月別アーカイブ: 2016年7月

おばあちゃんとケンカをした日

今日おばあちゃんとケンカをした。
#岡山で周囲の親戚の方に助けてもらいながら一人暮らしする、
#91歳のおばあちゃんの家に滞在しています。

obachan201607_3
一日中、私のやることなすことに、いちいちいちゃんもんを付けて来る。それはいつものことだけど、今日はなんだかトゲトゲしい。

午前中、他の人がする予定だったけどできなくなったお盆の祭壇準備を、見よう見まねで、おばあちゃんに聞きながら作っていた。複雑な事情もあり難しいし、何しろ何がどこにあって、どこに何を置けばいいのか良く分からない。(完璧に出すと仕舞うのが面倒なので、それなりに作って欲しいという要望とか、お金とか絡んで)

なんとか作ってお花を買って来たら、長さとかお花の種類がダメだったみたいで(お花の種類で親戚から複数のアドバイスがあり、それもまたややこしくしてて)、「あーこりゃもう失敗だ。あーもったいない。」と言われて、悲しくて涙が出て来て、こともあろうに声を荒げてしまった。

失敗は申し訳ないと思うけれど、私も分からないながらに精一杯やってる。おばあちゃんに喜んでもらいたくて、花屋で沢山迷って買って来た。それをそんな言い方をしなくてもいいでしょ!そうやっていつも、お母さんや親戚のおばさんにも・・・相手の気持ちを理解する努力をしてよっ!

なんか説教まで偉そうにしてる自分。あぁ、落ち着かないとまずいな。

obachan201607_2
私はお花を買い替えに行くからと家を出た。車の中でひとり反省会をして家に帰って夕ご飯を作っていたら、おばあちゃんが散歩から帰って来た。

「ごめんな・ごめんなさい」

ふたりで同時に謝って、そして涙があふれて来た。
夜ご飯はおばあちゃんの好きなものを心を込めて作って、楽しく二人で食べた。

「こずえの作るご飯はいつも美味しいなぁ、明日から・・・。」

そう、明日私はおばあちゃんの家を発つのだ。



おばあちゃんは日記をつけているらしく、夜、照れくさそうに見せてくれた。

>1日こずえさんに悪いことばかりいって、こうかいしています。ごめんなさい。

91歳の文字で、今日の日記にそう書いてあって、また涙が出て来た。ここに来たその日から昨日までの日記は、私への感謝の言葉で溢れていた。

そして、やっと気づいた。

明日私が帰ってしまうのが、さみしいんだ。さみしくて、イライラして、悲しくて、心配で、どうしようもなくて、その気持ちを私にぶつける以外、おばあちゃんには方法がなかったんだ。

相手の気持ちを理解していなかったのは、私の方なんだ。

・・・・・ごめんね、ごめんね・・・・・涙が止まらなくて、お風呂に入ろうとしているおばあちゃんの肩で泣いて、おばあちゃんは困った顔をしながら、ずっと立っていてくれた。謝っているというより、41歳が91歳にあやしてもらっているようだった。

いつまでも、私はおばあちゃんの孫なのだ。

obachan201607_1


さみしいのはおばあちゃんだけじゃなくて、私もさみしい。ふたりがとてもさみしいのは、一週間がとても楽しくあたたかく充実していたことの裏返しで、だからこそ胸を締め付けられるようでいながら、あたたかい。

心が通い合った今日のことを永遠に忘れない。

20160727dinner2 #2人でハーゲンダッツストロベリーを食べるの図。
#ちなみに、投稿はこの「今日」の翌日です。

東京を離れて過ごしています

いつもいつも、迷ったり悩んだりして生きている。きっとあなたも。

tokyowohanarete
考えても答えは出ないことを、いい加減分かっているのに、でも、悶々と。



新しい包丁はいらないと言うおばあちゃんと、ネットで調べてやんややんやの包丁研ぎ。
・デフォでギザギザカットな包丁しかない
・砥石はあるが、磨ぎ方は忘れたらしい90歳

toishi
参考:藤次郎株式会社ー私たちは複合材包丁No.1メーカーの磨ぎ方講座(動画もあるよ)
http://tojiro.net/jp/training/sharpen_whetstone.html

無心に磨ぐ櫻田。おばあちゃんは椅子で居眠り。
こういう時間が愛おしい。ありがとう。
とりあえずトマトが切れるようになりました♪

ということで今、おばあちゃんの家で過ごしています。



未来のことを心配しても、過去を嘆いてもしょうがないから、今、行動。
無心にブログを書き続ける以外に、お前に何ができるんだっつーの。

tokyowohanarete2
しばらく滞在します。

7月中は更新抑え気味で行きます

ここ数日更新が滞っております、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
体調が良くないのと、最近迷っているのと、用事があり少し東京を離れるのと裏仕事で、7月いっぱい、しばらく更新を抑え気味で行きますという、業務連絡です。この前は3月くらいだったかしら。

