標にするのも一つの方法ですが、それだけじゃダメなんです。殺処分される猫を100匹保健所から引き出して、狭いシェルターに閉じ込め、それで殺処分ゼロが達成されても意味が無い。

猫が動物の福祉に基づいて幸せな生活を送っている状態じゃないと意味が無いんです。

そもそもは、悪徳ペットショップやブリーダーが諸悪の根源です。責任を持って猫を飼うという人だけが猫を飼っていたら、不幸な猫は生まれない。そこに規制をかけて行こうと活動する団体もあります。その一方、地域社会と野良猫を守る、草の根活動をする人達もいる。多方面からの取り組みが行われています。世の中に不幸な猫がいなくなるまで、私はその草の根活動を続けて行きたいと思っています。

ネコジルシ(猫好きのためのSNSコミュニティ)でのCさんの日記

tnrcat5

不幸な猫、不幸な動物を減らすために、私たちにできること

近所に猫を放し飼いにしていて、しょっちゅう小猫が生まれている家があるんですが・・・可愛いなって見てたんですけど・・・
まず、不妊去勢手術していない飼い猫は外に出したらダメ。野良猫に子供を産ませてしまうから。そうじゃなくても、病気をもらったり、ケガをしたり、糞尿で地域社会に迷惑をかけることにもなります。それにね、飼い猫にどんどん子供を産ませて、そして生まれましたあげます、引き取ってください、じゃなくて、飼えないなら不妊去勢手術をきちんとしなさいと飼い主さんに言いたいですね。
不幸な猫を減らすために、私たちにできることって何でしょうか?
まずは正しい知識を身につけてもらうこと。耳カットの意味を知っただけでも、第一歩。それから、活動をしている団体や個人に資金援助してくれることも、非常にありがたいです。

こんな取り組みをしている団体もあるんですよ。

NPO団体ねこだすけ
皆でお金を出し合って「地域猫」として猫と共生していこうという取り組みをしている団体。
近所で、猫が沢山いるような場所があったら、こういった団体に相談するのも、私たちにできることかもしれませんね。


櫻田の住んでいるマンションはペット禁止ですし、いきなり里親になることはできないけれど、今まで知らなかった猫と人間の世界を教えて頂いて、とても勉強になりました。

Cさん、ありがとうございました!

東京を離れて過ごしています

いつもいつも、迷ったり悩んだりして生きている。きっとあなたも。

tokyowohanarete
考えても答えは出ないことを、いい加減分かっているのに、でも、悶々と。



新しい包丁はいらないと言うおばあちゃんと、ネットで調べてやんややんやの包丁研ぎ。
・デフォでギザギザカットな包丁しかない
・砥石はあるが、磨ぎ方は忘れたらしい90歳

toishi
参考:藤次郎株式会社ー私たちは複合材包丁No.1メーカーの磨ぎ方講座(動画もあるよ)
http://tojiro.net/jp/training/sharpen_whetstone.html

無心に磨ぐ櫻田。おばあちゃんは椅子で居眠り。
こういう時間が愛おしい。ありがとう。
とりあえずトマトが切れるようになりました♪

ということで今、おばあちゃんの家で過ごしています。



未来のことを心配しても、過去を嘆いてもしょうがないから、今、行動。
無心にブログを書き続ける以外に、お前に何ができるんだっつーの。

tokyowohanarete2
しばらく滞在します。

7月中は更新抑え気味で行きます

ここ数日更新が滞っております、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
体調が良くないのと、最近迷っているのと、用事があり少し東京を離れるのと裏仕事で、7月いっぱい、しばらく更新を抑え気味で行きますという、業務連絡です。この前は3月くらいだったかしら。

・体調
は、疲れが取れずエネルギーが湧いてこないという程度。仮病か。常にブログ書いていないと不安病も煩っている。

・迷っている
のは、今後ブログどうしようかなとか、どういう方向性で行こうかな、これ読んで楽しいのか?私って何?中二病かよ!というところでぐーるぐる←重い。

・東京を離れる
のは、1週間〜10日くらいで、日程はまだ確定しておらず。

でも、全く更新しません!キリッってことはなく、チョイチョイと生存確認的に記事をあげます、あげさせて下さい!あ、あと、

・裏仕事
というのは、先日ビッグデータとか扱ってる人に「なぜデータがあるのに分析しない?お前バカか?」と言われたのがきっかけで。

今までそういうことするが嫌いで「SEOって面白いか役に立つ記事を書くこと以上に効果あるわけ?え”ぇっ?」などとケンカ腰でしたが、ただ面倒だっただけなんですよね・・・。
SEO:検索エンジン最適化、検索結果に上位表示させるためのノウハウ

SEOだけじゃなくて、ブログのアクセスデータ解析して、読者の方にストレスを与えない仕組づくりとか、読みたい記事に辿り着きやすい構造になってるかとか、どんな記事がダメかとか、さらに、読者の方をイラッとさせず効果的に儲けるアドセンスの貼り方とかとか(櫻田はお金を稼ぐためにブログを書いています)、他のブロガーさんはどうやって稼いでいるのかなとか、ちょっと真面目に勉強したりデータ分析してみようかなと思い。

ビッグデータ扱ってる人、ありがとうございます!

