カテゴリー別アーカイブ: おばあちゃん

おばあちゃんとケンカをした日

今日おばあちゃんとケンカをした。
#岡山で周囲の親戚の方に助けてもらいながら一人暮らしする、
#91歳のおばあちゃんの家に滞在しています。

obachan201607_3
一日中、私のやることなすことに、いちいちいちゃんもんを付けて来る。それはいつものことだけど、今日はなんだかトゲトゲしい。

午前中、他の人がする予定だったけどできなくなったお盆の祭壇準備を、見よう見まねで、おばあちゃんに聞きながら作っていた。複雑な事情もあり難しいし、何しろ何がどこにあって、どこに何を置けばいいのか良く分からない。(完璧に出すと仕舞うのが面倒なので、それなりに作って欲しいという要望とか、お金とか絡んで)

なんとか作ってお花を買って来たら、長さとかお花の種類がダメだったみたいで(お花の種類で親戚から複数のアドバイスがあり、それもまたややこしくしてて)、「あーこりゃもう失敗だ。あーもったいない。」と言われて、悲しくて涙が出て来て、こともあろうに声を荒げてしまった。

失敗は申し訳ないと思うけれど、私も分からないながらに精一杯やってる。おばあちゃんに喜んでもらいたくて、花屋で沢山迷って買って来た。それをそんな言い方をしなくてもいいでしょ!そうやっていつも、お母さんや親戚のおばさんにも・・・相手の気持ちを理解する努力をしてよっ!

なんか説教まで偉そうにしてる自分。あぁ、落ち着かないとまずいな。

obachan201607_2
私はお花を買い替えに行くからと家を出た。車の中でひとり反省会をして家に帰って夕ご飯を作っていたら、おばあちゃんが散歩から帰って来た。

「ごめんな・ごめんなさい」

ふたりで同時に謝って、そして涙があふれて来た。
夜ご飯はおばあちゃんの好きなものを心を込めて作って、楽しく二人で食べた。

「こずえの作るご飯はいつも美味しいなぁ、明日から・・・。」

そう、明日私はおばあちゃんの家を発つのだ。



おばあちゃんは日記をつけているらしく、夜、照れくさそうに見せてくれた。

>1日こずえさんに悪いことばかりいって、こうかいしています。ごめんなさい。

91歳の文字で、今日の日記にそう書いてあって、また涙が出て来た。ここに来たその日から昨日までの日記は、私への感謝の言葉で溢れていた。

そして、やっと気づいた。

明日私が帰ってしまうのが、さみしいんだ。さみしくて、イライラして、悲しくて、心配で、どうしようもなくて、その気持ちを私にぶつける以外、おばあちゃんには方法がなかったんだ。

相手の気持ちを理解していなかったのは、私の方なんだ。

・・・・・ごめんね、ごめんね・・・・・涙が止まらなくて、お風呂に入ろうとしているおばあちゃんの肩で泣いて、おばあちゃんは困った顔をしながら、ずっと立っていてくれた。謝っているというより、41歳が91歳にあやしてもらっているようだった。

いつまでも、私はおばあちゃんの孫なのだ。

obachan201607_1


さみしいのはおばあちゃんだけじゃなくて、私もさみしい。ふたりがとてもさみしいのは、一週間がとても楽しくあたたかく充実していたことの裏返しで、だからこそ胸を締め付けられるようでいながら、あたたかい。

心が通い合った今日のことを永遠に忘れない。

20160727dinner2 #2人でハーゲンダッツストロベリーを食べるの図。
#ちなみに、投稿はこの「今日」の翌日です。

母とおばあちゃん

昨日早朝、母が急遽岡山から帰って来た。
固定していた歯がまた?抜けた?とかで、
主治医に診てもらいたかったらしくて。

早速昨晩、母の好きな、やわらかそうなものを買って実家に行ってみた。
コロッケ、ポテトサラダ、フルーツゼリー、ケーキ・・・。

沢山話を聞いた。ただただ話をずーっと聞いて来た。

いろいろいろいろあるみたいだけれど、
ケンカをしながらも、母はおばあちゃんのことを心から心配して、
白内障の手術や補聴器、移住について考え、文句を言いながら悩み、
ケンカをしながらも、母は余命の短いおじさんのことを想い、
緩和ケアについて、おじさんの家族についてぶつぶつ言いながら心配していた。