・体調
は、疲れが取れずエネルギーが湧いてこないという程度。仮病か。常にブログ書いていないと不安病も煩っている。

・迷っている
のは、今後ブログどうしようかなとか、どういう方向性で行こうかな、これ読んで楽しいのか?私って何?中二病かよ!というところでぐーるぐる←重い。

・東京を離れる
のは、1週間〜10日くらいで、日程はまだ確定しておらず。

でも、全く更新しません!キリッってことはなく、チョイチョイと生存確認的に記事をあげます、あげさせて下さい!あ、あと、

・裏仕事
というのは、先日ビッグデータとか扱ってる人に「なぜデータがあるのに分析しない?お前バカか?」と言われたのがきっかけで。

今までそういうことするが嫌いで「SEOって面白いか役に立つ記事を書くこと以上に効果あるわけ?え”ぇっ?」などとケンカ腰でしたが、ただ面倒だっただけなんですよね・・・。
SEO:検索エンジン最適化、検索結果に上位表示させるためのノウハウ

SEOだけじゃなくて、ブログのアクセスデータ解析して、読者の方にストレスを与えない仕組づくりとか、読みたい記事に辿り着きやすい構造になってるかとか、どんな記事がダメかとか、さらに、読者の方をイラッとさせず効果的に儲けるアドセンスの貼り方とかとか(櫻田はお金を稼ぐためにブログを書いています)、他のブロガーさんはどうやって稼いでいるのかなとか、ちょっと真面目に勉強したりデータ分析してみようかなと思い。

ビッグデータ扱ってる人、ありがとうございます!

あと、サイトのゴミ処理とか、修正とか、リンクなおしとか、CSS書き換えとか、そういった細かい裏仕事にも取り組もうと思っています。



有森裕子さんの言葉より
日本人はね、何年か休むと「ブランク」って言うでしょ。「ブランクできたね」って。 でも、海外の人は、「良いブレイク」したねって言う。全然違うよね。

良いブレイクにしたいと思います!

「過剰な二人」林真理子&見城徹★櫻田も過剰です

林真理子さんが書く女の「妬み僻み孤独」が大好きな、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
今度、藤堂志津子さんが書くそれと比べてみたい・・・。

さて、今回はふと図書館で出会った本。思わず全部一気に読んでしましました。
最後の「とてつもない人生バイブル」というのは、編集者さんがこの偉大なお二人というか、幻冬舎の設立者である見城さんにゴマすって付けた感がしないでもないですが、つまり自己啓発本っぽい仕上がりです。よし、努力しよう、運命は自分で切り開いて行こっ!と思えます。

そういう本はいくらでもあるのですが、今回何に心動かされたかと言うと、自分の中に小さなマリコ先生を見いだしたからです←おこがまし過ぎてびっくり

過剰、そうなのよこの過剰なエネルギーはなんなのよ!

この本に惹かれたのはとにかくタイトルの「過剰」という言葉。ブレイクし始めた頃、初めて林真理子さんを見た見城さんが彼女を表してこう言います。

折り合いのつかない過剰さを抱えた女

だからこそ面白いと感じたそうですが、はーいはーい、私も過剰さ持ってまーす。
さらに、強烈な自己顕示欲と自己嫌悪を併せ持ってると表現されていましたが、
はーいはーい、私も自己嫌悪と自己顕示欲、劣等感とプライド、持ちまくりです!

私も直木賞作家になれますか?←なれません

これだけだったら何も感想文書くまでには至らなかったのですが、このフレーズが超衝撃的でした。

自己顕示欲と自己嫌悪の間を揺れ動くから風と熱が起きる

「自己顕示欲と自己嫌悪の間を揺れ動くから風と熱が起きる」

今までその自己顕示欲と自己嫌悪っていう、両極端なものを内に抱えているのは、すごく悪いものだと思っていて、だから、その間の「分相応」「普通一般的」そんなところに着地したい、そういう「バランスが取れた人」「落ち着きがある人」に憧れていました。だってなんだか面倒くさそうな人でしょ(笑)

でも、林真理子さんは直木賞作家になる!と見城さんが見抜いたのは、その両極端の性質が発生させるエネルギーゆえなんだと思ったら、アンバランスな両極端さを持ち合わせていることは悪いことじゃないんだと思えて、それは私にとって世紀の大発見くらいに思えまして。