あと、サイトのゴミ処理とか、修正とか、リンクなおしとか、CSS書き換えとか、そういった細かい裏仕事にも取り組もうと思っています。



有森裕子さんの言葉より
日本人はね、何年か休むと「ブランク」って言うでしょ。「ブランクできたね」って。 でも、海外の人は、「良いブレイク」したねって言う。全然違うよね。

良いブレイクにしたいと思います!

また新しいブログを作りました〜Things that a Japanese woman buys at iherb〜

6月は毎年気合いが入る月なので、ガンガン飛ばして行こうと思っている、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ということで、はい、また新しいブログを作りました。まだ作っただけで、続けられる保証はありませんが。

Things that a Japanese woman buys at iherb
http://i.sakuradakozue.com/
thingsthata


毛穴ブログ英語版に引き続き、iherbの個人輸入ブログの英語版を作りました。
今年は英語力強化年間として、英語でブログを書く頻度をアップしたいと思っていて、
もう一つ現在準備をしています。

#このiherbブログの更新情報は、櫻田こずえ総合サイトには配信しない予定です。



さて、iherbはご存知アフィリエイトが盛んなサイトです。
(その方法についてはここでご説明しています。)
櫻田の紹介コード「ANA569」を使って誰かが買い物すれば、
某かのクレジットが櫻田に入るという仕組で、世界中に沢山のiherbアフィリエーターがいます。
ちなみに、上記iherbのリンクにも、しっかり櫻田の紹介コードが仕組まれています。

#何度もお伝えしていますが、櫻田はお金を稼ぐためにブログを書いてます。
詳細はプロフィール

で、先日、アジア人の女性から、

「日本人ってどんなコスメ買うの?」
「日本人に人気のコスメって言われたから買ったけど本当?」

と、聞かれたもので、iherbの英語版があってもいいかなと思って作りました。

お金を稼ぐことが目的だけれど、このブログをきっかけに、
アジアの女性と接点ができたら面白いな〜なんて、思っています。



もう、ホンヤクこんにゃくが実現するのも秒読みだと思いますし、
英語力がちょっとあったからって、何か稼げるわけでもないんですが、
英語力と行動力、英語とマニアックな趣味・・・
英語と自分の持っているものと組み合わせると、楽しいことが降って来る気がします。

もし、英語を勉強していらっしゃる方がこれを読んで下さっていたら、
是非諦めないで勉強し続け、そして、おなじ位、リアルに使う努力をしてみて下さい。
例えば海外旅行とか、外人パーティーとか、ボランティアとか、ブログとか、Facebookでも、何でも。

きっと、人生1.1倍くらい楽しくなります←そんなちょっとかいっ

共にがんばりましょう〜♪

イギリス在住日本人女性かほりさんと、文通始めました

ブログが人生になりつつある、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
ということは、昨日は人生一回休みか。

さて、ブログのコメントがきっかけで交流していました、
イギリスはノッティンガム在住の日本人女性かほりさんと一緒に、
文通ブログ、始めました。
#冷やし中華、そろそろ始まってますね。

ノッティンガム⇄東京 往復書簡
http://letters.sakuradakozue.com/

nottingham
いや、かほりさんが繰り出す情報や、日本に関する質問や視点が新鮮で面白くて、
櫻田の中だけに留めておくのはもったいなくて。

イギリスの文化や風土、日常生活を、
それも、ロンドンでも、観光地でもない、
ノッティンガム(実は櫻田も良く知らない)の日本人女性のあれこれを、
櫻田と一緒に伺ってみませんか?

また、長く日本を離れていらっしゃるので、
日本に対する情報や視点も、ちょっと独特で刺激になるんです。

女性同士のお喋りがそうであるように、
相当とりとめもなく綴られて行くであろうこの文通ブログを、
ちょっと時間が空いた時にでも、楽しんで頂けたら嬉しいです。

ノッティンガム⇄東京 往復書簡
〜イギリスと日本に住む二人の女性が、今気になっているモノ・コト〜
http://letters.sakuradakozue.com/

ノッティンガムの写真。何このおとぎ話空間!
2019年はイギリスに行きたいっ☆

初回の一往復は、なんだか茶番っぽい感じになってますが(笑)、
今後は、ライブでリアルに綴って参ります!
どうぞよろしくお願いします。

ねむいときはねる!

nemui
ちなみに、寝不足ではありません。良く寝てます。それでも眠い!
春眠暁を覚えず←便利な言葉ですよね。

散歩中に、車の下で気持ち良さそうに寝ていた三毛を見かけて、
そうだ、全てを投出して寝ようじゃないか!という気持ちに。

そんなグータラウィークエンドは更新すら殆どせず・・・←言い分けかいっ

#ちょっと画像表示の実験も兼ねておりまして、再掲載させて下さい。

 

nemui

これからもよろしくお願いします

ご無沙汰しておりました、櫻田です。
皆さまお元気でいらっしゃいますでしょうか?