あ、大丈夫だな、って思った。愛があるっていうか。

もちろん母のわだかまりやら何やらが解決したとかではないのだけれど、
母は今必要とされていて、いろんな不条理に憤りながらも、
それに応えようとしていて、そこに。

長男であるおじさんとおばあちゃんは、実は現在非常に仲が悪くて、
おばあちゃんは母を頼りたいんだけど、お前が私の面倒を見ろ!
的なことを言うばっかりで、優しい言葉や感謝の言葉はかけないらしい・・・。

母:家に帰るとおばあちゃんがずっとくっついて来てほんとに邪魔なのよ。

しょうがないわーって顔じゃなくて、本当に嫌そうな表情をする。
でも、母は娘を取り戻し、ぶつかりながらやり直してるんじゃないかなって、
想像だけだけど、思いました。

「布団問題」とやらが勃発し母はおばあちゃんを怒鳴り散らした(姉談)
らしいし、本当におばあちゃんを邪険にするような表情をするけれど、
母はそもそも、いい加減にしなさいよ、と嫌な顔をしながら愛情を注ぐ人なのだ。

母とおばあちゃん、お互いが完全に満たされることはないと思うけれど、
おばあちゃん、おじさん、母(母親、長男、長女)が、
仲良くお互いに感謝し合いました、というようなことはないだろうけど。

いろいろいろいろいろいろーーーー、
まだ私も知らない、いろーーーーんなことがあるようだけれど、
話をしてて、何も良い状況だとは思わないけれど、なんか大丈夫だと感じました。

おじさんとは、白目が真っ赤に充血するくらい、
血圧が上がるくらいバトったらしいけど、
母は帰る間際にこんなことを言っていました。

おじさんがね、うなぎを食べたいって言うの。
もう、多分、味覚もほとんどないのよ・・・・。
岡山の駅(おばあちゃん家・病院から遠い)の髙島屋のが美味しいからね、
本当は今日、そのうなぎを買って病院に持って行くはずだったのに・・・。
いつ容態変わるか分からないから、早く食べさせてあげたいのに・・・。

岡山と行ったり来たりで疲れて、体重も減っているのに、
日曜日また岡山に行こうかと言っている。
大丈夫じゃないとしたら、母の疲労だな。



愛情の表現の仕方も、愛情を何で感じるかも、人それぞれだから、
愛を注いだつもりでも、受けとめる側が違えば「愛されなかった」となり得る。
お金が愛、プレゼントが愛、言葉をかけて認めることが愛、
いっしょにいることが愛、ボディータッチが愛、好きと伝えることが愛、
何におもきを置くかは、人それぞれで。

母は「好きだよ、かわいいよ」と言われて育てられていないから、
言葉による表現とか、ボディータッチが得意ではないと思う。
私達にもあまりそういうことを言ったりしなかったし、
スキンシップももしかしたら少なかったのかもしれない。
そうだとしても、それで愛されなかったとはみじんも思わないし、
また、それで愛されなかったと思う人がいても、不思議ではないと思う。

櫻田の思う愛は、言葉や表現ではないかもしれない。
面倒くさいこと、その人にとって不利益で、不都合で、地味で、好きではないことでも、
相手の気持ちや状況にベストな事を、黙って、何も言わず、恩を着せることもなく、
見返りも求めず、主張もせず、相手のため!とすら思わず、自らを犠牲にしても、
さらりと当たり前のようにやっている人を見ると、愛を感じる。

しば子の最期に見た母の献身が、櫻田が思う本当の愛だったりする。
http://keananobaka.com/blog-entry-479.html
ま、その母の愛を注がれて育ったのだから。

母にとって、今何をしてあげることが一番良いのか、
まだちょっと分からないでいるけれど、
なんか、すごいことをするんじゃなくて、出しゃばらず、だけどいつでも側にいるような、
そんな安心感とか、何て言うんだろう、便利な人でいてあげたいと思う。