ちなみに、算命学の路佳先生に教えて頂いた「偏った生き方をするとよい」ということにも繋がって行きます。バランスを取ることが、必ずしも正しいとは限らないんですね。その人なりのバランスがある。

過剰なエネルギーをコントロールできない

ちなみに、ここ最近悩んでいたのが「自分の過剰なエネルギーをコントロールできないんだが」ということ。
過剰なエネルギーを持て余してしまい、制御できない。リラックスしているとムズムズしてしまって、企画を考えたりブログを書いたりしてしまう。体力が続かなくなると、スイッチオフしたように、パタリと寝る。刺激を常に自己生成し、いつも戦闘態勢で交感神経バリバリ。突然道路に飛び出してしまう子供のようだと、自分で思っていました。自分が過剰で心が疲れる。

それが、ブログを書き続ける大きな大きな原動力になっているのだけれど、もうそれだったら、プライドと自己顕示欲だけで突っ走れたら楽そうなのに(そんなヤツやだけど)、なぜ劣等感と自己嫌悪が付いてまわるんだろう・・・ぐるじぃー。

って、思ってたら、そうか、自己顕示欲だけじゃなくて、自己嫌悪があるからこそ、櫻田を櫻田たらしめるエネルギーが生まれているんだ、そして、その両者のその開きが大きい程、エネルギーも大きいんだ、と思ったら、なんだかすっかりその持て余しにポジティブになれてしまいました。別に何も解決していないのに。



さて、本の内容に戻りますと、基本的には見城さんのパートの、林真理子さん評や、小説とはなんぞや、ひとたらし術、なお話が面白いのですが(彼の著書が始めてだったのもあり新鮮で、林さんは野心のすすめっぽいのが多かったからかも)、林真理子さんの、

運命とは意志

という言葉もメモメモでした。他の自己啓発本にも書いてありそうなことですが、ご本人の事例と共に語られる説明が激しく納得で。「ポジティブな友人(を選んで相談し)に励ましてもらうことも、自分で運をコントロールしていること。」というのも、すごくあるある。背中を押してもらいたい時は、そういう友達を選んで相談するし、冷静に引き留めて欲しいときは、そういう友達を無意識で選んでいる。こうしたい!という意志が強ければ、知らぬ間に自分で自分の運命を方向づけているもの、というのはすごく理解できる。だからやっぱり、思考は現実化するんだと思うし。また、

「身の程」は知らない方が間違いなく得るものは大きい。

勘違いは人にバカにされるだろうが、その人を成長させると思っています←櫻田そのもの あまりに実現と離れた自己認識を持つことは自分を苦しめることにもなるけれど、これもそのギャップが大きい程、エネルギーの源泉になるので、風も吹き熱も生まれる。

40歳を超えてそろそろ落ち着け!と思う時もあったけど、いやいやまだまだ、櫻田はアンバランスなまま行きます!

円山登山は意外とキツかった〜北海道神宮&六花亭経由〜観光にもオススメ!

札幌は何度も来ていて、小樽等にも行ったし、ビール工場とかもいったし、旭山動物園はちょっと遠いし、そんな時間があるワケじゃないし・・ということで、1泊2日の札幌旅行は何をしようか悩んでいたのですが、バッハ君の好きな神社と、櫻田の好きなウォーキング+スイーツというプラン@円山公園。

12:00 に公園入をして、六花亭で10分休憩して、円山登って降りて、14:15に戻って来ました。
札幌大通駅からの移動も含めると、札幌で3時間程度時間がぽっかり空いて天気が良ければ、是非円山公園お散歩ウォーキングを候補に入れてみて下さい。円山動物園を入れると、4時間かな。

登山靴でもいいくらい。しっかりサイズの合ったスニーカーでないと、足が痛くなったり、転んだりするかもしれません。トートバック持ったままとか、革靴の方とかとすれ違いましたが、ちなみに櫻田は超お気軽にスタンスミスで行きました。ゆるめなので、足が靴の中で動いて、ちょっと後悔。

maruyamasanpo1 オフィシャルサイトの地図より

旅行先ではバッハ君が詳細過ぎる工程表を作ってくれるんですが、こんな感じ。で、問題は赤字の部分です。なんか、この気軽な感じをナメてました。

09:00 朝食 Cafeひので(モーニング10:00まで)
| 徒歩2分
09:41 大通駅
| 地下鉄東西線で5分
09:46 円山公園駅
| 徒歩12分
09:58 北海道神宮〜円山公園 (1時間程度で山頂を往復できる)
11:30 円山公園駅

確かに、登山だけなら1時間20分程度なんですが、アップダウンも結構あって、二人とも途中で寡黙になる区間があるなど(笑)、最近お散歩ウォーキングをサボっていた二人には結構キツかったです。