身内のいろいろがありまして、少しワタワタしていたのですが、
それに便乗していろいろと考える時間を頂いておりました。
結局考えても何も結論は出ず、猛烈にブログを書きたくなっただけで←今ココ

ぐるぐるして結局元に戻ったんだけど、気持ち的にはスッキリした、
というだけの文章です。

■ 自分、つまらない!

昨年秋にブログを再開してから、とにかく更新だけは続けよう状態で、
なんか自分(のブログ)つまらない!このままでいいのか?
と、次第に焦って来ていました。

例えば洋服のコーディネートを掲載しなくなったこととか、
適当に外食した時や、コンビニで済ませた時の写真はアップしないこととか、
考えをオブラートで包んだり、なんか隠そうとしたりしていることとか、
会いに行けるブロガーとか豪語してたのは、どうなっちゃったんだとか。

皆さまもきっと、思われてましたよね・・。

自分はどうしたいのか、覚悟はあるのか、どういう方針で行くのか、
コーディネートは掲載しないのか、するのか、
リアルを見せるのか、飾った自分だけを見せるのか、
会うのか、会わないのか、そういうものを全て保留にしたまま、
必死で犬かきして現状維持しようとしつつ、流されている状況でした。

犬かきもキツイし、犬かきを見せられても、ねぇ?

■ 進む勇気と後退する勇気

花は美しいというと「美しくない花もある」という人が出てくる。そのクレームを想定し「美しい花もあるが美しくない花もある」と書く。それはもはや言う必要のない文となる。全ての人が納得する文では表現にならない。勇気が必要なんだ。

そんな、鈴木光司さん(「リング」の著者)のお話に出会って、ドキリとしました。
文だけでなく、行動や選択において、全ての人が納得する行動や選択など、ない。

そういう意味で「一歩前に進む勇気」が必要な部分があると同時に、
自分のダメな部分、間違っている部分は直す必要があるし、
さらに、守るべきものもある。

何でもかんでも、以前と同じように晒せばいいってもんじゃない、
と「後退する勇気」も必要とも感じていました。

えーっ、そんなリアリティ9割減の櫻田ブログに、何の魅力があるんだよ?
で、結局コーディネートはどうすんだよ・・・うわーん←答えが出なくて混乱する様

いやもう、それもひっくるめて、自分なんじゃないの?

犬かきしてるなら、犬かきしてますでいいし、
悩んで立ち止まっているならば、悩んで立ち止まってます、でいいのでは・・。
ということで、櫻田の頭の中の現状をこの記事でお伝えしてみました。

■ 2週間前のブログと何ら変わらない状態で再スタート

2週間も休んだ後なんだから、ガラッと内容が変わり、
今後の方針演説しちゃうくらいのはずだったのですが。

とにかくブログが書きたくなって、書き始めた本日3月25日。
だったのに、この記事が書き上がったのは、27日朝・・・。

コーディネートをどするのか、食卓ブログをどうするのか・・・
走りながら、日々更新しながら、考えつつ、新しいチャレンジもしつつ、
2週間前と変わらず、ブログを更新して参ります。



毛穴を撲滅しようとか、美人になろうとか、その他もろもろ、
チャレンジして、失敗して、落ち込んで、やさぐれて、
逆走して、少しは学んで、暴走して・・・それでもまた前を向く、後ろを向く、上を向く、下を向く!

そんな、櫻田こずえのドタバタ人生を、
皆さまそれぞれの方法で楽しんで頂ければ、これ幸い!
今、そう思いながらこの記事を書いています。

ぐるぐるとまとまりのない文章を読んで下さって、ありがとうございました。

櫻田こずえ

「働き美人インタビュー」をクローズいたしました

昨年秋から長らくメンテナンス状態にしておりましたが、
インタビューブログ「働き美人インタビュー」を閉鎖させて頂きました。

本来ならば、もっと早く行動を起こすべきでした。
ご迷惑・ご心配をお掛けした皆さまに、改めてお詫びを申し上げます。

なお、インタビュー掲載の継続を希望される方がいらっしゃいましたので、
一部、本櫻田ブログ中に再掲載させて頂く予定です。

短い間でしたが、ご愛読して下さった皆さま、
そして、インタビューにご協力下さった皆さま、
本当に、ありがとうございました。

櫻田こずえ