ただニコニコと、いつでも飛行機のチケットを手配するし、連絡係もするし、
いつでも好きな時に、駒のように櫻田を使ってくれたらいいと思っている。
実家に残された父のことも、岡山のおばあちゃんのことも、
母が良いと思う方法で、掃除でも料理でも話し相手でも、
母の代わりにサポートしてあげたいと思う。

そして母が家族とぶつかりながら、血圧を上げて口論しながらも、
感謝されなくても、誤解されても、文句を言われても、
ふたりを心から思って頑張っているっていうことを、
私は理解して、話を聞き続けて、頷き続けてあげられたらなと思う。



巡り巡って、母の安定こそが、おばあちゃんとの関係性を少しは回復させて、
おばあちゃんの幸せにも繋がるとも思ってみたり。

あぁ、いつおばあちゃんに写真送ろうかなぁ、ま、持って行くかな。
そして、おかあさんはおばあちゃんを心から心配してるんだよって、
なんか、おせっかいにならずに、上手に伝えられたらいいなぁ・・。
そして「ありがとう」が引き出せたらなぁ・・←やっぱりおせっかい



実家に帰った時に、心がけて伝えていることがある。

父が必死で働いてくれたから、私は何も不自由なく大学に行くことができたし、
(私立&下宿で相当使わせた)営業マンとしての実績を尊敬していること。
母が主婦の手本を見せてくれて教えてくれたので、
家事が好きで料理好きに育ち、バッハ君に良い妻だと褒められているということ。
そして、櫻田家に生まれて、私は幸せ者で、育ててくれたことに感謝しているということ。

毛穴は父の遺伝に違いないちくしょうとか(笑)、不満が全くないワケじゃないけど、
俺は良い父親だった、私は良い母親だったと思って、過ごしてもらいたい。
どう頑張っても返せないくらいのものを、自分はふたりからもらっているから。

ま、今はお金も健康も、トラブルがないからこんなキレイゴトを言っていられるけど、
いろいろ問題が起きた時に、それを行動に移せるのか自分?と、
おばあちゃんやおじさん、そしてその家族のために動く母を見ながら思う今日この頃です。

おばあちゃんと母

櫻田がおばあちゃん家に一泊した後、日を置いて母が何泊かした。
親戚やいとこも、代わる代わる顔を出したりしているらしい。

母:こずえは良くしてくれた、料理も掃除も他の人とは違うって、おばあちゃん褒めてたわよ。

電話で母に言われた。
わ〜嬉しい〜良かった~。
しかし、次の一言でびっくりした。

母:どうせ私は料理も掃除も適当ですよっ。

吐き捨てるように。
そもそも、母の指令で一泊したのだし、
母のメンツのためにも、しっかりお勤めして頑張らねば、というのもあった。

母:親戚からも、明るくて元気で、評判良いみたいよ。ま、私は愛想が悪いですからね。

言葉に刺がある・・いや、刺といより、憤りというか、怒りというか・・。
もちろん、櫻田に向けられたものではなくて。

母は圧倒的に疲れている。
60代後半で、何度も岡山と埼玉を行ったり来たりも、相当身体にこたえているはず。
そして、お金のことや各種手続きで相当揉めている。
愚痴を言いたかったんだろうな、と思う。

さらに、母とおばあちゃんには確執がある。
おばあちゃんは、長男である伯父(入院中)が大好き。
お金でも、何でも、長男には差を付けるし甘い。この時代は男が偉かったというのもあるけど。
面倒なことは母に頼むようだし、小さい頃からいつも自分は汚れ役だったという話を、
母の口からぽろっと聞いたことがある。

櫻田は40歳になっても、母に褒められたい、好かれたいという、
子供のような気持ちがそれなりにある。
それは、母とて同じことなんじゃないかなと思う。
母は、自分の両親に認められていない、という気持ちが大きいと思うので、なおさら。

