土岐麻子10周年ライブ@恵比寿であったかい気持ちに

何を歌っても自分の歌にしてしまう、そんな唯一無二の歌声の持ち主、
土岐麻子さんの10周年ライブに先週の土曜日に行ってきました。

彼女のライブは3回目だけれど、これほど自分語りをするライブは初めて。
バンドメンバーもゆかりのある方々で、
初見のサックスプレイヤーのお父様まで登場。
とてもアットホームな雰囲気で、あったかいステージでした。

娘の10周年ライブで共演なんて、お父さん嬉しいだろうなぁ♪

彼女の想いがつまった選曲は、知らない曲が多かったけれど、
選曲した理由を説明する彼女や、見守るバンドメンバーの雰囲気、
親子の会話、照れながら交わす目線、本当にあったかかった。

土岐ちゃん、これからもふんわり応援してます〜。



彼女のライブでは、なぜか毎回泣かされています。
タイミング良く、心にぴたっと来る歌詞をプレゼントしてくれるんです。
ライブでは、涙腺が緩んで来たら理性で止めようとせずに流れるままにします。

一番ぐっと来た曲は、EPOが作った資生堂の宣伝に使われた曲。


潔いジャケットも好き。

歌詞:Gift 〜あなたはマドンナ〜
http://www.kasi-time.com/item-51813.html


そうだなぁ、ありのままでいたらダメって思ってる自分。
完璧をめざして生きるのって、幸せにみえないかもね。。
奥が深くて、でもポジティブな元気になれる曲です。

代表曲のメドレーになると、
隣りのオッサンが、口半開きのニッコニコで手拍子していました。いい顔!
美人に見えるかとか、健康にいいとか悪いとか、そんなことどうでもいいや。
負けじと口半開きで(無理に開く必要は無い)ノリノリで満喫しました。

どうでもいいと思えた先に、本当にどうでも良くなっちゃうんじゃなくて、
新しい取り組み方とか、本当に自分の目指すものとか、見えて来ると思うんですよね。
音楽って、こういう間接的な形で自分を引き上げてくれるのも、好き。



恵比寿ガーデンプレイスでは、毎年恒例のバカラシャンデリア展示やってました。
今年は20周年だかで、一番大きいシャンデリアなんだとか。

ebisub1
大ききゃいいんかい!って思ってしまったりもするけど、
人間の感覚を凌ぐ大きさって、何か圧倒するものがある、大仏みたいな効果。

いい時間を過ごしました。