初めてのAirbnb@ロサンゼルスは最高でした!

アメリカ旅行は、飛行機代は安いのに、宿泊費が高い(特に一人旅)ことが難点だと思っていたけど、Airbnbがあっさりそれを解決してくれて、嬉しくて泣きそうだった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

2泊5人:¥ 58575円
1人当たり1泊6,000円くらい。
支払いは予約時で、1ドル115円くらいだった頃だし、8月だったので高かったと思います。

それにしてもロサンゼルスはホテル代がバカ高いので助かりました!それも、予定的に最高のロケーション&駐車場付きで、そして快適キレイ広い!

今回のアメリカ旅行は、AirbnbとUberという、時代の最先端ITサービスに助けら、コストセーブ&満足度アップ!だった、初めてのAirbnb体験談です。Uber体験談→こちら

Airbnb:https://www.airbnb.jp/

エアビーアンドビーって読めばいいと思うんですが、外人に読ませると「エアビーンビー」って発音します。

団体旅行に最適

さて、今回は友人5人(男3・女2)での団体旅行で、まずはロサンゼルスに2泊するというプラン。レンタカーもするので駐車場も必須。モーテル系を探していたけど・・・どこも高いし、場所的に不便なところが多い。

そこで、最近ウワサのAirbnbってどんな感じなんだろうと思ったら・・・なんだか夢のようなラグジュアリーな一軒家やアパートメントがやたらと出て来ます。ビバリーヒルズ高校生白書ごっこができそうよ!(アラフォーしか分からない)

airbnb6
人気のリスティング(Airbnbにおける宿・物件のこと)は早く埋まっちゃうとのことでしたが、確かに埋まってしまっているところが多い・・・。

・バストイレが2個(男女別にしたく)
・ベッドが4台以上(1組夫婦がいるので4台でOK)
・治安の悪いエリアではないこと

というハイスペックな条件で、さらに値段も控えめで・・・こんなの見つかるのかしら?

airbnb7
#クリックすると拡大されます

Airbnbって、自分の家の余った部屋を提供的なところから始まったかと思うんですが、現在は「ビジネス」として展開している方が多いようで、別荘一棟、家一棟、マンションの一室を提供しているパターンは多く、かなり近い条件のものが沢山ありました。

日本ではこんな宿泊施設、あり得ない!(最近は日本でもAirbnb民泊が話題にあがりますね〜)

ちなみに、個室タイプや間借りタイプもあるので、一人旅に最適な宿もたくさんありますよ!

チェックインやチェックアウトは戸惑いました

チェックインについては、あまり書き過ぎてしまうと良くない気がして、さらっとに留めますが、とりあえずセルフでチェックインできるシステムになっています。どうなることやらとすっごいドキドキしましたが、きちんと説明通りにすれば、問題なくクリアできます。

airbnb4

その場にオーナーが一緒にいる必要もないので、時間を気にせず好きな時間でOKなのは嬉しいところ。チェックアウトも同じように、セルフチェックアウトで、ラクチンでした。

お部屋はAirbnbに掲載されている通りで、とてもキレイ!しかし、団体旅行の幹事でわたわたしてて、あまりまともな写真が撮れなかった・・・。しかしほんと、掲載されている写真の通りでした。

チェックアウト前の、ちょっと乱れたベッドですが・・・。

airbnb8

キッチンもキレイ!あぁ、これが自宅のキッチンだったらな・・・。

airbnb3

これは小さいダブルベッド。もう少し広いクイーンサイズのベッドと、シングルが2台ありました。部屋決めして毎ベッドを決めて、リビングに集まって明日の計画を話して寝る時間を決めて・・・アラサーアラフォー集団でしたが、本当に修学旅行みたいでした。

airbnb1

クローゼットも広くて便利でした!バス・トイレ、お湯の量も問題なく、全く不自由も不満もなく、満足だけが残りました。

airbnb2

お部屋はマンションに一室、というリスティングだったので、普通に暮らしている方ともすれ違いました。辺りは商業地寄りの住宅地で、お孫さんを連れたおじいちゃんがお散歩していたり、カップルがイチャイチャしていたり、アメリカ人の普通の暮らしも垣間見られました。

airbnb5

タオルやアイロン、ドライヤーも置いてあって助かりましたし(何が備わっているかは、Airbnbのサイトに詳しく書いてある)無料のお水やスナックも置かれていました。

Airbnbの良い所

・ホテルより圧倒的に安い
・ホテルがないようなエリアでも宿泊施設がある
・いろーんなタイプの、いろーんな雰囲気の部屋があって、選ぶのが楽しい

Airbnbの悪い所

・ホテルと違いチェックインまで荷物を預かってもらえないのはイタイ
(けれど、チェックイン時間を早める交渉することは可能)
・ホストは日本語を喋れないことがほとんどなので、何かあったら英語で交渉が必要
・ホテルと違って、トラブルにすぐに対応してもらえない、部屋を替えてもらうなんていうことができない場合が多い(だろう)
・すっごい治安が悪いところにあったりするので、自己責任で!
【完全版】これで分かる!アメリカの主要都市治安ランキング!

トラブルが起きない限り、語学力はそれほど必要ではありません。トラブルが起きない限りなのですが・・。

失敗談

シカゴでは男女別れて宿泊し、櫻田はホテルに泊まったのですが、Airbnbを再度利用した男性陣が「そうとは知らずに」ホストの住んでいる部屋に、個室を間借りするタイプのリスティングに宿泊し、超びっくりしたそう。

最初は戸惑ったけれど、相手は良い意味でビジネスライクで気にならず、結果として面白い経験をしたと言っていましたが、女性一人旅だったら結構キツイよね、とのこと。確かに。

女性には「まるまる貸切」タイプが安全かもしれませんね。ちゃんと検索の段階で選べます!

airbnb9