「よくやってくれて、ありがとう。」

その一言が、おばあちゃんから母へ出たらいいんだけど、
「どうせあんたは暇なんだから、岡山に通うのは当然。」というようなことを、
おばあちゃんは母に言ったらしい。

身体のあまり強くない母は、通うのにも限界があるし、
「おかあさん(おばあちゃん)ひとりでかわいそうだから・・」と、
私を派遣(笑)したのも、母なのにな・・・。

いろんなことに対する憤りが櫻田にぽろっと出たんだろうな。
そう、ぽろっと出ちゃうような存在になれたことが、今考えると嬉しい。
でも、その時は言葉に詰まって、うまく返事ができなかった。

櫻田:お母さん頑張ってるよ、自分だって年寄りなのに(笑)、疲れちゃうよ、ちゃんと休んでね。

櫻田は何も用事のない暇人だったので、
おばあちゃんにいろいろと世話を焼いてあげることができたけど、
母はいろんな手続きやおじさんの看病、親戚づきあいがあって、そうも行かない。

まあ、もともとあまり仲が良い方ではないし・・・。

そんなことだって分かっていると思うけど、
きっと、おばあちゃんだけでなく、いろんな所で、娘のくせにもっと来いとか、
兄の面倒を見ろとか、「お前はちゃんとやってない」的なことを言われて、
ぐっと耐えて来たのかもしれない。



実は、七夕には出そうと思っていたおばあちゃんへの手紙は出せていない・・・。
定形外だから郵便局に行かなきゃと思っている間に
「こずえは手紙もよこしてくれたけど、お前は・・・。」って、
母が言われちゃうのかも、ってヘンなこと考えちゃって、
郵便局で切手も貼ったんだけど、なんだか出しそびれてしまった。

母に一言、言ってから出そうかな・・。



母は呼び出されたようで、今朝また岡山へ行った。
手紙を託そうと思ったけど、昨日の今日で間に合わず、
飛行機のチケット取りかかりだけやった。

帰って来たら、実家に行ってゆっくり話を聞く時間を作ろう。
忙しいから来なくていいわよって、必ず言われるんだけど。
愚痴を聞くとか家事を手伝う・・・くらいしかできないのだけれど。

#おばあちゃんはおばあちゃんって感じだし、母は母かなっと思って、揃ってないけど。

おばあちゃん、お元気ですか。

夏ももうすぐですね。
おばあちゃん、お元気ですか。

obachanotegami
字も読めのうなった・・・と寂しそうに言うおばあちゃん。
出来る限り大きな、はっきりとした字で、
シンプルな表現と文章を心がけてみた。

つばめの巣のある納屋で、ふたりで撮った写真を送ります。
ひなは無事に巣立ちましたか。

テレビも見えんし、何言っとるか分からんから、見ん・・・と言うおばあちゃん。
写真は2L版で印刷してみた。分かるといいな・・・。
しかし、それが入る封筒がなくて焦ったり(笑)

おばっちゃんにもらったおいしいお野菜で、煮物やお味噌汁を作りました。
岡山のあったかくておいしい味がしました。ありがとう。

obaachanyasai 大根、人参、じゃがいも、玉ねぎ、なす、赤かぶ

広くて気持ちのよいおばあちゃんの家がなつかしいです。
また遊びに行くので、昔の話をしたり、お料理をしたり、畑に出たりして、
いっしょに過ごしたいです。楽しみにしてるね。

蒸し暑い日が続きますが、お身体ご自愛下さい。

後は櫻田家の集合写真を同封。
気持ちよ届け!

おばあちゃん

#昨日の話です

お野菜美味しいよ、って、一言伝えたいな、母はまだいるかな、
と、昼過ぎにおばあちゃん家に電話してみたら、
母は出発したところらしく、なんと、おばあちゃんが電話に出た!

こずえ:こずえだよーーーー(大声でゆっくり)

おばあちゃん:こずえか?この前はありがとう。

最初にいきなり感謝されて、びっくりした。嬉しい。
というより、よく他の子に名前を間違えられるので、よかった(笑)
母はもう出かけたとか、いろいろ、喋る喋る♪

こずえ:お野菜美味しいよーーーー。

おばあちゃん:そうか、そうか。

やっと伝えられた。嬉しそうなおばあちゃんの声が、嬉しい。
どうか、自分の存在が誰かにとって意味があるって感じて欲しい。
私もおばあちゃんの嬉しそうな声を今聞くことができて、嬉しいんだよ。