順を追って写真解説。
公園に入り道なりに北海道神宮を目指します。10分程度で到着。立派です!

maruyamasanpo2
ちょうど車のお祓いをしていました。月曜日ということもあって、境内は閑散としていて、ゆったりとした気持ちでお参りが出来ました。人が少ないのもあって、境内の建物の水平ライン、この階段や屋根などのラインが際立っていて、まるでフランク・ロイド・ライトの水平ラインのように美しく荘厳でした。

円山とは逆の方向に、何やら「六花亭」という看板が・・・吸い寄せられるように歩いて行く櫻田。

maruyamasanpo6
六花亭の人気スイーツが、1個売りしていて、その場で頂けるのです♪ それもお茶付き★

maruyamasanpo5
その場で焼いたほっかほかのおまんじゅうと、ケーキを頂きました。

maruyamasanpo4
この庇の下が特等席。土日は混雑するのでしょう。周囲に沢山のベンチが造り付けられていました。

maruyamasanpo3
で、いざ円山登山!円山公園ないを横切って進むと、入り口が見えて来ます。
右手奥の、モザイクした人が出て来ている方から登り、左側の灯籠のあるところから降りて来ました。

maruyamasanpo10
右手のコースは、まずは平坦な道が続きます。木の板でできた歩きやすい通路も。円山動物園沿いに、なだらかな道を、きゃっきゃとお喋りしながら歩けます。その先の高低差に息を切らすことになることも知らず。

maruyamasanpo7
これは帰り道なんですけど、とにかく高低差が結構あって、捕まりながら登るとか下るとかはないんですが、息が上がる感じの坂です。もっとのんびりとした感じだと思っていたのでびっくり。甘く見てはいけません。

maruyamasanpo11
苦労して登った甲斐のある、この素晴らしい眺め!
オッサンよ大志を抱け!

maruyamasanpo8
途中で、カナダから来たという学生さんに出会ってお喋りしました。2ヶ月かけて福岡から日本中を旅しているそうで、明日帰るとのこと。日本大好き!と片言で話す彼女と、どこかでまた会いたい!

maruyamasanpo12
他にもちょっとした交流があったり、すれ違う方と挨拶を交わしたり、とても楽しい時間でした。息は切れましたけど。

maruyamasanpo9
櫻田は北海道の木が良く分からないのですがすごく好きで、幹の感じが、なんか、内地と違う気がして、抱きついたり撫でたりと、毎回ちょっと気持ち悪い人になります。
低山とあなどるなかれ!札幌in円山登山(225.4m)
円山登山~札幌の街中近くでリスに出会えるお手軽山登り
札幌低山ハイキング情報:円山
登山デビューにも最適!子どもといっしょに円山を登ろう!

ちなみに、トイレは公園の入り口にありましたが、トイレットペーパーがありませんでした。ご注意下さいませ〜。

円山公園オフィシャルサイト
地下鉄東西線 『円山公園駅』下車2番出口徒歩5分

ちなみに、この後札幌狸小路で頂いたラーメン&ビールが最高に美味しかったです@喜来登

ファイナンシャルプランナー3級試験合格してました・・・

29日が合格発表だったのにすっかり忘れており、本日合格証書が送られて来て(それも封筒の窓から証書が丸見え)、合格を知りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

financialplannerresult1
テスト受けた後に「絶対受かってない、どうしよう、もう人生終わりだ。」と悲劇のヒロインになり、周囲から面倒くさがれる女がいますが、そういうヤツに限って合格してたりする・・・はい、それは櫻田のことでした。

2016年5月22日:FP3級学科で既に息絶え絶え

いやでも、本当にやべーとテスト中に足元がぐらついたものですが、良かった♪

それにしても、本当に本当に、ファイナンシャルプランナー3級はおすすめの資格です。恐らく持っていても殆ど役に立たない(お金にならない)レベルの資格だと思いますが、一般人が税制や保険、不動産や相続の基礎、概要を学ぶのにぴったり!

financialplannerresult2
バッハ家でも、老後の保険について、自分の年金について、具体的な判断基準が得られて、本当によかった。バッハ家の保険の話は、また改めてお話したいと思います。

仕事にするワケでもないので、次の2級を受ける気はないのですが、これからも何かの形で勉強し続けられたらいいなと思っています。

また、ちょこっと「投資」を始めてみたいなーと思っていまして。一山当てるぞ!というよりも、社会との接点とか、政治経済に興味を持ち続けるための一つとかなので、金額も数十万円程度で、まったりと始めてみようかなと思っています。

いつになるのか分かりませんが・・・。