おばあちゃん:今日は天気が悪くてお母さん手ぶらで帰らせてしもうた・・。

残念そうに言うおばあちゃん。
そのね、気持ちだけで嬉しい。
ま、正直、まだ残ってるしね(笑)

こずえ:おじいちゃんのお仏壇にね・・

おばあちゃん:あぁ、おじさんはね・・・

おじいちゃん、が、おじさん、って聞こえちゃったみたい。
病院の様子や親戚の方々が良くして下さってること、
いろいろ教えてくれました。

こずえ:でね、お仏壇にある桃・・・

おばあちゃん:じゃあね、ありがとう。(ガチャン)

喋ること喋ったら、切られちゃった(笑)
なんか、母に似てる(笑)

桃がね、気になってるの。食べ頃なはずだけど、食べてくれたかなって。
でも多分、本当はそれはどうでもいいことで、
誰もいなくなった家で、一人ぽつんとさみしくしてないかが、気になってただけで。



後日この話を母にしたら、おばあちゃんが電話を取った、
さらに、会話が成立していた、ということにすごく驚いていた。
ま、ちょっと成立してないところもあったけど。

生きる気力を失ってないということだよね、って。

たまさんに教えて頂いた「お手紙作戦!」素敵です~!
字は大きければ読めるはずなので、
一緒に撮った写真も入れて、送ってみようと思います。

おばあちゃんのお野菜でお昼ご飯(にコメント頂きました)
http://taberu.sakuradakozue.com/20150626lunch/


そう、櫻田はレターセット沢山持っているので、使わねば(汗)

あと、おばあちゃんの野菜定食の写真も♪
きゅうり、なす、大根、にんじん、ピーマン、玉ねぎ、じゃがいも、赤かぶ。
畑には、ごぼうやこんにゃく芋、アスパラガスまでありました。

おばあちゃんの野菜で夕ご飯
20150626dinner1
おばあちゃんのお野菜でお昼ご飯
20150626lunch
あ、桃はおばあちゃんと母で食べたそうです。
まだ出始めの桃で、あんまり美味しくなかったって(笑)

 

おばあちゃん

岡山に行って来たのは、母方の実家問題絡み。
「おばあちゃんの家に一泊して、病院におじさんの見舞いと洗濯に行って。」
という母の指令があって、はい、と行って参りました。

祖母、おばあちゃんと過ごすなんて、20年以上振りのことで、
90を越えて目も耳も悪く、そして、超田舎で陸の孤島的なあの家で、
お金問題や相続問題、親戚との関係など大人の事情がうごめく中、
私に何ができるんだろう、何をしたらいいんだろう、かなり不安な気持ちで向かいました。



一晩おばあちゃんと二人きりで過ごした翌日、タクシーで離れる時、
おばあちゃんが子供みたいに涙をぬぐいながら手を振っているのが見えて、
おばあちゃんには見えない、聞こえないことは分かっていても、
窓を開けて大きく手を振って、大きな声でおばあちゃーんと叫び、
その後しばらくタクシーの中で涙が止まらなくなって・・・。

grandmother #母にそっくりな祖母。母にそっくりな櫻田。
#つまり、50年後の櫻田の顔はきっとこうなんだなと思いつつ。

おばあちゃんのさみしさや不安が胸を締め付け、
楽しくあったかかったおばあちゃんとの2日間が名残惜しくて。



20年前に夫に先立たれ、先日、同居していた息子(おじさん)も
夫と同じガンで倒れ、仲の悪いお嫁さん(息子妻)は施設に入居することになり、
さみしさと不安を抱えたまま一人家に残され、
「こんな長生きしとーない」と言ってうつむいていたおばあちゃん。

一緒に洗濯ものを干しながら、干し方に文句を言われたり、
自慢の菜園の収穫をして、空港でひっかかるんじゃないかって程持たされたり、
夜中に足の痛みで起きたおばあちゃんの足をさすってあげてたら、
いつの間にか二人とも寝たてたり、
縁側に二人で寝転んで、戦時中の空襲で一命を取り留めた話を聞いたり、
結婚するまでおじいちゃんの顔を知らなかったという話を聞いたり、
昔の金利はすごかった話を聞いたり、年金問題の話をしたり、
一緒に料理をしたり、納屋のつばめの巣をじっと二人で観察したり、
おじいちゃんのお仏壇に供えたゼリーを、二人で半分こして食べたり。

ちょっとずつおばあちゃんの笑顔が見られるようになって。

どの方向からどんな音量で話しかけたら、よく聞き取れるのか、
何が嫌いで何が好きなのか、自分のことはできるだけ自分でやりたいとか、
孫(櫻田)に迷惑なんてかけられないと思っていること、
プライドがあること、身体は弱くても頭脳は明晰なこと、
何より、病気の息子を心から心配しているのに蚊帳の外な状況に不満なこと、
(でも、聞いた事をすぐに忘れてしまうこと・・・)
話を聞いて欲しいと思っていることが分かって来たり。



縁側から見える風景は、辺り一面の田んぼと、あぜ道、おばあちゃんの小さな畑、
それから低くなだらかな山、沢山の種類の鳥、遠くに見える大きな家々。
時が止まったような、桃源郷のような。

実際の状況はそんな甘くなくて、これから一人になっちゃう、
お買い物にも一人で行けないおばあちゃんをどうするのか、
揉めてるお金の件はどう決着させるのか、兄妹の確執、母娘の確執、
沢山の問題があって、当事者意識のない、一日だけ、の櫻田だからこそ、
そんな呑気なことが言えるのだろう。

でもきっと、当事者じゃないからこそできることがあるのかなとも思う。

一人実家に残された父にご飯を作りに帰るとか、
母の飛行機のチケットを取ってあげることとか、愚痴を聞くこととか、
おばあちゃんの家に泊まって、話をただただ聞くこととか。

今回、大げさだけど、おばあちゃんがいるから、私が存在し得ること。
もう、それだけで感謝してもし切れないことに改めて気づき、
そのことに感謝して、その気持ちを伝える場所をもらった。

こんなチャンスをくれた母に感謝しつつ。

「こずえがピカピカにしてくれた洗面所で顔を洗うと気持ちええな。」
って嬉しそうに言ってくれた、そのおばあちゃんの笑顔が忘れられない。



お見舞いに行ったおじさん(おばあちゃんの息子・母の兄)は、
抗ガン剤が上手く効かなくて、いよいよ厳しい状態になって来ている。
昨日も容体急変の知らせを受けて、母は早朝便で岡山に向かった。



櫻田は、おばあちゃんとの時間とか、おじさんの病状とか、いろんな確執とか、
上手く消化できなくて、命とか、家族とか、子供とか、親戚関係とか、
いろんな事が消化できなくて、立ち止まってしまっている。
多分それは頭で消化できる類のことじゃないんだけれど、
なんだか気持ちが落ち着かなくてブログを書く気持ちがなかなか起きなかった。

何のために生きて、何のために仕事をして、何のために書いているんだろう・・・。

いやでも、大それたテーマを考える必要はなくて、ただ生きていることに感謝して、
ただ、周りが求める「自分ができること」をしていくことだけが、
生きること、なのかもしれないと、おばあちゃんに教えてもらった気もする。

この記事を書いたら、前進できるような気がして、三日掛かって書いているけど、
何が言いたいのかもよく分からない、自己陶酔な文章になってしまって、
求められていることではなく、自分のための記事だなと思いながら、
結局足踏みをしているような気もする。



おじいちゃんのお仏壇にお供えした、赤ちゃんのお尻のような桃が、
そろそろ食べ頃なことに誰か気づいてくれてるだろうか。
いろんな手続きやら意見の衝突に比べたら、すごく些細なことなんだけど。

きっとやっぱり蚊帳の外であろうおばあちゃんのお尻をつっついて、
こっそり耳元で「桃食べよう」って言いたいんだけど、
耳が悪くて電話にも出られないおばあちゃんに、どう伝えたものか。

今日は埼玉の実家にひとり残されている父を見に帰る予定です。
http://taberu.sakuradakozue.com/20150624dinner/

桃のその後はこちらから
http://sakuradakozue.com/grandmother-2/